『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『最高の離婚』など日本ドラマに数々の傑作を残してきた坂元裕二の最新作『大豆田とわ子と三人の元夫』。カルチャーの引用やおしゃれな世界観に定評がある坂元らしく、本作はそのストーリーだけでなく、毎回変わるエンディングにも大きな注目が集まっています。そこで今回はドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』のエンディングをまとめてご紹介します!

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』あらすじ

大豆田とわ子(松たか子)はこれまでに人生で三度結婚し、三度離婚している。「あの人、バツ3なんだって」「きっと人間的に問題があるんでしょうね」 そしゃ確かに、人間的に問題がないとは言わない。だけど問題のない人間なんているのだろうか。離婚はひとりで出来るものではなく、二人でするものなのだ。協力者があってバツ3なのだ。そして今もまだ、大豆田とわ子は三人の元夫たちに振り回されている。何かとトラブルを持ち込んでくるのだ。どうやらみんな大豆田とわ子のことが好きで嫌いなのだ。果たして、四人はそれぞれの幸せを見つけることができるのか……。

ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』エンディング

主題歌である「Presence Ⅰ (feat. KID FRESINO)」は、トラックメーカー・STUTSがトラック制作と楽曲プロデュースを担当。ボーカルは主演である松たか子が務め、岡田将生、角田晃広、松田龍平が3exes(=3人の元夫)としてコーラス参加。そしてKID FRESINOをフィーチャリングに迎えた楽曲です。

毎回おしゃれすぎるEDの秘密は、バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」などで知られ、個人でHIPHOPイベントも企画している藤井健太郎がプロデュースしているからです。TBSの社員である彼ですが、エンディングならOKとのことで異色のコラボが実現しました。

エンディングはその話で活躍したキャストが歌部分を担当して、ラップ部分は話題のラッパーがフィーチャリングされるスタイルで、ラッパーとSTUTSは本編にカメオ出演しています。

第1話 松たか子×KID FRESINO(Presence Ⅰ (feat. KID FRESINO))

主人公である大豆田とわ子を演じている松たか子と、世界を股にかけて活躍するKID FRESINOのコラボに心躍ったファンも多いはず。エンディングの前、本編にFRESINOが一瞬カメオ出演したところからSNS上で大きな話題になりました。劇中では「ドラゴンボール」のエンディングテーマ「ロマンティックあげるよ」を湯船で熱唱するなど、松たか子の歌声は今後も聴きたいところ。

第2話 岡田将生×BIM(Presence Ⅱ (feat.BIM))

素直になれない残念イケメンな3番目の元夫・中村慎森を演じた岡田将生と、ヒップホップブームを牽引するBIMのコラボ。EDが毎回違うことに驚きつつ、そのクオリティの高さに唸りました。

第3話 角田晃広×NENE(ゆるふわギャング)(Presence Ⅲ (feat.NENE))

本作を独特な世界観にしている2番目の元夫・鹿太郎を演じた東京03の角田。NENEとの異色のコラボもぴったりはまっています。

第4話 松田龍平×Daichi Yamamoto(Presence Ⅳ (feat.Daichi Yamamoto))

坂元作品は『カルテット』に続いて出演となる松田龍平が演じたのは、モテすぎる1番目の元夫・八作。フィーチャリングは、その高いラップスキルで数々の名演を残してきたDaichi Yamamotoが担当。クールすぎる2人がキメまくりました。

第5話 松たか子×T-Pablow(BAD HOP)(Presence Ⅴ (feat.T-Pablow))

急展開が繰り広げられ、前編の締めくくりとなった5話には、松たか子と川崎が生んだヒップスターBAD HOPのT-Pablow。後編もこのエンディングのスタイルが続くのか気になります。

第6話 松たか子×KID FRESINO(Presence Ⅰ (feat. KID FRESINO))

前回を上回る衝撃の急展開とエンディングが第1話と同じ組み合わせだったことで、放送直後から数々の考察がSNS上で飛び交いました。予告なしのオダギリジョー登場、とわ子とどう関わっていくか目が離せません。

第7話 岡田将生×BIM(Presence Ⅱ (feat.BIM))

時間が経過したことで、人間関係が微妙に変化しながら各々の新しい生活を感じさせた第8話。ラストでは、チョイ役だと思われたオダギリジョーの役柄に衝撃を受けました。

第8話 角田晃広×NENE(ゆるふわギャング)(Presence Ⅲ (feat.NENE))

松たか子とオダギリジョーの掛け合いが凄まじかった今回。坂元裕二らしいパンチラインの応酬と、ラストまでの緻密な構成で「大人のラブコメ」に留まらない人間ドラマが繰り広げられました。予告を見る限り、より謎が深まっていく残り2話、どう展開していくのか気になります。

第9話 松田龍平×Daichi Yamamoto(Presence Ⅳ (feat.Daichi Yamamoto))

不穏な雰囲気を醸し出していたとわ子と八作が真実を語り合い、いよいよラストランに向かいました。とわ子にとっての「幸せ」とは、そして三人の元夫はどんな道を歩むのか。今から復習として全話見返しておきたいところ。

 

ストーリーだけでなく、エンディングも大きな魅力である本作。今後も放送後に更新していく予定です。

※2021年6月11日時点の情報です。