【凄まじい映像美と迫力】ファン必見!FF映画最新作の魅力とXVとの繋がりを解説

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

世界のゲームの歴史の中でRPG(ロールプレイングゲーム)というジャンルのブームを築き上げ、その発展に大きく貢献し、今もなお新しい挑戦に力を注ぐ名作ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」(以下、FF)。今回は絶賛公開中のFFシリーズ映画化最新作『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の魅力をご紹介します。

FF15

(C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ゲーム最新作「ファイナルファンタジーXV」(9月30日発売)との繋がりと、FFシリーズ映像化の歴史を読み解いていきましょう。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ストーリー

科学技術が発展し、謀略にも長けるニフルハイム帝国はロボット工学などを駆使した圧倒的な武力で他国の領地を占領していた。

一方、代々魔法の力を重んじるルシス王国は帝国の攻撃を神聖なるクリスタルの力によって辛うじて防いでいた。

激しく長い長い戦争の果てに、帝国はルシス王国に和平協定を願い出る。しかし、王直属の兵士の1人ニックスはその和平協定に嫌な予感を感じ……。

ゲーム本編との繋がりは……?

未見の方の中には今作はゲーム本編とは関係がないと思っている方も多いようですが、実は密接にゲームと関係しているのです

ゲームの主人公は、ルシス王国の王子ノクティス。彼が帝国との和平協定による停戦の記念のため、帝国支配下のテネブラエ王女ルナフレーナを迎えにいくために王国を離れた後、ルシス王国では何が起きたのか…。

つまり、映画ではゲーム本編の始まりに繋がる序章が展開されているのです。

さらに、王子ノクティスと入れ違いにルシス王国の首都を訪れたルナフレーナが背負うことになった「未来」と「想い」とは!? ゲームをより深く楽しむ上で、間違いなく重要な要素になってきます。

ファイナルファンタジー、映像化の歴史

FFシリーズの映像化を語る上で避けられない作品が、2001年に公開された映画『ファイナルファンタジー』です。この作品は、FFシリーズを作ったゲーム会社スクウェアにとって初となる映画化作品であり、世界初のフル3DCGによるSF映画でした。

FF

しかし、大きな期待とは裏腹に興行成績は芳しくなく100億以上もの損失を記録し、スクウェアは映画から遠ざかることになります。

個人的にこの映画『ファイナルファンタジー』は、SF映像作品としてのクオリティは他に一切劣らぬものだったと思います。事実、本作は2001年度の文化庁メディア芸術祭で審査委員会特別賞を受賞しています。しかしながら、ファンが求める”ファイナルファンタジーらしさ”の薄さが、興行的に失敗した要因だったのではないかと推察します。

2005年、スクウェアがOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション:主に劇場公開やTV放送ではなくレンタルやソフト販売を行う形式)として発売した『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は世界的なヒットを記録しました。

FF7

「ファイナルファンタジーVII」のキャラクターのゲーム本編のその後の苦悩や、トラウマからの離脱、マテリアや召喚獣、そして宿敵セフィロスの登場などFFシリーズファンの心を鷲掴みにする展開や設定が大ヒットの起因となったのです。

そして、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』も紛れも無くファンの心を鷲掴みにする作品です。魔法や召喚獣、クリスタルなどの登場が「ファイナルファンタジーXV」を事前に調べていないゲーマーでも心惹かれること間違いありません。

見る前に抑えておこう! 重要な用語集

SFやファンタジー作品ではよくあることですが、今作も特有の用語がたくさん登場します。

人名や国名と様々ですが、人によっては「用語が頭に入ってこなくて内容に集中できない」という意見もあると思いますので、基礎的な用語と情報をここで少しご紹介します。これから鑑賞予定の方はぜひ覚えておくことをオススメします。

ニフルハイム帝国

科学技術により軍事が発展している大国。その圧倒的な軍事力で近隣諸国を全て飲み込み、なおも国土の拡充のためルシス王国との戦争を続けている。

武力行使を厭わぬイドラ国王のもと、政略などを一任された宰相(国王の政務の補佐を行う者)のアーデンや軍事のトップであるグラウカ将軍などが脇を固める。

ルシス王国

レギス国王が統治する王国。代々王の家系の人間は魔法の力を所持しており、その魔法の力とクリスタルから発生される魔法障壁によって他国からの侵略を回避してきた歴史を持つ。

しかし、首都インソムニア外の領地から連れてきた人間を兵士として起用して戦地の前線に配置したりと、首都以外を見放す決断を行うレギス国王に対し、郊外の国民からの反発も多い。

王の剣

レギス国王直属の特殊部隊。王から魔法の力を「借りる」ことで魔法を使用できるが、その範囲は国内かつ王が存命中に限られている。

危険な任務に挑むことが多く、それゆえに死亡率が高い。そのため首都外から連れてこられた若者が「王の剣」となることが珍しくない。

テネブラエ

ルシス王国の隣国。自然に溢れ、戦火とは程遠い地だったはずの国。数十年前、レギス国王が家族を連れ訪れた際に、ニフルハイム帝国の襲撃を受けテネブラエは帝国の領地となってしまう。

レギス国王が難を逃れた際、テネブラエの神凪(巫女のような存在)であるルナフレーナを帝国に奪われてしまった。

クリスタル

FFシリーズで重要な意味を持つクリスタル。今作ではルシス王国の首都インソムニアに魔法障壁を張る動力源として登場。

この強大な魔法の力はルシス王国の要と言っても過言ではないもので、今作でもキーポイントとなります。

未来のため、命を賭けて戦う主人公の魅力

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の宣伝映像を見て「主人公たちがチャラチャラしすぎてて合わない……」と思った方にも今作はオススメしたい作品です。

今作の主人公は、レギス国王直属の特殊部隊「王の剣」の一兵士のニックス。突如訪れた王国の崩壊の危機と仲間の窮地にその身を賭けて戦います

とにかく真面目で、とにかく仲間思いのニックス。全てを守ることが無理であると分かっていても、自分の命が果てると分かっていても、たった一人で戦う姿にはチャラチャラした要素が一切ナシの「漢(おとこ)」を感じられる作品なのです!

劇場へ急げ!

いかがでしたか。

初代映画版『ファイナルファンタジー』の優れた映像技術を正統進化させた今作では、凄まじい映像美と迫力を展開されます。

序章を描く作品とは思えないスケール感と主人公ニックスの格好良さ。そして、ゲーム本編のヒロイン・ルナフレーナの「想い」は劇場で見る価値あり! 断言できます!!  劇場上映が終わってしまう前に、是非劇場へ足を運んでみてください!

そして、エンディングロール終了後にはオマケもあります。お見逃しなく!

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年2月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • INSHU様
    3.5
    ff15やるなら、やったなら見たほうがいいが必須ではない。 相変わらず映像美とbgmが素晴らしい。
  • EDDIE
    4.3
    FF15「王の剣」を主軸に描くアナザーストーリー。映像クオリティが素晴らしく、ゲームを上手く劇場版に合わせた印象。アクションシーンは迫力抜群でヘタな映画より見応えあり。綾野剛の声は良かったが、忽那汐里は…ゲーム本編同様北川里奈じゃダメだったの?笑 〈感想〉 最高じゃないか! FFファンならびにFF15ファンのための劇場版ではあるんだけど、ストーリーは一本筋は通ってるし、映像クオリティで評価するタイプの人には刺さるかも。 月並みな言葉だけど、鑑賞中に「やべー」って声が何度も漏れました。 公開当時はゲームのFF15が発売するのに合わせてアナザーストーリーを劇場公開した模様。全然知りませんでした。 僕がFF15を初めてプレイしてクリアしたのが2年前だったので時すでに遅しでした。 ちなみにFFは1〜15までオンラインの11と14以外は全クリしてるぐらいにはゲームのファンです。むしろFF以外のゲームにはあんまり興味を示さないのでゲーマーではありません。 映像が美しいのはとにかく予告とか観てもらえば十分に伝わると思うんですが、アクション描写がたまらなく凄かったですね。 ゲームの場合はプレイする側がコントローラーで戦闘シーンを操作するので、どうしてもミニマルな世界で小規模な見せ方になります。ただ本作はあくまで鑑賞者のためのムービーとしてアクション演出も徹底していました。 車のアクションとかは趣向凝らしてあって大好きです。 FF15の世界観やゲーム自体も好きが故かもしれませんが、円盤欲しくなるぐらいには興奮しました。 声優陣はゲームキャラでお馴染みの方はもちろんですが、アニメや吹替では外せない山寺宏一のほか、俳優の綾野剛や忽那汐里までが名を連ねます。 主人公のニックスは映画オリジナルキャラクターですが、実はこの映画のエピソードはFF15本編やロイヤルエディションにも引き継がれているので、一つのファンムービーとしては花丸あげたくなる粋な演出ですね。 ロイヤルエディションではルナフレーナを1人の王の剣が守り抜いた言及がありました。 まぁルナフレーナの声の忽那汐里は微妙でしたけどね…これはゲーム本編同様に北川里奈でいってほしかったところ。 あとはダイヤウェポンの存在には驚きました。ゲーム本編でもウェポンの存在を仄めかす資料はあったんですが、出てこないんですよね。 ゲームよりも前に劇場公開されていた本作にシガイの一種として登場していたとは。FF7でもお馴染みの敵キャラですが、映画ではもう人がどうこうできるレベルを超えていて災いとしての存在で説得力抜群。 いやぁ楽しかった!これをきっかけにまたFF15がプレイしたくなりました! 〈キャスト(声の出演)〉 ニックス・ウリック(綾野剛) ルナフレーナ・ノックス・フルーレ(忽那汐里) レギス・ルシス・チェラム(磯部勉) タイタス・ドラットー(山寺宏一) リベルト・オスティウム(かぬか光明) ルーチェ・ラザロ(関智一) クロウ・アルティウス(藤村歩) クレイラス・アミティシア(銀河万丈) ベルナ・カーラ(高木渉) トレッド・フュリア(小松史法) アーデン・イズニア(藤原啓治) イドラ・エルダーキャプト(飯塚昭三) レイヴス・ノックス・フルーレ(中村悠一) ※2022年自宅鑑賞168本目
  • michiko
    4
    TVゲーム『ファイナルファンタジー15』がリリースされる約半年前に公開されたフルCG長編映画。物語は本編の前日談にあたり、王都インソムニア陥落の顛末を描く。 スクウェアは2001年にフルCG映画『ファイナルファンタジー』で大コケしており、その後に映像作品『アドベントチルドレン』が発売されたが劇場公開はされず、本作は15年ぶりの『FF』映画であった。『FF15』の難産と相まって世界中から不安視された本作だが、それをまた見事に吹き飛ばしてくれた超傑作だった。当時、観終わって感動のあまり唖然とした事を覚えている。 正に厨二病ど真ん中。自由自在に操る剣と魔法、そして瞬間移動を駆使したアイデア溢れるバトル。そしてゲームファンも大満足な映像美。新宿都庁とファンタジーが融合したかつて無い世界観。帝国と王国のヒリヒリとした停戦協定の緊張感。ゲーム映画と侮ってはいけない。たった一つの指輪を守る為にリレーしていく命の灯火が何とも感動的だった。 そしてその指輪はゲーム本編の主人公に託されるわけだが…。 誰もが不満をぶち撒けていてお察しの通り、ゲーム本編のシナリオは酷い出来を通り越して呆れ返る程。本作の感動をぐしゃぐしゃに丸め込んでゴミ箱にダンクする様な本編はもう置いておき、本作映画だけを楽しめば十分である。
  • サトウヒカル
    4
    FF15本編がゴミカスうんちマン過ぎてこの映画の評価高くなってるかも。 人かと思ったらCGだったのマジで感動だったな。 正直ゲーム本編でルナフレーナへの感情移入ができないほど描写が皆無だから、俺のルナフレーナのイメージはこの映画なんだよなぁ。全員かっこいいよ。このゲームがしたかったよ。 こんな闘いがあってもバカ四人組はアホみたいな旅してんのムカつくわ。 過去視聴
  • ゆか
    3.3
    この話しをゲームの冒頭に組み込めば、もっと面白いゲームになったのに。。
KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
のレビュー(3489件)