「SNSを恋愛に活用する方法」とは?『ウソはホントの恋のはじまり』トークイベント

2016.07.22
映画祭・イベント

映画好きなサラリーマン。

柏木雄介

7月16日より新宿シネマカリテの「カリコレ2016」にて上映されている、N.Y.ブルックリンで繰り広げられるラブコメディ『ウソはホントの恋のはじまり』。21日に新宿シネマカリテにてトークイベントが開催され、SNSやオンラインサロン等で活躍中の作家・ブロガーのはあちゅうさんがトークゲストとして登壇。SNSと現代の恋愛事情についてたっぷり語ったそのトークレポートをお届けします。

はあちゅうさんイベント3

映画『ウソはホントの恋のはじまり』について

ウソはホントの恋のはじまり

(C) 2013 ACOY, LLC

▼ストーリー

売れない小説家サムはカフェで働く女の子が気になっていた。名前はバーディー。それだけを頼りにFacebookでカノジョを検索すると、すぐにヒット!それによると、カノジョは社交ダンスをたしなみ、ジュードーが好きで、料理に興味があり、ギターを弾く男性をクールだと思っているようだ…。そんな理想のカレになりきることを決意したサム。偶然をよそおいバーディーと出会い、見事ふたりは恋に落ちる―。しかし、カノジョが好きになったのは【ホント】の自分ではなく、理想を演じる【ウソ】の自分なのではないかと思いはじめ・・・!?

SNSで発信している部分は、その人の全てではなく一部にすぎない

—はあちゅうさん、まずこの映画の感想を聞かせてください

主人公のサムは可愛いなと思いました。悪く言えば女々しいのですが、きっと男性ってこういった臆病な部分を持っているのかなと思いまして、すごく共感しました。好きな人の前でかっこつけたい、かっこいい自分を見て欲しい!という想いが空回りし、そういった行動になってしまうのではないかと思います。

はあちゅうさんイベント1

この映画で恋愛の最初のきっかけを作るSNSですが、現代の恋愛とSNSは切っても切れない関係ですよね。恋愛相手をSNS検索することをどう思われますか?

私は、ついSNSで検索してしまいますね。どうしても初めて会う人であれば、何か共通点がないか検索しますし、元彼も元気かなと思って検索してしまいます。

自分から誘うのは勇気がいりますけど、相手のことを深く知ってからだとコミュニケーションがしやすいので、仕入れられるだけの情報は見ていきますが、SNSで出している部分は決して全てではなく、目の前の彼が私にとっての彼なので、SNSの情報はあくまで参考資料として見ます。

自分より明らかに可愛い女の子と写真をアップしていたら、見込みがない、ハードルが高くなってしまいます。あと、何となく好きだなと思っている男性が、他の女の子に優しくしているのをSNS上で見てしまうとモヤモヤしてしまいますね。別に気にしなくていいことを勝手に気にしてしまいます。そんな風にSNSで検索してしまうことが恋愛を複雑にしてしまう部分もあると思います。

自分がSNSでよく発信しているので、SNSで発信しない人は気が合わないかもしれません。SNSを恋愛で活用するときは、バランスをとること、SNSで発信しているが彼が100%だと思わないことが大事ですね。

—SNSを通して嬉しかったことはありますか?

恋愛の話ではないのですが、一度しかお会いしたことがないある年下の男の子が、私の投稿を見てくれて、すぐに「いいね」を押してくれることですね。お互い恋人として相手を見ているわけではなく、LINEなどでもつながっているわけではないのですが、今でもつながりを持てていることがわかるのが「いいね」を通じて実感できて、それがSNSをやっていて嬉しかったことですね。

主人公のサムのようなアプローチよりも、もっと良いアプローチの仕方があるって見た人みんなが思っていると思います。

(会場笑)

あの場合は、直接アプローチしたほうが良かったですよね。

恋愛と戦争は情報戦だ!?

「コンプレックスが浮き彫りになるのが恋、コンプレックスを受け止めるのが愛。」との発言もされていますよね。まさにこの映画のテーマですが、サムのコンプレックスと、バーディのコンプレックスの受け止め方を、どうご覧になりましたか?

恋をしているときって、自分のコンプレックスに敏感になりますよね。でも、自分を本当に好きでいてくれる、愛してくれる人は、自分の欠点を可愛いと思ってくれる人だと思います。

サムみたいに自分を作って、弱点を隠してしまうと逆にお互いの関係が深まっていかなくなってしまいます。そして、映画のワンシーンの画廊のデートのようにどこかで爆発してしまいますね。あのデートほど可愛いものはないと思いますが、女性があんな風に楽しい時間を演出しようとしたときに、あれをやられたら結構ショックですよね。

SNSは良いツールだからこそ、うまく使いたいです。恋愛と戦争は情報戦だと思います。

SNSで発信していることを、鵜呑みに受け止めない、自分勝手に解釈しないことが大事だと思います。例えば、明らかに彼氏と食べているなというご飯あるじゃないですか。それ一人分じゃないでしょという。そういった写らないところの想像力がついてくると、SNSを恋愛で活かせますよね。

視野が狭くなっていると、2人分があることが明らかに分かるのにご飯うまく作っているなぁとしか見れなくなってしまう。いわゆる恋は盲目状態になります。

恋愛を本気ですることは自分の人生に大きな影響を生む!

はあちゅうさんは映画の中のどのキャラクターが好み?

自分が男性でしたら、バーディとデートしたいですね。あの自由すぎる感じが好きです。あんな自由な彼女に翻弄されるようなデートをすれば、自分の考え方も柔軟になる気がして。

恋って、自分の人生に大きな影響を与えることだと思います。自分と真逆の人と付き合うといろいろなことを吸収できると思います。

男性だと、バーディーとダンスしようとするおじいちゃんが可愛くて好きです。あの年でダンスして、バーディーとダンスできなかったことを本気で悔やんでいるあの人生の本気度は素敵です。そういう人と一緒にいれたら楽しい人生を送れそうな気がします。

恋愛に悩む人必見のおすすめ映画!

はあちゅうさんイベント2

『ウソはホントの恋のはじまり』は、恋愛に悩む人はもちろん、自分とは何だろう?って悩んでいる方にもおすすめの映画。”恋愛あるある”がたくさんあるので、自分ならこう思うという視点で見てはいかがでしょうか。

映画は、新宿シネマカリテにて8月19日(金)まで上映中。また、愛知県中川コロナシネマでも812日(金)から公開予定。

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • うさ
    3.6
    積極的にいこ…
  • sana
    3.3
    ハッピーエンド◎
  • なの
    2.9
    主役の二人とも、正直あんまり魅力的なキャラクターには思えんかったけど、なんか親近感のある感じで、配役はピッタリかな~~って思いました。 Facebookで相手のことを知っていく展開。 すごいな~~最近の恋愛って(笑) こんなに人に好かれようと思って行動できるって素晴らしい。 でも、後半はやっぱりがんばりすぎた結果、そうなっていっちゃうよね~~って。 なんだか友達が恋して、その恋愛模様を聞いている感覚で観れる作品でした。 ストーリー展開としては、誰もが想像できる感じ。 でも退屈はしなかった映画でした。
  • yuri
    3.9
    記録
  • MAI
    3.2
    ジャスティンロングの顔嫌いだけど面白かった🎵
  • 太郎
    3.7
    好きになると相手に合わせてしまう自分を投影してしまった 相手に好かれようと必死で本来の自分を出せぬまま、、、 分かっているんだけど難しい
  • aZusA
    3.5
    ハッピーな映画だった。
  • いせも
    3.0
    ほんと馬鹿だなって思うけど、そこまでして思ってくれてるのは嬉しいな〜。
  • Yuki
    3.5
    なかなかよかった。主人公の覚醒シーンが結構好き
  • あさのしおり
    3.9
    笑えるし面白かった。
  • なつ
    3.6
    自分が執筆している本によって本当の自分に気づかされる。キャリー・フィッシャーとマーサ・スチュワートには笑った。そしてレイモンドがいいキャラしてる。
  • yuria
    3.5
    記録
  • Tomohi
    3.5
    期待してた通りのおもしろさ SNSで好きな人のこと研究するってのは確かに気持ち悪いかもしれない。でもそれほどその人のこと考えてるわけだし、なによりサムのあの行動力は尊敬ものw それにエヴァンレイチェルウッドがめっちゃ魅力的!そりゃ惚れる 最後のシーンはサムの不器用さを感じさせつつも素直な気持ちで話していて観てて清々しかった 展開は予想できるけど軽くて観やすいし好みの映画。 ほっぺにキスするつもりだったw ウソじゃない、好きな人のための妥協
  • よしたか
    3.7
    ジャスティン・ロング主演 カット・コイロ監督作品 [ウソはホントの恋のはじまり] THE ラブコメでした♪ ジャスティン・ロングの 程よいダメさ加減、ポンコツっぷり、 良かったです。 タイトルのとおり、 好きになった女性の為に、 興味もないのに、趣味は○○だよ! と言ったり、習い事をしたり、 と、奮闘するやつです。 目新しさはないかも、ですが、 定番というか、安心して観られて、 ジャスティンの表情、あの、 ちょっと困った顔がハマっていて、 飽きずに楽しめました。 ジャスティン演じるサムが惚れる、 バーディ役には、 エヴァン・レイチェル・ウッドです、 ショートがとっても似合っていて、 サムでなくても惚れるよね、 と思いました笑 今作舞台のNYの街並みも絵になるし、 劇中流れる音楽もおしゃれで、 89分の尺も、観やすくって、 ぴったりでした。 こちら刈谷市の日劇、スクリーン2、 名画座で観たんですが、 「映画館でデートしてもいいのよ企画」 での上映でした。 おやすみの午後に映画館デート、 のんびりまったりと観賞、 丁度良い作品だな、と思いました笑 あ、観たのはひとりです笑 [ウソはホントの恋のはじまり] 2017 2 刈谷日劇にて。
  • おもち
    3.0
    1702-9-27
  • AriIshida
    3.3
    全体的にあんまり引きがない。そんな淡々とうまくいく恋を見たいわけでは無い(´・ω・`)
  • エアール
    3.6
    彼女が好きなのは 彼女の理想の男になろうと好みを偽っている自分なのか、ありのままの自分なのか? エヴァン・レイチェル・ウッド × ジャスティン・ロングで贈ります。 エヴァンは相変わらずセクシー。 力強い美声も披露され、やはりいいね!! ジャスティンも 鈍臭い男やらせたらうまいね〜 即興劇後の エヴァンと談笑するシーンは個人的にツボ 他にも思わず頬が緩むシーンが多々ありまして意外と楽しめた。 他共演者についてもちょい役だけども シエナ・ミラーやサム・ロックウェル、 ヴィンス・ヴォーン、 ブレンダン・フレイザー、など 豪華な面々。 はて 新作を書こうにも筆が進まない物書き屋が 行きつけのカフェの店員に一目惚れ どうにか当たり障りのない会話から 相手の名前を知る ーーダメでもともと ネットで名前を検索してみたら… なんとSNSのアカウントがヒット!!! 彼女のアカウントページを 研究しつくした物書き屋 ーー彼女の理想とする男性に近づけていくことを決意 本、音楽、酒、など嗜好を寄せる、 他にも趣味として、 ギターの演奏、 フランス料理、 柔道、 社交ダンス、 ボルダリング、などなどを 片っ端から始めていく… やってることがなかなかアブないですが 行動力は素晴らしい 笑 次第に彼女との距離は縮まっていくも 親密な関係になればなるほど 不安、焦燥、ストレスを感じるようになる物書き屋 ーー彼女が好きな自分はありのままの自分ではなく偽ってる自分だから… いざ本当の自分を知ってしまったら 彼女は自分をどう思うだろうか、 怖気付いてしまい行動に移せない物書き屋でありました。 皮肉にも自分と彼女とのことを 新作として書き始める物書き屋 ーーこちらは非常に順調。 筆が進むこと進むこと、 チャプターごとに書き上げた原稿を 出版社のマネージャーに渡せば 相当ウケがいいご様子 物書き屋は悟る この生活には限界がある… 彼女にありのままの自分を知ってもらう必要がある、と… 想いは実るのか…
  • furutagazio
    3.6
    ありきたりでベタなストーリーだがさらっと見れて面白かった。
  • ぷとん
    3.0
    SNSを使って好きな娘の理想の人になろうと懸命になってる所がなんともかわいい。いわゆるイケメンじゃないんだけど、ジャスティン・ロング好きなので更にキュンときた。 嘘をついてる、という負い目が一番だと思うけど、サムは自分に自信が持てなかったんだろうなーと思った。 自分に自信がないのに、愛してるという言葉をもらえて、本当なのかな…って不安になる気持ちは分かるなぁ。 にしてもバーディがしっかり愛も知ってる女の子で、ハチャメチャな事言ってるサムでも、愛してると言える誠実さ。良い子。
  • 3.0
    売れない小説家のサムは、ウエイトレスのバーディーに恋をする。 バーディーに気に入られる為に、バーディーのSNSを調べ上げ、バーディーの趣味に合わせる。 理想の男性を演じバーディーと親しくなるものの、やがてそれが負担になってきてしまう。 勝手に調べて勝手にキレてと主人公がすごい我儘に思えた。 主人公の良さが分からないままだったなぁ。
  • トラネコさん
    2.5
    ありがちなストーリーと主役の男の子が好きになれず(ここ大事)彼女は可愛く何処が良くて好きになったのかサッパリ解らなかった。
  • はるな
    4.5
    最初はイマイチやな~と思ってたけど ラスト20分で一気にやられた。 SNSから情報を得て 彼女の理想通りの彼氏を目指す という現代ぽいストーリー。 途中偽りの自分を好かれることに葛藤するのがリアルだったぁ…! 小道具屋さんでのデートは素敵♡ 編集者の人がズバズバ言うシーンは とてもスッキリした!!!笑 個人的に社交ダンスのおじいちゃんがめっちゃ好き!いいキャラ!笑
  • なが
    2.1
    寝てしまっ
  • tkt
    3.6
    記録
  • chn126
    3.4
    なかなかのストーカー行為の末のハッピーラブストーリー 主人公がちょっと、いやかなりストーカーぽかったけど。相手が嫌がってないならいいのかな。 セクハラは相手が不快だと思った時からだといいますが、ストーカーも同じなのかな?? 聞こえよく言えば好きな人の為に究極に自分を彼女のタイプに寄せにいった男。だけど悪くいうとただの気持ち悪いストーカー 評価低いのでどうなんだろうと思ってましたが、ハッピーエンドだったのでさらっと見るくらいなら全然よかったです。
  • しいあい
    3.9
    ♥︎
  • merry
    4.0
    こういうラブコメ大好き‼︎ 自分を好きになって欲しい為に 彼女のSNSを調べ、理想の彼氏を 演じるハメに‼︎ 今の時代だからこそ、こういう恋愛ってホントにありそう。 恋に不器用ならなおさら。 当然ウソをつく事にも限界あるし 苦しくなるだけ… でもそれだけで相手の事を思っちゃうと こういう風になっちゃうのかな⁇ でも相手に合わせる努力は必要だよね〜〜 もっと自分に自信を持つことが大切だと感じさせてくれる、こころ温まる作品かな。 ジャスティン・ロングは こういう役がピッタリハマり過ぎてる‼︎
  • いとまど
    3.0
    健全なネットストーキングの稀少な成功例! セカンド童貞めちゃ頑張る。 好かれるための努力と、好きだからこその努力は微妙な違いがあって、何が違うかと言うと「自分のために」と「相手のために」の部分ではないでしょうかねぇ。 パッケージほどPOPでもない、テンション高すぎないラブコメでした。あと起承転結が分かりやすい。 余談、私はSNSでバリバリにアピールする人は苦手なので恋生まれねぇな…と思いました。
  • なつも
    3.5
    バーディめっちゃいいこ 主人公が勝手に彼女の理想になりたくて頑張ってあわせるのにつかれちゃってプツンしたときは、バーディのせいじゃないのにかわいそうだった お互いだんだんほんとの自分出してけばいいと思う 最初は沢山しらないことだってあるよ 自分に合わせてきてくれることが嬉しくてかわいいな〜てバーディも思ってたんじゃないかなあ 軽くみれる作品です
  • shizumi
    3.0
    好かれたくて努力する ありのままを好きになってほしい その気持ちで揺れるのはいいけど あんな吐き出し方はないよなー 自分だって一目惚れなのに 何も知らずに恋に落ちているのに それでいいのに 好きな食べ物を知らないと 本気で好きじゃないってことなの?恋は人をめんどくさくする それはそう レイモンドの一人勝ち
「ウソはホントの恋のはじまり」
のレビュー(735件)