大人のロマンティック・コメディ!『ヤング・アダルト・ニューヨーク』試写会へご招待

Filmarks公式

フィルマーくま

ブルックリンを舞台に若いつもり40成功したい”20の交流とギャップをカラフルに描く『ヤング・アダルト・ニューヨーク』特別試写会に510名様をご招待いたします。

YAN1

『フランシス・ハ』のノア・バームバック監督最新作!

イカとクジラ』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされ一躍時代の寵児となったノア・バームバック監督の最新作『ヤング・アダルト・ニューヨーク』。ブルックリンに暮らす、世代の違うカップルたちのモラルや価値観のズレ、成功への夢と野心のぶつかり合いを、リアルかつユーモラスに描く本作は、ヒップスターたちのライフスタイルと最先端カルチャーを80年代のサウンドに乗せて贈る、クスッと笑えて、少しほろ苦くて、最後には胸が熱くなる迷子の大人たちの成長物語です。

YAN2

対照的な2組のカップル役として『LIFE!』のベン・スティラーとアカデミー賞に2度ノミネートされたナオミ・ワッツが、“まだまだイケてるつもり”のミドルエイジの切なさとおかしさを絶妙のバランス感覚で演じ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で一気にスターへの階段を駆け上がったアダム・ドライバーと、『レ・ミゼラブル』の演技が高く評価されたアマンダ・セイフライドが、人なつこいが成功のためなら平気で他人を利用する野心溢れる若者を演じています。

Filmarksユーザー5組10名様をご招待!

日時:7月13日(水)18:30開場/19:00開映
会場:新宿明治安田生命ホール
住所:新宿区西新宿1-9-1 明治安田生命新宿ビル
募集人数:5組10名様
※確実に参加可能なFilmarksユーザーの方対象
※イベント内容、登壇者は、予告なく変更になる場合がございます
※当日は開映時間前にご来場ください
※開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております

この機会、ぜひお見逃しなく!応募はこちら

【応募締切・その他注意事項】

2016年7月3日(日)23:59までのご応募分有効

【レビュー投稿のお願い】
試写会鑑賞後、2016年7月17日(日)までに本作のレビューのアップをいただく事がご応募の条件となります

【応募資格】
・Filmarksメンバーで日本在住の方
・上記【レビュー投稿のお願い】にご同意いただける方

【応募方法および当選者の発表】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください
・当選の発表は、当選者へのメールをもってかえさせていただきます

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当日は開映時間前にご来場ください
・開映後の入場はお断りしております
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とさせていただくことがあります

◆映画『ヤング・アダルト・ニューヨーク』

YANposter

あらすじ:ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。
上映時間:97分
〈2016年7月22日公開〉
配給:キノフィルムズ
公式サイト:http://www.youngadultny.com/

© 2014 InterActiveCorp Films, LLC.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • movieku
    4.2
    ほんとスマホ持ってなかった頃と全然違うことっていっぱいある
  • mapin
    3.6
    スターウォーズとマリッジストーリーからすっかりアダム・ドライバーの虜になり鑑賞。 このアダム・ドライバーはなかなかのくせ者感半端ないけどこんな憎まれ役もハマってしまうとこがやっぱすごい!! よくわからんシーンも多いけど、考え方次第で人生は良くも悪くもか変わっていくもの、受け入れるということは難しいかもしれないけどその先に待っているものは決して暗いことばかりではないと思う。 観終わった後、私の中の価値観が少し変わったような気がします。
  • mafumika
    4.0
    邦題があっぱれ。 過去に『レディバード』を鑑賞した時、変にカッコつけてた様な過去の自分を思い出させる感で恥ずかしくなったが、 この作品は、現在の自分を恥ずかしく思わせてくるきつい一本だった。 世代交代の波は来ているのに、自分がまだまだ若い気持ちが抜けていない。 気がつけば40over。 若いやつらが野心をもってのし上がるのは当たり前。 なのに大の大人が、急に正統派ぶって『そうじゃないだろ!?』とわめいたところでまわりは『so what?』的な周りの冷ややかな反応… つらーーー…は…はずかしいぃ… 若者の才能を素直に認められないでいるって恥ずかしい部分であり、分からなくもない部分でもある。 また、アダムのあの顔。やめてほしい… ごめんね、歳とってて。って思わせる笑 生意気にも古いものを新感覚で取りれ、またそれをおしゃれに変える若者と、テクノロジーにのりまくってて、最先端を取り入れる私たち同世代がめちゃめちゃダサくうつる。 ラストシーンもまた恥ずかしくさせてくる。(親側になり) なんと恥ずかしく思わせてくる作品だったのだろうか。 そして反省させてくれる作品だった。 これからは素直になります。
  • じろう
    3.0
    「若さ」って活力あるし魅力的だけど 恐ろしさもある
  • ところてん
    -
    めっちゃスリリングした
「ヤング・アダルト・ニューヨーク」
のレビュー(8767件)