『淵に立つ』大ヒット御礼!11月開催「深田晃司映画まつり」上映作品とCFがスゴイ

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

「今こそ、深田映画を見なきゃ!」「新作短編を含め、一挙上映」

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員特別賞を受賞した『淵に立つ』の日本公開を記念して、これまでの深田晃司監督の過去作を一挙に上映する「深田晃司映画まつり」が、11月26日(土)~12月9日(金)にかけて2週間限定で開催される。

会場は、シアター・イメージフォーラム(東京)と、シネ・リーブル梅田(大阪/開催期間に変動あり)。

本イベントでは初お披露目となる新作短編『鳥(仮題)』も併せて上映され、深田監督の「過去」、「現在」、「未来」がたっぷりと味わえるラインナップになっている。

深田メイン

出典:https://www.facebook.com/KojiFukadaFes/?ref=aymt_homepage_panel

新作短編映画『鳥(仮題)』製作プロジェクト

「広く多くの皆さんに深田映画の魅力を知ってもらいたい」、そして「作品のみならず、深田監督自身とも交流することで、一人でも多くのファンを増やし、深田監督の今後の映画作りを応援したい」という運営メンバーたちの思いから生まれたこの企画。

10月18日~11月14日まで実施されるMotion Galleryでの製作費を募るクラウドファンディングでは、他では手に入らない貴重な「深田晃司グッズ」がリターンとして用意されている。

深田監督のイラスト入り白Tシャツ(※サンプルイメージ)

Tsyatu 

出典:https://www.facebook.com/KojiFukadaFes/?ref=aymt_homepage_panel

深田監督のイラスト入りポストカード

ポストカード

出典:https://www.facebook.com/KojiFukadaFes/?ref=aymt_homepage_panel

深田監督サイン入り『淵に立つ』プレスシート(限定10部)

サイン入りプレス

出典:https://www.facebook.com/KojiFukadaFes/?ref=aymt_homepage_panel

その他、オリジナル缶バッジ、深田監督サイン入り小説『淵に立つ』(限定5部)、DVD 新作短編映画『鳥(仮題)』+監督メッセージ付、新作短編映画『鳥(仮題)』シナリオ、東京『深田晃司映画まつり』特別鑑賞券、打ち上げ参加!等々。

※「深田晃司映画まつり」や新作短編製作プロジェクトの詳細については、下記サイトをご参照願います。

Motion Gallery「深田晃司映画まつり」特設ページ(クラウドファンディングは10月18日~11月14日まで

上映プログラムは、世界各国の映画祭で賞を受賞してきた作品の数々

本イベントでは、現在公開中の『淵に立つ』の姉妹編にあたる『歓待』や、評価されながらも上映機会が少なかった『東京人間喜劇』など、深田映画の魅力に迫る短編、中編、長編が上映される。

『ザクロ屋敷』※東京会場のみ

ざくろ

出演:志賀廣太郎、ひらたよーこ、堀夏子、山口ゆかり、平林冬樹/2006年 48分

フランスの文豪バルザックの傑作短編『ざくろ屋敷』を画家・深澤研による70枚近いテンペラ画と、 古楽器で再現された美しい音楽で綴る静止画アニメ作品。フランスの日本映画祭KINOTAYO映画祭 – ソレイユ・ドール新人賞受賞。

『歓待1.1』

歓待

出演:山内健司、杉野希妃、古舘寛治/2010年 96分

東京・下町の印刷所を営む小林家の生活が、突如来訪した一人の男によって掻き乱され、崩壊していく様を描いた問題作。 『淵に立つ』と同じ構想から生まれた、姉妹編の「妹」にあたる作品。プチョン国際ファンタスティック映画祭 – 最優秀アジア映画賞、他。

『ほとりの朔子』

ほとりの
出演:二階堂ふみ、鶴田真由、太賀、古舘寛治、杉野希妃/2013年/日本・アメリカ 125分

二階堂ふみ主演。18歳、大人と子どもの”ほとり”で揺れる少女の美しき一瞬を捉えた珠玉の夏物語。ナント三大陸映画祭 でグランプリ金の気球賞 & 若い審査員賞受賞。

『さようなら』

さよなら

(C) 2015『さようなら』製作委員会

出演:ブライアリー・ロング、新井浩文、ジェミノイドF/2015年 112分

原発の同時爆発により放射能汚染された近未来の日本を舞台に、アンドロイドと人間の「生と死」 を描いた、平田オリザによる15分の原作戯曲を映画化した一作。マドリッド国際映画祭 – ディアス・デ・シネ最優秀作品賞受賞。

その他、初長編監督作から中編作まで一挙上映

東京人間喜劇(09)

人間木芸

いなべ(13)※東京のみ上映

いなべ

その他、『んぐまーま』(06)、『「淵に立つ」公開スペシャル映画監督 深田晃司 海を渡って見えたもの』(TV番組)、等々。

上映プログラムの詳細については、下記サイトをご参照願います。

「深田晃司映画まつり」公式HP

「あなたが目にするのは悲劇か、はたまた喜劇か!?」

深田監督のフィルモグラフィーを一挙にたどることができるこの貴重な機会に、ぜひ劇場まで足を運んでみてくださいませ。

そして、新作短編製作プロジェクトの応援も、ぜひ!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • メザシのユージ
    3
    「淵にたつ」「よこがお」の深田晃司監督作品、「歓待」を観る。平田オリザ主宰の劇団青年団に演出部として在籍してたのよね、だからこの映画の美術監督は平田オリザ。 ---- 東京の下町で若い妻・夏希(杉野希妃)、前妻の娘・エリコ(オノ・エリコ)、出戻りの妹・清子(兵藤公美)と暮らしながら印刷屋を営む小林幹夫(山内健司)は、何も事件が起こらない平和な日常に満足していた。そんな小林家に無礼な加川花太郎(古舘寛治)という流れ者が突然現れて、一家の平和をかき乱す。その上次から次へと来訪者が訪れ、一家は対応に追われるのだが……。 ----- ごく普通の家庭に、不審な男がやってくることで家族が崩壊しそうになるのは「淵に立つ」も彷彿とさせるが、この「歓待」には暗さはなくコメディタッチで物語はすすむ。 人は誰しも秘密がある、秘密を守るために嘘をついたり、誤魔化したりもする。その秘密は露呈することがなければ、ずっと続いていったことだろう。たとえバレたとしても「いつかは忘れてしまう」。 「歓待」は、主人公の仕事場兼住居に次々と人がやってくる、外国人が集団でやってきた時、受け入れるのか受け入れないのかというのは移民の問題も感じさせた。受け入れることができれば「友達」にもなれるはずなのに。
  • 忘却白書
    -
    淵に立つの緩やかな反転というか鏡像なので淵に立たないみたいな感じ。
  • 歯が痛い
    4
    サスペンスだよねもう。笑 古舘寛治の胡散臭さ適当さが自然に洗脳させていく。 ブラックコメディ?なのかな 家族崩壊としてはサスペンス。 普通に見たらコメディ。
歓待
のレビュー(492件)