【会見レポ】デイミアン・チャゼル監督初来日!「ライアンとの出会い」が実現のカギ

第74回ゴールデン・グローブ賞史上最多の7部門受賞、そして2017年2月26日(日本時間27日)開催される第89回アカデミー賞では最多14ノミネートと、数々の記録を打ち立て映画史をも変えてしまう勢いのある映画ラ・ラ・ランド

lalaland

そんなアカデミー賞ノミネーション発表直後の1月27日に、なんと本作の監督デイミアン・チャゼルと主演のライアン・ゴズリングが来日し、都内にて記者会見を行いました。

lalalandpress_02

2人はモノトーンのカジュアルスタイルな装いで揃って入場。デイミアン監督は初めて、ライアンは2度目の来日となります。2人とも日本に特別な思いを持っていて、特にライアンは「日本の方はとてもロマンチックでミュージカル好きと聞いているので、この作品のプロモーションで日本に来れて嬉しいです」と喜びの表情。

lalalandpress_05

アカデミー賞ノミネーション発表時にもライアンと一緒にいたというデイミアン監督は最多14ノミネートについて「まだ驚きが抜けきれていません」と、笑顔で答えました。

また「この映画はチームで作り上げたもので、それぞれの限界を突破して挑みました。たくさんの関係者がノミネートされ、個人ではなくチームとして認められたのです。」と感無量の様子でした。

lalalandpress_03

たくさんの人たちが夢中になっている『ラ・ラ・ランド』の世界観について、どのようにビジョンを作り上げたのかという質問に対し、デイミアン監督は「長い時間をかけてこの映画を作るにあたり、カギとなったのはライアンに出会ったこと」だと感謝を告げました。

さらにライアンに対し「なんでもできる人!映画の知識もあれば、ミュージカルや音楽についても情熱を持っています。この映画に必要な素質は全部持ち合わせている素晴らしい役者です。」とベタ褒め!

lalalandpress_04

映画が大ヒットしたことに対して、デイミアン監督はその要因を「ミュージカルならではの楽観的さや高揚感を感じたと同時に、叶う夢もあれば叶わない夢もあるんだという、現実的なストーリーがあったからこそ、それが多くの人々の胸を打ったののではないのか。ミュージカルとしての幻想的な部分とリアルな部分の組み合わせに対して、私たちが思っていた以上に観客の方は楽しんでくれたのでは?」とコメント。

あまりノスタルジックにしすぎず、皆が共感できるようにどこまで現実的にするのか。そこにさらにファンタジーの世界をプラスして、全てをどうやってバランスよく取るのか? とっても挑戦的なことだった」とこの作品を生み出すまでの想いと奮闘について語りました。

lalalandpress_06

作品の中には、様々な映画のオマージュが散りばめられ、映画・ミュージカルファンの間で話題になっていることに対してデイミアン監督は「もしかしたら気づかないうちに、鈴木清順監督の東京流れ者のワイドで撮影するシーンやポップアート風の色使いなどからも影響を受けているかもしれない」と答えました。

また、『ラ・ラ・ランド』のレコーディングはオズの魔法使雨に唄えばで実際に使用された場所と同じところで行ったとのことで、「ハリウッドの素晴らしいミュージカルのレコーディングをされたところで、自分たちもレコーディングできたことは素晴らしい贈り物だと思っています」と述べました。

lalalandpress_09

デイミアン監督が「愛を込めて作った!」という『ラ・ラ・ランド』は、2月24日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほかロードショー。公開直後のアカデミー賞結果発表でも、きっと世界中を驚かせてくれることでしょう!

lalaland_p

(C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

配給:ギャガ/ポニーキャニオン

(取材・文 ・撮影 / もい)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • sa
    3.6
    全然ハマれなかった〜 物足りないし、ミュージカル映画大好きなんだけど、今作はなんか苦手。 まあミュージカル映画も色んな形があるから、なんとも言えないけど、ミュージカル映画なんかなあ、これ。。。ミュージカル風って感じがある、ある意味それが見やすさなのかなあ。 正直、最初の方は歌とダンスを、ただ入れ込んだだけじゃん、、ってなってた。 ミュージカル映画を見ない人にとっては、ミュージカル映画って急に歌い出すような感覚かもしれないけど、実際は流れの中で歌が始まるわけで。なんかつーか、途中まではあまりにも突飛に歌やダンスが始まるなあって思った。 色彩も綺麗なんだけど、ポップ過ぎるというか、一色一色の主張が激しくて、まとまりが、、、って感じてた。一つひとつが浮いて見えた。 最終的に別れる、運命の相手ってパターンは大好きなんだよなあ〜そこはたまんなかった。 あとはやっぱり、タラレバ走馬灯からのラストの2人の表情が最高だった。 「ようこそ、セブズへ」がめちゃくちゃに格好良かったぞ!?!?
  • マオ
    -
    音楽と映像、すごいっす。 評判に押されすぎた(私が)
  • Yuta
    5
    「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描く。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく。「セッション」でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズも出演。第73回ベネチア国際映画祭でエマ・ストーンが最優秀女優賞、第74回ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル/コメディ部門)ほか同賞の映画部門で史上最多の7部門を制した。第89回アカデミー賞では史上最多タイとなる14ノミネートを受け、チャゼル監督が史上最年少で監督賞を受賞したほか、エマ・ストーンの主演女優賞など計6部門でオスカー像を獲得した。
  • 柵網縦療養中
    -
    道路、店、パーティーで偶然会う ミアの日常の後セブの日常を会ったところから 「アイ・ラン」リクエスト 踊って見つめてる時に鳴る電話 バイトの前にカサブランカの窓がある 「理由なき反抗」『弾は抜いたのに」今までと店にいくまでの追体験
  • miki
    4.8
    これで4回目。本当に愛してる作品です。 ミア、セブの夢を叶えるまでの葛藤が色々な面から描かれていて、観るときの自分の心情で感じ方が大きく変わる。実際に、過去3回とは泣いた場面が全部違う。 好きなことをするために好きじゃないことをしないといけないのも、 愛する人に好きなことをしてもらうために、愛する人を手放すのも、 理解したくないけど、刺さる現実。 愛しているからこその、ラストの二人の顔と回想は涙なしには見られない。 私も夢追い人です。愚か者に、乾杯を。
ラ・ラ・ランド
のレビュー(278563件)