狂い咲き舞い散る艶やかな花弁!美女達が魅せる過激な愛と青春とエロ『過激派オペラ』

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

―女たちが繰り広げる15分に1度の剥き出しの愛

2000年に劇団「毛皮族」を旗揚げして以来、国内外でセンセーショナルな作品を発表し続ける演劇界の奇才・江本純子による監督デビュー作『過激派オペラ』が、2016年10月1(土)よりテアトル新宿 他全国の劇場にて順次公開される。

本作は、同監督による小説『股間』を映画化した一作。とある劇団の旗揚げ公演と、その成功に懸けた女優たちのすがたを、狂おしいほどの愛と青春とエロが詰まった「R15+指定」の過激な青春群像劇として描き切る。

馬鹿でも愚かでも向こう見ずでも、やりたいことに向かって走り抜ける力の清々しさを、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。

poster

(c)2016キングレコード

女と女、友情に喧嘩に性交に、熱情が溢れ出る物語

―女たちによる狂熱の演劇エンターテインメント―

“女たらし”の女演出家・重信ナオコは、劇団「毛皮族」の旗揚げ公演のオーディションで一人の若手女優・岡高春に心を奪われ、彼女を主演女優に抜擢する。

main

(c)2016キングレコード

その後、学生時代からの演劇仲間や新加入の劇団員たちと共に抱き合ったり半裸になったり、身も心もぶつけ合う猛烈な稽古を行ったナオコは、見事旗揚げ公演の成功春との恋愛関係、同棲生活を手に入れる。

kiss on bed

(c)2016キングレコード

しかし、そんな絶好調な劇団と恋の行方は、次回公演へ向けて新たに加わった一人の妖艶な女優の登場と、彼女ばかりを贔屓するナオコの不可解な行動により、その場にいる全員の心を狂わせる、怒りや嫉妬が渦巻く波乱の様相を見せ始めるのである……。

汗に涙に愛液に、すべてを出し切る女優たち

「女たらし」の女演出家・重信ナオコを熱演:早織 

saori

(c)2016キングレコード

2003年、テレビドラマ「東京少女」(03)でデビュー。その後テレビでは「電車男」(05)他話題作に出演し、「ケータイ刑事 銭形雷」(06)で初主演を飾る。近年ではNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)に出演。映画では百円の恋(14)で主人公の妹役を演じた他、『キセキ あの日のソビト(17)の公開を控えている。

100円 

(C) 2014 東映ビデオ

本作では、時に気だるげに、時に激しく、周りがつい彼女のために動いてしまいたくなるような、劇団の求心力となる女演出家を熱演。「女たらし」として激しい濡れ場にも挑戦している。

ナオコの恋人で劇団の主演を務める野心的な女優・岡高春を好演:中村有沙

nakamura

(c)2016キングレコード

2001年より、「天才テレビくんワイド/MAX」で約4年間レギュラーを務め、人気を得る。その後09年から本格的に女優業へ転身し、映画『ゾンビアス(11)で初主演を果たす。現在もテレビ、ドラマ、舞台とその活躍に注目を集める。

本作では、あどけない表情から発する爆発的な叫び声が、観る者を緊張と笑いへ誘う。

ゾンビ

激しく個性をぶつけ合う、ナオコを取り巻く新進気鋭の劇団員たちを、注目の若手女優陣が快演

sorotte

(c)2016キングレコード

桜井ユキ(出水幸)―『FASHION STORY-Model-』(12)出演以降、映画を中心に実績を積む。寄生獣(14)、『トイレのピエタ(15)他に出演(写真左)。

森田涼花(工藤岳美)―2006年ホリプロスカウトキャラバンをきっかけに芸能界入り。アイドリング11号、映画阪急電車 片道15分の奇跡他に出演(写真正面手前)。

佐久間麻由(寺山田文子)―2001年より舞台、映画を中心に多方面で活躍。映画ロマンス(15)日本で一番悪い奴ら(16)他に出演(写真右下)。

その他、演劇界から宮下今日子安藤玉恵が出演。きらめく個性がスクリーンの中で激しくせめぎ合う。

はしゃいで、抱き合って、喧嘩して、殴り合って、一途な想いと爽やかな青春が蘇る

本作は、メインポスターに見られるような、激しく身体を求めて絡み合うシーンが随所に散りばめられてはいるものの、決してラブでもロマンスでもなく、ここでは「裸」は身体から溢れ出るエネルギーの一部として力強く快活に描かれている。

kiss on stage

(c)2016キングレコード

それはゲップがでるような濃厚なものではなく、思わず笑ってしまうような、初期衝動あふれる青春の1ページを彷彿とさせる軽やかさを備えている。

江本監督は本作で、「大人になってしまったらもう手にすることができない」「バカで向こう見ずで走り切っちゃうエネルギー」を描き出したかったと、プレスシートにコメントを残している。

busssstop

(c)2016キングレコード

劇中劇として公演される『過激派オペラ』の荒々しい演出もさることながら、映画全体から伝わる「人間の力」がスクリーンを飛び越えて胸に飛び込んでくるのも、その一瞬の力を爆発させる「舞台」「演劇」の世界をひた走ってきた江本監督の経験、力のあらわれなのだろう。

やりたいことをやる。失敗もあるけれど、馬鹿正直に、迷いながら、力いっぱい、生きていく。

剥き出しの感情をぶつけ合いながら、華麗に咲き乱れる女たちの青春を、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • マクガフィン
    3.6
    劇団員の赤裸々な恋愛ドラマ映画で、女子劇団の劇団演出家・ナオコと劇団員たちの欲望・愛憎・嫉妬が喜怒哀楽に入り交じる狂騒の日々がスリリングに展開して興味を惹く。監督は演劇の演出家出身で長編映画初監督。 ナオコのキャラ立ちが良く、稽古に恋を織り交ぜる自己中心的な性格で欲望のため猪突猛進する姿は凄味があり面白い。舞台となるは稽古場や劇場の閉鎖的空間ばかりだが、映画ならではの奥行きを意識したカメラワークが良い。ドキュメンタリー風に距離が少し離れているので、カオスな劇が客観的に見えるし、一般大衆と閉鎖的な小劇団の距離にも感じる。 また、同時に周囲の空気を取り入れることが上手く、A・B・C以外の複数を画面にとらえ、AとBが会話や演技をしてC以外のリアクションをさりげなく見せることで、特に稽古場における愛憎と嫉妬が絡む狂気・絶叫・絶望の過剰なシーンでもこの距離は同時にその周辺の役者(C以外の稽古を見ている人)の反応も捉えることで、C以外のリアクションや熱量の違いから起こる笑いやシュールな雰囲気を焙り出す。 全員が下着姿で稽古場から外にでてホースで水をかけるシーンは秀逸で、稽古場の閉塞感から外の解放感が凝縮してスリリングに捉えている。近距離なカメラワークは生々しい臨場感が溢れカオスな劇や稽古場と対照的な表現に。 人と人が織りなす関係は、ひとつひとつの出来事の集積によって生まれるのだが、終盤に登場する女性により劇団を掻き乱す。人間関係において一人の人間が個や集団を潰す過失は、日常生活においても起こりうえることで、女同士や劇団生活の困難な所を随所に盛り込まれて面白い。 しかし、エロシーンは中途半端。もっと生々しくエロくするか、コミカルにしないと作品の特徴に反し、中盤以降の取っ手付けたようなエロは、根幹を揺るがしこの作品のブレを生じた要因に。エロシーンはスポンサーの意向なのでは。 90分にまとめたことは見事。演出家ならではの演技の演出が上手く、演劇的要素と映画が融和し合う作品を作れる才能を感じた。融和するのは後数本かかると思うが、今後の江本純子監督に期待したい。
  • asachan
    3.3
    LGBT作品。 良い意味悪い意味両方兼ね備えた変態的カオスな下町劇団のお話。 役者はあくまでも役だけの対象で見たいからプライベートな部分までは見たくはないけど、こういう劇団の公演見に行ってみたいなぁ。感性がめちゃくちゃに変わりそうなので。 内容はともかく面白い世界が見れました。
  • さぃもんす
    3.8
    エンターテイメントの世界に生きる人ってどこか変態要素があると思うけど、その中でもずば抜けて変態なのは劇団をやっている役者たちだと思う。 大衆受けはしない内容の劇を小さな箱の中でやり、稽古しつつ生活は苦しいからバイトをし身を粉にする。役者って将来を約束されてない職業No.1だよね。それを言ったらお笑い芸人もか…じゃあ同率1位ということで。 自伝的小説を映画化ということは監督さんはレズビアンってことなのかな。好きな人にはかなりグイグイなんですねって自分の性癖やら性格やらひけらかしてますけど大丈夫でしょうか(つд∩)? レズビアン映画って初めて見た。満島ひかり主演の『カケラ』もそっち系だけどノーマルに近かったから、本作は結構衝撃的だった。LBGT自体には偏見とか抵抗とかないけど、実際に目に触れる事ってないから、こんな感じなんだなと知れたのは良かった。良かったっていう表現はちょっと違うけど(^◇^;) その人が魅力的だったら男とか女とか関係なく惹かれてるのは当然な事だし、自分が女で偶然相手も女だったらもうそれは諦めるか、線を越えるかしかない。重信は女にその一線を越えさせるのが上手いね⁽´ᵕ`⁾ シンケンジャーのキイロちゃん。井口監督作品のライブに出てた時もうわぁこんなお仕事してるのかぁと衝撃的でしたが、今回もうわぁお尻の割れ目透けとるやーんと心がざわざわしました。童顔フェイスに可愛い声なだけにざわざわしました。 高田聖子さん久しぶりに見たと思ったら何やってるの…。随分老けましたなぁ。そりゃおばさんって言われてしまいますよ。白いキモいのと共にしてるくらい変人なら、重信に相談された時なんかもっと怒り狂って欲しかったな。
  • A子
    3.3
    親密さの子いた
  • ゆうフラット
    3.6
    あまりにも行き過ぎた狂気に思わず笑ってしまった。役者自身から発せられる肉欲だったりエゴだったり怒りだったりの正直さと本物さは、確かにマイクやスピーカーを通すミュージカルではなく、己の肉体だけで表現するオペラであった。 「あんたが本作の足を引っ張っている。何故降板しないの?」、「人形じゃねぇんだから!」と監督に言われ、「とにかく死なずに映画撮影を乗り切ろうと思った」などのエピソードが舞台挨拶で語られたが、その壮絶さが確かに伝わる作品だと思う
「過激派オペラ」
のレビュー(441件)