『三姉妹』公開記念!『オアシス』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

三姉妹』公開を記念して主演を務めるムン・ソリの代表作『オアシス』をプレチケで特別上映!

オアシス』上映イベント詳細

シークレット・サンシャイン』、『ポエトリー アグネスの詩』、『バーニング 劇場版』と、寡作ながら監督作品すべてが高く評価されているアジアを代表する映画監督イ・チャンドンが2002年に世に放った衝撃作『オアシス』。

本作で重度の脳性麻痺のヒロインを演じたムン・ソリは、その圧巻の演技でヴェネツィア国際映画祭 新人俳優賞に輝くなど数々の映画賞を受賞。

家族や社会から疎外された男女が知るあまりにも純粋な“はじめての愛”を、厳しい現実を見つめながらも詩情あふれる世界観を織り交ぜながら描き、全世界に衝撃と深い感動を与えた『オアシス』が一夜限りの特別上映としてスクリーンに帰ってきます。

■上映作品:『オアシス
■日時:2022年6月16日(木)20:30  開映
■価格:1,600円
■上映時間:133分(字幕)PG12
■会場:ヒューマントラストシネマ有楽町 シアター1(東京都千代田区有楽町 2-7-1 有楽町イトシア・イトシアプラザ 4F

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2002 Cineclick Asia All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • かねこ
    4.2
    主演2人の驚異的な演技力に圧倒された 何かしらの問題を持った者同士のラブストーリー コンジュの空想シーンが切なかった ものすごい映画だった
  • ヨシダ
    4.2
    30歳を迎えた頭の弱い前科者ジョンドゥと脳性麻痺を患い家に引き篭もる女性コンジュ。 社会からも家族からも「邪魔者」と疎まれた者同士のラブストーリーなんですが、この映画は生半可じゃありませんでした。 強姦未遂という出会い。 「ここからの恋愛?」と理解が及ばない所があるのですが、そこから疎外されたもの同士が惹かれ合う様子が展開されていきます。 脳性麻痺の障がいで手足は強張り、目や歯茎を剥き出しにしながらコンジュは声にならない言葉でジョンドゥに向き合います。 そんな彼女が時折り浮かべる妄想ー。 柔らかい表情で自由に歩きまわりふざけあう自分。はっきりとした美しい声で口ずさむ「私がもし」という歌。 悲観的な描かれ方ではないのですが、彼女の生々しい感情描写は直視できないものがありました。 最後の木を切るシーンは名シーンですね。
  • 史町
    -
    部屋とメシが汚くて良かった
  • むろた
    4
    題材の重苦しい雰囲気に加えて主演2人の演技力が凄すぎて、ノンフィクション映画を観ているかのような目を背けたくなるような苦しさが終始あったのにも関わらず見入ってしまった これぞ純愛映画だと思う ただ1人の人を愛する2人だけの無邪気な気持ちが伝わってくる ただ彼女がこうありたいと思い描く空想シーンは切なすぎて心がはち切れそうだった… 人を好きになる事って何だろうと考えさせられるのと同時に障がい者を利用する人間の醜さをストレートに表現していてなかなか変化しないマイノリティに対する世の中のリアルを感じた
  • チカ
    3.5
    今までにない構想と展開と圧倒的な演技力に引き込まれた でも強姦に繋がるシーンは苦手だし、そこから恋愛感情湧くのか…と毎分思い出してしまった 彼女はたとえ強姦だとしても恋愛、性の対象として見られることが新鮮で嬉しかったのかな、怖がってるように見えたけど 必要だったのかもしれないけど個人的にはそこのくだりがなければとても好き
オアシス
のレビュー(10993件)