働くって…何?新社会人として迷走するあなたへこの5本の映画を捧ぐ

6月に入り、新社会人の方は入社して2ヶ月。5月病シーズンも過ぎ、成長路線に乗り始めた方もいる一方で「こんなはずじゃなかった」と日々苦悩している方もいるのではないでしょうか。人生の決断をするのはみなさん自身であり正解を示すことはできませんが、「働くこと」を描いているヒントとなりそうな映画を様々な切り口でご紹介します。

今回は「働く」がメインのテーマになっている作品ではなく、間接的に「働くとは?」を描いている作品を中心に選んでみました。

1.『シンデレラマン』

シンデレラマン

世界恐慌下で一度ライセンスを剥奪された家族のいつボクサーの挫折と栄光を描いた映画です。ラッセル・クロウ演じる優しいパパボクサーの奮闘に何度も涙を流します。

世界恐慌下のニューヨークで、ひょんなことからボクサーとして挫折してしまった主人公。しかし彼には愛する妻と子供が3人。仕事を選ばず身体を酷使して家族を養うために奮闘します。

「妻のために」「子供たちのために」という真っ直ぐな姿勢が彼の天職であるボクシングの道をもう一度開くことに。主人公にとって「働くことは家族を守ること」。これは実話です。尊敬すべき男の姿に胸を打たれます。

2.『インターン・シップ』

インターンシップ

劇場公開されず先日DVDで発売されたGoogleのインターンシップをコメディタッチで描いた作品です。おっさん二人がリストラにあってなぜかGoogleのインターンシップ生になって採用を目指すという話。

かなりドタバタコメディですがGoogle全面協力の元、Googleのオフィスで物語が展開されていきます。Google社のフィロソフィーを知ることができ、プロフェッショナルとして働くことの意義を心に植え付けられるます。

王道のサクセスストーリーで、現実はそこまでうまくいかないかも知れません。しかし元気ややる気を貰えます。何かをすると決めたら一生懸命にする。その姿こそが大切と改めて痛感させられます。

3.『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

ヘルプ

1960年アメリカというまだ黒人が不遇だった時代、家政婦(ヘルプ)として働く黒人女性たちと雇い主の白人たちの交流と対立を描いた作品。

テイストはコメディタッチであり、エマ・ストーン演じるスキータは差別なんてしない素敵な白人女性ですが、当時の白人コミュニティを牛耳る白人妻たちは差別心全開で黒人に酷い仕打ちをしていきます。

もう一人の主人公である黒人家政婦エイビリーンは仕事を愛していましたが酷い仕打ちを受けることに。愛する仕事を続けられない悲しさには観客である私たちも怒りを覚えます。続けたくても続けられない仕事…仕事をできることって本当は幸せなのかもしれないと考えるきっかけを与えてくれます。

4.『アメリカン・ビューティー』

アメリカン・ビューティー

アカデミー賞作品賞を受賞した『アメリカン・ビューティー』(=アメリカの美)という映画ですが、中身はドス黒いブラックコメディです。仕事にモチベーションが全くないダメ親父を中心に映画が進んでいきます。

このダメ親父は途中でブチ切れて仕事を辞めることに。そこからは自らの欲望のあるままに人生を再スタートさせますが、女子高生との不倫恋愛にまで突っ走って制御不能に。

仕事を勢いで辞めたとしても、欲望のままに突き進むとこの主人公のような仕打ちになってしまうかもしれません。退職も計画的に…欲望は程々に…ダメなサンプルになる映画です。映画はめちゃめちゃ面白いです。

5.『クライマーズ・ハイ』

クライマーズ・ハイ

1985年に日本航空が御巣鷹山へ墜落した事故を新聞社視点で描いた作品です。記者たちの命懸けの取材や一面を何にするかの対立などプロフェッショナルな緊迫した仕事を垣間見ることができます。

未曾有の大惨事であった日航機墜落事故、生存者情報やスクープの情報などが錯綜する中休む暇も無い社員たち。仕事に命を賭けるとはどういうことかを痛感させられます。

同時にこの映画は仕事を辞めるという一大決心も描きます。仕事を辞める時、どういう気持で社を去るか。みなさんならどうか?それを問いかけられているような気もする痛快な映画です。

そしてジブリ映画

『風立ちぬ』、『千と千尋の神隠し』、『魔女の宅急便』といった作品もまた「働く」ことを描いていますね。『風立ちぬ』はプロフェッショナルとしての仕事、『千と千尋の神隠し』は目的のために努力する姿、『魔女の宅急便』は成長する姿を描いています。

こういった作品もストレートに「仕事とは?」でない娯楽作品でありながら、仕事を描き何かを考えるきっかけを与えてくれます。


以上5本+ジブリ映画、ストレートに「仕事とは?」な映画ではありませんが、映画として素晴らしく、間接的に仕事について問うことのできる映画を選んでみました。参考になれば幸いです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • アキラナウェイ
    3.7
    レニー・ゼルヴィガーの顔と声。 段々と受け付けられなくなってきたゼ。 ゼったい作ってるよね? あのおちょぼ口と半音高いキー。 苦手になってきたゼ…。 大恐慌時代に活躍した、実在のプロボクサー、ジェームス・J・ブラドックを描いた伝記映画。 ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、怪我によりライセンスを剥奪され、大恐慌時代に家族を養うのもやっとの極貧生活を送る。そんな中、対戦相手の急なキャンセルにより舞い込んできた一夜限りの試合で、劇的な勝利を収め、ボクシング界に復帰したブラドッグ。スポーツ記者達は、そんな彼を「シンデレラマン」と呼んだ。 最近は激太りのラッセル・クロウが、まだ痩せていて、まさに「シンデレラマン」の如く、数々の映画の主演を務めた黄金期。 ロン・ハワード監督とのタッグも「ビューティフル・マインド」に続く二度目。作品の質感も似ているし、感動のストーリー展開はTHE 王道。 ブラドッグ家族の極貧生活は壮絶!! 電気が止められ暖を取れなくなると、子ども達の咳が止まらない。長男に「何処にも行かせない」と約束したのに、妻が相談もなく子ども達を身内の家に預けてしまった時の、ブラドッグの辛さが沁みる。 子どもとの約束を守れなかった父親の辛さ。 ボクシング映画でありながら、ブラドッグの真面目で素朴な人柄故か派手さはなく、彼は日々の労働と同じ様にリングに上がり、勝利する。 何故戦うのか、という問いに対しても、 「ミルク」という答え。 家族を養う為に、彼が向かう先はリングしかなかったのだ。 しかし、全体的に良く出来ているけど、映画としては優等生過ぎて、逆に面白みには欠けるかなぁ。 ヘビー級チャンピオンのマックス・ベアとの対戦がクライマックスとなるが、過去の試合で二人のボクサーを殴り殺したとされ(実際は一人)、ブラドッグを軽口で煽る等、マックス・ベアという実在の人物を敢えて悪く見せる作りには些か疑問が残った。
  • いもむし
    -
    子供を手放すということは あきらめることだ 諦めなかったね、、😭 感動いたしました。
  • ozako
    4.0
    鑑賞日不明 スコアB
  • きのこばたけ
    3.9
    キングオブアメリカンドリーム
  • abee
    4.5
    【こんなにも厳しい世の中に 例えば命を落としたとして 戦う意味はあるんじゃないだろうか?】 先日、「ビューティフル・マインド」を再鑑賞致しまして、そういえばロン・ハワード×ラッセル・クロウ作品でこれ観てなかったと思い出し、「ビューティフル・マインド」の感動冷めやらぬうちに観るべきだろうと思い鑑賞しました。 やっぱり良いですね! めっちゃ感動しましたね! 「ビューティフル・マインド」ほどではないとはいえ。 後半に向けての盛り上がりは「ビューティフル・マインド」より「シンデレラマン」の方が上でしたね。 歴史上有名な「世界大恐慌」の真っ只中に活躍したボクサー、ジェイムズ・J・ブラドックを描いた伝記映画。 市民が飢えに苦しむ中、奇跡的な復活を見せたブラドックの活躍は絵に描いたようなヒーロー物語なのですが、窮地にはいつでも這い上がるために道しるべとなるシンボルが必要。 そういう担ぎ上げられたヒーローの典型ですね。 ヒーローが戦う理由はいつも後からついてくるものなのかも知れません。 例えばその理由がお金のためだったとして、市民は戦うブラドックに自分を重ねて未来を見ます。 そして彼は市民のために戦っていて、彼が試合に勝つたびに希望を見出します。 それはブラドックにとっても同じで、最後は決してお金のためだけでは無かったはず。 彼に戦う理由を与えたのは、家族だけじゃないのでしょう。 この戦いは自分たちのためだけのものじゃない、それが分かっているから妻は泣きながら、戦いに向かう夫を見送ったのではないでしょうかね? 最後のマックス・ベアvsブラドックの試合はとんでもなく見応えがありますよ‼︎ 手に汗握るとは正にこのことですな。 ボクシングには詳しくないですが実際の試合を観てるかのようにハラハラしながらブラドックを応援してしまいました。 ということで、ロン・ハワードの伝記ものは良いですねぇ。 次はまた伝記もので「RUSH」を観ようかなぁ。
「シンデレラマン」
のレビュー(3442件)