【上映企画】『英雄の証明』公開記念!アスガー・ファルハディの傑作『別離』プレチケ上映

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

4/1(金)公開のアスガー・ファルハディ監督最新作『英雄の証明』。この公開を記念して、Filmarksでも評価が高い監督の代表作『別離』上映をプレチケで企画。


第74回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したイランの巨匠アスガー・ファルハディの最新作『英雄の証明』が、いよいよ4/1(金)に公開します。2度の米アカデミー賞受賞監督によって放たれる、人間の善悪の価値を問う極上のヒューマン・サスペンスです。

プレチケではこの公開を記念して、Filmarksでも非常に評価が高い監督の代表作『別離』の上映会を企画。本作はベルリンやカンヌ国際映画祭をはじめ、90冠を超える映画賞を獲得し、その年の賞レースを席巻しました。善悪では割り切れない人間心理の複雑さと濃密な人間ドラマを描くアスガー・ファルハディの世界を映画館の空間で鑑賞できるチャンスです!最新作公開を前に是非ご堪能ください。

なお開催2週間前の3/10(木)までに、35名以上の参加で本企画は開催確定となります。

上映情報

開催日時:2022/3/24(木)19:30〜
劇場:​​池袋HUMAXシネマズ
東京都豊島区東池袋1-22-10 ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り B2F
上映時間:123分
価格:1,600円
定員:117名(全席指定)

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給・提供:株式会社マジックアワー
※3/10(木)までに35名以上の参加で開催が確定します。

※システム使用料160円がかかります

作品情報


製作・監督・脚本:アスガー・ファルハディ
出演:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト、サリナ・ファルハディ、ババク・カリミ
撮影:マームード・カラリ
編集:ハイェデェ・サフィヤリ
2011年/イラン/123分/カラー/デジタル/1:1.85/ステレオ/ペルシア語
原題:Jodaeiye Nader az Simin
英題:Nader and Simin, A Separation
日本語字幕:柴田香代子/字幕監修:ショーレ・ゴルパリアン
配給:マジックアワー、ドマ
http://www.betsuri.com
(C)2009 Asghar Farhadi

Filmarks映画情報:https://filmarks.com/movies/15796

詳しいご利用の流れはプレチケサイトから!
https://premium-ticket.filmarks.com/

■「プレチケ」とは


「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Alexandra
    4.2
    思ってたよりも好きだった 宗教、地位、倫理観について深く考えさせられる映画だった オープンエンディングが少しもどかしいけどそこがとてもいい
  • dongree
    3.8
    アスガー・ハルファディ監督最新作が公開中とのことで、どんな監督なのか有名作品を鑑賞してみた。 終始、子どもが大人の都合と感情に振り回されてる。 悩ましい問題だけれど、子どもに全ての決定を任せるのは酷なのかも。 子どもはかなり敏感で機転が効いて、親への忖度とか責任感を全て抱え込んでしまうから。何度も流れる娘の涙が痛々しい。 とは言ってみたけれど、この作品はまだ私には難しすぎた。もっと考えられる人になりたい。 アラビア文字がエンドロールに流れる作品を観たのは初めて! イスラム教圏の文化も興味深い。神とコーランへの尊さが想像以上だった。
  • ルンバになってしまった人
    3
    イランの裁判様式や宗教的なNG項目が新鮮だった。ヒトの中身はそんなに変わらないのに所変われば…。すれ違いは見てる分にはこうすればーってあるけど実際は難しそう。
  • 不死鳥の川
    3.8
    別居中で離婚間際の夫婦に父親の介護のことで起きた事件をきっかけに人間の憎悪渦巻く不穏な雰囲気に包まれていくサスペンス・ドラマ映画。 2022年122本目。 イランの巨匠アスガー・ファルハディ監督の代表作です。タイトルから離婚がテーマと思っていましたが、それよりは寧ろ老いた父親の介護とそれに関連する事件が巻き起こす利己的な人間模様がメインでした。 やはり『ある過去の行方』と同じ監督なんだなぁと再認識しました。似たようなテイストの重苦しく不穏で、埒が開かない展開。ヒリヒリするような緊張感の演出が素晴らしかったです。みんなに共感できそうで誰にも共感できない、微妙にちぐはぐな心情描写も良かったです。 娘さんが不憫でしたねぇ〜。
  • 3.8
    離婚寸前夫婦が介護のお手伝いさんを雇ったものの、大変なことになっちゃったぞという映画。 基本的には法廷劇の一種だと思うんだけど、イランに存在する法律やら社会システムやら男女格差やら宗教やら何やらの様々な問題がごっちゃ混ぜになっていて中々一筋縄ではいかなくて。観てるこちら側がつい頭を抱えてしまうような展開の連続で、いたたまれない気持ちMAXにならざるを得ない。しかも終わってみると、登場人物らの状況は映画の冒頭時と比べてそんなに変わってないようにも思えるというのがまたね…そんな所でエンドロールに行かれても! イランの裁判、そんな感じなのか。
別離
のレビュー(6340件)