ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ニュー・シネマ・パラダイス

ニューシネマパラダイス

映画に魅せられた少年が青年へと成長していく物語。
恋をして、傷ついて、生まれ育った街を去る。第二次世界大戦後のシチリア。とても貧しい生活を表現しながらも人々に愛され続けた映画館はまさに“パラダイス”と言えます。
少年期、青年期、そして大人になった主人公・トトのように、映画館も少しずつ表情を変えていくシーンにこころ惹かれます。そんな田舎町、風景は変われど昔から愛され続けているシチリアの郷土料理をご紹介いたします。

パラダイス座特製ライスコロッケ

ニューシネマパラダイス

【材料】8個分
お米 1合
サルフランパウダー(なくても○)2振り

玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
スライスベーコン 4枚
オリーブオイル 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
塩コショウ 少々

1口チーズ 8個

小麦粉 1/2カップ
水 適量

パン粉 1カップ

揚げ油 適量

レモン 1個(8等分にカット)
ローズマリー 飾り

【作り方】
1 お米を炊きます。サフランパウダーがあれば加え、炊飯器で普段通り炊きましょう。
2 玉ねぎ、赤パプリカ、スライスベーコンは細かくみじん切りにしてオリーブオイルで玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
3 ご飯が炊けたらボールに移し2と粉チーズを加えて塩コショウで味を整えます。
4 3を8等分に分け、1つずつ手に取りチーズをのせて丸めていきます。その際にチーズがはみ出ないように包みましょう。すべて包み終わったら冷まします。
5 小麦粉と水でどろっとした衣を作り、しっかり冷ました4にまんべんなく付け、パン粉をまぶします。
6 180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げて出来上がりです。
7 レモンをたっぷりかけて食べましょう。

レシピの経緯

シチリアの郷土料理の「アランチーニ」。
アランチーニはイタリア語で“小さいオレンジ”の意味で、形がオレンジに似ていることに由来します。
シチリアのバールや総菜屋には必ず並んでいる定番の郷土料理。今でこそ映画のお供はポップコーンになっていますが、シチリアの映画館ではきっとアランチーニが楽しめるはずです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Keiseihhh
    3.6
    いい映画でした。しかしいい映画感、いい映画オーラが強すぎて受け付けない方もいるかも。消失していくフィルム小屋のシーンが美しく印象的。フィリップ・ノワレお爺ちゃんとサルヴァトーレ・カシオ君の交流が儚くも美しい。そして何より楽しい。この映画を観よう!と思った人は恐らくこのノワレお爺ちゃんとカシオ君の自転車二人乗りを見たくて劇場に足を運んだのではないかと。ちなみにけいせいさんは劇場ではなくテレビ視聴です(ぇ
  • ラビット帝国
    4
    映画好きは一度は見るべきという母の教えは間違っていなかった。
  • a
    -
    記録
  • 梅ミンツ
    4
    ずるい。これは設定がずるい。 子どもと老人(というほど老人じゃないけど)の友情物語、なんて心に響くに決まってる。最近だとヴィンセントが教えてくれたこと、とかがそうかも。 子どもと老人が仲良くなる設定の話って沢山あるんですけど、大体ラスト泣いちゃうんだよな…。老人設定の場合、仲良くなるにつれて、その人に死なないでほしい!!と願いながら見る羽目になるので辛いんよね。でも好きだから見ちゃう。その年齢差の友人というのに憧れがあるからかな。 トトとアルフレッドが友達のような、師弟のような、父と子のような関係を築いていくにつれて、ラストを思い描いて切なくなっていくんですよね。 いい映画だなあ。いいの見たなあ。ああやってみんなで好き!って気持ちだけで映画観られたら幸せだろうなあ。 って思うんですけど、いかんせん、長い。 わたしせっかちなので、スローペースで進むストーリーに眠くなってしまうのだ…… 時々、疲れて、ただ優しい映画が見たくなる時に、これを観ます。観る、というか、流す、かな。 幸せそうなトトやアルフレッドをお茶飲みながらぼんやり眺めて、なんか安心したくなる時がある。で、ラストに泣いて心洗われて寝るの。 めっちゃ面白い!とは思わないけど、穏やかにいいもんみたなあ、って思えるので、私は好きです。
  • OrangeIsland
    4.5
    歌が好き。
ニュー・シネマ・パラダイス
のレビュー(79135件)