映画初日満足度ランキング(12月第3週)発表!《Filmarks調べ》

Filmarks公式

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2016年12月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(12月第3週上映スタート作品)

※2016年12月19日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の評価・レビュー

ローグワン

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

・エンドロールでスクリーンにいる500人の惜しみない拍手と大歓声。 最高の映画体験、最高の大傑作。(20代・男性)
・終始興奮しっぱなしだった。ラストはもう背筋がぞくぞくっとして涙が止まらなかった。(20代・女性)
・SW史上最も「WARS」してる作品! そして個人的にSW史上最高傑作!(20代・女性)

▼その他のレビューはこちら

■2位:『幸せなひとりぼっち』の評価・レビュー

幸せなひとりぼっち

(C)Tre Vänner Produktion AB. All rights reserved.

・すごくすごく良かった 泣きました。悲しみとか嬉しさとかいろんな感情の涙(30代・女性)
・ちょいちょい笑えて、ちょいちょい涙。彼が笑うと嬉しくて、たくさん涙。 とても心温まりました。(40代・女性)
・誰かを許した瞬間や笑うことができた瞬間、 隣に誰かがいる瞬間、すべてが愛おしかった。(20代・女性)

▼その他のレビューはこちら

参照記事:《高齢化問題》の解決の糸口になる傑作誕生!?『幸せなひとりぼっち』監督に迫る!

■3位:『ドント・ブリーズ』の評価・レビュー

ドントプリーズ

・観てるこちらまで息を止めてしまう。一瞬も油断できなかった。(20代・女性)
・上映中は思わずこっちまで息を止めて観てた(40代・女性)
・息を止めるところで映画館の中も音一つ無くなるところがゾクっとしました。 みんな息とめちゃうよね。(20代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■4位:『ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

(C) 2016「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」製作委員会

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております
※ 本ランキング及び記事内のデータは2016年12月19日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Ellie
    4.0
    ストーリーがしっかりしてて、1本の作品としてよかった。 裏でこんなすばらしい人たちがいたとは・・ と、切なくてホロリ。。。
  • yanagiiii
    3.8
    ここからまたループが始まる。 終わりに向けて、準備を始めよう!
  • とくりゅー
    4.4
    めちゃくちゃに面白かった。しっかりエピソード4に繋げながらも一つの作品として名作になってる
  • Kazu
    4.0
    観賞記録
  • アウトプット趣味
    3.8
    ジェダイ達が負け、帝国軍が宇宙を支配しようとしていた。帝国軍が作り上げた巨大宇宙戦艦デス・スターは惑星を1つ消し去る程の力をもつと言われていた。主人公ジン・アーソの父ゲイレンはデス・スターの設計に関与する。反勢力派だったゲイレンは、わざとデス・スターに唯一の弱点を作った。それを娘のジンに伝えるため、デス・スターの設計図の在り処を告げる。ジン含む仲間達は設計図を手に入れるため帝国軍基地に乗り込む… ガーディアンオブギャラクシーを連想させられました。それぞれのキャラの詳細は分からないところが残念でした。イムウェという、盲目のジェダイが出てきたけど、盲目なのにフォースの力で周りを察知し戦っていてカッコ良かったです。謎の男なのでどんな経歴が気になりました。最初の方は、情報が何もなく分かりにくい部分はあったけど、中盤からはいたって単純で、設計図を手に入れる為に潜入していきます。最後はスターウォーズの醍醐味、戦闘シーンが良かった!帝国軍と同盟軍どちらが勝つか分からなかったので、フラットな状態で楽しめました。 バットエンドともハッピーエンドとも言えない感じが好きでしたね。 ラストはディープインパクトを意識したみたいでしたね。
「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」
のレビュー(58299件)