韓ドラに出てくる韓国ソウルフードを語る会|最終回「ブンシク」

ネトフリをもっと楽しむ

Netflix Japan編集部

韓国ドラマの中で発見した韓国ソウルフードを語る会。身近だけど意外と知らない韓国のソウルフードについて、在韓歴17年の韓国語教育者「ゆうき先生」こと稲川右樹さんに解説していただきます。第1回「チキン」、第2回「韓国化した中華料理」に続き、最終回の第3回は韓国の粉もの系フード「ブンシク」について語ります。

稲川右樹(ゆうき先生)

滋賀県出身。現在、帝塚山学院大学准教授。専門は韓国語教育。2001年〜2018年まで韓国・ソウル在住。ソウル大学韓国語教育科博士課程単位満了中退(韓国語教育専攻)。韓国ではソウル大学言語教育院、弘益大学などで日本語教育に従事。近著「高校生からの韓国語入門」(Twitterアカウント:@yuki7979seoul)

ネトフリ編集部 岡田和美

欧米ドラマに韓ドラ、リアリティーショーまでいろいろ見る雑食。好きなネトフリ韓ドラ作品は『ヴィンチェンツォ』『賢い医師生活』など。

ネトフリ編集部 YJ

韓国生まれ育ち、日本歴19年のネトフリ編集部メンバー。しばらく韓国の作品を観ていなかったことから最新の文化と長い間距離を置いてしまっていたが、『愛の不時着』と『梨泰院クラス』をはじめとする、韓国ドラマブームの再来をきっかけに韓国の文化にリコネクト中。ネトフリで観られる推しの韓国ドラマは『秘密の森 S1』『ライブ』。

リーズナブルでお腹いっぱいに。韓国の国民的ファーストフード《ブンシク》

ブンシク:餃子やうどんなど小麦粉を使ったメニューを出していた、いわば韓国風の“粉もん屋”のこと。そこから派生して、ブンシクで出されるようなメニュー自体を「ブンシク」と呼ぶようになった。

岡田和美(以下、岡田)ブンシクは、ブンシクという料理を売ってるお店なんですか?

稲川右樹(以下、ゆうき):粉のことを「フン」といって、フンショク(粉食)という意味です。もともとはマンドゥと呼ばれる餃子や、うどんなど、小麦粉を使った食べ物を売っていたお店。大阪で言うところの“粉もん”というやつですね。
韓国では戦後に、お米ではなくて小麦粉を食べようと推奨された時代があったんです。

岡田:戦後の日本でも同じことがありましたね。

ゆうき:米の消費量を抑えるために「小麦粉のほうが体にいいですよ」と推奨されて、庶民の間に広まったという背景があります。ブンシクというのは、狭義の意味では小麦粉で作られた料理ですが、もう少し広い意味ではトッポッキとか、日本ではキンパといわれる海苔巻き、あとはラーメンも含まれます。ブンシクに売っているものがブンシクと呼ばれるようになっていったんです。韓国式のファーストフードのような立ち位置です。

YJ:ブンシクには、おでんもありますよ。

ゆうき:韓国のおでんは薄く伸ばした練り物を長い串にジグザグに刺してあるんです。おでんコーナーにはその串がいっぱい並んでいて、自分で抜いて食べるんです。

ゆうき:凝っている店だと串が色分けされていて、赤はいくら、青はいくらとネタによって少しずつ値段が違う場合もあります。

YJ:ブンシクにトッポッキを食べに行くと、必ずといっていいほど、おでんを一緒に頼んじゃいますね。醤油をつけたり、トッポッキに入れて食べたりもします。そういえば『Mine』の中で、財閥の御曹司がブンシクに行ったことがなくて、連れて行かれるシーンがありました。

岡田:初めて見る料理の説明を受けているシーンですね。

YJ:そう、スンデという腸詰の食べ物の説明を受けてましたね。スンデは、これぞブンシクというメニューのひとつです。揚げ餃子と同じく、トッポッキのソースにつけて食べたりもしますね。

岡田:トッポッキって万能な食べ物ですね(笑)。

ゆうき:万能ですよ。

岡田:キンパも、どうしてそんなに海苔巻きをバクバク食べるのかな?と思ってたけど、切り方も日本の海苔巻きと比べて薄切りだし、具沢山ですよね。このいちばん右にあるのは何ですか?

ゆうき:スンデの内臓のところです、レバーとか。

YJ:腸詰なんですけど、詰め物のほとんど春雨でできています。それを塩につけて食べたり。右側は内臓をゆでたものですね。

ゆうき:今映っているのが、ブンシクで食べるなら絶対これ、というメニュー。2、3人で食べても800円ぐらいでお腹いっぱいになるので、貧乏学生の味方です。

YJ:ブンシクは小中高校の前には必ずあって、私はよくトッポッキを食べてました。最近派手な具材が入っていたり、プレミアム化が進んでいますけど、私の心の中のトッポッキはあれなんですよね。

ゆうき:トッポッキで育った子供が大人になって、大人になってもトッポッキ食べたい、でもお金はあるからいいトッポッキが食べたい、そういう欲求があるんだと思います。

YJ:『Mine』で財閥の御曹司が、初めてのブンシクを食べるのをスパイしている使用人のセリフが面白いんですよね。「あの味を知ったら後戻りできないぞ」。

岡田:韓国の人でも、財閥の人はホルモンを食べないのかとびっくりしました。

YJ:食べてるはずですけどね。

ゆうき:目黒の秋刀魚ですよ(笑)。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS