『バットマンvsスーパーマン』の裏側。~正義のヒーローが対立する理由~

2015.06.24
洋画

Why So Serious ?

侍功夫

バットマンとスーパーマンの共演作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』2016年3月の日本公開が発表されました。すでにアメリカでは予告編が公開されています。

アメコミにあまり関心の無い人にとって、正義の味方であるハズのバットマンとスーパーマンが対峙し「オマエに血は流れているのか? そいつを流すことになる!」と穏やかでない台詞を交わしているのに違和感を覚えるかもしれません。しかしこの2人、コミック世界ではイデオロギーの違いから度々大げんかをやらかしているのです。

リバタリアンVSコンプライアンス

ダークナイト

クリストファー・ノーランの『ダークナイト』で、金儲けや功名心に関心が無くただただ混乱を求めるジョーカーに対し、バットマンは自分の存在がジョーカーという狂気を生みだしたのではないかと苦悩します。

バットマンとジョーカーが表裏の存在であるということは、ことあるごとに話題になるネタです。バットマンは自身が決めた善悪の規範のみに従い法の遵守は二の次です。対するジョーカーは徹底して、あらゆる秩序や支配の崩壊を目指します。

つまり「目的のためなら法は無視する」という点では全く同じ方向をむきながら、敵対しているのです。そんなバットマンをリバタリアンに、ジョーカーをアナキストに例える向きもあります。

彼ら“無法者”に対しスーパーマンは法を絶対に遵守する、言ってみれば「コンプライアンス・ヒーロー」です。一見スーパーマンの姿勢は正しく思えます。しかし、悪法であっても改正されない限り絶対に守る危険人物だとも言えます。当然、バットマンとの折り合いもすこぶる悪いのです。

バットマン:ダークナイト・リターンズ

『バットマンvスーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』予告編での対峙場面でバットマンがアイアンマンの様なアーマーを着こんでいます。実はアーマーを着たバットマンとスーパーマンがにらみ合う場面に多くのアメコミファンは思い当たるフシがあります。

1980年代中ごろにアメコミ界を揺るがすコミックが発売されます。『シンシティ』や『300』の原作者フランク・ミラーによる『バットマン:ダークナイト・リターンズ』です。

老いて自警活動を引退したブルース・ウェインが荒廃するゴッサム・シティに痺れを切らし、バットマンとしてカムバックをする物語です。このコミック終盤でも、スーパーマンとバットマンは殴り合いの大ゲンカを繰り広げます。その時に肉体的にスーパーマンに劣るバットマンが予告編に登場する様なアーマーを着こんでいるのです。

その『バットマン:ダークナイト・リターンズ』は正に、リバタリアンたるバットマンとコンプライアンスの権化であるスーパーマンの対立が描かれています。

このコミックが発売された80年代を鑑みれば、世界の警察を名乗ったアメリカをスーパーマンが、徐々に死に向かうソビエト:共産主義を老いたバットマンが象徴していたのかもしれません。

その物語や対立構造を現代にどう蘇らせるのかが、新作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の見どころになるのは間違いありません。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • ふじもと
    4.2
    バットマンが引退してから10年、ブルースウェインも55歳。ゴードンも引退まであと1ヶ月。 ある事からバットマンは復活するけど、若者はもうバットマンを必要としていない。バットマンを巡って世論は二分化。おじいちゃんは、世の中がもう動いてしまっている事に気付きながらも自分に鞭打って悪と戦う。トゥーフェイスが出てくるけど悪の方もまた、別の苦悩を持っている。 闇のヒーローが1度去った現代で、バットマンをどう見るかが描かれる。 こんなん面白いに決まってるでしょ。 パート2ではおなじみのあの方と、さらにあの方が出ます。楽しみです。
  • UMA
    4.2
    BD購入、老いてヒーロー活動を引退したブルース・ウェインと彼と同じく老いていく、ヴィラン、協力者たち。 今作のブルースは50代半ば、ガッしりとした白髪紳士、超カッコ良い。 こちらはpt.1 最後、ある人物の「ダーリン。。。。」というセリフ。 pt.2に続く、あのセリフこそ。。。。 という感じで、あまりリピートせず。 トゥーフェイスごめん。 女の子の新生ロビンや引退したゴードンを引き継いだ女性警部など、女性の活躍が印象的。 ミュータンツはマッドマックス観た後だと、ちょっとダサくて目も当てられないや。原作コミックスの古さ等考えたら当然なんだけど。
  • どすこいちくわ
    3.5
    カナダでの親友に勧められて。 今作のバットマンはなんと55歳! ブルースは肉体の老いを感じながらも、自らの故郷ゴッサムシティを守るため今日も悪と戦います。 アニメだからといって舐めるべからず! ノーラン版にも匹敵するのでは?と思うほど、めちゃめちゃダークな世界観。 定年退職も近いバットマンですから、敵に苦戦を強いられることもしばしば。 おまけに幼い頃のトラウマもまだ克服できずに、それに苦しめられる毎日。 そんなバットマンの姿は哀愁たっぷりでした。 しかしアニメの作画がどうも好きになれず...。 アゴが...(^-^; Part2ではアノ人も出てくるみたいなのでこれまた楽しみ(^^)b
  • ふじたけし
    4.0
    やはり内容が骨太というか、面白く拝見させて貰えた。
  • いっぺい
    3.8
    記録。 後ほどパート2とまとめて書きたいと思います。
  • 糸満太郎
    3.4
    作画はあんまり好きではなかったです。 しかし内容はしっかり作られてて楽しめました。 ノーランが3部作作るに当たって影響受けたっていうのはよくわかりました。
  • スズシノ
    4.0
    記録。円盤購入。
  • Yasu
    3.3
    「バットマン:ダークナイト リターンズ Part 1」 クリストファー・ノーランが影響を受け、ザック・スナイダーも影響を受けたというフランク・ミラー版バッドマンのアニメ化作品。 パッケージはグラフィカルで恰好いいですが、本編の作画はいたって普通のアメリカアニメです。 Part1では、ブルース・ウェインがバットマンを引退してから10年が経過し、バットマンは都市伝説となっている所から、バットマンの復活、トゥーフェイス、ミュータント軍団までが描かれています。 ペタンとした作画で、映像としての楽しみはそこまであるものではないですが、内容は重厚で見応えのあるものでした。 随所にノーランが影響を受けたと思われるシーンがあり、ここからエッセンスを抽出して、あのシリーズに纏めるノーランの上手さを感じました。 ザック・スナイダーに関しては、おそらく彼が作りたかったのはこっちなのかなと思いました。 ほぼそのままなシーンや、少し白髪混じりのブルース・ウェインなど共通点が多々見られ、作品のトーンも似たものを感じました。 どうやらPart 2では、同じ台詞回しもあるとか。 興行的なことなど、色々あるとは思いますが、こちらに忠実なザック・スナイダーが自由に作った作品も観てみたくなりました。 Part 2ではジョーカーやスーパーマンも登場するらしく、よりノーラン版、ザック版との比較が出来そうです。
  • SHiN
    3.0
     ″バットマン復ッッ活ッッッッ!!!″ ジャケットに比べて本編の絵がめちゃ普通のアメリカアニメで落胆したのですが…(笑)嫌いじゃない。 年老いたブルース・ウェイン。バットマンを辞めてから10年。 最早若者には都市伝説と化した存在になり、本人もじーさんになってまってる…。なってしまって、アルフレドどブルースがなんか同級生に見える(笑) そんか中ゴッサムではハービー・デントが出所しミュータントなる悪党が蔓延る世の中に…。 若者警官「ん?なんだあれは?!」 ベテラン警官「こいつは驚いた…!今日はショーが見られるぞ…!」 若者警官「まさか…あれって本当だったんすかぁっ?!」 あのダークナイト・ライジングでの鳥肌物のバットマン復活劇の本ネタが見られます。 初老のバットマン、満身創痍な姿がまたカッコイイ! そしてこの年になっても幼い頃の両親殺害のトラウマは消えず。。 それもまた作品の重みを増幅させる。 年老いたバットマンの行く末は? 世間への影響は? そして次回、あの超人との対立が起こるとか起きないとか…??
  • beplum
    3.3
    ハービーデント=トゥーフェイスが社会復帰すると見せかけて悲しいお話。老いたバットマンが渋い。 ミュータントの造形が輩過ぎて笑う。
  • とっっし
    3.5
    なかなか
  • 喉が痛い
    3.7
    ロボコップがバットマン。ややこしいな。声だけですけど。 コミックバットマンを読み漁ってからもう一度見るとまた違った印象になりそうです。けっこうな値段するし集める気が起こらない。どうしよう。
  • daiyuuki
    5.0
    ブルース・ウェインがバットマンを引退して数年が経った。ゴッサムシティは犯罪が横行し荒廃していた。この街は彼を必要としていた。ダークナイトは復活を誓う。そしてミュータント団やトゥー・フェイスに立ち向かうのだが・・・ フランクミラーのアメコミの特徴である映画のカメラワークのようなテンポのいいコマ割りを生かした躍動感のあるカット割り、ハードボイルドな語り口と最小限のセリフによってキャラクターの内面を描くストーリーテイリングを生かしきり、年老いたバットマンが内なる悪への怒りに突き動かされゴッサムシティーの荒廃に心を痛め、ついに最後の戦いに立ち上がるバットマンの葛藤、バットマンのような自警団を許さない社会の偽善、親の偽善に耐えかねてバットマンの相棒として立ち上がるキャリー・ケリー、内なる悪に突き動かされ再び悪となるハービーデントの内面描写を描ききり、ド迫力のアクション特にミュータント団のボスとの骨や肉体が軋むような肉弾戦はダークナイト ライジングのベイン戦を思わせる迫力で、バットマンファンには大満足の1作です。
  • しりたん
    2.5
    バットマン:ダークナイト リターンズPart1 76分 バットマン:ダークナイト リターンズPart2 76分 クリストファー・ノーランが『ダークナイト』を作る時に影響を受けたフランク・ミラー作のバットマンのアニメ版。 実写版の『ダークナイト』が好きなので気になったのもあり、 2枚組で1400円はお買い得なので購入。 原作を知らない私なので、どこまで原作に忠実なのか分からなかったが、コアなファンも納得のアニメ版だそうで・・・。 Part1 にはトゥーフェイス、ミュータント軍団が登場。 Part2 にはジョーカー、スーパーマンが登場。 ジャケ画像のバットマンはリアルっぽい感じですが、本編のキャラはコテコテのアニメ風で、細いタッチで描かれている。 私はジャケ画像の方に心惹かれたので、やや残念。 しかし濃厚なストーリーで飽きなかった。 バットマンとスーパーマンが戦うシーンはおもしろい。 バットマン、ゴードンのアゴが半端無く長いし、しゃくれている謎。 ジョーカーは口裂け風だと思っていた至って普通の口で、イケメン風。やや名倉 潤に似ている・・・。 Part 2のみ、やさぐれたグリーン・アロー登場。 Part1、Part2 ともに特典映像の方に昔のTVシリーズが入っていてこちらも見ごたえあり。 Part1 には”トゥーフェイス誕生” 前半・後半。 Part2 には”ジョーカー登場!笑いに襲われた街” ”バットマンを殺した男””バットマン:ブレイブ&ボールド Battle of the Superheroes!”が収録されている。 もちろん日本語字幕つき。こちらも楽しめます。
  • えり
    3.0
    観賞記録
  • DARKKNIGHT
    5.0
    俺はバットマンだ
  • spark
    3.9
    記録
  • DarkKnightK
    4.0
    『ヒーローだって年をとる』 フランク・ミラーの傑作アメコミを忠実にアニメ化。原作はバートン、ノーラン版の映画に多大なる影響を与えただけでなく、バットマンを「ケープド・クルセイダー」というよりむしろ「闇の騎士」として定着させた作品でもある。そんな原作のストーリーやテイストが損なわれていない。それどころかところどころに原作そのままの構図も登場してファンを唸らせる(原作ではレーガンを彷彿とさせる大統領だが、本作ではそこまで特定できるような書き方がされていないのが大きな違いくらいだろうか)。長きに渡るジョーカーとの対決についに終止符が打たれるが、その衝撃は原作同様。 また2016年公開予定の『スーパーマンVSバットマン』より一足早くその対決が見られます。アメコミに抵抗がある人にこそ見てもらいたい。ちなみに55歳と老齢を迎えたバットマンの声を充てているのは”ロボコップ”ピーター・ウェラー。 *Part1/Part2を合わせたレビューです。
  • 225
    3.0
「バットマン:ダークナイト リターンズ Part 1」
のレビュー(108件)