不寛容な社会と向き合う純粋な魂。西川美和×役所広司の初タッグで描く問題作『すばらしき世界』

『ゆれる』(2006年)、『ディア・ドクター』(2009年)、『永い言い訳』(2016年)…。西川美和監督が紡ぐ物語の主人公たちはみな、嘘で自分自身を覆い隠し、容易にその内面を観客に開示しない。西川作品を観ることとは、人間の心という不可思議な迷路に分け入っていく行為。やがて、人間の愚かさや滑稽さを目の当たりにして、我々観客は自分が丸裸になったような気持ちにさせられるのだ。

そんな西川監督の新作『すばらしき世界』が、2021年2月11日より全国公開される。果たして、役所広司演じる三上とはどんな人物なのだろうか?まずは、これまでに監督の手によって生み出されたキャラクターたちを振り返ろう。

嘘かどうか“ゆれる”男、早川稔(香川照之)
−『ゆれる』(2006年)より

山梨の実家でガソリンスタンドを経営している兄・稔(香川照之)と、東京でカメラマンをしている弟・猛(オダギリジョー)。幼馴染の女性が吊り橋から転落した事件で稔は逮捕されてしまい、猛は必死に無罪を訴える。だが裁判の過程で、温厚な兄の隠された一面が垣間見え、愛憎渦巻く感情が少しずつ露わになっていく。

稔の奥底に眠る感情は、最後まで見通すことはできない。彼は嘘をついているのか、ついていないのか、それすらも判然としない。まさしく映画のタイトルのように、“ゆれる”存在なのだ。

善意で嘘をつく男、伊野治(笑福亭鶴瓶)
−『ディア・ドクター』(2009年)より

過疎化の進む小さな村で唯一の診療所を営む、医師の伊野 (笑福亭鶴瓶)。人なつこい笑顔を絶やさず、親身になって村人の治療を一手に引き受けている彼は、村人から絶大なる信頼を集めている。だが、これまで隠してきた「嘘」がほころび始め、彼は突然村から失踪するのだった。

映画のキャッチコピー「その嘘は、罪ですか。」が暗示する通り、彼の嘘は悪意に満ちたものではなく、むしろ善意から生まれたものだった。この映画では、そんな「善意の嘘」を許容しない社会の歪みを、冷徹な眼差しで描いている。

保身のために嘘をつく男、衣笠幸夫(本木雅弘)
−『永い言い訳』(2016年)より

小説家の幸夫は、妻の夏子と二人暮らし。自宅で愛人と不倫行為に及んでいた彼の元に、旅行中の妻が事故に巻き込まれて死亡した連絡が届く。内心では大きな悲しみを感じてはいなかったものの、保身のためにマスコミの前では “最愛の妻を失った悲劇の夫”を演じるのだった。

国民栄誉賞を受賞した広島カープの鉄人 「キヌガサ・サチオ」と同じ名前を持ちながらも、その行動は褒められたものではなく、あまりにも小市民的。だがその嘘は、おそらく普通の人々が普通についてしまうであろう、世間体としての嘘なのだ。

嘘をつけずにもがく男、三上正夫(役所広司)
−『すばらしき世界』(2021年)より

最新作の『すばらしき世界』の主人公・三上は、実在のモデルが存在するキャラクター。 西川監督は関係者に綿密なリサーチを行い、4年の歳月をかけて“短気だが実直で情に厚い男”三上正夫を創り上げていった。

彼は、『ディア・ドクター』の伊野や『永い言い訳』の幸夫とは異なり、呆れるくらいに嘘がつけない。だがそれゆえに、目の前にある不条理に太刀打ちできず、哀れなくらい無力な存在となってしまう。一度レールを外れた者に対して、私たちが住むこの世界はあまりにも不寛容なのだ。彼のまっすぐさは、とっても愛おしく、とっても切ない。

西川美和が描いてきたキャラクターを時系列で俯瞰してみると、嘘で塗り固められた鎧がちょっとずつ剥がされ、純粋な魂がむき出しになっていることがわかる。そういう意味で『すばらしき世界』は、彼女が新しいステージに移行した作品だといえるかもしれない。ぜひ劇場に足を運んで、この映画を存分に味わってほしい。

◆『すばらしき世界』Information

あらすじ:下町の片隅で暮らす三上(役所広司)は、見た目は強面でカッと頭に血がのぼりやすいが、まっすぐで優しく、困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で過ごしてきた元殺人犯だった。社会のレールから外れながらも、何とかまっとうに生きようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)が番組のネタにしようとすり寄ってくる。やがて三上の壮絶な過去と現在の姿を追ううちに、津乃田は思いもよらないものを目撃していく……。
上映時間:126分
公開日:2021年2月11日(木・祝)全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:subarashikisekai-movie.jp

すばらしき世界』公開記念!西川美和監督の過去作が待望のBlu-ray化!

『蛇イチゴ』

映像特典:「ふりかえる『蛇イチゴ』」デビュー19年目を迎えた西川美和と本作のプロデューサーを務めた是枝裕和が制作当時を“ふりかえる”豪華対談。プロデューサーは当時の監督をどう見ていたのか?対談を通して、改めて作品の魅力に迫る。

『ゆれる』

映像特典:「ふりかえる『ゆれる』」デビュー19年目を迎えた西川美和とオダギリジョーが制作当時を“ふりかえる”豪華対談。二人は当時の監督をどう見ていたのか?対談を通して、改めて作品の魅力に迫る。

『ディア・ドクター』

映像特典:「ふりかえる『ディア・ドクター』」デビュー19年目を迎えた西川美和と笑福亭鶴瓶が制作当時を“ふりかえる”豪華対談。当時の監督をどう見ていたのか?対談を通して、改めて作品の魅力に迫る。

西川美和Blu-ray & DVDコレクション

【発売日】2021年1月27日(水)3作同時発売
【価格】各3,800円(税抜)
【発売・販売元】バンダイナムコアーツ

(C)2002「蛇イチゴ」製作委員会、(C)2006『ゆれる』製作委員会、(C)2009『Dear Doctor』製作委員会、(C)2016「永い言い訳」製作委員会、(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • MasateruAiki
    4.5
    途中でこんなにもうこれ以上何も起こらないでくれと思った映画は久しぶり。あとやはり役所広司は名優。
  • みゅうちょび
    4.5
    ほんとうに素晴らしい作品だった。 役所さんも凄いけど、西川美和監督は素晴らしい!! 日本人をちゃんと日本人らしく描いてる日本映画が好き。
  • 揚げ豆腐
    4
    話題になってたこともあり、気になって視聴。 日本の再犯率は2人に1人、2021年には過去最悪の49.1%の割合だったと報告されている。(※1) 日本に限った話ではないけれど、人生のレールから一度でも外れた人間に対して社会は非常に厳しい。 本作の主人公である三上に対しても社会は厳しかった。 人生の大半を刑務所で過ごしていた三上は今度こそカタギとして生きようと決意して社会復帰のために努力する。 ただ、刑務所での生活で培った手先の器用さを活かせる職は現代社会に少なく、生活保護も過去の経歴から当初は拒絶されていた。 職探しのために改めての免許取得に奮闘するも、あまりに荒い運転に教習所では難を示される始末。 それに、長らく暴力団組員として生きてきたこともあり、三上は頭に血が上ると暴力に走ってしまう。 テレビ番組の制作として三上と関わり、三上と親しくなり始めていた津乃田を怯えさせるには充分なほどに。 気質は真っ直ぐで、不良に絡まれていたサラリーマンを助けるほどの正義感を持っているのに、解決方法は暴力しかない。三上が辿ってきた人生が垣間見えた瞬間だった。 現代社会で生きていくにはあまりにも厳しい現実、そして三上の気質。 再犯率が2人に1人だと云われる理由がよくわかる。 心を入れ替えて生きていこうにも、社会は容易く三上を受け入れてはくれないのだから。 そう考えると本作品のタイトル『すばらしき世界』というのが皮肉に思えてくる。 けれど、津乃田を始めとして、スーパーの店長である松本や、役所の担当の井口、身元請負人の庄司夫妻など、親身になってくれる人たちがいる。 お世話になった人たちのことを考え、暴力で解決するしかなかった三上が、ようやく就けた介護職の現場で職員たちが悪口を言っていてもグッと堪えて愛想笑いができるようになった。 あの場面では、福岡でお世話になった組長の妻が三上に告げた「シャバは我慢の連続ですよ。」という言葉が私の脳裏に蘇った。 波風立たせずに愛想笑いで済ませたのは決して正しい行いではないのかもしれない。けれど、暴力を抑えることができたのは大きな成長だと感じた。 理不尽な悪口に立ち向かおうとする三上はきっと正しい。だって、悪意に満ち溢れた言葉を向けられていた人は、軽度の障害を持っているために臨機応変な行動ができないとはいえ悪口を言っていい相手ではないからだ。 それでも、社会で生きていくためには我慢をしなければいけない。 こんな世の中って果たして素晴らしいのだろうか? けど、津乃田や松本、庄司夫妻が三上のために自転車をプレゼントした場面を見たときに思った。 この世界は素晴らしいといえるものではない。弱者には厳しいし、我慢の連続ばかりだから。 それでもあの自転車の場面のように素晴らしい瞬間は確かに存在した。 だから、この作品にはやはりこの『すばらしき世界』というタイトルが一番相応しいのだと私は思った。 個人的にはスーパーの店長である松本に本当に救われた。六角精児さんの演技も好きなんだけど、この松本というキャラは本作品の救いだと思う。 ※1 下記URL先を参照。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20211224-OYT1T50133/
  • 西階段
    3
    三上〜!もっと良い経験をしてって欲しかった
  • ぢん子
    -
    ガミさん…いや役所さん…。 アカデミー賞の常連で、安定してる演技だよね、と今まで思ってたけど、役所さんの演技で泣いたのは、これが初めて。 そして、キムラ緑子さん。 今の社会、生きにくい。 コロナからこっちと昔では、全く別世界。 働き方も変わった。 それなのに、社会や思考が変わってない。 だから、とても生きにくい。 もう前には戻れないのに。 人との繋がり。 どんな人と繋がっているか。 とても大切だな、と痛感しました。 なんだか既婚、未婚に関係なく、長い付き合いでも、あれ?と違和感を覚えてくる人間関係があります。 「昔は、こんな人じゃなかったのに」 「こんな人だったっけ?」 「昔っから変わらないな(悪い意味で)」 人生、あっという間なので、違和感持った人とは出来れば関わりたくないです。時間がもったいない。 でも、社会ってそういう人間関係が多い。 主人公の三上さんと被らせてた部分があったから、役所さんの演技に泣けたのかもしれません。 反社の人は生きにくい、とは知識として知っていたけど、映像の圧が、リアリティーあって凄かった。 ドキュメンタリー観てるみたいで、しんどかった。 仕事があり、ご飯を食べ、風呂に入り、布団で寝る。 常々思ってるんですが、全部、当たり前じゃないんですよね。 三上さんと話したーい。 すばらしき映画をありがとうございます。
すばらしき世界
のレビュー(38222件)