美しさと恐怖の悪夢に溺れる。女ばかりの孤島で少年たちが受ける謎の医療行為とは?

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

―『エコール』の監督が贈る、最も美しい“悪夢”―

秘密の園の少女たちを描いた『エコール』(04)で世界各国の新人賞を受賞したルシール・アザリロヴィック監督の最新作『エヴォリューション』が、2016年11月26日(土)より渋谷アップリンク、新宿シネマカリテ(モーニング&レイト)ほか全国にて公開中である。

evo fil

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

本作で描かれるのは、まるでグリム童話やアンデルセンのような、無垢で美しく、魅惑的な恐怖

子供が成長するときに抱える根源的な不安が、絶海の孤島に広がる眩い海と荒れ果てた丘、朽ちかけた病院を舞台に描き出される。

大人たちの世界を、とある秘密を知ったその瞬間に、胸に生じるのは海のように広がる無限の可能性か、息もできないほどの底なしの恐怖か?

umini

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

主人公の少年は、時の移ろいを留めることができないのと同じように、女たちから心理的に、肉体的に追いこまれ、その場から走り出すか、身をゆだねるか、選択を迫られる……。

2015年サン・セバスチャン国際映画祭審査員特別賞・最優秀撮影賞をW受賞した、この類まれなる美しい映像と、背筋も凍る悪夢のような物語を、ぜひ劇場でご堪能いただきたい。

倫理や道徳を超えた81分間の美しい“悪夢”。禁断のダークファンタジー

子どもだけ

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

<STORY>少年と女性しかいない、人里離れた島に母と暮らす10歳のニコラ。その島ではすべての少年が奇妙な医療行為の対象となり、そのことに疑問を抱いたニコラは、夜中に出かける母親の後をつけ、海岸へと辿り着く。

そこで彼が目にしたものは、母親が他の女たちと行う「ある行為」であり、ニコラの日常はその夜を境に、次第に悪夢のような日々へと変わっていくのであった……。

怖い女

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

なぜこの島には男の子しかいないのか?彼らに施される医療行為とは何なのか?女たちの目的とは?

そして、病室から次々と周りの少年たちが姿を消していく中、ニコラの身体にとある異変が生じ始める。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

「成長したら自分はどうなるの?」原始的な不安を独特の映像美と異色のストーリーで描き切る

監督・脚本:ルシール・アザリロヴィック

笑顔

photo by Masataka Miyamoto

1961年5月、モロッコ・カサブランカ生まれ。17歳のときにパリに移住。美術史を学んだ後、IDHEC(高等映画学院/現Femis)で映画を学び、在学中にギャスパー・ノエと出会い、プロダクションを設立する。

1996年に制作、脚本、編集、監督を務めた52分の作品『ミミ』が、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で上映され、数々の賞を受賞。

mimi fil

2004年に監督した長編映画『エコール』では、サン・セバスチャン国際映画祭にて最優秀新人監督賞を受賞したほか、多くの映画祭で受賞した。

ecol

両作品とも、子どもを主人公に据え、死への恐怖と潜在的な性の目覚めを描き出しているところに特徴があり、その独特の映像と音楽は、まるでおとぎ話の一編のように、観る者を束の間の不安と恍惚の世界へと誘う。

※2014年に監督した短編『ネクター』は、現在アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほかにて、映画『エヴォリューション』と限定併映中。

nector

(C)De Films en Aiguille visa d’exploitation 138 319

森の中に暮らす女王蜂とメイド蜂たちが織り成す密やかな儀式を艶かしく幻想的なタッチで描いた異色作である。

夢か現実か、幻想的な世界観を支えるロケーション

カナリア諸島・ランサローテ島(スペイン)

サンローテ

credit : Gernot Keller, London (www.gernot-keller.com) – Canon 5D

ランサローテ島は、イベリア半島から南西へ、アフリカ大陸の北西より大西洋沖に位置する、カナリア諸島を構成する島のひとつである。人口は約14万人。島の主な経済は観光とワイン。長年の噴火の繰り返しにより溶岩台地とクレーターが見られる典型的な火山島である。

海中

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

本作では、サンローテ島の自然に精通したドキュメンタリーのカメラマンが海中のシーンを撮影し、時に雄大に、時に不気味に、朝な夕なに様相を変える神秘的な海と、長い年月の風化を感じさせる岩礁を、夢と現実の狭間で揺れ動く画面の中で見事に捉えている。

10年越しの映画化。分からないものの先に生まれる想像・創造

アザリロヴィック監督が本作を製作するにあたり、一番困難を要したことは資金集めだったと語る。常に「よく分からない」と言われ、何度も脚本を変えたり説明を加えたり受け入れられやすくなるよう工夫を凝らしたと多くの場で述べている。

病院

© LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015

しかし、それでも、この映画の若き主人公が、何が起こるか分からず、目に見えるあらゆるものを疑うように、観客も少しずつ自分が置かれている立場を失っていき、少年と同じように不確かな、刺激的な場所で自分を見つけだすことを望んでいると、アザリロヴィック監督は完成後のインタビューで力強いコメントを残している。

海岸と子ども

「初期クローネンバーグを思わせる!」「ルイス・キャロル、グリム兄弟、アンデルセンの死体を掘り起こした」

世界各国から絶賛のコメントが寄せられる本作。美しくも不気味な世界観に酔いしれると共に、成長する少年の心の葛藤に根源的な不安を想い抱くことだろう。そこはユートピアか、ディストピアか。何を頼りに、何を信じて、生きればいいのか。夜の闇は深く、しかし月の明かりは遥か上空で輝いている。

※2021年5月14日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • baramon
    -
    記録
  • はー
    3.6
    ダラダラみてたのがやっとみ終わった ダラダラみるもんじゃない 退屈ではない
  • ジュイエ
    3
    少年たちを進化させるために1人に1人ずつ母親という名目で既に進化した女性が割り当てられてるってことかな? ニコラだけ助けた動機が気になる
  • GijoeGo
    3.5
    とても静かで穏やかな映画だがどこか変で異常な世界。 ミニシアター系の説明セリフや状況説明がほぼ無いアート系作品。 しかしそこには大人の男性や子供の女性のいない不思議な孤島で行われる奇妙な医療行為と幾つもの謎が縦軸としてあり、味気ない食事シーンやテレビもラジオといった文明的な物がない原始的でゆったりとした生活が寂しげで湿り気のある不気味な映像美が横軸となり複雑な味わいを醸し出している。 BGMも控えめで静かなトーンの映像のおかげで何度も眠気に襲われる。 後半のこの島の仕組みみたいなモノがどうなってるのかという大事な所でもウトウトしてしまう位心地の良い映像体験。 つまらない訳では無いが全てがゆったりしたf分の揺らぎによって半覚醒状態に。 何とか最後まで観れたが不可思議なまま終わりを迎えた。 しかし情報が無さそうな島なのにニコラの描く絵はサッカーボールや車、キリン、観覧車と普通の子供の描く絵のモチーフというのが不思議。 彼らは何の為にあんな事をしているのか?そしてニコラのお腹の子はどうなったのか?
  • kuu
    3.5
    『エヴォリューション』 原題 Evolution. 映倫区分 PG12 製作年 2015年。上映時間 81分。 フランスの女性監督ルシール・アザリロビックが、女性と少年だけが暮らす謎めいた島で繰り広げられる美しくも恐ろしい『悪夢』を描いた異色ドラマ。 本作が映画初出演のマックス・ブラバンが主人公ニコラを演じ、『エール!』のロクサーヌ・デュラン、『マリー・アントワネットに別れを告げて』のジュリー=マリー・パルマンティエが共演。 少年と女性しか住んでいない島で母親と暮らす10歳の少年ニコラ。 その島の少年たちは、全員が奇妙な医療行為の対象となっていた。 そんな島の様子に違和感を覚えたニコラは、夜遅く外出する母親の後をつけてみることに。 やがて海辺にたどり着いた彼は、母親がほかの女性たちと『ある行為』をしているのを目撃してしまう。 ルシール・アザリロヴィック監督の今作品は、海の下で始まり、雄大に澄んだ水のプリズムを通して空を見ることができました。 少年ニコラ(マックス・ブラバン)がフレームに飛び込んできて、流れにのって優雅に揺れる植物を見つめる。 カメラは植物と水の動きに長く寄り添い、この生息地の静寂を催眠術のように強調するが、ニコラが腹にヒトデを宿した子供の死体と思われるものを垣間見たとき、それは乱される。 この死体は、火山岩の海岸に存在し、女性と少年だけで構成されていることが明らかになった彼のコミュニティに何か問題があるのではないかという、彼の長年の疑念を強めるだけやからだ。 これらのシーンは、原始的で曖昧な自然の映像とホラー映画のギミックが混ざり合い、H.P.ラヴクラフト風世界観のカルト教団を描いた表現主義のナショナルジオグラフィックスペシャルのような印象を受ける。 プロットは、主人公が自分の世界が想像を絶する倒錯の連続の上に成り立っていることに次第に気づいていくオデッセイを軸に、『DAGON』(2001年)や『モンスター 変身する美女』(2014年)などの映画を思い起こさせる海辺の雰囲気の中で展開される。 しかし、ルシール・アザリロヴィックは物語よりも、 疎外や孤立、小児性愛に性別役割分担の変質、そして、子供と親の関係を毒する恨みとか、官能的で自由に漂う恐怖の雰囲気を盛り上げることで精一杯のようやった。 例えば、ニコラが見つけたヒトデと、彼がビーチで着ている海水パンツに共通する赤色。 また、様々な海の生き物のクローズアップが繰り返され、手足の再生や無性生殖の能力が強調される。 これは、女性たちが空に向かってうめきながら、そう、ヒトデのような形に体をくねらせている乱交集団のショットにも呼応している。 他のイメージは、違背と挿入を強調している。 特に、登場人物たちがまだ水中にいることを暗示するような、暗く湿った緑色に塗られたマッドサイエンティストの研究所にある担架に子供たちを縛り付けた後、彼女たちは、しばしば少年たちのヘソに悪意を持って寄りかかる。 ニコラを待ち受けている真実は、一般的には簡単に見破れるが、すべてを頭の中で整理するには不十分であり、人はフレームをエスカレートさせて熱心に探すように仕向けられる。 ホラーちゅうジャンルを 夢幻的、 悪夢的、 美麗、 醜悪、 そして性的に神経症的に解釈した『エボリューション』は、スカーレット・ヨハンソンがセクシーな美女に姿を変えた『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』を否応なく思い起こさせる。 しかし、後者の形式はより変化に富み、名人芸的であったかな。 ジョナサン・グレイザー監督の作品は、スカーレット・ヨハンソンの演技によって、人間界で人間ではない存在として生きることによって引き起こされる豊かな実存的苦痛を、驚くべきミニマリズムで伝えていた。 それは、我々自身の種の中で自然に感じる孤立や疎外と平行している。 今作品には、そのような人間臭さがない。 ルシール・アザリロヴィックの映画の女性たちは、そのほとんどが容赦なくステップフォード的な鈍いモンスターであり、ニコラは目を見開いた観客の代理人と云える。 そして、その象徴性は、皮肉にも今作品からポイントを奪ってしまうほど、前兆的で反復的。 今作品は自分自身を解釈し、レイプとジェンダーの流動性に関するエッセイを提供するが、それを消化するための認識プロセスから我々を締め出してしまう。 女性が子供を虐待するシーンを延々と見せられると、自発性やバリエーションに憧れを抱かざるを得ない。 映像は完成度が高く、時には驚かされるが、陰鬱で還元的。 水の動きやクジラの鳴き声を思わせるドローンのような音楽が、不気味だが麻薬のような効果をもたらす。 極端なフレンチ・ホラーの多くの実験と同様に、この映画は真のカオスのパターンを持つ極論であると云えるかな。
エヴォリューション
のレビュー(9604件)