圧巻の映像美と神秘的な音楽があなたを虜に!『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

2016.09.07
アニメ

映画と現実を行ったり来たり

ne22co

2016年8月、今年の夏もたくさんのアニメ作品が公開されました。

各メディアでも注目され、CMでも目にする事の多かった『ファインディング・ドリー』『ペット』『君の名は。』これらの作品は鑑賞された方も多いと思います。

では、みなさん、8月20日公開の『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』というアニメーション作品はご存知でしょうか?

ソングオブザシー

(C)Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm Superprod, Norlum

こちら、小規模公開ではありますが、先に挙げた作品に負けず劣らず、たくさんの魅力が詰まった作品です。

そもそも『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』ってどんな作品?

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』は2014年にアイルランド、ルクセンブルグ、ベルギー、フランス、デンマークの5カ国によって制作された作品です。

昨年2015年のアカデミー賞長編アニメ映画賞では、ジブリの『かぐや姫の物語』やディズニーの『ベイマックス』と共にノミネートされています(『ベイマックス』が受賞)。その他アニー賞では7部門でノミネート、ヨーロッパ映画祭(European Film Awards)にて長編アニメ賞受賞など、世界中のアニメーション界を席巻しました。

本作の特徴は、何と言ってもこれまでに無い新たな映像美と神秘的な音楽です。

鑑賞者は何とも不思議な感覚を味わい、忘れられない映像体験が出来る作品だと、話題になっています。

アイルランドの神話を基に創られたストーリー

海ではアザラシ、陸では人間の姿となる妖精と、人間の間に生まれた二人の兄妹。兄のベンは愛する母親が聞かせてくれる神話や詩が大好きでした。

妹であるシアーシャの出産をきっかけに母は姿を消してしまい、そのことからベンはシアーシャを疎ましく感じていました。

シアーシャの6歳の誕生日、彼女は魔女の手下にさらわれてしまいます。

シアーシャの不思議な力に気がついたベンは、母親の形見である貝の笛と幼い頃に聞いていた妖精の詩を頼りに、シアーシャと妖精の世界を救うための不思議な旅に出発するのです。

『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』3つの見所をピックアップ

1. ピクサー、ジブリに並ぶアニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」が目指した独自の作品創り

トム・ムーア監督は1999年に自らアニメーションスタジオ兼、制作会社を設立しました。

彼はこの作品を通して、失われつつある母国の民話に命を吹き込み、現代の大人から子供まで楽しめる作品にすることを目指したそうです。

ストーリーは兄妹の冒険物語ですが、作品には一貫した幻想的な世界観、穏やかさ、優しい静寂が表現されています。

1シーン1シーンが、映像として過ぎていくのが惜しいと思わせるほど綿密に描き込まれており、鑑賞者は上質な絵本のページをめくっているかのような錯覚を覚えます。

繰り返される印象的な詩と上質な絵画が融合して生み出される映像美は、ただ眺めるだけでもその独特な世界観に引き込まれ、癒されるはずです。

2. 愛らしいキャラクター

ソングオブザシー

水彩の滲みと細かい線画で綿密に描き込まれた背景とは逆に、キャラクターはいくつかの幾何学模様を組み合わせたシンプルな線と色面で描かれています。

しかしそのシンプルな線と面から生み出されたとは思えない程に表情は豊かで愛らしく、物語が進むにつれて愛着を感じる事、間違いありません。

主人公のシアーシャやベン、飼い犬のクーはもちろんですが、それ以外のどの動物も本当に愛らしく、海の中のシーンや森を駆け抜けるシーンなど、全ての動物を見逃さないよう注意して観てほしいです。

3. 監督自身が日本アニメに大きく影響を受けている!

監督は自身の作品制作の上で、日本のアニメーション、特にジブリ作品に大きく影響を受けたと話しています。

作品を観ても、背景を細かく描き込み、人物をシンプルに描写する手法や、手書きでの水彩の滲みを生かした背景の表現からもそれがわかります。

この物語の中の描写にも『千と千尋の神かくし』の湯婆婆や『となりのトトロ』の猫バスを彷彿とさせるシーンもあり、ジブリファンはそういった視点でも楽しめるかもしれません。

アニメーション界の注目の新人監督、日本初公開作品を是非劇場で!

トム・ムーア監督は1作目『ブレンダンとケルズの秘密』に引き続き、本作が2作目となる新人監督。

1作目もヨーロッパや各映画祭では注目されていたものの、日本での公開には至りませんでしたので、今作がトム・ムーア監督の日本初公開作品となります。

ヨーロッパの不思議な神話や、雄大な自然、人々の営みをエッセンスに創られた、新しいアニメーションを是非劇場で体験してみてはいかがでしょうか。

(C)Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm Superprod, Norlum

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あーさん
    4.0
    これは劇場で観たかったなぁ。。 本当に美しい映像なので、できれば大きなスクリーンで観たかった…。 同じトム・ムーア監督のデビュー作"ブレンダンとケルズの秘密"(2009)の方を 先に観ていなければ、もっとスコア高かったと思う。 やはり初めて観るものの印象の方が強くなってしまう。。 あちらは"森" が出てくるので、色彩が明るく、特にグリーンと赤の使い方が素晴らしかった。 今作は海が舞台なので落ち着いた感じの"青" が美しかった。そして、光。 人間とセルキー(陸では人間、海ではアザラシの姿の妖精)の間に生まれた少年ベンとその妹のシアーシャ。お母さんは妹の誕生と引き換えにいなくなってしまった(海に帰った?)ので、お父さんと愛犬クーと兄妹とで灯台のある海辺に住んでいる。 ベンはしゃべれないシアーシャの面倒を見させられるのが好きではなく、いつも意地悪ばかりしている。大好きなお母さんがいないのもさみしい。。 シアーシャの6歳の誕生日に街からおばあちゃんがやってきて、子ども達のためには危険な海の側はやめて街に住んだ方がいい、と二人を連れて帰ってしまう。 大好きなお父さんやクーと離れ離れで暮らしたくない、とそこから逃げ出した二人はやがてシアーシャに不思議な力がある為にフクロウの魔女から狙われるように。。 自分のことしか考えられなかったベンが、妹を守る為にお兄ちゃんらしくなっていくところは見ていて微笑ましい。 フクロウの魔女の呪いの意味、瓶の中に集められた負の感情たち。 苦しみも悲しみも悩みも、決して"誰も必要としていない不快なもの" ではなく、喜びや楽しみと同じように大切な感情なのだ、と知るベンとシアーシャ。 本当の救いとは何か? ということを考えさせられる。 監督はジブリに影響されたというだけあって、既視感(オマージュ?)が所々に。。 人間と人間ではないものとのロマンスということではやはり"崖の上のポニョ"が一番に思い出される。 他にもあれやこれや…。 最後にシアーシャが選んだ道は…? 観た後に心がポッと温かくなる、とても美しくて素敵な作品だった。。 *追記 字幕版で鑑賞。 最後の歌を含むシーンは吹き替え版も聴いてみたが、やはり字幕の方がしっくりくるかな。 ベン役の本上まなみ、シアーシャ役の子は良かった。 ego wrappin'の中納良恵がお母さん役の吹き替えと歌を歌っているということで期待したのだが、うーん…もちろんとても歌は上手いのだけれど、、 本家アイルランドのシンガー、リナ・ハニガンの方が神秘的な雰囲気が出ていたかなぁ。。 よっちゃん、私は好きなんだけども、何せ個性的すぎるから、演技も含めてもう少し透明感のある歌い手さんの方が良かったかも。 サントラ欲しくなった。。
  • おすぎ
    3.0
    絵が綺麗という事らしいけど、私の感想は「可愛い」という感じ。 パワパフみたいな表情や人の動き可愛い〜♡ 設定については追求しちゃいけない(笑) (※追記:アイルランドの神話が元らしい) 千と千尋の銭婆みたいなシーンと、モアナみたいな流れがあった
  • わた
    4.2
    記録
  • nait
    3.9
    「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」というタイトルしかつけようがない。アイルランドのアニメ。 簡単に言っちゃうとアイルランド版「日本むかし話」。言葉は矛盾しますが、雰囲気はこの表現が一番しっくりくる。 ある事情で母親がいない兄妹。 しゃべれない妹とには隠された秘密がありました。その秘密は世界の行方を左右する…。って書くとよくあるアクション映画みたいだけど、結構な冒険活劇でありつつアイルランド文化を伝えるアニメ。 先が読めるっちゃ読めるんだけど、読めない。みたいな絶妙な感じ。単純に兄妹の冒険に一緒に乗っかってる感じ。実にいい! 画柄もどこか日本的要素も感じられる(監督によればジブリ作品に相当影響受けてるようだ)。 こういう作品がまだ作られる世の中であってほしい。 日本語吹替で観ましたが、EGO WRAPPINの中納良恵が歌う日本語訳の主題歌も実に良い。 お兄ちゃんを本上まなみが演じているのは最後まで気がつかなったぐらいどハマりしてた。 こういう丁寧な日本語吹替を作ってもらいたいもんだ、配給会社の皆様。
  • torisan
    4.3
    アートワークが本当に素晴らしいですね。どのカットも美しく、暖かく、心地よいアニメーション映画でした。最初期の東映動画のような丸みのある親しみやすいキャラクターも自分的にはとても可愛くて良かったです。セルキーなど、アイルランドの神話の事は知らなかったので、とても刺激にもなりました。
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」
のレビュー(1522件)