【逆境の今だからこそ観たい!】普通が消えた「いま」と“共鳴”する力作『すばらしき世界』

「普通」や「当たり前」の意味が大きく変わってしまった2020年。私たちの立つ地面は、新年を迎えてもまだ不安定なままだ。そんな時期に、観る者の心に突き刺さる骨太な一作『すばらしき世界』(2月11日公開)。意味深なタイトルからしてただ者でない雰囲気を漂わせる本作のテーマとは?今回は、登場するキャラクターをフックに、考察していきたい。

主人公・三上を取り巻く“人々”は、現代の縮図

本作は、人生の大半を刑務所で過ごした主人公・三上(役所広司)が社会復帰を目指す物語。彼にとって“普通の人々”になじむことは、社会でうまくやっていく第一歩だ。ただ、三上は善良に見える人たちの悪意を目にし、困惑してしまう……。人前では明るく振舞うが、その陰で弱者を差別する彼ら――。これは、本当に「普通」なのだろうか? 「誹謗中傷」が問題になっているいま、他人事と思えないテーマが、鋭く描かれている。

社会の内側にいる人間の“生きづらさ”を背負った、津乃田

すばらしき世界』で描かれるのは、三上が感じる「社会の矛盾」だけではない。社会に溶け込んでいる人間の苦悩も、しっかりと見つめている。その象徴的な存在が、三上を取材するテレビマンの津乃田(仲野太賀)。三上を利用しようとする番組に従わなかった彼は、「うまく生きたければ、情は捨てるべき」と叱られてしまう。三上に更正してほしいと願う津乃田の心は「古い」のだろうか? 利益を優先しがちの現代、他者を思いやる意味を改めて考えさせられる。

三上を排除する社会は、本当に“正常”か?

三上をみているうち、私たちの心に芽生えるもの。それは「正しさとは何か?」という疑問だ。出所した彼は、カツアゲを仲裁し、騒音を出す隣人をたしなめ、私たちがトラブルを恐れて見てみぬふりをしてしまう出来事に、真正面から向かっていく。しかし、そんな三上は、この社会では必要とされない。それどころか、反社(反社会的勢力)として避けられてしまう……。自分らしく生きるか、自分を殺し、社会に合わせて生きるか。人間として正しいのは、どちらだろう?

すばらしき世界』は、この世に存在するのか――

すばらしき世界』は、タイトル自体が、作品のメッセージを示している。三上のように道を踏み外した者を排除するシステムも、そんな彼のことを理解し、寄り添ってくれる仲間たちも、同じ世界の中に存在する。この世界の残酷さと暖かさ、どちらを見て、生きていくのか、それはそれぞれの心次第なのだ――。そんなテーマ性が、余韻と共に浮かび上がってくる。

一度では咀嚼しきれないほど、強い想いが宿った『すばらしき世界』。社会の厳しさだけではなく、人と人とが繋がる暖かさ、その先に待つ希望を描いている本作は、人と人の距離が離れてしまったコロナ禍で、より切実に届くのではないか。映画を観た後も、1人ひとりの心の中に息づき、生活や人生の大切な“柱”となっていくはずだ。

◆『すばらしき世界』information

あらすじ:下町の片隅で暮らす三上(役所広司)は、見た目は強面でカッと頭に血がのぼりやすいが、まっすぐで優しく、困っている人を放っておけない男。しかし彼は、人生の大半を刑務所で過ごしてきた元殺人犯だった。社会のレールから外れながらも、何とかまっとうに生きようと悪戦苦闘する三上に、若手テレビマンの津乃田(仲野太賀)と吉澤(長澤まさみ)が番組のネタにしようとすり寄ってくる。やがて三上の壮絶な過去と現在の姿を追ううちに、津乃田は思いもよらないものを目撃していく……。

上映時間:126
公開日:2021年2月11日(木・祝)全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:subarashikisekai-movie.jp
(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

『すばらしき世界』記事一覧

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 喉が痛い
    3.8
    役所広司がヤクザの世界から足を洗い社会復帰しようと悪戦苦闘しながら周りの人間に助けられながら頑張るという優しい映画には見える。しかしながらラストがどうも引っかかる。 ヤクザが昔のように幅を利かせる時代じゃなくなり、今や人権もないような扱いをされる。彼にとって今の日本はとても住みづらい世の中になった。ヤクザがなくなるのは良い事だと思う人は多いと思う。でも考えてみるとそうでもない。俺だってヤクザは怖いし嫌いだし関わりは持ちたくないけど、壊滅した所でどうなるって真面目に生きようと思う人間が増えるわけではなく、ただ不成者がヤクザにならないだけですよね。今でいう半グレというやつで彼らにはルールがない。多少の上下関係はあるだろうが、親分兄貴分のような関係はなく統制のきかない集団なので好き放題していても彼らを制止する者はいない。そして彼らはすぐそこにいるし一般人と見分けがつかない。それなら排除された人々の受け皿となり警察の監視下にいる方がまだ良いんじゃないかという意味でヤクザはあった方がいいんじゃないかと思う。 最後の見て見ぬふりをする世界に彼は耐えたんだろうか。これが我慢するっていう事なのか。おかしいのはどっちなんだ。あの時、彼は耐えたんじゃなくて死んだのだと思った。このクソすばらいしき世界に殺されたんじゃないかと。
  • 永田町三丁目
    5
    出所した元ヤクザの受刑者による再出発を描いた作品。 周囲の人の支えもありながら、中々過去の「栄光」を捨てられない男が社会に適応しようともがく姿は、ハラハラさせられました。 男の生き様を通して、私たちが生きる社会にも鋭い視線が向けられている点も秀逸でした。
  • しほ
    5
    社会に適応することの難しさと優しさを感じた。
  • NEKO
    3.5
    皮肉な題名。 生きづらい世の中だと再確認した。
  • 稲垣ごう
    4.3
    役所広司の怪演
すばらしき世界
のレビュー(28505件)