【凄まじい映像美と迫力】ファン必見!FF映画最新作の魅力とXVとの繋がりを解説

邦画・洋画、ジャンルを問わない映画好き

いと

世界のゲームの歴史の中でRPG(ロールプレイングゲーム)というジャンルのブームを築き上げ、その発展に大きく貢献し、今もなお新しい挑戦に力を注ぐ名作ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」(以下、FF)。今回は絶賛公開中のFFシリーズ映画化最新作『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』の魅力をご紹介します。

FF15

(C) 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ゲーム最新作「ファイナルファンタジーXV」(9月30日発売)との繋がりと、FFシリーズ映像化の歴史を読み解いていきましょう。

ストーリー

科学技術が発展し、謀略にも長けるニフルハイム帝国はロボット工学などを駆使した圧倒的な武力で他国の領地を占領していた。

一方、代々魔法の力を重んじるルシス王国は帝国の攻撃を神聖なるクリスタルの力によって辛うじて防いでいた。

激しく長い長い戦争の果てに、帝国はルシス王国に和平協定を願い出る。しかし、王直属の兵士の1人ニックスはその和平協定に嫌な予感を感じ……。

ゲーム本編との繋がりは……?

未見の方の中には今作はゲーム本編とは関係がないと思っている方も多いようですが、実は密接にゲームと関係しているのです

ゲームの主人公は、ルシス王国の王子ノクティス。彼が帝国との和平協定による停戦の記念のため、帝国支配下のテネブラエ王女ルナフレーナを迎えにいくために王国を離れた後、ルシス王国では何が起きたのか…。

つまり、映画ではゲーム本編の始まりに繋がる序章が展開されているのです。

さらに、王子ノクティスと入れ違いにルシス王国の首都を訪れたルナフレーナが背負うことになった「未来」と「想い」とは!? ゲームをより深く楽しむ上で、間違いなく重要な要素になってきます。

ファイナルファンタジー、映像化の歴史

FFシリーズの映像化を語る上で避けられない作品が、2001年に公開された映画『ファイナルファンタジー』です。この作品は、FFシリーズを作ったゲーム会社スクウェアにとって初となる映画化作品であり、世界初のフル3DCGによるSF映画でした。

FF

しかし、大きな期待とは裏腹に興行成績は芳しくなく100億以上もの損失を記録し、スクウェアは映画から遠ざかることになります。

個人的にこの映画『ファイナルファンタジー』は、SF映像作品としてのクオリティは他に一切劣らぬものだったと思います。事実、本作は2001年度の文化庁メディア芸術祭で審査委員会特別賞を受賞しています。しかしながら、ファンが求める"ファイナルファンタジーらしさ”の薄さが、興行的に失敗した要因だったのではないかと推察します。

2005年、スクウェアがOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション:主に劇場公開やTV放送ではなくレンタルやソフト販売を行う形式)として発売した『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』は世界的なヒットを記録しました。

FF7

「ファイナルファンタジーVII」のキャラクターのゲーム本編のその後の苦悩や、トラウマからの離脱、マテリアや召喚獣、そして宿敵セフィロスの登場などFFシリーズファンの心を鷲掴みにする展開や設定が大ヒットの起因となったのです。

そして、『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』も紛れも無くファンの心を鷲掴みにする作品です。魔法や召喚獣、クリスタルなどの登場が「ファイナルファンタジーXV」を事前に調べていないゲーマーでも心惹かれること間違いありません。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ZAKI
    5
    映画館で観た衝撃が忘れられない ストーリーもいいですが、 映像がとても楽しめます。
  • TAKUMARO
    4.2
    -全ては未来の王のために- 【4Kで巡る王都インソムニア】 王都陥落の混乱の中、レギス国王から 指輪を主のもとに届ける事を託されたテネブラエの王女、ルナフレーナ・ノックス・フルーレ。 主=ノクティス王子と合流するためにルナフレーナの護衛を託される’’王の剣’’ ニックス・ウリック。 そして指輪の力を解放し、誇りをかけた’’裏切りの報復’’との対決。 全ては未来の王のために- FINAL FANTASY XVの王都陥落の内幕。 本作単体では非常に評価し辛いが、XVのゲーム本編後半の中々に擁護出来ない部分を補うには余りある分厚さが加わる。 日進月歩なCG作品の中で5年前の上映作品ながら久々に観ても圧巻なまでのCGクオリティ。 今でもこの作品を上回るものは中々にお目にかかれない。 今回は発売間もない北米版のUHDの円盤で鑑賞。 既存盤から音声のアップグレードがされていないのは残念。 画質のシャープさやUHDを感じさせる映像も買い換えるには悩ましい。 当時、劇場鑑賞後に野末監督に直接、XV本編でのコラボを御願いしたけれど、結局XVもDLコンテンツの中止で尻切れトンボで喪失感がひどかったな、、XVも本作も大好きなだけに残念無念。しかしながら未だに微かな希望は捨てていない。 ・北米版4K ULTRAHD(同梱Blu-ray共に日本語吹替え収録、日本語字幕無し) ・Blu-ray映像特典は国内版のボーナスディスクの収録内容とは別(北米版声優インタビュー、モーションキャプチャーメイキング、野末監督インタビュー、音楽メイキング、特典に日本語字幕無し) ・2016年劇場鑑賞済 ・前売り○、パンフレット○ ■TAKUMARO2021円盤-002
  • オレンヂ
    -
    [過去の鑑賞記録]
  • SlipperyBee
    4.3
    ゲーム本編をプレイする前に鑑賞することを推奨。 元々ヴェルサス13のPVで公開されていたシーンも一部、本作では見られる。
  • ねむ山ねむ太郎
    3.5
    FFの魔法障壁あるある、破壊されがち
KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV
のレビュー(3243件)