1960年初頭の「東京」を見る!日本映画名作5選

映画のミカタ、ここにアリ!

青空ホナミ

私たちの住む東京は、日本の首都として数多くの映画の舞台に設定され、これまでに当時の風俗や流行、社会問題といった話題を先取りした場所として描かれ続けています。

一方で高度経済成長を遂げたのち劇的に流れてゆく時代のなかでさまざまな変化を遂げてきた場所でもあります。

2020年には東京オリンピックの開催が決まり、これからも東京は新たな様相を帯びて来ることでしょう。今回は1964年の東京オリンピックを間近に控えた1960年前後の「東京」の見える名作日本映画を選んでみました。

川島雄三『女は二度生まれる』(1961)の九段下

女は二度生まれる

日本映画黎明期を支えるなか、さまざまな街を舞台に映画を撮り続けたのが川島雄三という監督です。とりわけこの作品ではあらゆる男たちを虜にする芸子・小えん(若尾文子)の魅力さながら、彼女とともに昭和の九段下界隈を駆け抜けていくようなロケーションの素晴らしさに圧倒されます。

ちなみに現在、映画館「角川シネマ新宿」では「若尾文子映画祭 青春」が開催されており、この『女は二度生まれる』も上映されます。この機会にぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

「若尾文子映画祭 青春」公式サイトはこちら

成瀬巳喜男『秋立ちぬ』(1960)の銀座

田舎の山梨から銀座へ母とともに上京する少年・秀男(大沢健三郎)によるひと夏の物語。この映画でとても驚いてしまうのは、秀男が母の働く旅館の一人娘である順子(一木双葉)から「海を見に連れてってあげる」と誘われる場面です。

銀座松阪屋(現在は閉店)の屋上から身を乗り出したふたりの前には、はっきりと東京湾の姿を目にすることができます。当時の銀座とは、まさしく「海の見える街」だったのです。

小津安二郎『秋日和』(1960)の丸の内

秋日和

冒頭からそびえ立つ東京タワーの壮大さはもちろんのこと、この映画にも当時の東京の姿が映っています。たとえば新婚旅行へ向かう同僚が乗った列車を見送るため、アヤ子(司葉子)と百合子(岡田茉莉子)がオフィスの屋上から手を振るシーン。するとふたりの目の前には、今はなき都電と、赤い京浜急行が並行に走っているのです。

ささやかではありますが、こうした同時刻を見計らっての瞬間と都会を象徴する些細な風景を切り取ることこそ、小津安二郎なりの演出とも言えるでしょう。

渋谷實『もず』(1961)の有楽町

新橋裏手の小料理屋「一福」を舞台にした作品ですが、ここでも当時の東京の姿を垣間見ることができます。それは松山での結婚生活に失敗し、松山から美容師を目指して上京したさち子(有馬稲子)が、小料理屋の常連である藤村(永井智雄)に連れられて車で江戸川へと向かう場面です。

彼らを乗せた車が走るのは1951年に開通した東京高速道路。この場面ではその車窓から高架上の銀座周辺を望むことができます。また劇中で江戸川方面へ向かう車がやや急な右カーブを曲がることからも、これらの風景は当時の有楽町付近だと見当がつくでしょう。

中平康『泥だらけの純情』(1962)の新宿と渋谷

泥だらけの純情

当時の日活スターである浜田光夫と往年の名女優・吉永小百合の若々しさに満ちた本作は、まさに東京ならではの慌ただしいロケーションの中で撮られていることを随所に感じます。

冒頭に令嬢の真美(吉永小百合)がチンピラに襲われる場面では、背後に「MILANO」のネオン看板を確認することができます。これは昨年の12月31日に惜しまれつつ閉館した新宿の映画館「ミラノ座」の象徴であり、周囲には今はなき「オデオン座」や「新宿コマ劇場」の建物群にも気づくことになるでしょう。

また次郎(浜田光夫)と真美のデートの場面では当時の渋谷駅周辺のハチ公前をはじめ、銀座線の改札口、最近は復刻ブームで見かけるようになった緑一色の山手線なども姿を現します。さらにふたりの愛の逃避行が展開され、目撃者が電話をかける場面ではふたたびミラノ座の看板が夜のネオンの中で煌びやかに輝きを放てば、道玄坂付近の路面帯もこの一連の場面で確認することができるのです。

映画の中の東京について考える

今回取り上げた作品の他にも、東京の見える映画はたくさんあると思います。しかしここに挙げた名だたる日本の映画監督たちとは、そうした当時の東京の変化や状況に敏感であり、東京の地理に詳しかったことをも物語っています。だからこそこれらの名作は今なお見直され、私たちもまた繰り返しそれらを確かめることができるのです。

そうした都市の面影を念頭に、今と昔の東京を映画のなかで比べて見ることも、今後映画を見るための大きな醍醐味となっていくのではないでしょうか。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • マルサの男
    2.2
    テンポがイマイチ悪いかなぁ ストーリーも面白いキャスティングも最高山岡久乃さんいい味出してる 中盤すこし退屈しちゃったけど、なんだかんだ面白かった
  • 甲冑
    4
    色々魅力があるがラストが印象深い。孤児の女は夜の世界から二度目の生を生きる。娘、母、姉、恋人のような存在として女は男性によって役割を作るが、所詮それは仮初めの関係である。パパの正妻と間違って塩を撒かれても毅然と話す実の娘や元寿司屋の男の家族は終盤、ダメ押しの様に真の血縁という現実を突き付ける。擬似の家族関係すら無くなった都会にすでに生はなく信州の親戚の所に向かうのは必然であり、最後には山という人間社会を切断した場に女を置き、唯の人間である事を炙り出す。…と、まー解釈は色々あると思うが個人的にそんな川島流の無常が感じられて良かった。
  • 藤見緑
    4.6
    靖国神社にアルバイトをもらっていた青年が大人になり、商売先のアメリカ人を売春に連れ込んで一緒にお参りした仲である小えんを売ろうとするが、小えん(ともこ)といえばそれを断る。 じめじめとかかれつづける「結局男はダメやな」というところを爽やかに振り切ってくれるのは工員をやっている青年がラスト上高地に向かうバスで見せる笑顔だが、そのあとのひんやりひた静けさよ。 雨の中開かれる青い傘。喪にふくす若尾とギンコの喧嘩(川島雄三が撮る女の喧嘩は素晴らしい)、何度も映る靖国の菊、太鼓の音、傷病兵... 音楽、もしかして赤線地帯と同じ人?
  • Ricola
    3.9
    偶然にも鑑賞した6月10日はフランキー堺の命日だった。 フランキー堺の自然体な演技も魅力的だったが、やはり主演の若尾文子の、明るさと切なさの二面性のバランスの良い演技には敵わないだろう。 いろいろなタイプの男とかかわることで、智子(若尾文子)はたくましく成長していく。 それと同時にどんどん悲しみを抱えて生きていくことになる。 寿司屋での三角関係?がなんか気まずくてソワソワするし笑えてくる。 彼が出ていったら、コソコソと話し出して、寿司を握る様に軽い苛立ちが見えるのとか。 板前の後頭部が二人の間を断つ、印象的なショットが、彼らの関係の展開を示唆しているようだった。 その後もまた智子が寿司屋へ訪れ、今度は扇風機が間に入ったショットがある。 若尾文子のうなじを映すショットの多いことったら。 男性に甘える彼女のあどけない少女らしさから一転、大人の色気がふんわり漂うのだ。 彼女の可愛らしさと色っぽさが存分に発揮されている。 男性とのかかわりばかりでなく、男性の正妻との対決にはヒヤヒヤさせられた。 正妻が智子を呼び出し、彼女と一対一で座る。 その間、カーテンのような仕切りの奥で、他の芸子たちはいつも通り、いやいつもよりも静かに過ごしているのを主に映している。 ただならぬ緊張感でピリつく雰囲気を、より俯瞰的に味わえる。 理不尽に罵倒されても、智子はプライドを持って生きているということが、彼女の発言からうかがえる。 男にすり寄るように生きているように思えていたけれど、本当は彼女は芯のある人なのだとわかる。 ただ本当の愛を求めても、彼女の芸子という立場ではどうしても叶えられないことがある。 厳しい現実に立ち向かい、健気に身一つで生きていく彼女の、気丈に振る舞う姿にどんどん胸が苦しくもなる。 ラストの智子の未来への示唆に、哀愁なんてかっこいいものではなく、飾らないただの現実を見せつけられた気がした。 やり過ぎない演出のおかげで、智子の抱える思いをストレートに感じられた。
  • D
    -
    若尾文子という日本を代表 する大女優かつ、ファムフ ァタールの代表的主演作で 、川島雄三が監督する第1 弾。 若尾文子という逸材を川島 雄三が監督した、若尾文子 による若尾文子をいかに可 愛くための映画。 しかし、これが川島の手に かかると、クッソ大爆笑で 愛おしくも、涙すら誘う大 好きな映画。 若尾は様々な男と関係を結 びまくらざるにはいられな い女なのに、どこか憎めな い神楽坂の芸者を熱演。 幕末太陽傳のように、太く 短く生きた川島自身の生き 様を反映させたかのように 、若尾文子への投影がその ように観える大傑作!!
女は二度生まれる
のレビュー(551件)