『きっと、うまくいく』スタッフが宗教戦争の原因を暴く『P.K.』

Why So Serious ?

侍功夫

title02

インド映画のニュース映像で、ラジニ・カーントなど映画スターの巨大な人型看板に牛乳をかける光景をよく見ます。シバ神が乗る神聖な動物である牛から取れる牛乳は、神からの恵みでありヒンドゥー教徒にとって特別な意味のある飲み物なのです。

しかし、だからといって。看板に牛乳をかけるというのはどういった発想なのだろうか?

「神の沈黙」をコメディに!?

pk

参照:http://en.wikipedia.org/wiki/PK_(film)

『P.K.』は日本でも大ヒットを記録したインド映画『きっと、うまくいく』監督のラージクマール・ヒラーニと、主演のアーミル・カーンのペアが再び組んだ新作です。 

砂漠のド真ん中、全裸でたたずむ謎の男P.K.(アーミル・カーン)は、偶然居合わせたコソ泥に唯一の持ち物で命の次に大事なペンダントを奪われてしまいます。コソ泥を追って街まで出て、行方を聞いてまわっても帰ってくる答えは一様に「神様にお祈りするしかないねえ」という慰めの言葉です。

それを真に受けたP.K.はヒンドゥー、イスラム、キリストとあらゆる宗教に入信します。様々な儀式や修行を積んでペンダントの行方を尋ねるが、もちろんどの“神様”からも返事はありません。その姿をテレビ番組で取り上げようと画策するリポーターのジャッグーは行き場の無いP.K.を自宅に居候させます。

そんな奇妙な共同生活の中、かかってきた間違い電話に対するジャッグーのぞんざいな対応を見て、P.K.は奇妙な考えに取りつかれます。

「私や、他のあらゆる宗教信者から、それぞれの神への祈りは、この間違い電話のように全然関係の無い別の誰かに届いているのではないか? その誰かは、あまりに多く間違い電話がかかってくるので適当なウソをついているのではないか? 看板に牛乳をかけろとか?」

映画『P.K.』は宗教における大問題「神の沈黙」を描いています。しかも抱腹絶倒のコメディとしてです。

人殺しを是とする宗教は無い

インドには生活と密接に関わる戒律のある宗教信者が多くいます。さらに、隣にはイスラム教国があり、十数年前までは度々紛争もありました。国内でも宗教対立が暴動にまで発展したことが度々あります。

彼ら信者は諍いを起こそうと思って信心を持つワケではありません。殺人を是とする宗教は寡黙にして知りません。しかし、それでも諍いは起きます。しかも「神の意志」だとまことしやかに叫びながら。

でも、その「神の意思」って「間違い電話」と同じじゃないの? 本作はそう問いながら、実は「神の意思」を自分勝手にねつ造する人間を追及します。

『P.K.』は、宗教紛争が激化する現代の世界で生きる全ての人にとって、新しい福音となりえる、真に「カルト映画」と言える作品です。

公式トレイラー

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Shunsuke
    4.3
    前半ちょっと間延びしたけど、後半の展開が素晴らしい。 コメディタッチだけど宗教が抱えるタブーに深く切り込んでいて、絶妙なバランス感覚で作られている映画だと感じた。 その上、恋愛や親子愛といったテーマも組み込んでひとつの映画にまとめているのが流石。 宗教って人が安心するために創り上げたフィクションだから、理屈で説明できなかったり矛盾が生じてしまうところがある。どうしても脆い一面がある。 他宗教に対して攻撃的になる人達がいるのは、自身のフィクションを維持するための自己防衛的な心情なのかな? あるいは相手を否定することで自分の宗教の正統性が強固になるという錯覚? そこに政治的な思惑とかも絡んできて、過激な行動に出る人達が出てきてしまうのかなぁ。 普段あまり馴染みのない宗教について色々考えたくなる良い映画。
  • はけ
    3.3
    あらすじ 地球を調査に来た宇宙人。 仲間との唯一の連絡手段であるリモコンをいきなり盗まれ、途方にくれる。 神様に祈れば願いは叶うらしい事を聞き、祈りを捧げるものの何も解決せず。 なぜ願いを聞いてもらえないのかを直接理由を聞くために、彼は神様を探し始めるのだった。 感想 面白かったしラストの展開も良くて泣いたんだけど、さすがに長すぎる。 特に留置所の中での回想シーンがあまりにも長くて内容もギャグもそんなに面白くなくて、正直かなり疲れてしまった。 この辺意味があって長いようにも感じないし。 まとめようと思えば半分の長さにまとまる話だと思う。 インド映画はそう言うものだ、と考えて受け入れればいいだけかもしれんが、自分の感覚で感想を述べる事に問題はないだろう。 PKか神の存在に対し、自分の感覚で疑問をぶつけつづけたように。 かなり前に、 「日本にキリスト教が広まらなかったのは、日本の農民が宣教師を論破してしまったからだ」 みたいなインターネットミームがあったけど、その辺の感情を映画にしたかのような内容。 神の実在については、「電話のかけ間違い」として、否定はしないようにはしてるんだろうか。 宗教の戒律に現地の人が従う、って描写、キリスト教については映画でよく見てきたが、ヒンドゥー教は初めてで新鮮だった。 見た感じほとんどキリスト教と同じようなものなんですね。 以下宇宙人強さ評価 PK 地球を見学に来た宇宙人。 容姿は、小柄だが鍛え込まれた身体の、人間の成人男性そのもの。 見た目なりの身体能力はあると思われる。 が、平和主義なのか、争う概念がないからなのか、敵意悪意に対して無防備。 戦わざるを得ない場面に際しても、相手を攻撃するまでに至らないかもしれない。 科学力:0 頭の良さ:- 兵器:0 身体能力:1.4 兵力数:1 総合2.4 ラストに仲間や宇宙船も登場したが、個人のみ、見た目の戦力で判断。
  • ソイル
    4.5
    インド映画をちゃんと見たのはこの映画が初めてだったけど、インドでも周りと違い信仰を持てなくて悩んでいる人がいるんだろうなと思わされた。何か信仰を持っていることが当たり前の環境だからこそ悩んでしまうようにも思えた。 前半は色んな宗教にまつわるシーンが出てきてあまり興味も持てず2時間以上あるこの映画を観るのはちょっと辛いかなと思っていたけど… 結末に進んでいくにつれて主人公のPKが気になってしまい、話の展開もうまく収束していく。 最後にはしっかりと感動させられた。 先読みが得意な人はあまり先読みはせずに、一つ一つのシーンを感じ取りながら観るにとどめておいた方が結末を楽しめるかもしれない。 観て良かった。
  • ForN
    4.3
    宗教とは?神とは? 人類が遠い昔から生きるためのよりどころとしてきたのに‥‥ この映画の大胆さと面白さが上手く伝えられない! おなじみの「ボリウッドダンスミュージカル」もあいかわらず妖艶だし! 内容はなんかめちゃくちゃなんやけど、世界中の人達に対して、とっても大事なメッセージを投げかけてる。 "映画"という表現の可能性は無限だと感じた!!!
  • Rinaa
    3.0
「PK」
のレビュー(16848件)