【1週間限定上映】Filmarks初提供作品『アフター・エブリシング』上映スケジュールを公開

日本初公開の洋画をFilmarksが初提供!

Filmarksが主催するチケッティングサイトの「プレチケ」にて販売。4都市限定上映します。

アフター・エブリシング』上映スケジュール

Filmarks初提供作品となる『アフター・エブリシング』を東京・大阪・愛知・京都で7/1(金)より順次公開。

チケット販売はFilmarksの上映企画サイト「プレチケ」にて各劇場上映の約1週間前に予約開始予定。最新情報はFilmarks及びプレチケの公式ツイッターにてお知らせします。

SNS時代を生きる若者のリアルを
ポップに描き切るショットガン・ラブストーリー

初監督にしてSXSW映画祭にてGrand Jury Awardにノミネートされた実力派監督ハンナ・マークスとジョーイ・パワーが描くのはSNS世代に生きるNYの若者。主演はマイカ・モンロー(『イット・フォローズ』、『ホット・サマー・ナイツ』、『グレタ』)、助演にはマリサ・トメイ(『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』、『レスラー』)、ジョー・キーリー(『ストレンジャー・シングス』、『フリーガイ』)が登場。ポップな色使いや音楽と共に今を生きる若者の悩みや葛藤をリアルに描く。

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)2018 Shotgun the Movie, LLC

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • けんちん汁
    3.7
    なーんにも知らないで鑑賞したら、ふつーに傷つきました 慰めておくれ 運命のように出会い、若さやその他諸々の事情で情熱的に結婚したカップルのその後を描く この監督は確実に俺と同じ思考を持ってるだろうな。意地悪が過ぎるわ 世間に氾濫する余命お涙頂戴のその後なんて誰も観たくないし、結局強い事象を乗り越えたとて、強い絆で離れないなんて綺麗事はない。 対話して、お互いを知るプロセスを病気という非日常があったが故すっ飛ばしたことによって、泥沼と化していく様は心苦しい。 だけど割と男がずっとクズで、病気中すらヒロインが何に惹かれてるかわかんなかったってのもあって、緩やかな崩壊にほくそ笑んでしまう監督以上に意地の悪い男がここにいた。 海外でも花束みたいな恋愛ものがきているのかな?と思いつつ、本レビューを締めたいと思います。 ジョーキーリーはびっくりした。
  • 5
    タイトルの意味が観た後に分かる作品だった。人は誰しも弱った人に優しくしがちでそれが返って本人を苦しめるなんて思いもしない。同じ様な経験をしたことがあるのでよく分かる。(結婚まではしてないけど)恋は盲目というのはこういうことですよね。エリオットにもミアにもこの先今よりもっと幸せな日常が訪れます様に。
  • ヤマユミ
    4.1
    上映館、期間共に限定という事で観ました 好きなテーマでは無かったけど、悪くなかった ラストが良かった 治療方針の説明の時にイラッとした医師の気持ちに、一番共感した
  • ニュー餅太郎
    3.5
    アホ男めっちゃわかると思って見てたけどこの人まだ23歳の設定やった Aquadollsが流れてて懐かしくなった
  • あおりんご
    3.9
    「運命」って言葉を使うと、 すごく軽く感じちゃうんだけど、 それでもやっぱり、運命ってあると思ってる。 楽しかった事も、思い出すだけで最悪だった事も、 その全部があったから、今の自分が作れてる。 超気が合うアイツや、 マジで嫌いなアイツとの出会いも必然で、 運命だったんだと思う。 作中の2人も出会う運命だったんだろうね。 この出会いが無かったら、 彼らは成長できないままだったかも。 そして、自分にとって、 この作品を見ることもまた、 運命だったのかな、とか思う。
アフター・エブリシング
のレビュー(201件)