羽海野チカの大ヒットコミックを2部作で実写化した「3月のライオン」シリーズ。家族を亡くした孤独な17歳のプロ棋士が、ある3姉妹と心を通わせながら、厳しい将棋の世界を突き進んでいく。今をときめく豪華キャストがおくる「3月のライオン」シリーズのあらすじやキャスト、見どころをまとめてご紹介します。

3月のライオン 前編』(2017)

3月のライオン 前編

幼い頃に交通事故で家族を亡くした桐山零(神木隆之介)は、父の友人である棋士・幸田柾近(豊川悦司)に引き取られる。零は中学生にしてプロ棋士となるが、ある事情で幸田家での居場所を失い、家を出て東京の下町で一人暮らしを始める。深い孤独を抱えながら必死で将棋を指す日々を送っていたある日、和菓子屋を営む川本家の3姉妹と出会う。川本家の食卓を通して人の温かさに触れ、自分の居場所を見出し始めた零は、それを支えに熾烈な将棋の闘いへ飛び込むことを決意する。

「3月のライオン」シリーズの前編。監督は「るろうに剣心」シリーズなどの大友啓史が手掛ける。コミックの実写化作品に多数出演し、再現度の高さに定評のある神木隆之介が主演を務め、17歳の孤独なプロ棋士・桐山零を熱演。特殊メイクで外見をがらりと変えた染谷将太が、零のライバルでふくよかな体型の二海堂晴信を演じる。川本家の三姉妹に倉科カナ、清原果耶、新津ちせ。他にも有村架純、高橋一生、佐々木蔵之介、加瀬亮、伊藤英明、豊川悦司と豪華キャストがそろう。

思わず息をのむほどの緊張感あふれる対局シーンは最大の見どころ。また、孤独に生きていた零が、川本家の3姉妹との交流を通じて少しずつ成長していく姿は、後編の展開にもつながっていく。川本家でたびたび登場する美味しそうな食事にも注目。家族で囲む食卓には人の心を解きほぐす力があるということに、改めて気付かされる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

3月のライオン 後編』(2017)

3月のライオン 後編

桐山零が川本家の3姉妹、あかり(倉科カナ)・ひなた(清原果耶)・モモ(新津ちせ)と出会って1年、零は彼女たちの存在を心の支えに獅子王戦トーナメントに挑もうとするが、頂点を目指す棋士たちにはさまざまな試練が待ち受けていた。零の師匠・幸田は怪我で入院し、幸田の娘の香子(有村架純)は妻のいる後藤正宗(伊藤英明)との関係に悩んでいた。零の幼い頃からのライバルの二海堂晴信(染谷将太)は病と闘い、将棋界のトップに君臨する宗谷名人(加瀬亮)もとある秘密を抱えていた。そんな中、川本家に3姉妹を捨てた父親が突然現れる。

「3月のライオン」シリーズの後編。監督は前作に続き大友啓史が務め、主要キャストも続投。川本家3姉妹の父親役として伊勢谷友介が登場。孤独の中で生きるために闘っていた零が、大切な人を守るために強くなろうと奮闘する。零の成長した姿が感動を呼んだ作品。それぞれがそれぞれの事情を抱えた棋士たちの執念の対局からも目が離せない。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会

※本記事で紹介する映画は国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」のデータに基づいてセレクトしたものです。
※2021年3月30日時点の情報です。