【試写会でも好評!】監督自身がタクシー運転手に扮し、乗客たちの人生模様を描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた傑作がついに公開!

イランの巨匠アッバス・キアロスタミ監督の愛弟子にして、『白い風船』『チャドルと生きる』『オフサイド・ガールズ』『これは映画ではない』等で世界三大映画祭を制覇した名匠ジャファル・パナヒ監督の最新作『人生タクシー』が4月15日より新宿武蔵野館他にて全国順次公開されます。映画監督禁止令を受けながらも、2015年ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞と国際映画批評家連盟賞をダブル受賞した本作。試写会でも好評! 勇気とユーモアに満ち溢れ、なおかつ心揺さぶられるこの作品の魅力とは?

人生タクシー

テヘランの人々の悲喜こもごもの人生をタクシーに置いたカメラが映し出す!

監督自身がタクシーの運転手に扮し、ダッシュボードに置かれたカメラを通して次々と乗り込んでくる個性豊かな乗客たちの人生、そして知られざるイラン社会の核心を映し出す映画です。

人生タクシー

その乗客というのが、死刑制度について議論する路上強盗と教師や、海賊版レンタルビデオで一儲けしようと企む男、交通事故に遭った夫とそのショックで泣き叫ぶ妻、映画監督志望の大学生、金魚鉢を手にある場所へと急ぐ2人組の老婆たち、映画を撮影する小学生の姪、強盗に襲われたという幼なじみ、停職処分を受けた顔見知りの弁護士など。

人生タクシー

そんなさまざまな人々がタクシーの中で繰り広げる人生模様を切り取ったからこそ、おもしろいシーンもたっぷり! その一方で政府への反体制的な活動を理由に2010年から“20年間の映画監督禁止令”を受けながらも諦めることなく作り続ける監督の映画愛も感じられる作品。だからこそ、観れば目の前にある壁を乗り越える勇気をもらえそうな映画に仕上がっています。

人生タクシー

■代わる代わるタクシーに乗りこんでくる人たち、プロの役者さんではないようですが、みなさん個性的で面白おかしかった。(hanaさん)
■個性豊かな乗客達が入れ替わり登場するも、みんな逞しい!!!もちろん監督自身も!!!!! (ぱんだマニアさん)
■愛だね、愛。パナヒ監督の映画に対する愛が伝わりました。(チコレイトさん)

厳しい情報統制下にあるイランの現状

映画の中に出てくる人物の中には、運転手がパナヒ監督だとわかって妙にはしゃぐ客だったり、荒い運転をした監督が車を降りたすきに悪口を言う客がいたり、生意気な小学生の姪みたいに監督をおちょくるような態度をとる客がいたりと、つい笑ってしまうようなコミカルなシーンばかり
しかしその裏には、海外の映画が通常のルートでは観られないことや国内で上映可能な映画に対する内容への規制などイラン社会のシリアスな問題点も浮かび上がってきます
普通の人々のユニークさを映しながら、国内の現状を伝えようとしている監督のメッセージのようなものも伝わってくるはずです。

人生タクシー

■あの姪っ子ちゃんは普段からあんな感じなのかな笑 とても良かった!笑(minnesotaさん)
■映し出される人々は、何かを思い、何かを考え、何かを語り、何か行動しようとしている。(幕埜リアさん)
■カメラはタクシー内とタクシーの外にある街や人々の姿を始終映し続ける。邦題で受ける印象はほのぼのとしているけど、メッセージ性は強く、内と外に立ちはだかる(様々な)壁に対して映像の剣をかざしているようだ。(はせぴょさん)

フィクションなのか、ドキュメントなのか!? その不思議な描き方にも注目!

タクシーの運転手として監督は登場するものの、映画の中ではあくまでも「乗客たちの様子をタクシーの中に設置したカメラで撮影している」という描き方をしています。しかも、乗客たちの言動もとてもナチュラル。
でも、ドキュメンタリーだと思って観ていると、不思議に感じるシーンも出てきたり……。ドキュメントなのかフィクションなのか、そんなおもしろさも体験ができるのがこの映画の魅力でもあります。
そしてラストもあっと驚くようなシーンで幕を閉じます。そんな今までの映画ではなかなか類を見ない、リアルとフェイクの狭間にある映画史に残る傑作を最後まで楽しんでみてください!

人生タクシー

■何の変哲もないほのぼのとしたドキュメンタリーを繋いでいく映画なのかな、と最初思っていたのも束の間、これどうやらものすごくメッセージ性強いな…と気付き始めたあたりから一気に引き込まれていきました。(minnesotaさん)
■舞台をタクシー車中に設定し、そこでの人間模様を活写する、ドキュメントタッチの手法というのは、ありそうでなかった面白いものだし、そこから社会問題をあぶり出すには、とても有効なやり方だと感じた。(モデストラッツさん)

◆映画『人生タクシー』 information

人生タクシー

あらすじ:映画監督禁止令を受けながらも、監督自身がタクシー運転手に扮して、厳しい情報統制下にあるテヘランの街に暮らす乗客達の人生模様を描き出す、勇気とユーモアに満ち溢れた、映画史に残る、心揺さぶる新たな傑作がここに誕生した!映画を愛する人、ものづくりに関わる人、そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌!

4/15(土)新宿武蔵野館他、感動のロードショー!

上映時間:82分
配給:シンカ
公式サイト:jinsei-taxi.jp
(C)2015 Jafar Panahi Productions

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • スコティ
    3.7
    イランの名監督ジャファル・パナヒが、反体制的との理由で20年間の映画制作が禁止された。なので、映画ではなくドキュメンタリーを撮っているのだと言っても、危険な撮影であることに変わりはない。 見る側は、トラブルが起きないことを願いながらヒヤヒヤしながら鑑賞することになります。 監督がタクシードライバーに扮して、車載カメラを使う案。乗客たちへ世間話で際どい質問を投げかけたりして、テヘランの人々の日常を世界に伝えています。 乗客たちが本当の乗客なのか、キャストで台詞があるのかアドリブなのかは分かりませんが、重要なのは、状況を世界に届けることなのだと感じます。 パナヒ監督の姿も直接カメラに映るので、一般的な映画と違う図式もまた、ユニークな個性に変わっているように見えました。 パナヒ監督が、映画制作を禁止されたために自分の暮らしを映した『これは映画ではない』の予告も斬新で見てみたくなりました。 同様に、撮影が難しい中で撮ったと観ていて感じる映画。『ガザの美容室』
  • マル
    2.5
    監督協会から追い出された?有名監督が映画のためにタクシーの運転手に扮して、様々な客を撮影する話。 イランの社会がよく分かるし、前半は変な乗客ばかりで面白い。 小さな姪は正義感を人に押し付け自分はただ撮るだけのちょっとずるい立場のままだけど、少年がお金を返すのを躊躇う様子は、人ってこんなもんだよねと思えるエピソードだった。 後半、真実を写す映画に関わる人は信頼できる、と薔薇を差し出す弁護士の笑顔が印象的。 この辺の会話が一番本質をついている。 表現の自由がない国でも国民は表現をしたがってるんだなと伝わる。 開幕の泥棒は死刑の話がラストに通じていたてうまいなと思った。 とにかく見やすい。
  • つよ
    4
    規制の厳しいイランで上映が許されなかった映画。 どんな過激作かと思ったらそういうのではなく。 監督がタクシー運転手役で、金魚持ったオバちゃんや事故った人や姪っ子や色んな人が乗ってくる話。ドキュメンタリー風な。イランのリアル。 ラストもやっぱりそうきたかと。
  • ゆべし
    2
    フィクションとノン・フィクションの曖昧な境目を行ったり来たり、ドキュメンタリーかと思いきやいやこれは巧妙に作られたフィクションでは?と常に疑いながら見続けてしまう。YouTubeに日々大量にアップされる動画と映画/Cinemaの違いはなんなのか、と考えされられた。作家性が確立していればgo proでもiphoneでも政府に表現の自由を奪われても映画になるのだなーと思った
  • 櫻井信太
    3.4
    イランらしく、お国柄がよくわかる映画。何とも心温まる、最後もまた上手くまとまっていたと思います。
人生タクシー
のレビュー(2800件)