【年末の映画観賞の参考に】12月上映映画期待度ランキングTOP20

今年も早いもので残すこと後1ヶ月に迫りました。2016年の締めくくりの映画は皆さま、もう決まっていますでしょうか。 冬季休暇中にゆっくりと映画を楽しもうと考えている方も多いと思います。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、12月劇場公開の映画作品を対象に、FilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計し、「期待度ランキングTOP20」を発表しました。今年最後の注目映画をチェックしよう!

映画ファン注目!12月上映映画 期待度ランキング

期待度ランキングバナー_12月

※2016年11月25日時点でのFilmarksのClip!数(ユーザーが観たい映画として登録している数)を集計。Clip!数が多い作品20本を選出し、ランキング化しました。

■1位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の評価・レビュー

ローグワン

(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望の直前を描いたアナザー・ストーリー11,000件を超える圧倒的なClip!数を集めて堂々の1位。「予告を見ると、その映像クオリティに驚愕する。まるで自分が本当にスター・ウォーズの世界に生きているような感覚になる」「最高に興奮するのは間違いない」「映画予告みて興奮した!」とファンを中心に期待が高まっているようです。

Rakuten TVで観る【登録無料】

■2位:『バイオハザード:ザ・ファイナル』の評価・レビュー

バイオハザード:ザ・ファイナル

カプコンの人気ゲームを映画化したミラ・ジョヴォヴィッチ主演による人気アクション「バイオハザード 」シリーズの最終作。ユーザーからは「このポスターめちゃくちゃかっこいい!」「バイオファンとしてみる!」といったレビューが寄せられています。タレントのローラさんが出演することでも注目が集まっています。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

■3位:『幸せなひとりぼっち』の評価・レビュー

幸せなひとりぼっち

(C)Tre Vänner Produktion AB. All rights reserved.

笑って泣いて、ハートウォーミング。すごく好きな映画」「失われた感情を取り戻した」「この作品を観ていると、改めて「人は一人では生きていけない」ということを強く感じる」と試写鑑賞者からの満足度が高く、早くも★4.0(★5満点)という高評価を得ています。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

■4位〜20位の作品はコチラ!

  4位:『アズミ・ハルコは行方不明
  5位:『海賊とよばれた男
  6位:『ヒトラーの忘れもの
  7位:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする
  8位:『ドント・ブリーズ​
  9位:『マダム・フローレンス! 夢見るふたり
10位:『土竜の唄 香港狂騒曲
11位:『ヒッチコック/トリュフォー
12位:『スモーク
13位:『聖杯たちの騎士
14位:『ワイルド わたしの中の獣
15位:『ストーンウォール
16位:『変態だ
17位:『ピートと秘密の友達
18位:『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
19位:『若者のすべて
20位:『TOMORROW パーマネントライフを探して

ベスト20作品ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。期待度ランキングとあわせて、この年度末納めの映画鑑賞に役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

本ランキング及び記事内のClip!数、★評価、レビューは2016年11月25日時点のものです。

※2022年7月27日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • るか
    4.8
    スターウォーズという世界観素材の旨みだけを凝縮したような傑作。 僕の本名がルークから名付けられたこともあって、自分はスターウォーズシリーズにはちょっと特別な感情がある。だから正直リアルタイムでみた新三部作はかなり僕を悲しくしてくれた。けど、この作品だけは未来に語り継がれるべき傑作だと思う。スターウォーズサーガというジョージ・ルーカスが生み出した宇宙に素晴らしいキャラクターたちと美しい映像表現を加えてこの部分を映像化するとは本当に素晴らしい。 全体の脚本の素晴らしさもさることながら、見返して思ったのはショットの美しさ。ダースベイダー登場のシーンは後光のような演出から相手の後ろの壁にでっかくベイダーの影を映す技法。惑星にいる側と、上から見る側2つの視点からみるデス・スターの惑星破壊。あえてサウンドを抑えて美しく見せるスターデストロイヤーのクラッシュのシーン。そして所々で現れる懐かしの画角たち。文句の付けようがない。本当にそれぞれのキャラクターが魅力的でキャシアンアンドーのドラマが作られるのもよくわかる。ただ、これだけのキャラクターを1作品で全員殺すという潔さこそこの作品の良いとこだと思うのでキャシアンアンドーだけで留めて欲しい気持ちもある。 もう1回7-9作り直してくれないかなぁ。
  • アル
    3
    2016.12.16 バルト9
  • Kei
    5
    記録
  • はちみつ
    4.7
    シリーズで一番好き こんなにも人が関わって犠牲があって4に繋がるなんて 思い出すだけでも涙出る。 最高な映画でした。
  • RYU
    4.3
    2023.5  とても良い 反乱軍最高 ラストシーンはベイダー史上1番かっこいい、惚れる
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
のレビュー(79164件)