近未来への警告!?バーチャル・リアリティ・ゲームの恐ろしさを描いた映画に注目!

仮想空間を体験できる家庭用ゲーム機が発売されたり、それを利用したアトラクション施設が増えたりするなど、VR元年と言われる今年に相応しい映画が上映されます。それが『VR ミッション:25』! 最新のVRゲームを体験しに来た8人が予想外な展開に巻き込まれるSFシューティング・アクション・スリラーです。

世界中で人気を博し、ライトノベルやアニメ、ゲームなどを展開している「ソードアート・オンライン」シリーズを実写化したような設定、さらに奥浩哉原作の「GANTZ」を彷彿とさせる世界観に期待を寄せる声もあり、映画というジャンルを飛び越え、SF好きから注目されている作品です。

vr_main

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

痛いし、死ぬ!? バーチャルなはずだったゲームはリアルだった?

舞台は近未来のニューヨーク。オンラインゲームの名手である8人は、最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」(召集令)をいち早く体験できるという招待を受け、ビジネス街にある高層ビルの中に集合。部屋に用意されたスーツとヘルメットを着用し、シールドを下げればそこはリアルな戦争アクション・ゲームを体験できる仮想空間に!

vr_1

最初のうちは楽しんでいた8人。でも敵であるテロリストから銃で撃たれたときの痛みはリアルそのもの! しかもゲームの死はリアルな死を意味することが発覚!?

シールドを上げれば現実世界に戻れるのですが、スーツもヘルメットも取れない! 抵抗すればバーチャル世界にいる軍曹から攻撃を受けるという八方塞がりな状況に。主催者も不明。とにかくゲームをクリアするしかないと決断し、命がけでゲームを進めていくのですが……。

観ているうちに近い将来、VRが体の痛みや死までももたらすものになってしまうのではないかと思えるほどリアリティあるストーリーにゾクッとしてしまう作品に仕上がっています

サバゲーさながらのバーチャル・ゲームを表現! 仲間同士のいざこざも!?

生死を賭けたゲームに参加してしまったことがわかった8人は、ステージをクリアしていくためにテロリストたちと戦うのですが、みんな自ら銃を使って撃って、撃って、撃ちまくります! またどこに敵が現れるのかわからないスリリングな展開もあり、自分もサバゲーに参加しているような感覚に!?

また映画では、ある者は数少ない武器を横暴に自分のものにしたり、とある罠に引っかかった仲間を責めたり、救済アイテムを奪い合ったりといった仲間割れも。そしてそれがある不幸な結果を引き起こすことに……!

アクションシーンだけでなく参加者たちのいざこざも必見です。

vr_2

ゲームに隠された意味とは? そこには作り手が込めたメッセージが!

ゲームから抜け出せず戦うしかない状態の中、8人はあることに気づきます。それは仲間たちの共通点。そこには恐ろしい意味が隠されていて……。そしてラストは予想外の結末が!

ちなみに劇中のゲームは戦争アクション・ゲームという設定ですがなぜ「戦争」なのか、すべての謎が明らかにされるラストとつなげて考えると、作り手がこの作品に込めたメッセージが浮かび上がってきます

近未来への警告を含んでいるようにも感じるこの映画。考えれば考えるほど深みが出てくる物語でもあるんです!

今までにないSFムービーを劇場で味わって!

将来起こり得そうな世界を描くことで警鐘を鳴らしつつ、シューティングゲームのようなスリルに、極限状態のときに起こる人間ドラマも楽しめる映画『VR ミッション:25』。11/19(土)より池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷などの映画館で公開されます! 今までにないSFムービーを劇場で堪能してください。

11/19(土)池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
(C)The Call Up Limited 2015

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2021年11月28日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • フライドチキン
    1.9
    初めて  久々につまらなかった映画に出会ってしまった。 あらすじを見る限り興味を持ったが、いざ始まると途中で寝てしまった笑。ビルの中での戦闘なので戦場には変化もなく、寝てしまったのと飛び起きてみても場面の違いが分からないほど。
  • 福福吉吉
    1.5
    高層ビルの25階に集められた8人の男女は、最新のヴァーチャルリアリティゲームをプレイすることになった。特殊なシステムにより限りなく現実に近いゲームに驚嘆する8人だったが、そのゲームは肉体、感覚も現実のとおりであり、負傷した痛みが伝わり、最終的に死に至ることが分かる。8人は参加を拒むが、ゲームは既に始まっていた。 ストーリーは、実際に死んでしまうゲームをやらされる人たちの恐怖や緊迫感を描くものであり、銃撃戦アクション主体の作品になっていて絵面的には観ていて飽きることはありませんでした。しかし、ストーリーのテンポが悪く、1階下る毎にメンバーが進むことを嫌がる展開は観ていてイライラしました。 また、ビルが戦闘ステージのため、各フロアに変化が無く、そして狭いので、ワンパターンな戦いになっていました。せっかくのヴァーチャル・リアリティという設定があまり意味を成していない気がしました。 一応、賞金を懸けたゲームなので、裏切ったり騙したりと心理的なかけ引きがあると良かったのですが、それも薄くてドキドキハラハラするものがありませんでした。8人の中でイレギュラーで参加した女性もストーリー的に意味があると思ったのですが、何もなく残念でした。 アクションやサスペンスの面白い部分が上手く削られていて、なんとも満足感を得ることなく終わってしまって残念でした。 2015年の作品ですが、ヴァーチャルリアリティの捉え方がダサいと思います。 鑑賞日:2022年12月2日 鑑賞方法:BS/CS BS日テレ
  • ジャッカル
    1
    近未来の世界で最新のVRゲームをプレイ出来るという事で集められた8人の男女。ゲームはザバイバルゲーム。だが、ゲームだった筈が命を賭けた危険なゲームだった。果たして8人は生き残る事が出来るのか?そして何故この様な残酷な「死のゲーム」を行わせるのだろうか?「この作品の原作か脚本を書かれた方は余程「CUBE」が好きなのだろうなぁ」というのが素直な感想。VRサバイバルゲームかキューブ体の中を彷徨うかの違いと参加人数の違いだけでコンセプトは同じと言っても言い。エンディングは丸っと同じです。劇中「何故こんな事をさせるんだ!」と戸惑う参加者。それは観ている側も同じなのですが、ヒントすら与えられずにズンズンとストーリーは進む。そして同じ事を何度も繰り返す。途中で完全に飽きてしまいました。伏線を張るなら途中で少しでもいいから回収の糸口くらいは作って欲しいです。そしてクライマックス。いきなり短時間で全貌が明らかになる。その理由が意味不明だったのが致命的な欠点。「ここまで引っ張っておいて、このオチ?」とガッカリ。ラストカットは「CUBE」と同じ。この作品で観せたかったのは何だったのでしょう。 極めて残念な仕上がりの作品でした。
  • ふみちゃんさん
    1
    これをB級映画だなんて、B級映画に失礼だと思う
  • ヘロディアの娘
    2.8
    VRでデスゲーム。 登場人物の意思でお手軽に現実と仮想空間を行き来出来るの面白い。
VR ミッション:25
のレビュー(1451件)