自分に愛を贈ろう。 バレンタインデーに観たいご褒美作品5選

ネトフリをもっと楽しむ

Netflix Japan編集部

世界は大きく変わったけれど、今年もバレンタインデーがやってきますね。いつもと違って辛いことも多いと思いますが、ご褒美チョコレートと一緒に、前向きな気持ちになれる映画を楽しんで、大切な自分へ愛を贈る日として過ごしてみるのはいかがでしょうか。

Netflixで今すぐ観れる、自分をもっと大切にしたくなって、心が元気になる素敵な作品をご紹介します。

ありのままの自分を愛することの大切さを教えてくれる傑作青春映画。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから

成績優秀で賢く文章力も優れている主人公エリーは、クラスメイトの課題の代筆で生活費を稼いでいた。そんなある日、クラスの男子ポールからラブレターの代筆を頼まれる。しかし代筆するラブレターの相手は密かに想いを寄せている女子アスターであったことから複雑な三角関係になってゆく。

周りに合わせて、自分を偽ったり、完璧になろうと無理をしてしまうことってありませんか?そんな、頑張りすぎてしまう方に優しく寄り添ってくれる素晴らしい青春映画です。不器用ながらも少しずつ不完全な自分を受け入れていく彼らを通して、完璧じゃない自分を許して、ありのままの自分を愛する勇気をもらえます。青春映画を超えた哲学的なメッセージがいくつも散りばめられていて、さまざまな愛の形を知れる傑作です。

コンプレックスに悩むすべての人へ贈るモチベーションアップラブコメディ。

トールガール

コンプレックスに悩み、なかなか自分を好きになれないすべての人に観て欲しい作品です。

小さい頃から人よりも背が高いためにイジメられ自信が持てない主人公ジョディが、ある日やってきた自分よりも背の高い交換留学生に一目惚れ。恋を叶えるために家族や友人の力を借りながらコンプレックスを乗り越えようと頑張る中で本当に大切なものに気づいていく。

自信がなかった主人公が少しずつコンプレックスを受け入れて自分をまるごと愛していく姿にとても元気をもらえます。どんなに大きなコンプレックスがあったとしても、自分の心次第で最強の魅力に変えられる。

きっとこの作品を観たあとは、“コンプレックスがあるからこそ輝く最高の自分”に気づくはず。自信に満ち溢れた毎日を送るヒントになると思います。ラストまで完璧にキュンとする青春ラブストーリーです。

美しさの価値は自分で決める。どんな体型も美しいと思える最高のボディポジティブ青春ドラマ。

ダンプリン

美しさの価値は自分で決める、体型のコンプレックスに向き合うボディポジティブ作品です。

元ミスコン女王を母に持つ主人公ウィローディーンは、ミスコンの審査員を務める母と凝り固まった価値観で美しさを決めつける世間への抗議としてミスコンに挑む決意をする。

誰かが作った”美しさ”の理想に苦しめられ、他人より劣っていると感じてしまうことってありませんか?そんなとき、この作品が伝える「自分が何者かは他人じゃなく、あなたが決めるのよ。」という力強いメッセージが心に刺さります。

世間の決めつける固定観念など吹き飛ばして自信に満ち溢れていく主人公を通して、美しさにはいろんな形があるから自分の体も他人の体も愛していこうと思える青春コメディです。

心の底から元気になれる。自分を愛する方法を教えてくれる自己肯定感爆上がり番組。

クィア・アイ in Japan!』

「クィア・アイ」はファビュラスなゲイの5人組“ファブ5”がそれぞれ料理、インテリア、ファッション、カルチャー、美容のプロフェッショナルで、様々な悩みを抱えた人を外見から中身、生活スタイルまで大改造していくリアリティ番組。

世界的に大人気の番組で、これまで5シーズンも製作されており、たくさんの悩める人達の人生を変えてきた最高のリアルヒーロー“ファブ5”が日本まで来てくれたスペシャルシーズンです。

生きづらさを感じていたり、自信を失って自分を卑下してしまう相談者に、ありのままで生きていいんだよ、とファブ5が全力ですべてを肯定し、勇気づけ、心を開かせてくれる涙なしでは観られない素晴らしいエピソードが4つもあります。

ファブ5のメンバー自身が様々な逆境を乗り越えてきたからこそ共感できる、思いやりと優しさで包み込みながら教えてくれるメッセージが、毎日頑張っている私たちに元気をくれる最高のシリーズです。

水原希子さん、渡辺直美さんもスペシャルゲストとして日本のみなさんを元気づけてくれます。自信がなくなってきたり、落ち込んできたら必ず観返すほど大好きなので、ぜひ元気になりたいときに観てほしいです。

人生に起こるすべての出来事を肯定したくなる希望に満ちた奇跡のヒューマンドラマ。

ペンギンが教えてくれたこと

オーストラリアのベストセラー書籍を実写映画化した、人生とは何か、絆とは何か、を問いかける奇跡の実話です。

幸せ溢れる毎日を送っていた三児の母サム・ブルームは家族旅行中に不慮の事故に遭い、半身不随になってしまった事により人生が一変。家族からの優しい言葉さえ届かないほどに絶望し塞ぎ込んでしまっていたある日、自分と同じように怪我を負う一羽の鳥との出会いが新しい人生を受け入れる希望の光となっていく。

始まった瞬間から圧倒されるほどのオーストラリアの壮大で美しい大自然の中で描かれる家族の絆に心が浄化される感動の物語。誰にでも突然起こり得る人生を変える事故に遭ってしまった主人公が、少しずつ新たな自分を受け入れ、未来に希望を見出していく姿にとても勇気をもらえます。自分を否定していると、優しさや愛も受け取れずに大切な人を傷つけてしまうこともある。自分を愛さなければ、愛を受け取ることができないのだと教えてくれる自己受容の物語が、どんなことが起きても人生は続くのだから、自分の好きなところも嫌いなところも、すべてを肯定して生きてみようと思わせてくれる作品です。

以上、5つの心が元気になる素晴らしい作品をご紹介しました。

たまには自分を愛する記念日があってもいいですよね。素敵な作品と一緒に、自分へ愛を贈るバレンタインデーを過ごしていただけたら嬉しいです。

文・DIZ(@netflixjp ゲストライター)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS