ポップコーンの変わりに“アランチーニ”はいかが? 『ニュー・シネマ・パラダイス』【映画を観ながら食べたいレシピ】

映画は人生のおいしいレシピ

さわのめぐみ

ニュー・シネマ・パラダイス

ニューシネマパラダイス

映画に魅せられた少年が青年へと成長していく物語。
恋をして、傷ついて、生まれ育った街を去る。第二次世界大戦後のシチリア。とても貧しい生活を表現しながらも人々に愛され続けた映画館はまさに“パラダイス”と言えます。
少年期、青年期、そして大人になった主人公・トトのように、映画館も少しずつ表情を変えていくシーンにこころ惹かれます。そんな田舎町、風景は変われど昔から愛され続けているシチリアの郷土料理をご紹介いたします。

パラダイス座特製ライスコロッケ

ニューシネマパラダイス

【材料】8個分
お米 1合
サルフランパウダー(なくても○)2振り

玉ねぎ 1/4個
赤パプリカ 1/4個
スライスベーコン 4枚
オリーブオイル 大さじ1
粉チーズ 大さじ1
塩コショウ 少々

1口チーズ 8個

小麦粉 1/2カップ
水 適量

パン粉 1カップ

揚げ油 適量

レモン 1個(8等分にカット)
ローズマリー 飾り

【作り方】
1 お米を炊きます。サフランパウダーがあれば加え、炊飯器で普段通り炊きましょう。
2 玉ねぎ、赤パプリカ、スライスベーコンは細かくみじん切りにしてオリーブオイルで玉ねぎがしんなりするまで炒めます。
3 ご飯が炊けたらボールに移し2と粉チーズを加えて塩コショウで味を整えます。
4 3を8等分に分け、1つずつ手に取りチーズをのせて丸めていきます。その際にチーズがはみ出ないように包みましょう。すべて包み終わったら冷まします。
5 小麦粉と水でどろっとした衣を作り、しっかり冷ました4にまんべんなく付け、パン粉をまぶします。
6 180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げて出来上がりです。
7 レモンをたっぷりかけて食べましょう。

レシピの経緯

シチリアの郷土料理の「アランチーニ」。
アランチーニはイタリア語で“小さいオレンジ”の意味で、形がオレンジに似ていることに由来します。
シチリアのバールや総菜屋には必ず並んでいる定番の郷土料理。今でこそ映画のお供はポップコーンになっていますが、シチリアの映画館ではきっとアランチーニが楽しめるはずです。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • まりん
    -
    母が大好きな映画で今でも記憶に残ってる。街を出るときに好きな女の子が手紙をおじいちゃんに渡してたけどおじいちゃんはその男の子がすごい映画監督になるってわかってたからあえて手紙を渡さないみたいな感じで、再会したときには結婚してるけど一夜だけ素敵な夜過ごした的な、ただただ感動したけど、感動するのわかってるからもう一度見れない女、私。
  • まっつー
    4.3
    ニュー・シネマ・パラダイス! トトとアルフレードの友情が良かった。 特に幼少期のトトがかわいい前半が好きだった。 多くの人を楽しませてくれる映画館で観る映画って最高の娯楽だよな。
  • いつき
    3.2
    友人と鑑賞。 ちょっと良さが分からなかった。 私が特に周りの人間や土地に執着心がないからでしょうか… アルフレートがいい人でいい関係だったのは分かるけど、それが正しいとも思えない。 その考え方に従うだけでいいの? 音楽は本当にとても良かった。 場面ごとに楽器やアレンジが変わってるのが良かったです。 星のほとんどは音楽に。
  • N
    -
    「何故もっと早く観なかったんだこの映画を」ランキング堂々の第1位の予感がひしひしと...。 時代は変わっていって選べる娯楽も増えていって、それでも私は、映画館で、その空間に偶然か居合わせた見知らぬ人と目前で、否最早私たちをも巻き込んで展開する物語や感情を共有できる映画の力を信じたいと心底思った。今こんな時代だからか、余計に感じられた。皆良い顔してんなぁ。今だって、マスクの下でもきっとあんな顔してんだよなぁ。映画館に行きたい! ...やっぱり、この映画を初めて観るタイミングが今で良かったのかもしれない。
  • 瀧皆斗
    -
    自分のすることを愛せ
ニュー・シネマ・パラダイス
のレビュー(92372件)