【二人なら永遠に”今日”でも構わない!?】日々を生きる意味とその幸せに気づかせてくれる『パーム・スプリングス』は新時代に誕生したポップ&スイートなバカンス満喫型タイムループ・ラブコメディ!

コロナ禍、不要不急の行動が制限され、海外どころか国内旅行さえ気軽に行くことができない今。変わりばえのない日常を繰り返すことにモヤモヤした気分を抱える人は多いはず。

突如迎えたこの新時代の日常から、少し離れてドキドキ、ワクワク、リフレッシュしたい!そんなあなたにぴったりな映画がアメリカからやってきた!何度も繰り返す”今日”を楽しみつくす男女の、バカンス満喫型タイムループ・ラブコメディ『パーム・スプリングス』が4月9日(金)より全国公開となります。

“今日”が永遠に続くなんて無敵!タイムループにハマった2人でやりたい事を全力でやり尽くす!


タイムループに閉じ込められたナイルズとサラ。しかもナイルズは先にタイムループの中で数え切れないほどの”今日”を繰り返しており、そこへ後からサラが加わるという、これまでにない全く新しいタイムループの展開!どうにも抜け出せないと分かったサラは、ナイルズと共にやりたかった事を楽しみ尽くすことに。テンポよく展開する2人のはちゃめちゃで非日常的な日々に笑いが溢れる事間違いありません。

砂漠の中のリゾート地で突然起きたタイムループ!なぜ2人は”今日”を繰り返すことになったのか?


妹の結婚式に出席するためにカリフォルニアにある砂漠のリゾート地、パーム・スプリングスにやってきたサラ。幸せムードに馴染めない中で、偶然出会ったナイルズに誘われいいムードになるも、突然謎の男に襲われたナイルズを追って洞窟に入ったことから、永遠に”今日”を繰り返す無限のタイムループに閉じ込められてしまうのです。

ゴールデングローブ賞とエミー賞受賞歴をもつ才気溢れるコメディ俳優で、本作では制作も務めるアンディ・サムバーグ演じるナイルズと、グラミー賞受賞歴を持ち、舞台・TV・映画で幅広く活躍するクリスティン・ミリオティ演じるサラ。2人のポップでキュートな掛け合いに加え、『セッション』での怪演でアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズが物語の鍵となる謎の男・ロイを演じており、その重厚な演技も見どころです。

最高な”今日”を無限に繰り返していた2人の決断と、たどり着いた結末が”今日”を生きるあなたに届ける大切なメッセージ


どんな行いも必ずリセットされることから、無茶な行動を続けるサラに「何をしても結局リセットされるけど、痛みは感じるし、その行いの記憶は残る」と語りかけるナイルズ。繰り返す日々の中で、サラは自分の中に刻まれた経験と記憶、明日が永遠にやってこないという事実に目を向けるようになっていきます。自らが置かれた状況に真剣に向き合った事で、それぞれが選んだ生き方、そして2人が迎える結末は、先が見えない今を生きる私たちに限りある命を生きる意味を問いかけ、本当に大切なものに気づかせてくれます。

同じことの繰り返しに思える”今日”が退屈な全ての人に、”明日”を生きるエネルギーをくれる本作。少し風変わりで最高にスイートな新時代のハッピームービー『パーム・スプリングス』を是非お見逃しなく!

◆『パーム・スプリングス』information

あらすじ:砂漠のリゾート地、パーム・スプリングス。妹の結婚式で幸せムードに馴染めずにいたサラは、一見お調子者だがすべてを見通したようなナイルズに興味を抱く。ところがナイルズを追って奇妙な洞窟に入ったせいで、一度眠りに落ちると結婚式の日の朝にリセットされる“タイムループ”に閉じ込められてしまった!しかもナイルズはすでにループにハマっていて、数え切れないほど同じ日を繰り返しているという。ふたりは本当に大切なものを見つけ、永久に続く時間の迷宮から逃れられるのか?

上映時間:90分
公開日:4月9日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:株式会社プレシディオ
公式サイト:https://palm-springs-movie.com/
(C) 2020 PS FILM PRODUCTION,LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • シュウ
    4.6
    タイムループラブコメディ いやー、個人的にはなかなかのツボだった ライトなタッチと登場人物のチャーミングさと軽快な展開 そして適度なぶっ飛び感と基本ハッピーな雰囲気 バカを楽しんでる時の二人のやりとりとか最高 メッセージ性を探るとこれもなかなか示唆深いと思ったのだが、 それを全然戦況くさくせずにとにかく楽しめて見終わった後にとてもハッピーな気持ちになれた 全く飽きることな最後まで非常に楽しむことができた で、ここからはメッセージ的な部分 「繰り返して価値がないと感じる日常にどう向き合うか」という問いかけに対して示唆を与えられる作品でもあるなと その視点で見ると、3人の振る舞いが意味するところはなかなか示唆深い 以下じゃっかんネタバレあり ーーーーーーーーーー 繰り返される日常の意味も、そこから抜け出す術も考えるのを放棄してしまい、 ただ漫然と快楽主義的に毎日を消費するネイルズ 最初は他責にして復讐に自分の時間を費やすが ふとしたきっかけでその日々に幸せを見出すロイ そして何としても抜け出すという確固たる信念を持ち、 繰り返されてリセットされてしまう現象ではなく、 経験として日々積み上がっていく記憶に意味を見出して勉強に励むサラ ここから得られる繰り返しの日々から抜け出すヒント ①たとえ現象的には繰り返されている日々を過ごしていたとしても、意味のある記憶を自分の中で積み重ねること ②目の前の幸福が当たり前ではないと知り、瞬間瞬間を味わうこと ③そして、この人と一緒ならばどんな結末になっても良いと思える人に巡り合うこと ①は現実を現象として分析的に捉えて科学的に解決策を図る観察的なアプローチ ②は起きてしまった現実を変えるのではなく自分の内面を省みて自己変容させる内省的なアプローチ ③は自力ではどうしようもない状況を人や出来事の出会いを通して突破していく他力を味方につけるアプローチ このどれもが人生において重要であるというメッセージを 三者のありようが担っているように思えた P.S. ネイルズが「あらゆる感情を経験し尽くした」とあったが、 それでも湧き出してくる愛という感情は何なんだろうというのは、 最近個人的なテーマでもある
  • 豆乳たそ
    4
    U-NEXTでレンタルあったので観た。 面白かった! タイムループもののコメディ。 タイムループものは細かいこと気にし出すとどんどん綻びが出てきて嫌になるから何も考えずに観るのが1番楽しめる。 最後のロイのシーンもグッとくるものがあった。
  • ふく
    3.4
    皆さん騙されないでください、これはアンディ・サムバーグの映画です
  • Gaku
    3.6
    タイムループ×ラブコメはやはり良い。
  • 美樹本洋介
    5
    凄くいい。
パーム・スプリングス
のレビュー(10573件)