死してなお咲き誇る悪の華、クリストファー・リーの魅力とは〜名作とともに振り返る〜

Why So Serious ?

侍功夫

2015年6月7日、名優サー・クリストファー・リーさんがお亡くなりになりました。享年93歳になります。

1948年にデビューして以降、年に1~2本、全盛期には4~5本の映画に出演し続け、通産250本以上もの映画に出演した記録はギネスブックにも登録されているそうです。

しかもただ沢山出演しているだけでは無く、多くの名監督から出演を熱望され近年では大作への出演が続いていました。リーさんがなぜこれほどまで多くの監督たちに愛され続けたのかを紐解き、哀悼の意といたします

クリストファー・リー×名監督の代表作

スティーブン・スピルバーグ『1941』

1941

ゴリッゴリのシネフィルなスピルバーグは、フランソワ・トリュフォーやベルイマン組常連のマックス・フォン・シドーにオードリー・ヘップバーンまで自作へ出演をさせています。もちろんリーさん出演作品もあります。

『1941』は第二次世界大戦中、日本軍によるアメリカ本土攻撃を描いたコメディです。リーさんはドイツ軍大佐を演じています。この作品にはジョン・ベルーシを始め、ネッド・ビーティから三船敏郎までスピルバーグの好きな俳優たちが総出演しています。

ジョージ・ルーカス『スターウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

リーさんは、プリクウェル・シリーズで若きダース・ベイダー:アナキン・スカイウォーカーとオビ=ワン・ケノービを同時にあしらい、さらに最強のジェダイ・マスターであるヨーダとさえ互角に渡りあうシスの暗黒卿「ドゥークー伯爵」を演じました。

スター・ウォーズシリーズといえば最初に作られた『エピソード4 新たなる希望』にはリーさんと共演することの多かったピーター・カッシングが出演しています。

ジョー・ダンテ『グレムリン2 新・種・誕・生』

グレムリン2/新種誕生

悪ふざけ番長ジョー・ダンテは自身のヒット作『グレムリン』続編でリーさんを起用しています。生物学の研究者で白衣を翻し、飄々としながらグレムリンに手を丸のみされる様子などをコミカルに演じています。

マーティン・スコセッシ『ヒューゴの不思議な発明』

ヒューゴの不思議な発明

主人公ヒューゴを助ける少女イザベルが入り浸る古本屋のカウンター奥に長身を隠しながら、威厳と博識溢れる店主ムッシュ・ラビスを演じました。7ヶ国語を操るマルチリンガルで、イアン・フレミングやJ・R・R・トールキンとも交友のあったリーさんの実像に一番近い役柄だったのかもしれません。

ピーター・ジャクソン『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

ガンダルフよりも高位にある魔法使いでありながら、指輪の魔力に取り憑かれた白のサルマンをシリーズ通して演じました。イアン・マッケラン演じるガンダルフでさえ敵わないと思わせる威圧感はリーさんにしか出せなかったでしょう。また上記の通り、生前トールキンとも交友がありエルフ語にも通じた(!)リーさんは、監督からも現場で度々相談を受けており、その様子がメイキングなどに納められています。

ティム・バートン『チャーリーとチョコレート工場』

チャーリーとチョコレート工場

厳格な歯医者であったが故にショコラティエを目指す息子と縁を切ってしまいながら、実は陰ながら誰よりも息子を愛していたウィリー・ウォンカの父親ウィルバー・ウォンカを演じました。この役は原作や過去の映像作品にも登場しないオリジナル・キャラクターです。つまり、この役にバートンの想いが込められているのです。その想いとはズバリこうではないでしょうか?

「リーさんは僕のお父さんです!」

カリフォルニアの燦々と輝く陽光の元に生まれてしまった少年時代のバートンは、常に自分の居場所に違和感を感じ、怪奇映画に耽溺することで、なんとか日々をやり過ごしていたそうです。そんなバートンにとってリーさんは、日々の生活を見守る、ある意味では本当に“父親”だったのかもしれません。

ちなみにバートンはリーさんと同年代に活躍した怪奇映画俳優のヴィンセント・プライスやマイケル・ガフなども自作へ出演してもらっており、子供の頃のヒーローに職権で会いまくっています。

クリストファー・リー:ドラキュラ伯爵の誕生

1950年代末、イギリスの映画製作会社ハマー・フィルム・プロダクション(ハマー・プロ)は、アメリカのユニバーサル・ピクチャーズが1930年代に製作した一連の怪奇映画のリメイクを始めます。

フランケンシュタインの逆襲

1957年、『フランケンシュタイン』のリメイクとして、監督にテレンス・フィッシャー、フランケンシュタイン博士にピーター・カッシング、怪物にリーさんを配し作られた『フランケンシュタインの逆襲』は大ヒットを飛ばします。すぐさま第2弾として『魔人ドラキュラ』のリメイク制作が、監督と出演者2人の続投で決まります。

吸血鬼ドラキュラ

参照:http://www.amazon.co.jp/dp/B00007IGB2

ピーター・カッシングがヴァン・ヘルシングを、そしてリーさんがドラキュラ伯爵としてです。このことがリーさんの人生を決定付けます。

長身を黒いマントで覆い、深い彫りと高く通った鼻、艶やかな髪をオールバックになでつけ、地を振るわすような低い声で滑らかに語りかけ、慇懃無礼に振る舞う妖艶なリーさんによるドラキュラ伯爵が誕生します。

『吸血鬼ドラキュラ』は『フランケンシュタインの逆襲』を越えるヒット作となり、リーさんはたちまち「ドラキュラ俳優」として7本もの映画にドラキュラ伯爵として主演することとなります。

現在活躍する名監督たちが子供のころの出来ごとです。スクリーンの向こう、もしくは深夜のホラー映画放映で、リーさんが女性たちの生き血をすする様子に名監督たちが魅了されたことは想像に難しくありません。

更新された“ドラキュラ”像

『吸血鬼ドラキュラ』はドラキュラ映画史上初のカラー作品で、血走った赤い目と鋭く突き出す牙から鮮血をしたたらせる最初のドラキュラとなりました。

さて、怪奇映画の5大モンスターといえば"フランケンシュタインの怪物"に"ミイラ男"、"狼男"、"半魚人"に"吸血鬼ドラキュラ"になります。それぞれイラストなどで紹介される際にベースとなるのは、フランケンシュタインの怪物の場合、ボリス・カーロフが切り株のような頭のメイクをした姿です。ミイラ男も同じボリス・カーロフのしわしわな顔、もしくは包帯グルグル巻きの姿が描かれます。狼男はロン・チェイニー・ジュニアの毛むくじゃらな姿です。半魚人は『大アマゾンの半魚人』に登場するギルマンになります。

この4人(?人では無いけど)はいずれもユニバーサル・ピクチャーズが製作した、いわゆる「ユニバーサル・モンスターズ」がベースになります。しかしドラキュラだけは面長で彫りが深く高い鼻を持ち、牙を生やしたハマー製作のリーさんがベースになるのです。

ホラー大百科

出典 : http://www.amazon.co.jp/dp/4253008348

秋田書店より刊行された『ホラー大全科』ではロン・チェイニー、ボリス・カーロフのユニバーサル映画に並び、リーさんのドラキュラ伯爵が描かれています。

さらに、他のモンスターは基本的には特殊メイクの産物として造形されていますが、ドラキュラはほぼ地の顔です。しかも5大モンスターが並ぶ際にはドラキュラは不動のセンターです。

つまり、リーさんは恐怖そのものを象徴するモンスターたちのリーダーとして、地の顔がアイコン化してしまったのです。

悪の華よ、永遠なれ!

たとえば。スターウォーズに登場するキャラクターの中で、一番人気があるのは間違い無くダース・ベイダーです。テレビアニメ「機動戦士ガンダム」の一番人気のキャラクターといえば、「赤い彗星」ことシャア・アズナブルでしょう。

優れた作品の魅力的な悪役は往々にして主役よりも高い人気を獲得します。ダース・ベイダーは全身を覆うコスチュームがあるので、長身の人物さえ用意できれば「中の人」は代替え可能。シャアは絵なので大量生産だって可能です。

その点、リーさんは顔だけでなく立ち振る舞いや声も含めて、ドラキュラそのものなのです。代替えの効かない唯一無二の存在。人智を超えた魔力を持ち、女性を魅了する悪の華そのものが生きていたのです。

名だたる監督たちがそんな人物に魅了されないワケがありません。かくしてクリストファー・リーさんは250本以上の映画に、主に魅力的な悪役として起用されるに至ったワケです。

リーさんがお亡くなりになった現在、リーさんの新作を見るのは叶わなくなりました。しかし、妖しく美しい姿は多くの映画に焼き付けられていますし、筆者もまだ見ていないリーさんの映画があります。これから先、リーさんが生前に残した、枯れることの無い悪の華の芳香を楽しむことを誓い、本項を終わろうと思います。

R.I.P Sir Christopher Lee 気が向いたらまた棺桶から蘇って来てください!

参考動画:ハマー時代のリーさんが女性を襲う様子を集めた動画です。エ、エロい!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 爆裂BOX
    4.4
    ハマー・プロによるドラキュラシリーズ第一弾。再見ですが、やはり素晴らしいですね。テレンス・フィッシャー監督のスピーディーでサスペンスフルな演出は飽きさせません。吸血鬼化したるーじーの胸に杭が打ち込まれた瞬間噴き出る血しぶきなど当時としてはかなりの残酷描写だったんでしょうね。 本作で一躍スターになり、その後のイメージも決定づけたといえるドラキュラ伯爵役のクリストファー・リーの演技も素晴らしいですね。実際貴族の血をひいているだけあって気品とカリスマ性に溢れ、それでいて口から血をたらし目を見開き髪を振り乱して襲い来る姿は獣のような荒々しい迫力を備えています。高身長にマント姿も非常に映えますね。 対する主人公であるヴァン・ヘルシング教授役のピーター・カッシングのシャーロック・ホームズを思わせる知的な風貌が吸血鬼胎児のプロとしての説得力に一役買っていると思います。ドラキュラとの格闘戦など激しいアクションもこなしています。特にラストのカーテンに飛びついて引きはがすシーンは名アクションシーンですね。 ジョナサン・ハーカーがドラキュラ城を訪れる理由が不動産の仕事ではなくドラキュラ退治の為だったり、そのジョナサンが序盤で餌食になったり、ジョナサンの婚約者だったミナがアーサーの妻で、そのアーサーの婚約者だったルーシーがアーサーの妹でジョナサンの婚約者になっている原作からの改変部分も面白いですね。 ラストの灰になるドラキュラは今の目線ではさすがにチープですが、独特の味があります。 傑作と呼ぶにふさわしい作品だと思います。
  • 火の玉ジョニー
    3.6
    オーソドックスって言っていいのかな 城から出て住民を恐怖におとしいれるドラキュラと退治に向かうヴァンヘルシング とにかくテンポがいい 中だるみすることなくサクサク進むのは好印象で面白かった ベラルゴシのドラキュラは知らないしこのドラキュラだって自分が生まれた年に作られてる クリストファーリーもピーターカッシングも出演してる人みんな気品があるように感じるのは気のせい? 頓挫したダークユニバースもホラーの伝統は大事にしてやってくれれば良かったのに ところでこのジャケ写、良く見りゃドラキュラだけどフランケンシュタインの怪物みたいにも見えたりして・・・
  • ジャクソン5
    -
    ヴァンヘルシングがピーターカッシングでドラキュラ伯爵がクリストファーリーで熱盛映画でした。
  • 桃子
    4.5
    「吸血鬼ハンター」 クリストファー・リーがドラキュラ伯爵、じゃあピーター・カッシングは誰を演じているのかなと思ったら、なんとヴァン・ヘルシング教授!これは素敵(^^) 吸血鬼退治がメインになっていて、原作からはちょいと離れている。でも、これはこれでとても面白かった。あの“不正規”に作られた「ノスフェラトゥ」はドラキュラというより禿げネズミだったし、モノクロだったし、ドブネズミは出てくるし、ばっちくてドヨーンとした雰囲気だった。一方こちらは美しいカラーで、ドラキュラ城も廃墟みたいではなく立派な外見と豪華な内装。ドラキュラ映画初のカラーだそうで、最高の娯楽ホラーになっている。 もっとも私は禿げネズミさんがけっこう好きなので、あの独特の雰囲気は捨てがたいと思っている。1編の原作から、こうも違う映画が作られることに感動してしまう。素材が同じでも、調理方法が違うと全く別のお料理に仕上がるということなんだろう。 リーは長身である。顔も大きくて背の高いドラキュラは、それだけで迫力がある。ヘルシング博士が主人公なので、彼の出番も台詞もそれほど多くはないが、存在感だけで充分という感じだ。身長は才能ではないけれど、持って生まれたものを生かせるということはいいことである。 ドラキュラ退治にかかせないお決まりのグッズがもれなく登場してきっちり仕事をしているのがいい。十字架と木の杭とニンニクである。ニンニクは花が利用されていて花瓶にドライフラワーとして飾られる。十字架を吸血鬼だと疑いのある人の皮膚に当てると火傷みたいに爛れる。吸血鬼とわかったら、棺の中で寝ている間に心臓に杭をガンガン打ちこまれる。杭を打ち込む瞬間の映像は避けられているが、打ちこまれた後のショットはある。ドラキュラ城にいた美女吸血鬼が退治されてお婆さんに戻ってしまう場面は、この映画の最初のハイライトシーンだ。杭のシーンはたしかに残酷なのだけれど、血が赤いペンキみたいな色と質感なのであまり気にならない。冒頭の「ドラキュラ」というタイトルにぽたぽたと垂れる赤い血もペンキみたいだった。たぶんこれは意図的にしているのだろう。 マニアックなホラー好きには物足りない感はあるが、当時は面白い怪奇映画として大ヒットしたというのがよくわかる。実によく出来ているからだ。脚本が素晴らしい。監督の手腕も脱帽ものだし、キャスティングもばっちりだ。ピーター・カッシングはどちらかというと悪役顔をしているけれど、こういう役もすごくハマっている。彼が出演しているだけで映画の質がアップしているような気になってくるから凄い。ますますファンになってしまった。彼のホラー以外の作品も見たいのだけれど、動画配信サイトにはまずない。昔のマイナーな映画を見ようと思ったらDVDを購入するしかないのできびしい。それもやけに高額だったりするので残念だ。 ところで、カッシングはSWに出演している。最初に公開された「スターウォーズ(新たなる希望)」である。役はグランド・モフ・ウィルハフ・ターキン総督。それ誰?という人には「初代デススターの司令官」と言えばわかるだろう。Wikiでこんな裏話を見つけた。「カッシングがスター・ウォーズシリーズのターキン総督役で出演することになった際に、リーから『グランドモフって何者?』という内容の手紙を受け取った。カッシングはリーに『僕もわからない』という返事を送った」生涯親友同士だったというリーとカッシングのほほえましいエピソードだと思う。
  • kazu1961
    3.8
    ▪️Title : 「吸血鬼ドラキュラ」 Original Title :「Horror of Doracula」 ▪️First Release Year:1958 ▪️JP Release Date :1958/08/05 ▪️Production Country: イギリス 🏆Main Awards :※※※ ▪️Appreciation Record :2020-527 再鑑賞 🕰Running Time:82分 ▪️My Review クリストファー・リー=ドラキュラを決定づけた作品ですね!! ブラム・ストーカーの有名な小説をイギリスのハマー・プロが『フランケンシュタインの逆襲』に続いて製作した怪奇映画の金字塔的名作です。 1885年、英国青年ジョナサン・ハーカーはカルバチア山中のドラキュラ伯爵(クリストファー・リー)の城を訪れ、吸血鬼の犠牲となってしまいました。次に伯爵はハーカーの新妻と姉を狙って英国へ現れ、悪魔学に精通したヴァン・ヘルシング教授(ピーター・カッシング)がこれに立ち向かいます。 テレンス・フィッシャー監督の演出は、当時としてはかなりショッキングかつ残酷な描写の連続で世界中を驚嘆させました。色彩を相当に意識した映像美、ジャック・アッシャーの活気あふれる撮影、ジェームズ・バーナードの派手でどぎつい音楽、美術も素晴らしく、そして二人の個性的な俳優、口の周りを血まみれにするドラキュラ役のC・リーとP・カッシングは本作でスターの仲間入りを果たし、以後数々のホラー映画で怪演し、今や伝説的名優として名をはせています。 ドラキュラの野獣のような目と牙、杭が突き立てられる女吸血鬼の心臓から湧き出す血など、ハマー・プロの肉体的な面から恐怖心を煽るやり方、歴史的なホラーの転換点として、またハマー・プロのトレードマークとして認識されることになりました。 参考)“ホラーの名門ハマー・フィルム” イギリスの映画製作会社ハマー・フィルム・プロダクションは1955年、SFホラー映画『原子人間』を世界的にヒットさせました。次にハマーは配給会社からの要請で、1931年にアメリカのユニバーサル映画が制作して大ヒットした古典派ホラー映画の名作『フランケンシュタイン』のカラーフィルムによるリメイク的作品として『フランケンシュタインの逆襲』を企画し大ヒットさせます。ハマーは続いてユニバーサルホラーの第一作であった『魔人ドラキュラ』のリメイクとして、前作のフィッシャー、カッシング、リーの新ホラー黄金トリオを再収集し『吸血鬼ドラキュラ』に取り掛かりこれも大ヒット。以降、ハマーはフランケンシュタインとドラキュラをシリーズ化して軸とし、ミイラ、狼男、ゴーゴン、オペラ座の怪人、ブードゥー・ゾンビ等古典的なテーマのホラー作品を次々手がけた他、SFやファンタジー、サスペンス、ミステリー等の分野で作品を多く送り出しました。 ▪️Overview 無声映画時代以来、何度も映画化されている吸血鬼伝説にもとづく、英国怪奇作家ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」の、十数年ぶりの、初の英国スタッフによる映画化。監督は「フランケンシュタインの逆襲」のテレンス・フィッシャー。脚本ジミー・サングスター、撮影ジャック・アシャー、音楽ジェームズ・バーナードも総て「フランケンシュタインの逆襲」と同じスタッフである。出演者は、前作で顔を合せたピーター・カッシング、クリストファー・リー、ヴァレリー・ゴーントをはじめ、新登場のメリッサ・ストライブリング、キャロル・マーシュ等。戦前以来我国には、同一原作によるトッド・ブラウニング監督の「魔人ドラキュラ」、ロバート・シオドマク監督の「夜の悪魔」が上映されている。製作アンソニー・ハインズ。(引用:映画. com)
吸血鬼ドラキュラ
のレビュー(403件)