【試写会】山崎賢人主演!30年の時を超えて大切な人を救う物語『夏への扉ーキミのいる未来へー』

夏への扉ーキミのいる未来へー』Filmarks試写会へご招待します!

30年の時を超える旅の果て、クライマックスの先に幸せなサプライズが!

原作はロバート・A・ハインラインによるSF小説『夏への扉』。多くのハリウッド映画に影響を与えてきた本作が、世界で初の映画化。罠にはめられ全てを失った宗一郎が、1995年から2025年へ時を超え、大切な人を救うために奮闘する物語。

主人公・高倉宗一郎を山崎賢人が演じる。宗一郎が家族のように思う璃子には清原果耶。2025年で宗一郎の相棒となるロボット役は、藤木直人が演じる。監督は『フォルトゥナの瞳』の三木孝浩。主題歌はLisa自身が歌詞を書き下ろした「サプライズ」で、作品と観客の架け橋となる。

Filmarksユーザー24名様をご招待!

■日時:2021年2月4日(木)18:30 開場/19:00 開映
※開場/開映時間の変更がある場合がございます。
■上映時間:118分
■会場:都内某所

【応募資格】
・Filmarksユーザーで当日ご参加いただける方
・対象作品をClip!(観たい)している方
・試写会参加日から2日以内に対象作品のレビューを投稿していただける方

【応募方法】
・応募フォームに必要事項をご記入の上ご応募ください

【当選発表】
・応募締め切り後当選者へのメールをもってかえさせていただきます

応募締め切り:2021年1月27日(水)23:59までのご応募分有効

【新型コロナウイルスに伴うご注意点】
・新型コロナウィルスの感染状況により、試写会を中止させて頂く可能性があります。予めご了承ください。・試写会当日、会場内入口にて手指の消毒・検温をお願いしております。時間に余裕を持ってご来場ください。
・体温が37.0℃以上の場合は、誠に申し訳ございませんがご入場をお断りさせていただきます。
・移動中、入館時はマスクの着用をお願いいたします。
・会場入口設置のアルコール消毒液をご利用ください。
・試写会当日を含む2週間以内に参加者とその同居者に発熱や咳等の症状がある場合は試写会のご参加をお断りさせていただきます。
・試写会場で行われる検査等で入場をお断りさせていただくことがございます。
・試写会場にて感染予防等を目的に施行されるルールにはご協力ください
・試写会場へはなるべく公共交通機関を利用せずにお越しください。公共交通機関を利用する場合は混雑を避けてお越しください。
・試写会や試写参加を目的とした移動中などで新型コロナを含む疾病に感染した場合、弊社は責任を負いません。

【ご注意点】
・当選権はご本人様のみ有効です
・当選権利の譲渡、換金は一切できません
・応募内容に不明な点があった場合は、応募を無効とする場合がございます
・同一人物が複数アカウントを使っての応募はできかねます、応募を無効とする場合がございます
・試写会場までの交通費はご本人様ご自身でご負担ください
・開映後及び満席の際のご入場はいかなる理由(交通機関の遅れ、お仕事のご都合など)がございましても、固くお断りしております
・会場内でのご飲食、写真撮影、録音、録画はお断りします
・お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方) その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認ください
・当選通知のメールが迷惑フォルダに入らないよう、キーワード「@filmarks.com」を含むアドレスの受信設定を推奨します。設定方法はお使いのサービスサポートにてご確認ください

◆『夏への扉ーキミのいる未来へー』information

あらすじ:将来を期待される科学者の高倉宗一郎は、亡き養父である松下の会社で研究に没頭していた。
幼い頃に家族を亡くし、ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。
しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。

目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京だった。
宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。
愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボットの力を借り、未来を変えるために奮闘する。
璃子を絶対救うという、信念とともに

上映時間:118分
公開日:2月19日(金)全国ロードショーほか全国公開
配給:東宝:アニプレックス
公式サイト:https://natsu-eno-tobira.com/
(C)2021「夏への扉」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • kuronori
    -
    ガキの頃から、ハインラインの「夏への扉」は大好きなんですが…日本で映画化するんだ!ビックリ 一つ疑問なのは、何故このタイムトラベルものの古典的名作が、今まで映画化されなかったのだろう…ということ。 猫のピートはちゃんと出てくるのか?
  • itarei
    -
夏への扉 ―キミのいる未来へ―
のレビュー(10件)