【映画ファンが注目】廣木隆一監督最新作。愛と救いを求めた“彼女”たちのロードムービー Netflix映画『彼女』の魅力を解説

漫画家・中村珍氏によって2007年に生み出され、世に衝撃を与えた「羣青(ぐんじょう)」。暴力をふるう夫を殺害させた女と、殺害した女のあてどない旅を描く本作が、このたびNetflix映画『彼女』として実写化された。監督は、『ヴァイブレータ』の廣木隆一水原希子さとうほなみが運命のふたりに扮する。4月15日の配信開始を記念し、愛と救いを求めた二人の逃避行を描いた本作の深奥に迫る。

愛と救済を求めた“彼女”たち

彼女』を一言で表すなら、「ロードムービー」だろう。“殺人”で結ばれたふたりが、愛と救済を求めて各地をさすらう物語だ。高校時代から同級生の篠田七恵(さとうほなみ)に恋をしている永澤レイ(水原希子)は、夫から壮絶なDVを受けている彼女を救うべく、夫を殺害。そして、ふたりの逃避行が始まる――。

旅の中で深まる絆、癒えない哀しみ、そして明かされるレイと七恵の過去――この運命の結末は、どこに向かうのか?「愛」の本質を問う物語に、郷愁を誘う日本の原風景が重なり、心を強く揺さぶられることだろう。

恋愛映画の名手・廣木隆一監督最新作

近年ますます勢いを増すNetflix。日本国内でのオリジナル作品の制作にも積極的だが、2021年の映画部門の幕開けを飾るのが『彼女』だ。「羣青」の発表時より映像化に動いていた映画人は後を絶たなかったというが、攻め切った内容ゆえに困難を極めたという。だがこのたび、Netflixというパートナーと出会い、満を持しての実写映画化が実現した。

監督に指名されたのは、Netflix国内ローンチの際の目玉作品だった『火花』を手掛けた廣木隆一監督。『ヴァイブレータ』や『軽蔑』など、過激な描写もいとわず「愛とは?」を真摯に見つめた力作を作り上げてきた廣木監督がポテンシャルを満遍なく発揮しつつ、久々のロードムービーに挑んだ。

<水原希子×さとうほなみ>撮影を通して“戦友”になったふたり

制作陣の想いを一身に受け、すさまじいほどの熱演を見せるのは、『あのこは貴族』で新たな魅力を開花させた水原希子、そして音楽バンド「ゲスの極み乙女。」のほな・いこかとしても知られ、『窮鼠はチーズの夢を見る』にも出演したさとうほなみ。

本作が映画初主演となるふたりが、身も心も痛いほどにさらけ出し、正真正銘「役を生きる」濃密な佇まいを披露している。自分たちで演技プランを立て、深く役柄と結びついた水原とさとうは「二度とないだろうな、というくらいの経験だった」「撮影期間は外部を全部遮断して、役として生きていた」と振り返っており、今作を通してお互いを「戦友」と呼ぶほどに仲を深めた。

演技の域を凌駕する“生きざま”をぜひ、目に焼き付けていただきたい。

◆『彼女』 information

あらすじ:裕福な家庭に生まれ育ち、何不自由ない生活を送ってきたレイ(水原希子)はある日、高校時代に思いを寄せていた七恵(さとうほなみ)から連絡を受け、10年ぶりの再会を果たす。しかし喜びも束の間、夫からのDVで全身あざだらけな姿を目の当たりにし愕然とする。追い詰められ死を口にする七恵に「それならば夫が消えるべきだ」と諭すレイ。そして「だったら殺してくれる?」と呟く七恵。彼女が生きるためにレイは、七恵の夫を殺す。そして行くあても、戻る場所もないふたりは共に逃避行に出る……。
上映時間:142分
公開日:2021年4月15日、Netflixにて全世界同時独占配信
公式サイト:https://www.netflix.com/title/81261676

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • 都麦
    1
    え興醒めなんだが。え、これがほんとにずっと観たかった『彼女』ですか?エ、、、。 初っ端から、オジサンセックスってなんでこうなんやろナ〜と思ってた矢先、突然血ブッシャーーで困惑。ワイングラスでイテテテテテと目を瞑りセカンドブッシャーーがくる。かと思ったら話の流れが見えてきて、レズビアンが好きな女の子のために男に体を捧げるというそのキモすぎる脚本の構成にファーストドン引き。マジいい加減にしなよそういうの。 テーマも何が言いたいのかわからない。レズビアンを都合よく解釈してセックスシーンをみせる(てか撮る)ための映画にしかみえなくて最悪だし、LGBTQ+をこの映画で表そうとしていたのなら甚だ勘違いにも程があるし、とにかくなんであんな女の全裸を見せた?なんで長回しでセックスを見せたの?タクシーのおじさんの流れは何を表したかったの?マジキモすぎる。何を言いたかったんほんとに。 演出が痛すぎてなんか演技まで痛くみえチャウし絶対に無駄に脱がせすぎだし、てか排泄シーン入れたのガチでキモい。 以上を踏まえて、監督男なの確認してガチで死んだ。体張った俳優は可哀想だけどこの映画、この世に無いほうが良い。脚本と監督、プロデューサーが悪いわ。キモすぎる。 オスが自分の性欲のためにレズビアンモノのAVみるみたいな気持ち悪さがある。あーきめえほんと。きめえ。 ○日記 久しぶりに💢💢ってなってたから映画でも観よ〜とおもったらもっと💢💢ってなった。今から取材受けるのだるすぎる。そしてパンフレット。
  • mizuki
    3.4
    赤髪の水原希子ちゃんを眺めるだけで最高だった。てか、名義が違うからすごい似てる別の人か?って思ったら、ほないこかか。いい二人だったよ〜。 異性愛者の「子供や夫のためなら人を殺せるよ?」と同性愛者の「好きな人のためなら人を殺せるよ?」が同じでもおかしくないよね、と訴えかけようとしていたところ、とても良かった。 公衆電話で110が無料なのを知らないでお金を入れたのは、そういう演出なのか…?お金入れてかけてたから。 セリフのセンスは合わなかったな〜。あと、しゃべりすぎ・説明しすぎ感あった。
  • もやし
    4.5
    ネトフリオリジナル! ついに見たぞ… 全体的に酔っ払ってる感じだし濡れ場すごすぎるし声ギャーギャーうるせえし完全に閉じられた世界だしで、完走するのが中々難しい映画だと思うけど、最後まで見ると結構心に残る良い映画だったなと。雑な映画に見えて心理描写はめちゃくちゃ論理的かつ繊細。 最初は無計画に人殺して投げやりに逃げ回って一緒に死のうだとか何だとか、正直人生舐めんじゃねえ!って感じだったけど笑、学生時代の出会いであったり背景であったり関係性であったりが描かれていく内にあれ?知らない内にちょっと感情移入?な流れ。 とりあえず二人でキャハハハって笑い合っときゃいいだろみたいなんは最後まで気に食わんかったけど笑 しかし同性愛者の恋愛は辛すぎる。ノンケに恋をしても相手が自分に恋愛感情を持ってくれることはほぼほぼあり得ないという絶望… 肉体関係あろうがどんなに好意的に見てくれようが恋愛感情には絶対なってくれないっていうのが今作ではかなり強調して描かれてる。 …まあ、異性愛者同士でも何しようが振り向いてくれない相手なんて山ほどいるけどねー… 恋愛感情にはならないけど何かの感情にはなる。それが最後まで見るとわかる。 もう水原希子の完全なる片想いで終始物語が進行していくわけだけど、相手がもうほんとずっと酷い仕打ちを返し続けるわけ。マジこいつゴミだなってなるんだけど、それでも好きだからって理由ただ一点で尽くし続けるわけ。これが純愛じゃなかったら何なのよ!(いや流石に病的か?) そしてこの相手が何でここまで水原希子に冷たく当たるのかってところにもものすごくしっかりとした理由があるのよね。もちろん単に嫌いだからとかじゃないんですよ。 二人の想いの本質に徐々に気付き始めた瞬間からこの映画への想いも変わる。 特に学生時代の眩しさがエグかったな。マジで純愛すぎる。人殺して泥沼の逃避行している現在から考えるとあまりにも輝き過ぎている。 激しいシーン多すぎてやっぱどうしても見づらいけど、でも良い映画だと思います。 まあ純粋にストーリーだけ見ると酷いけどねえ… とりあえず感情の整理がしたいというだけの理由で逃避行を続けて罪はどんどん重くなってくわけじゃん? 出所後の生活とか少しでも考えてる?ってやっぱ思ってしまいました。
  • いちま
    -
    記録
  • カナ
    5
    『なんで殺したかわかる?』 この問、好き。 希子ちゃんの「ブラックワンピース×裏が赤のピンヒール」好き。 レイがタクシーのおじさんとやってるシーン、なんか、ナナホの盾になってる気がした。 結構激アツやねNetflix。(今ごろ…) 今年から登録して、ネトフリオリジナルの作品見てるけど、結構攻めてる作品ばかりで、新鮮。 全裸監督につづき、「彼女」も、もう映っちゃてる。改めて役者さんすごいなと思った。 『彼女』に関しては、問題になってたから、ちゃんと償ってほしい。てか、解決に進んでるん?
彼女
のレビュー(10578件)