映画初日満足度ランキング(2月第2週)発表!《Filmarks調べ》

2017.02.13
編集企画

FILMAGA編集部

フィルマーくま

満足度ランキング

毎週多くの映画が劇場公開されます。観たい作品はたくさんあるけれど、評判も気になるところ。

今回、国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年2月第2週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表。第1位になった注目映画とは? 今週もユーザー満足度の高い映画をチェックしましょう。

映画初日満足度ランキング(2月第2週上映スタート作品)

※2017年2月13日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画として登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出。

■1位:『マリアンヌ』の評価・レビュー

マリアンヌ

・ファッションも素敵。笑顔も素敵。甘え方まで素敵。(20代・女性)
・切ないラブストーリーです。観た後にあまり重くならないのも魅力的です。(10代・女性)
・悲恋映画と思ってたら立派なスパイ映画だった。(30代・男性)
・後半のブラッド・ピットの表情の演技が目を引いた。主人公二人がとても絵になり、凄いキレイな映画の印象でした。(50代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■2位:『グルーンルーム』の評価・レビュー

グリーンルーム

・アントン・イェルチン追悼という名目で足を運んだわけだけど、亡くなったことが悔やまれる良い演技をしていた。『スタートレック』や『ターミネーター4』なんかで見てきたけど今までで1番格好良かった。(20代・男性)
・衝動的・狂気的なものだと思っていたら実に人間味溢れる深い映画だった。(20代・女性)
・アントン・イェルチンが出演している。彼が生きた証を感じ取れる。それだけで充分観る理由になる。(30代・男性)

▼その他のレビューはこちら

■3位:『相棒 劇場版Ⅳ 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』の評価・レビュー

相棒

・相棒は基本おうちでテレビで見てたので、わざわざ映画館で見なくても と思ったけど、映画館で見てよかった!!(20代・女性)
・日本という国に生まれ、当たり前だと過ごしてきたことを考えてみたりする。(50代・女性)
・初日満席かつ年齢層も幅広い印象を受けたし。脚本良ければこれからもシリーズ続いて欲しいな、と素直に思いました。(30代・女性)
・相棒の劇場版は雰囲気もいい。簡単に言うとオールスター感があった。今回は個人的に捜査一課の活躍が目立ってたように思った。(20代・男性)

こちらもあわせてご覧ください!

「相棒」劇場版最新作はシリーズ史上最もシリアス!?ビギナーでも安心の直前ガイド付き

▼その他のレビューはこちら

■4位:『たかが世界の終わり

たかが世界の終わり

こちらもあわせてご覧ください!

【美しき天才!】進化を遂げたグザヴィエ・ドランが描きだす〈ある家族〉の〈愛の物語〉

■5位:『サバイバルファミリー

サバイバルファミリー

■6位:『王様のためのホログラム

王様のためのホログラム

※ ★スコアが同率の場合は、Mark!数が多い作品を上位にしています。
※ 本ランキングは★スコアが3.0以上の作品を掲載しています。
※ 本ランキングはMark!数が30件以上の作品を掲載しております。
※ 本ランキング及び記事内のデータは2017年2月13日時点のものです。

ほか話題作のレビューが無料読み放題!

Filmarks

Filmarksでは、試写会や海外で一足先に鑑賞したユーザーの賛否両論さまざまなレビュー投稿があり、過去作も含めた約7万本の映画に集まったレビューは2,000万件以上。今回の初日満足度ランキングとあわせて、今後の映画鑑賞の映画選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

■映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」

■記事元 プレスリリース

(c)2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved. (C)2017「相棒 劇場版IV」パートナーズ (C) Shayne Laverdière, Sons of Manual (C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • TGM
    3.5
    中盤で幸せのピークってことは、 でしょうね〜(´;ω;`)って展開だけど、 それでも泣ける。 マリアンヌ美しい(´;ω;`)
  • シルバーチップス
    5.0
    ずっと面白過ぎない程度に面白さが持続する素晴らしい作品だった。相変わらず時間の省略が巧すぎて惚れ惚れする。 新作でこういう映画がもっと観れるようになれば良いのだが。
  • にょろ吉
    3.8
    相手を思いやり、愛するからこその別れがあるんだなって。シーンそれぞれ2人の愛を感じたし、丁寧に表現されてた。 話の長さも丁度いい。 最後の娘に宛てた手紙も泣ける…!! 久々映画で大号泣しちゃいました笑
  • yukke
    4.3
    友人に勧められて気になっていた映画。 サスペンスと聞いて敬遠してきたが、ロマンス中心で重すぎずとても観やすかった。 前半はカサブランカの情景、オシャレな衣裳がとても魅力的で、スパイの二人もカッコよくワクワクした。 後半は家族の愛と、戦争という時代に引き裂かれる夫婦が描かれ、マリアンヌの一挙一動にドキドキ、ハラハラ。ブラピの演技も素敵でした。 切ないラストだけど、戦争もひとつのテーマだからハッピーエンドでは終われないなと感じた。 疑い、裏切るばかりの戦争、日本だけでなく世界の様々なところで苦しみと悲しみがあったのだと改めて感じさせられた。
  • やし
    3.2
    「マリアンヌ、ピアノを弾いてくれ」 時代は1940年の戦時下、マックス(ブラッド・ピット)は工作員としてカサブランカに潜入、現地工作員のマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と夫婦を演じ、ドイツ大使の暗殺ミッションに挑むっ!……と書いていると、おや?これはアクション映画だっけというような気がしてきたが、そんなアクションシーンはごくごく僅か。 メインはマックスとマリアンヌ二人を主軸としたドラマでした。 てことで、二人の出会いから作戦準備と実行、チョメチョメ(古っ)と進んでいくわけだが、前半の展開はやや大人しめ。 マリアンヌはともかく、主人公マックスの人物描写も希薄で、観る人で好きなように想像して下さいというような趣向で完全に鑑賞対象は大人。 舞台も「カサブランカ」だし。 退屈な映画になっててもおかしくなかっただろうけど、そこは流石ゼメキス監督と、老いは感じつつもやはり世界のブラピ。何着てても似合うし相変わらずせくしぃー。 前半の見所は、ブラピのカード捌き(多分ボディダブルだろうけど)と、ブラピがマリアンヌの尻に敷かれる感じ(元妻アンジーとの関係を想像してしまう。ブラピ幸せになってくれ!)。 対して後半は妻の"ある疑惑"というスパイスも効いていて、単純な夫婦間の会話ひとつとってもスリリングだし、どこまでも真っ直ぐなブラピも格好いいし、単純に面白い。 ただ言うなれば、ブラピも今やアンジーの鎖から解放され、晴れて自由の身になったことだし、今後は無難作だけでなく、意欲作にもドンドン出てもらって老いてもヤンチャなところを見せてほしいし、それによってファンも非現実に浸りたいところ。 追記 パッケージのブラピの表情は、「カサブランカ」のハンフリーボガードを意識してのものですか?
「マリアンヌ」
のレビュー(11720件)