働くって…何?新社会人として迷走するあなたへこの5本の映画を捧ぐ

2015.06.16
まとめ

フィルマガ編集部員です

FILMAGA編集部員

6月に入り、新社会人の方は入社して2ヶ月。5月病シーズンも過ぎ、成長路線に乗り始めた方もいる一方で「こんなはずじゃなかった」と日々苦悩している方もいるのではないでしょうか。人生の決断をするのはみなさん自身であり正解を示すことはできませんが、「働くこと」を描いているヒントとなりそうな映画を様々な切り口でご紹介します。

今回は「働く」がメインのテーマになっている作品ではなく、間接的に「働くとは?」を描いている作品を中心に選んでみました。

1.『シンデレラマン』

シンデレラマン

世界恐慌下で一度ライセンスを剥奪された家族のいつボクサーの挫折と栄光を描いた映画です。ラッセル・クロウ演じる優しいパパボクサーの奮闘に何度も涙を流します。

世界恐慌下のニューヨークで、ひょんなことからボクサーとして挫折してしまった主人公。しかし彼には愛する妻と子供が3人。仕事を選ばず身体を酷使して家族を養うために奮闘します。

「妻のために」「子供たちのために」という真っ直ぐな姿勢が彼の天職であるボクシングの道をもう一度開くことに。主人公にとって「働くことは家族を守ること」。これは実話です。尊敬すべき男の姿に胸を打たれます。

2.『インターン・シップ』

インターンシップ

劇場公開されず先日DVDで発売されたGoogleのインターンシップをコメディタッチで描いた作品です。おっさん二人がリストラにあってなぜかGoogleのインターンシップ生になって採用を目指すという話。

かなりドタバタコメディですがGoogle全面協力の元、Googleのオフィスで物語が展開されていきます。Google社のフィロソフィーを知ることができ、プロフェッショナルとして働くことの意義を心に植え付けられるます。

王道のサクセスストーリーで、現実はそこまでうまくいかないかも知れません。しかし元気ややる気を貰えます。何かをすると決めたら一生懸命にする。その姿こそが大切と改めて痛感させられます。

3.『ヘルプ 心がつなぐストーリー』

ヘルプ

1960年アメリカというまだ黒人が不遇だった時代、家政婦(ヘルプ)として働く黒人女性たちと雇い主の白人たちの交流と対立を描いた作品。

テイストはコメディタッチであり、エマ・ストーン演じるスキータは差別なんてしない素敵な白人女性ですが、当時の白人コミュニティを牛耳る白人妻たちは差別心全開で黒人に酷い仕打ちをしていきます。

もう一人の主人公である黒人家政婦エイビリーンは仕事を愛していましたが酷い仕打ちを受けることに。愛する仕事を続けられない悲しさには観客である私たちも怒りを覚えます。続けたくても続けられない仕事…仕事をできることって本当は幸せなのかもしれないと考えるきっかけを与えてくれます。

4.『アメリカン・ビューティー』

アメリカン・ビューティー

アカデミー賞作品賞を受賞した『アメリカン・ビューティー』(=アメリカの美)という映画ですが、中身はドス黒いブラックコメディです。仕事にモチベーションが全くないダメ親父を中心に映画が進んでいきます。

このダメ親父は途中でブチ切れて仕事を辞めることに。そこからは自らの欲望のあるままに人生を再スタートさせますが、女子高生との不倫恋愛にまで突っ走って制御不能に。

仕事を勢いで辞めたとしても、欲望のままに突き進むとこの主人公のような仕打ちになってしまうかもしれません。退職も計画的に…欲望は程々に…ダメなサンプルになる映画です。映画はめちゃめちゃ面白いです。

5.『クライマーズ・ハイ』

クライマーズ・ハイ

1985年に日本航空が御巣鷹山へ墜落した事故を新聞社視点で描いた作品です。記者たちの命懸けの取材や一面を何にするかの対立などプロフェッショナルな緊迫した仕事を垣間見ることができます。

未曾有の大惨事であった日航機墜落事故、生存者情報やスクープの情報などが錯綜する中休む暇も無い社員たち。仕事に命を賭けるとはどういうことかを痛感させられます。

同時にこの映画は仕事を辞めるという一大決心も描きます。仕事を辞める時、どういう気持で社を去るか。みなさんならどうか?それを問いかけられているような気もする痛快な映画です。

そしてジブリ映画

『風立ちぬ』、『千と千尋の神隠し』、『魔女の宅急便』といった作品もまた「働く」ことを描いていますね。『風立ちぬ』はプロフェッショナルとしての仕事、『千と千尋の神隠し』は目的のために努力する姿、『魔女の宅急便』は成長する姿を描いています。

こういった作品もストレートに「仕事とは?」でない娯楽作品でありながら、仕事を描き何かを考えるきっかけを与えてくれます。


以上5本+ジブリ映画、ストレートに「仕事とは?」な映画ではありませんが、映画として素晴らしく、間接的に仕事について問うことのできる映画を選んでみました。参考になれば幸いです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • harenatsu
    4.3
    記録
  • Junjun
    3.5
    記録用
  • Jan
    4.0
    時代は世界恐慌、怪我が原因でボクサーを辞めた主人公も食べて行けない。少ないチャンスを掴んで、一人のボクサーが多くの人々を勇気づけていく。音楽の演出も少なめで終わりも良かった。ロッキーより俺はこっちの方が好きでした。
  • はな
    3.8
    ラッセルクロウかっこいいなあ
  • dg4
    3.8
    シンデレラマン! 派手な話ではなく、世界恐慌で苦しく地味な生活しかでてこないからいい。 これで、優勝して豪華な家とか豪華な生活をみせられたら興醒めしてただろう。。 1涙
  • ありたに
    3.7
    ボクシング映画は基本的に怪我して奥さん子供のために復活してっていうストーリーしかないからもっと違うテイストで攻めたボクシング映画を観てみたい。
  • NANA
    3.5
    過去記録。見てて痛いよーと思いつつ、魅入ってしまう。
  • 矢口
    4.1
    ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、年齢的にも全盛期を過ぎ、またアメリカは大恐慌まっただ中の辛い時代、連戦の疲労から怪我もあり、ライセンスを剥奪されてしまう。 ボクサーの仕事を失ったジムは、港湾労働者として日雇いの仕事をしながら妻のメイ(レネー・ゼルウィガー)や子供たちと暮らしていたが、生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。やがて、試合の直前になって対戦相手がキャンセルしてしまったために、ジムのもとにたった一回のボクシングの試合を戦うチャンスが舞い込む。 絶望的な貧困の中で家族のために必死にチャンスをつかもうとする男の実話を基に描いた感動の人間ドラマ。 (wikipediaより)
  • なが
    3.5
    本当によくラッセルクロウを観ていた。
  • 1100
    3.0
    ボクシング映画にハズレ無しの法則
  • Zero
    4.3
    彼の勇敢さと、彼を待つ彼女の心の強さに感動した。
  • ししぴろ
    3.8
    記録
  • somebody
    4.2
    DVD #170208 事実というのが余計物語に拍車をかけていました。 ボクシング映画がなぜこれほどまでに、私の胸を打つのか… ウォーリアーは総合格闘技だった気もしますが、あれも好きだったなぁ… あと、10年前のラッセル・クロウ最高!!
  • nc
    -
    記録
  • Tad
    4.5
    ラッセルクロー好きには、たまらない映画。 仕事で疲れて心が折れそうになった時にオススメな映画!家族を守る為 闘う男のお話しです。
  • ボン
    5.0
    ほんまによかった ただのボクシング映画ではなく、父親としての在り方、家族とはなんなのかを考えさせてくれる映画でした
  • ManaMarks
    3.5
    高校生の時にひかりと見てめっちゃくちゃ号泣した。
  • rieko
    4.3
    ラッセル・クロウファンなら絶対に観るべき! 実話だから感動するんじゃない。ラッセル・クロウが演るから感動する。 なんていうか、人間ってすげぇ!って高揚感と誇らしさを感じた。ラッセル・クロウ万歳。
  • あきらっち
    4.5
    時は大恐慌時代。 かつて名声を博した男の栄光、挫折、苦難を乗り越え掴んだ栄光。 と言うありがちな表現ではとても言い表せられない。 実話に基づくストーリー。 “シンデレラ・マン”とは当時の記者がつけたあだ名であるという。 確かにシンデレラストーリーに違いない。 しかしそこには派手さや見た目の美しさは一切なく、あるのは泥臭く実直で、家族を愛してやまない1人の男と、彼を支える妻、マネージャーの温かくひたむきな愛情に満ち溢れた、シンデレラとは程遠い生臭いほどのモノクロのドラマだ。 ズシンと魂に響く、熱く温かいものがこみ上げる、そんな映画です。
  • CHIKO
    4.2
    ボクシング映画にめっぽう弱いからどの作品も号泣するけど この作品は格別に泣けた。 夫として父として守るべきもののために戦う姿が一言で表すのがもったいないほどかっこいい。 最終ラウンド嗚咽
  • taka181
    4.0
    アメリカンドリームには2度目がある。試合シーンめちゃくちゃ見入ってしまった。素晴らしかったです。
  • HiroSakurai
    3.9
    ラッセルクロウ最高‼︎レニーゼルウィガーの感じも良い!
  • Linla
    5.0
    ラッセル~!ラッセラッセ ラッセル~! ねぶた祭りの掛け声は、 ラッセルで叫ぶ事にしよ! ますます好きになったラッセル 丸四角ポッチャリの彼なのに 細オモテにシェイプされた 役作りに、先ずドキリとした。 い~お父さん役は あの顔や体型だからこそって 思ってたけど、、、いやいや~ ファイターである故の強さや 妻や子供に強がる孤独も 眼差しや全身から溢れてた。 プロスポーツでありながら ショウビズとして扱われ、 もてはやされては、 突き放されて 耐え難い思いしながら、 食べる事さえ出来ないのに あり得ない心の強さと愛情。 だって、これから タイトルマッチてのに 朝飯も抜きとか、そんなのも 気にしない自力アドレナリン。 自分が負けたくない闘争心と 家族を守りたい究極の防衛心。 参っちゃうよなぁー! 映画だからの話って方が むしろリアルなのに、 実話だなんて、 アンビリバボー過ぎる! マネジャーの 彼を思う支えっぷりも男だ~ 財産売っぱらって無一文でも それを見せないのも作戦て 高級スーツだけは脱がない美学 かっけぇ~! 奥さんはB・ジョーンズだったな 彼女の顔立ちは、 あの時代の美女って感じで 合ってたけど、 正直誰でもよかったくらい、 ラッセラッセ、ラッセル~だ! こんな実話見せられたら 細かい事、気にしちゃいかんな自分て思ってしまうね、、、 先日の Rushに続き、 ロンハワ先生もホントいい仕事してくれてます!
  • マイクD
    3.6
    最初、『ビューティフルマインド』的な映画だと思ってたのですが、全然違いました。家族の為に頑張るお父さんはカッコイイ。相変わらずラッセル・クロウはガタイがいい。
  • Yuta
    4.5
    ラッセルクロウが好きな方なら絶対見た方がいい。 ラッセルクロウ特有の人間味あふれる演技と映画の内容がマッチしてる。 やり直し、二度目のチャンス、この活かし方が人生に大きく関わってくる。 自分なら大事な選択をその場で下せるのか。 そんなことを考えさせられる。
  • Atsuki
    3.8
    泣いた
  • 親分
    4.5
    これが 実話!っつーんだから すげーわ。 ドン底からチャンピオン! しかも おっさんのくせに。 浅田真央に観せてやりたい。
  • basquiat
    -
    あちい
  • NOBI
    4.2
    ロッキーほど派手さは無いけど実話だけあって全てにおいていい、 何よりも家族を大事にするジムとジムのことを誰よりも愛する妻メイとその子供達 そしてジムのマネージャーのジョーがほんま素晴らしい人で彼なくしてジムのボクサーとしての人生は途絶えていたでしょう 大恐慌のなんの希望もない時代にみんなの夢を背負って戦うジムの試合はほんまに感動し心から勝ってほしいと願いました 心があったかくなる映画、オススメします
  • パティノ
    4.0
    序盤退屈で見るの止めようか悩んだが… 最後まで見て良かった❗ 非常に後味がよろしい(´ω`)
「シンデレラマン」
のレビュー(1888件)