【限定公開】超豪華キャスト総出演!Netflix配信ドラマ元ネタの伝説カルト映画

映画好きをこじらせLAへ

MaryK

9月2日に日本でサービスを開始する世界最大の動画配信サービスのNetflix (ネットフリックス)。 アメリカでは4000万人以上の加入者がおり、TVのかわりにNetlifxを見る生活というのが一般的になっているほど。

映画や海外ドラマファンにとっては今年一番嬉しいニュースなのではないでしょうか?

サービススタートまで一ヶ月を切り、日本で配信される予定の作品が徐々に明らかになってきていますが、注目していただきたいのがNetflix独自で製作をしているオリジナルコンテンツの豊富さ。

その中のひとつ『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』は特にイチオシの作品です!

実はこちらは2001年にアメリカで公開されたコメディ映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』をNetflixが8話のミニシリーズとしてオリジナルコンテンツ化したものなのです。

WHAS_Poster

14年も経った今シリーズ化されるだけあり、歴代名を残してきたコメディ映画としてははずせない作品。それなのに関わらず日本ではDVDすらリリースされていない!

しかし、嬉しいことに日本未公開の映画を紹介しているGucchi's Free School(グッチーズ・フリー・スクール)さんによって、9月12日・26日の2日間限定で上映されることになりました!大きなスクリーンで日本語字幕付きで見れるなんて素晴らしすぎです!

そこで今回はネタバレはせずに、映画版『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』 がなぜ見逃せない作品なのかをご紹介していきます。

アメリカのサマーキャンプを舞台にしたコメディ

映画の舞台となるアメリカでは、多くの子供たちは夏休みになるとボーイスカウトやガールスカウト、地域のコミュニティやYMCAなどが企画をするサマーキャンプに参加をします。グループごとにキャビンで寝泊まりをし、昼間は水泳やダンス、アート作りといった様々なアクティビティをこなし、楽しい夏の思い出を作るのです。

そのキャンプで子供たちと一緒に生活をするのがカウンセラーと呼ばれるスタッフ。彼らの多くは大学生です。今作『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』では、カウンセラーを務める大学生たちが主役

彼らの仕事は子供たちのお世話のはずですが、お年頃なのでもちろん他の目的も… キャンプの最終日、気になるあの子とどうなるかを追ったコメディです。

カルト映画としての成功

商業的に成功し、知名度のある映画とは対照的なのがカルト映画と呼ばれる作品。決して評価は高くないのにも関わらず熱狂的なファンから支持され、世代を超えて支持されていきます。この『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』もそんなカルト映画のひとつです。

プレミア上映されたサンダンス映画祭では4回のスクリーニングがされ、どの回も売り切れで大成功。しかし、その成功とは裏腹に配給会社からのオファーには恵まれませんでした。2001年7月の公開当時、上映されたのはニューヨークにあるたったの2つの映画館のみ。

その年のベスト10に選ぶ評論家もいましたが、ほとんどがネガティブなレビューばかり。アメリカの大手映画レビューサイトRotten Tomatoesでの評論家からの支持は100%中32%と散々な結果に終わりました。

しかし、2002年にDVDリリースがされてから、その面白さはコメディ映画ファンの間に広まっていくことに。真夜中の映画館でリバイバル上映されては、ファンはキャラクターの格好をし映画館に集まるほど!決して評論家からの評価が上がることはありませんでしたが、コメディ映画ファンの中ではカルト映画として語り継がれていくことになったのです。

では、ただのサマーキャンプコメディがここまで注目されることとなった理由は何なのでしょうか?

今ではありえない豪華キャストが集合

誰もが夏の思い出として記憶に残っているサマーキャンプを題材にしていること。見ているこっちが引いてしまうほどのおバカジョーク炸裂など、注目点はたくさんあるのですが、カルト映画として今でも根強い人気を持っている最大の理由は豪華キャストにあります。

マーベル最新作『アントマン』で世界最小ヒーローを演じているポール・ラッド

Paulrudd

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Rudd

彼は『クルーレス』でアメリカ中の女子を虜に!その後は『40男のバージンロード』や『寝取られ男のラブバカンス』、『俺たちニュースキャスター』といったコメディ作品へ多く出演をしてきました。

2008年の『ぼくたちの奉仕活動』で監督を務めたのが『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』のデヴィッド・ウェインでもあります。

2000年以降のコメディ界をひっぱってきたエイミー・ポーラー

amy_p

 
最近では『インサイド・ヘッド』のジョイ役として参加。海外ドラマ『パークス・アンド・リクリエーション』では主演だけでなくプロデューサーとしても制作に関わっています。また、ポール・ラッドとは『ラブコメ処方箋 甘い恋のつくり方』でも共演済み。

女子に大人気のイケメン俳優ブラッドリー・クーパー

1999年から小さな役でTV出演をしてきましたが、実は『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』が映画デビュー作品です。
 
コメディ映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でブレイク。その後は『世界で一つのプレイブック』、『アメリカン・ハッスル』や『アメリカン・スナイパー』でアカデミー賞に3年連続でノミネートされているため演技派としての印象のほうが強いではないでしょうか?
 
そんな彼が今では想像できないとある "役" を今作品では演じてしまっています。

監督業も忙しいブロンド美人エリザベス・バンクス

EB_1

 
海外ドラマからコメディ映画に監督業もこなす多才なエリザベス・バンクス。今作『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』は映画出演3作品目。そのため、当時はまだ無名の女優さんでした。
 
ポール・ラッドとの強烈なキスシーンは見ているこっちが恥ずかしくなるほど!
 
ほかには、モリー・シャノン、ケン・マリーノ、ジョー・ロー・トラグリオ、ジャニーン・ガロファロー、クリストファー・メローニといったスターが出演。

Netflix版には豪華スターのカメオ出演も

そんなわけで、公開から14年経った今では主役級の豪華キャストがこぞって出演していたのです!Netflix版が作られると聞いてまず驚いたのが、オリジナルメンバーが皆出演をするということ。しかも、それだけではなくジェイソン・シュワルツマン、ジョン・ハム、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、マイケル・セラといった超豪華スターもカメオ出演をしています!
 
9月2日のサービス開始後Netflix版 『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』 を鑑賞したら、ぜひオリジナル映画版の『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』を見に限定公開イベントへ足を運んでみてくださいね!
 

『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』上映スケジュール

【Premiere Theater Academy (PTA)】

日時:2015年9月12日(土) / 2015年9月26日(土)
会場: なかの芸能小劇場(東京都中野区中野5-68-7)
チケット:当日13時より「なかの芸能小劇場」(スマイルなかの2階)にて発売
ゲスト:山崎まどかさん(9月12日) / 松岡葉子さん(9月26日)
 
 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • イチロヲ
    3.5
    1981年度のサマーキャンプ最終日を舞台背景にして、年長者(指導員)と年少者が様々な人間模様を繰り広げていく。80年代に隆盛した「ティーンズのエッチなサマーキャンプもの」を2000年代に復活させている、青春群像コメディ。 公開当時はあまり話題に上らなかったが、出演者の知名度の向上と新作のNetflix配信を経ながら、後々に再評価を浴びることになった作品。80年代のユースフルなセックス喜劇を模倣しており、ヤリたい盛りのティーンズの言動が、痛々しくも瑞々しく描かれている。 群像劇で展開される物語は、年長の女性監督と天体オタクの中年指導員の恋愛劇、離婚のショックを抱える指導員に対する子供たちのカウンセリング劇、すぐにヤラせてくれる女子とアポイントを取ろうとする童貞君のジタバタ劇、大人びた女子に憧れる少年の悲恋劇など。 ザッカー兄弟のような一発ギャグが中途半端に散りばめられているため、リアリティ・ラインがブレているのがツライところだが、「1981年頃のセックス喜劇の模倣」という観点では、満足できるレベルに仕上がっている。
  • KH
    4.7
    これはね、時間ある人は見たほうがいいよ
  • Carnita
    -
    記録
  • カタパル
    3.4
    アメリカの正当な「青春バカ映画」の系譜を継ぐ群像劇です。Netflixでも『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:あれから10年』という続編となるドラマシリーズがはじまりましたね! アメリカの「青春バカ映画」の系譜はジョン・ランディス監督の『アニマル・ハウス』(1978年)まで遡ることができます。リチャード・リンクレイター監督『バッド・チューニング』(1993年)もその系譜ですよね。ちょっと前に日本でも公開された『ブックスマート』(2019年)もそう。キーワードは「青い拗らせ」と、それを発散する「最後の日」です。分かりやすいのは卒業の前日にヒャッハーな展開。本作の場合は8週間サマーキャンプの最終日。みんなドラマを求めてる。ああ、このまま夏を終わらせるわけには! 内容的には特筆すべき事件も起きない、オフビートなダラッとした展開です。基本的にキスやセックスをしたいというストレートな感情を、こじらせた感じで出しきれない。もう、テンプレな展開🤣 最後は無理矢理に事件(らしきもの)を作り、クライマックスを演出(するふり)します。「ふり」なので最後までグダグダ。この映画の良さは、そのオフビートなグダグダ感です。グダグダな青春。そのノリが好きなら、最高の映画です。 それにしても、(今となっては)無駄に豪華なキャスト。当時は無名だったのですが、多くのキャストがビッグネームになりました。『アントマン』のポール・ラッドを筆頭に、ブラッドリー・クーパー、エイミー・ポーラーにエリザベス・バンクス。すげー。そういえば『バッド・チューニング』もスター俳優を排出しましたよね。どうやら、この手の青春バカ映画に出る俳優は出世するようです😹 それにしても、続編ドラマをオリジナルキャストでやってしまうNetflixもスゴイ。ちなみに、この映画で「10年後にみんなで会おうぜ」というシーンがあり、それを伏線としてドラマ化しています。
  • 2mitsu
    1.9
    オープンニングのワクワク感だけでは、乗り越えられなかった
ウェット・ホット・アメリカン・サマー(原題)
のレビュー(945件)