未DVD化の傑作、近日上映!その”優しい眼差し”が心を打つ~映画『細い目』

人との出会いに日々感謝(ライター・編集)

大久保渉

この夏、映画ファンのみなさまに絶対観てほしい映画があります。

それは、ヤスミン・アフマド監督の『細い目』です。今作は未だDVD化がされていないため、このたびの飯田橋ギンレイホール<ギンレイ・オールナイト>およびジャック・アンド・ベティ<よこはま若葉町多文化映画祭2015>での上映は非常に貴重な機会なのです。

この夏の締めくくりのひとつとして、思い切って夜通し映画を観る、お洒落な港街で映画を観る、そして「最高の感動」を味わってみる、そんなひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?きっと素敵な”夏の想い出”として心に残ることかと思います。

『細い目』(2004・マレーシア)

sepet poster

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Sepet

基本情報

ヤスミン顔

出典:http://kac-cinema.jp/theater/detail.php?id=000510

今作は、ヤスミン・アフマド監督による長編作品第二作目にして、彼女の名前を世界中に知らしめた作品です。とりわけ、2005年の東京国際映画祭「アジアの風」部門での最優秀アジア映画賞の受賞は大きなニュースとなりました。

そして、これ以後、彼女は“マレーシア・ニューウェーブ”の代表的監督として世界中から評価されていくことになります。

ストーリー解説

ストーリーは、マレーシアが舞台の、マレー人の少女と華人の少年による恋の物語です。

目と目があった瞬間から、強く惹かれあっていくふたり。ぎこちないながらも、だんだんと近づきあっていくふたり。初々しい10代の恋。異なる民族同士の運命的な恋。中々思うようにいかないもどかしい恋。それでも相手のことを思わずにはいられない、純粋な愛。

ヤスミン・アフマド監督の映画の特徴は、彼女がもつ「優しい眼差し」にあると言われています。

マレーシアという他民族国家には、マレー人、華人、タイ人、インド人等々、民族間の争い、貧富の差がはっきりと存在しています。そんな社会の問題、タブーの取り扱い方に、彼女の映画の素晴らしさがあるのです。

それは、目の前にある現実を描きつつも、どこか理想郷を描いているかのような日常を包み込む、不思議な温かさが感じられる映画。

慣習、偏見、狭さ、苦しさ、そうした社会の中でも、相手を思いやり、相手と分かり合う。そして愛し合う。誰の心にもズシンと響き渡る、人と人とのつながりの尊さ。お互いを求めあう、純粋な愛の崇高さ。そんな思いが溢れるふたりの清々しいすがたに、思わず心が打たれてしまう作品です。

オススメ鑑賞ポイント

本当に、とにかく一度観ていただきたい。そんな思いばかりが強くて、中々ストーリー自体を多くは語れませんが、「ここだけは観てほしい」というところを少し挙げるとするならば…

1.「人と人とのつながり」を優しく捉えたカメラアングル

ヤスミン監督は、人と人が連なる姿を多くのシーンで描きこんでいます

それは例えば、主人公ふたりのデートシーン―ファーストフード店で横並びに座るふたり。あるいは、階段で縦一列に座って髪をとかしあうマレー人の少女と、その母親、家政婦、そしてその列の先頭に入り込む父親との家族4人の微笑ましいすがた。

もしくは、母親の膝の上に頭をもたせる華人の少年の、慈愛に包まれた安らかなひととき、等々です。

そして、そうした瞬間を捉えたカメラの動きがまた絶妙で、そのフラットなポジションを保ちつづけた映像の数々は、まるで登場人物たちと同じ目線に立ったかのような優しい眼差しを帯びている。

あるいは、過剰な技巧や脚色を含まないその映像は、まるで自らの古き良き思い出のアルバムの一枚をそのまま写し取ったかのような、身近に感じる、心に沁みわたる素朴で美しい色彩を帯びているように感じられるのです。

異なる民族同士の仲睦まじいひととき。家主と召使という、厳しい主従関係を超えた和やかな関係。そして、いつの時代も変わることのない親子の絆。

それらが本当に、ごく自然に描かれていて、どのシーンをとっても「人と人とのつながり」へ向けた監督の優しい眼差しが感じられる、そんな映画だと思いました。

2.多民族国家における、交錯する「多言語」

細い目食卓2

出典:http://odd-pictures.asia/mfw/sepet/

今作で使われている「多言語」に注目して、映画をご鑑賞いただくのも面白いかもしれません。

主人公の華人の少年は、英語、マレー語、広東語、華語を話します。彼の母親はマレー語を、マレー人の少女は、英語、マレー語、そして少々の広東語を話します。

そもそもが、そうした言葉さえもがバラバラな社会の中で、お互いのことばを探しながら拾いあっていく。それはマレーシア社会全体にいえることであり、中々通じ合えないことがそもそもの前提であり、そうした世界の中でどうやってお互い分かり合っていくのか?そこのところが、観ていてとても興味深かったです。

魅かれあう恋人たちの純粋なすがたがことさら胸に残りました。

まとめ

細い目桟橋

出典:http://www.cinela.com/schedule/20121html/20121yasuminhtml.htm

今作は、国際市場で高く評価された作品です。確かに、マレーシア社会を知った上で今作を鑑賞したら色々とその社会問題や文化摩擦が垣間見えてくるのかもしれません。

しかしながら、映画に出会ったその瞬間に胸がはじけてしまうような、広く普遍的に観客の心をうちつけるような魅力が今作には備わっている。そんな素敵な1作だと私は思っています。

ちなみに、『細い目』は「オーキッド3部作」と呼ばれる作品群のうちの第1作目であり、この後に第2作目―ヒロインのその後を描いた『グブラ』(2006)、第3作目―ヒロインの幼少期を描いた『ムクシン』(2006)が続いていきます。

この度の上映では『グブラ』も同時上映されますので、是非とも合わせてご覧くださいませ!

『グブラ』(2006・マレーシア)

グブラ小

出典:http://www.ginreihall.com/schedule/schedule_150821.html

『細い目』上映情報まとめ

1. 飯田橋ギンレイホール<ギンレイ・オールナイト>

【午前0時のフィルム映写会~ヤスミン・アフマドとエドワード・ヤン“夏の想い出”特集】

8月21日(金)・22日(土)両日23:00~翌6:15(終了予定)

『細い目』、『グブラ』、『ヤンヤン 夏の想い出』(2000年/台湾・日本)の3本を上映予定。

詳細はこちら↓

飯田橋ギンレイホール 〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-19/TEL:03-3269-3852

JR総武線飯田橋駅下車(徒歩3分)。もしくは、地下鉄・有楽町線/南北線/東西線/大江戸線飯田橋駅下車(B4a・B4b出口より徒歩1分)。

2. 横浜ジャック・アンド・ベティ

【よこはま若葉町多文化映画祭2015】開催期間:8月22日(土)~8月30日(日)

『細い目』、『グブラ』は8月26日(水)、8月30日(日)に上映予定。

ジャックベティ表

出典:http://www.jackandbetty.net/cinema/detail/714/

詳細はこちら↓

ジャック・アンド・ベティ 〒231-0056 横浜市中区若葉町3-51/TEL:045-243-9800

京浜急行線黄金町駅下車(徒歩5分)、横浜市営地下鉄阪東橋駅下車(徒歩7分)、JR線関内駅北口下車(徒歩15分)。

 

それでは、皆さま、夏の想い出に是非とも素敵な映画をご堪能くださいませ!!

 

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • いののん
    -
    菩薩さんの教えの通りに、細い目→グブラ→ムクシンの順で鑑賞。その後タレンタイムも観賞。せっかく遠征してるのだから、レビューのことは忘れようと思って実際そうして、観た後、何日も手をつけないでいたら、計4作の記憶が溶け出し、混ざりあってしまって。記憶違いのレビューとなっているかもしれません。あらかじめお詫び申し上げます。 スクリーン中央下に横書きで、英語と中国語の字幕。スクリーンの右側には縦書きで、日本語の字幕。同時に3つの字幕。日本語の字幕は置いておくとしても、多民族国家のマレーシアで、多くの人に楽しんでもらうために、このようになっているのかなと思いました。 陽光がとても優しいのが印象的。終始一貫して、優しい陽光。ギラギラした灼熱とはほど遠い、どこか懐かしい、あたたかな陽光で、観ている私たちをもあたたかく包み込んでくれているように感じる。太陽に、月が、ブレンドされているかのよう。月に、太陽が、なのかも。昼間も月は見守ってくれている。 恋におちた瞬間。一瞬が永遠になる。あの、美しさ。僅かに挿入された、彼らの幼い頃のショットが、とても好き。運命のふたり。出会わなければならなかったふたり。あらがいようもなく、運命のふたり。 初恋が成就されることは少ない。ほとんどの場合には初恋は成就されない。でも、心のなかでは、ずっと生き続ける。 ただ、成就されることの困難さを描くための、あのラストだったとすると、少々安易な気がしないでもない。それとね、ジェイソン君、運命の人に出会うまで、なんでガマンできんかったの?なんでやらかしちゃったの?愛する人をあんなに泣かせてまって。そこ、怒るよ!あれは、ない!男性諸君、反省してくださいっ!!
  • mio
    3.5
    続編があと2本あるということで ただただ観たい。 どっかでやってくれんかな。 オーキッドの周りに流されないで 自分をしっかり持っとるのが ほんと素敵。 リンの彼氏と言い合いしたあとの ボールのくだりはスッとした。 あと、ジェイソンとキョンの 関係もほんと素敵。 オーキッドのお母さんとお手伝いさんの関係も。 正直、ジェイソンより 学校で1番の男前のほうが 断然かっこいい。 どっちかっていうと そっちのほうが金城武。 オーキッドの最後の衣装の柄が すごくかわいかった。
  • Ringo
    -
    多民族国家の映画って 深いな〜 民族、宗教が 国を作っている そういう場所に生きていながら 自分の種を 前提とせずに まずは 人を 人として 見て 恋愛する子どもたち 種族のしがらみによって 自由を絶たれる それに抗わずに生きていく そんな大人になっていくのかと思うと なにを幸せと思うのかな 最後の電話、 誰か分かってたけど 自分を納得させたかったのかも知れない
  • AmoiJapan
    3.5
    そうなの!?って感じだったね。
  • Sylph
    -
    アローンとキョウの会話が好き。 「お前は大物になる」とか、嘘じゃなく心の底から友人のことをそう評価できる関係性がまぶしかった。 インドの詩 「いい子だからではなく、我が子だから愛する」 ヤスミン監督のメッセージは一貫してこれなんだと思う。 好きなものは好き、例え人種や文化が違っても。 オーキッドの両親の 「女性はわからん」 「わからなくていいから、そのまま愛して」 の会話にも、理解とか理性を超えた愛があることを含ませてた気がした。
細い目
のレビュー(645件)