【上映企画】『英雄の証明』公開記念!アスガー・ファルハディの傑作『別離』プレチケ上映

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

4/1(金)公開のアスガー・ファルハディ監督最新作『英雄の証明』。この公開を記念して、Filmarksでも評価が高い監督の代表作『別離』上映をプレチケで企画。


第74回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したイランの巨匠アスガー・ファルハディの最新作『英雄の証明』が、いよいよ4/1(金)に公開します。2度の米アカデミー賞受賞監督によって放たれる、人間の善悪の価値を問う極上のヒューマン・サスペンスです。

プレチケではこの公開を記念して、Filmarksでも非常に評価が高い監督の代表作『別離』の上映会を企画。本作はベルリンやカンヌ国際映画祭をはじめ、90冠を超える映画賞を獲得し、その年の賞レースを席巻しました。善悪では割り切れない人間心理の複雑さと濃密な人間ドラマを描くアスガー・ファルハディの世界を映画館の空間で鑑賞できるチャンスです!最新作公開を前に是非ご堪能ください。

なお開催2週間前の3/10(木)までに、35名以上の参加で本企画は開催確定となります。

上映情報

開催日時:2022/3/24(木)19:30〜
劇場:​​池袋HUMAXシネマズ
東京都豊島区東池袋1-22-10 ヒューマックスパビリオン 池袋サンシャイン60通り B2F
上映時間:123分
価格:1,600円
定員:117名(全席指定)

企画・主催・配給協力:プレチケ(Filmarks)
配給・提供:株式会社マジックアワー
※3/10(木)までに35名以上の参加で開催が確定します。

※システム使用料160円がかかります

作品情報


製作・監督・脚本:アスガー・ファルハディ
出演:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト、サリナ・ファルハディ、ババク・カリミ
撮影:マームード・カラリ
編集:ハイェデェ・サフィヤリ
2011年/イラン/123分/カラー/デジタル/1:1.85/ステレオ/ペルシア語
原題:Jodaeiye Nader az Simin
英題:Nader and Simin, A Separation
日本語字幕:柴田香代子/字幕監修:ショーレ・ゴルパリアン
配給:マジックアワー、ドマ
http://www.betsuri.com
(C)2009 Asghar Farhadi

Filmarks映画情報:https://filmarks.com/movies/15796

詳しいご利用の流れはプレチケサイトから!
https://premium-ticket.filmarks.com/

■「プレチケ」とは


「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • やまね
    3
    思ってたよりイラン語?の、耳馴染みがよく観やすかったです。 韓国語とかフランス語よりクセがながったように思う。 気になって最後まで観た感じです。
  • ばあばちゃん
    -
    一組の夫婦のすれ違いが思わぬ事態へと発展していくさまを、イランの社会事情を背景に描く。 テヘランに暮らす夫婦ナデルとシミン。妻のシミンは娘の将来を考え、海外への移住を計画していた。しかし準備が進む中、夫のナデルは、アルツハイマー病を抱える父を残しては行けないと言い出す。夫婦の意見は平行線を辿り、ついには裁判所に離婚を申請する事態に…。 心の葛藤を丁寧に…丁寧に。
  • otomisan
    4
     公けの審問所で妻シミンは娘テルメ―の成長にイランの地は好ましくないと平然という。アフガンならタリバンが、イラクなら公安が黙ってはいないだろう。ではシリアなら?訴える先を探すより難民として出国してしまうのだろう。  しかし、ここイランでは夫ナデルと妻シミンの仲は他国への移住で拗れて離婚の危機にまで至ってしまう。そうまでしてシミンがイランを出たがる理由が何か?夫婦の別居で始まって離婚手続きで終わる間に一家が抱えたもうひとつの係争を眺めると分かる気がしてくる。  ナデルは別居する妻の伝手で認知症の父親の面倒をヘルパー、ラジエーに依頼するがそれが不手際で事故続き、金までなくなったとしてナデルが彼女を追い出せば、そこからラジエーの流産、ナデルの殺人容疑につながり、ナデルからは父親の監禁容疑でラジエーへの訴え返しまで発展する。  前の作品「彼女の消えた海」でもおなじみの嘘の応酬、脅迫、法廷外闘争にもちろん示談もあっていろいろだが、どこをとっても娘に対して胸張って父さん母さんを信じて目を逸らしてはいけないなんて言えないだろう。  あの娘テルメ―の恐る恐る生きているような覚束なさなんだが、こんな大人たちの闘場を目の当たりにしながら同じような大人になっていくんだろうか。するとこれを嫌ってテルメ―は母親と共に移住を望むのだろうか?それとも、うそを吐くし姑息さも隠し切れないけれども示談を受け容れて妻とよりを戻す望みをつないだ父親につくのだろうか。  それを考えるうえでカギとなるのはナデルの殺人容疑だが、ナデルが示談の条件として、流産の原因がナデルにあると神に誓って言え、とラジエーに求める件である。これに応じられないラジエーの懸念もまた、神に偽りの誓いをして、その災いが自分の娘に及ぶ事にある。  どちらの親も子どものために矛を収める格好だが、シミンとナデルだけは子の面倒見で対決となる。テルメ―がどちらを選ぶのか知らないが、母親と出国したところで、行った先でイラン流に係争を持って、今はまだ11歳のテルメ―だがいずれ親と同じようなイランの女に成長してゆくんだろう。
  • m
    4.8
    選ぶなら父親側かな、とも思ったけど「おまえの判断に委ねる」精神は放棄ともとれる。教育ママ、過剰な交渉の母親のおかげで状況を打開できたこともある。 別れるのが決まっていてじゃあどうする?ただみんなで仲良く正しく暮らしたいだけ、本当のこと、本音ってなんなの?娘はただそれだけあればよかった。 けど、それが裁判、生活などの状況的に出しづらくなると辛くてきつい。 22/145
  • 三井の映画出納帳
    -
    990円/月額 スターチャンネルEX 2022/09/13
別離
のレビュー(6431件)