史上最強のプリンセス!全世界の老若男女をとりこにする『ワンダーウーマン』の魅力をおさらい

女性だけの島で育った好奇心豊かな<プリンセス>のダイアナが、外の世界を偶然知ってしまい、人間の愚かな争いを止めるため、<最強の美女戦士>として立ち上がる勇姿を描く『ワンダーウーマン』が、全米を中心に尋常ではないヒットを記録している。

全米では女性監督歴代1位のオープニング成績、そして6月に公開したワーナー・ブラザース映画の中でも歴代3位という“ワンダーウーマン現象”が炸裂中で、その感動的なストーリーを受けて、“アメコミ史上最高傑作”との呼び声も高い。その<プリンセス>が<最強の美女戦士>へと目覚める史上最高のスーパーヒーロー=ワンダーウーマンがいよいよ8月25日(金)、夏休み真っ只中の日本列島へと降臨する!

ワンダーウーマン

世界中のセレブもSNSで激賞! ワンダーウーマンの感動的なストーリーに注目

ワンダーウーマンはアメコミ原作のスーパーヒーローだが、まずストーリーが秀逸で誰もが心奪われる。プリンセスのダイアナは特別なチカラに目覚めたのち、世界を救うために育った島を出て、人間界でワンダーウーマンとして立ち上がることを決める。しかし当然のごとく、彼女が立ち上がる勇気と決断、そして事情が異なる人間界でコトを進めるには、一筋縄ではいかないドラマチックな展開の数々が待っていて、ひとりの女性の成長物語としても成立している。それゆえ観る者は彼女の冒険にリアルに感情移入するのだ。

志が高い女性のドラマという側面も持っているスーパーヒーロー映画だけに、実は数々のセレブや映画人も手放しで激賞している。アン・ハサウェイジェシカ・チャスティンルピタ・ニョンゴなどのアカデミー賞受賞女優陣をはじめ、あの『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のジョス・ウェドン監督、やがて『アクアマン』を撮る『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督たちも、自身のSNSに絶賛の声を上げている。まさに人々が本当に待っていた“ヒーロー”こそ、このワンダーウーマンなのだ!

ワンダーウーマン

■期待値あげまくりで見に行きましたが期待を上回る最高の作品でした!戦闘シーンの爆発が凄くワンダーウーマンは暴れまくりで最高にスリルがありました。迫力の戦闘シーンだけでなくダイアナの勇姿に感動して涙がでました。(rkmm723さん)
■楽しくて、スカッとできる作品でした。DC映画でこういう作品がついに出来たか!と、とても楽しめました。内容もど直球な王道で、スカした感じでセンス良いみたいな作品が多い中で好感が持てました。(IamGrooTさん)
■想像の何倍も面白くて、未だに余韻に浸っている状態です。鳥肌立ちました。泣きました。今年128本目の映画でしたが、確実にトップ3に入ってます。(KanarianGooseさん)
■ヒーロー映画としても、アクション映画としても、ファンタジー映画としても、とにかく最高。”ヒーローとは何か?”を描いた作品は数多あれど、この『ワンダーウーマン』で提示された新たなひとつの答えに胸が熱くなる。全編を通して段階的に描かれる”ヒーローたち”の誕生と、その(ドラクロワが描いたかのような)神々しい勇姿に鳥肌と涙が止まらなかった。(kota811さん)

“世界で最も美しい顔”のガル・ガドット、ギャップ萌えの連続で神すぎると話題

しかもこのワンダーウーマン、強くて美しいだけでなく、言ってみれば世間知らずで、時折見せるチャーミングな姿が神すぎるとして大きな話題に。その最大の功労者が、チャーミングなワンダーウーマン/ダイアナを演じるガル・ガドット。実は「世界で最も美しい顔100人」で2位に選ばれた完璧な美貌と、女性でありながら兵役を経験し、圧倒的なアクションセンスを持っているという、リアル“ワンダーウーマン”と言っても過言ではないセクシースーパー美女だ。

映画前半で激しいアクションに身を投じた後、初めてロンドンに降り立った時のコミカルな表情やドレスアップした美しい姿など、彼女が見せるギャップ萌えもたまらない!

そのガル・ガドット自身は、「『ワンダーウーマン』に注ぎ込まれた血と汗と涙はすべて報われました。大がかりで魅力的なアクション・シークエンス、美しいラブストーリー、そして、誰もが自分自身のものとして受けとめられる愛と希望と勇気に関するすばらしいメッセージがあります。まずは映画を楽しんでほしいです!」と本作についてコメント。このワンダーウーマンの美貌と勇気は多くの人々を激励、心を鼓舞する存在になっていることは、異例の大ヒットが証明している。人々が待ち焦がれた、新しいスーパーヒーローの誕生だ!

ワンダーウーマン

■カッコイイ〜こんな女戦士見た事ない!!ガル・ガドットが完全に役にハマってる。キレイでスレンダーで良いですね〜。人間を知らない感じも微笑ましかった(Wright5wonさん)
■ガル・ガドット演じるダイアナの強く気高く美しく、それでいて愛らしく優しくしなやかなところに釘付けになりました。(honey88さん)
■演出の効果と分かりつつも中盤髪をおろしたところで、その美しさにはっとさせられます。ガル・ガドットさんって少し癖のある美人さんですが、ハマった時の美しさは圧巻ですね。無邪気とも、無知とも違うさっぱりとした真っ直ぐさがワンダーウーマンの魅力でしょうか。女を武器にしないで、ガツガツしないけれど自分で選択していく姿はかっこいい‼︎(moko_gumoさん)
■とにかくダイアナが美しい。戦闘シーンはもちろん、試着するシーン、ダンスするシーン等全て。間違いなく今迄のアメコミ映画で1番美しいヒロインでしょう。(colorless_plusさん)

秋まで待ちきれない! 『ジャスティス・リーグ』でも大活躍のワンダーウーマン

この『ワンダーウーマン』鑑賞ゼロ秒後、誰もがまたすぐ「彼女の勇姿を一目見たい!」と思うに決まっているが、ここで朗報が2つ! ひとつは『ワンダーウーマン』の正統なる続編が、2019年12月13日に全米公開するということが先日早くも発表された! そしてもうひとつは、バットマンを筆頭にフラッシュ、アクアマンといったDCコミックのスーパーヒーローたちが大集合する『ジャスティス・リーグ』にもワンダーウーマンは登場していて、しかも『ジャスティス・リーグ』は、2017年11月23日(木・祝)に、日本での公開も決まっている!

元祖アメコミ界の超人チームの活躍を描く『ジャスティス・リーグ』。実は原作コミックは1960年に発表され、それ以来、現在も愛され続けあの「アベンジャーズ」よりも歴史がある究極の超人たちによるチーム戦が楽しみな一作だ! 目下、続々と解禁となる新情報を追っていくと、強大な敵の存在に“ジャスティス・リーグ”の面々が及び腰になっていると、「全員で戦うのよ!」とワンダーウーマンが士気を鼓舞していることがわかる。ガル・ガドット自身も「この役はすごいの。あらゆる善を表しているの。愛や思いやりや、真実、正義、平和ね。彼女を好きにならない理由なんてないわ」とコメントしているほどで、まさしくジャスティスの名はワンダーウーマンのためにあるような強印象! 11月に『ジャスティス・リーグ』を最大限満喫するためにも、『ワンダーウーマン』は絶対に見逃せない。

ワンダーウーマン

■DCのキャラクターの中で一番強いんじゃないかってぐらい不死身状態だったけどそこもまたかっこいい!ジャスティス・リーグが待ち遠しい。(ADGKENJIさん)
■ジャスティスリーグやったかな。今回で期待値上がってもうた笑(7627さん)
■他のバットマンなどのヒーローモノを知らなくても楽しめるのでみんなで見に行ったら楽しいと思います!続編も見たいし、ジャスティスリーグも観たくなりました!(kanako88さん)

◆映画『ワンダーウーマン』 information

ワンダーウーマン

上映時間:141分

2017年8月25日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://wonderwoman.jp
配給:ワーナー・ブラザース
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

※2022年5月25日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • ふーせー
    3.7
    強い女性っていいよね👍🏻
  • achako
    4.3
    ガル・ガドットがとっても綺麗だった 衣装もカッコよくて不死身であれだけ痛めつけられても傷ひとつないし なんならあの美しさを最後まで保てるのは不自然だったけど綺麗だからずっと見ていられた 戦争と異次元のキャストを組み合わせて悪者をやっつけるなんて… と思ったが意外と違和感なく観れた ワンダーウーマンの使命でもある罪のない人や女性や子供を守ることだけに必死に闘ってる姿に心打たれた また男性を知らない(必要ない)と思っていたのに一緒に闘うことによって愛が芽生え 大切な人を失ったときのワンダーウーマンの心情に共鳴し思わず涙してしまった 女戦士と戦争をこんな風に組み合わせるなんて斬新だったし思ったより楽しめました
  • anvxno
    3
    ガルガドットのなんとも言えない美しさやオーラが、無敵のワンダーウーマンにとても合っていて、だからこそ彼女の成長を楽しめた。
  • たくみ
    3.8
    2022年はMCU制覇という目標を掲げて緑の大男以外はすべて見たので2023年はDCを観るというのを目標にしたので本作鑑賞。 ワンダーウーマンのことはほぼ知らないで観ました。 結構見応えあって面白かったです。 DCはやっぱりダークな感じの方が似合うと思いますね。(極悪党が集結した作品除く) 無理に明るくせずこれからもこの路線突き進んでほしいです。 舞台設定がおそらく第一次世界大戦、史実を絡めた作品という点で『X-MEN』と似てます。 戦争映画はどうしても生々しくなるので、ヒーローが暗躍してましたよ、くらいの設定を加えてくれた方が見やすくて個人的には好みです。 前述の通り結構戦争映画として描かれている側面が多いです。 前線での戦いのクオリティは『1917』とかと比べても遜色ないと思えるほどリアルでした。 でも、ヒーロー映画としての見せ場も忘れていない。このバランス感覚は良き感じでした。 戦争というのはどちらの正義も正しくなってしまうのがタチが悪いなと常々感じます。 どちらも平穏な日々を求めて殺し合うというのが今作が描いている「人間の愚かさ」というテーマになっていると思います。 さらに、人間同士の争いを俯瞰的に見ている高次元の存在がおり、彼らからすると「争う意味がわからない」となる視点も新鮮でした。 ワンダーウーマンが叫ぶ「戦うならトップも前線に行けよ」的な発言はごもっともだと思います。 自分たちは安全なところにいるくせに若い命は駒扱い。本当に腹が立ちますね。 そういった戦争の悲惨さを描きつつ、同時進行でヒーロー映画としてのアクションも魅せていく。 個人的にこの映画で一番好きだったのは村を救うシーンのアクションでした。 スローを効果的に使用しつつ、ワンダーウーマンの体術をしっかり見せてくれたので前のめりで映画を鑑賞できました。 映画全体が少し冗長である点、ヴィランの魅力に欠けるという点は気になりました。 ガスを吸ってもっと強くなるのかと思いきや、ちょっと力持ちになるくらいという。 あれならなかやまきんに君呼べば勝てそうです。 ヴィランのデザインがコミックに忠実なのか知りませんが、もうちょいなんとかならなかったんですかね? 戦い方や武器もイマイチで強そうには見えませんでした。 とはいえこのクオリティなら続編も観たいとなる出来でした。 次回作も期待です。 ワンダーウーマンが救ってくれた「世界」で、スティーブが救ってくれた「今日」を生きていきたいと思います。 【その他メモ・独り言】 ・プロローグ長い。 ・スティーブなどがワンダーウーマンの国に近づけた理由がよくわからない。 ・作中のイギリス空撮の際、工業ガスまみれになっているのが細かくて良き。 ・メガネかけても美人のままのガル・ガドット。 ・「僕は今日を救う。君は世界を救え。」
  • ささくれ文部大臣
    3
    強い女は憧れる
ワンダーウーマン
のレビュー(64662件)