3分でわかる!意外と知らないカンヌ国際映画祭【イラスト解説つき】

映画観て、絵描いて、ハイッ!

フクイヒロシ

世界三大映画祭の1つであるカンヌ国際映画祭が、今年も5月8日から19日まで2週間に渡って開催されます。第71回を数える今年は約180本の映画が上映され、そのうち18本が最高賞パルム・ドールを競うコンペティションにノミネートされています。日本からも是枝裕和監督濱口竜介監督の作品が出品されているので要注目です!

では、知っているようで知らない。そして、知っておいたほうが断然楽しめるカンヌ国際映画祭を徹底紹介いたします!

1. ざっくりとカンヌ映画祭とは…
2. 
主な賞や部門、審査員について​
3. 日本との関わりは?
4. 第71回(2018年)の注目作は?
5. 今すぐ観られる受賞作&候補作!
6. え!? 誰でもエントリーできるの?

1. ざっくりとカンヌ映画祭とは…

カンヌは、フランスの地中海に面した温暖な気候の保養地です。第二次世界大戦の翌年1946年にフランス政府の援助を受けてスタートしました。

興行的にも批評的にも評価を得られていない作品でも、カンヌ国際映画祭によって発見され世界的な評価につながる作品も多いですし、また同時開催されるカンヌ・フィルム・マーケットには、約800社が参加。世界中から1万人を超える映画関係者たちが配給権の売買や企画のプレゼンを行なうために集結します。

日本の配給なども、ジャパンブースを出したり、俳優や監督がレッドカーペットを歩き世界に日本映画の存在感をアピールしています。

2

2. 主な賞や部門、審査員について

大きくは公式選出と独立選出の2つにわかれていて、公式選出には最高賞のパルムドールを競う「コンペティション部門」や、「ある視点部門」などがあります。運営自体が違う独立選出には国際批評家週間」「監督週間」があり、どちらも新人監督の登竜門となっています。

審査委員は毎年変わり、各部門につき5〜10名が審査員として選出作品を吟味。今年の審査委員は、審査員長のケイト・ブランシェット率いる9名の映画関係者たち。複眼的な審査がなされるよう男女比や人種などに配慮がなされているのも現代的な特徴といえます。

3

3. 日本との関わりは?

カンヌ国際映画祭が“作家性のある監督”に注目していることもあり、日本映画のノミネート作、受賞作は、ほとんど常連監督の名前が並んでいます。

※以下はここ20年の主な受賞作
今村昌平監督……『楢山節考』(83)、『うなぎ』(97)
河瀨直美監督……『萌の朱雀』(97)
諏訪敦彦監督……『M/OTHER』(99)
是枝裕和監督……『誰も知らない』※柳楽優弥が男優賞受賞(04)、『そして父になる』(13)
黒沢清監督………『回路』(01)、『トウキョウソナタ』(08)、『岸辺の旅』(15)

河瀨直美監督是枝裕和監督に至っては、ほとんど毎作ノミネートされています。審査員が毎年変わるカンヌ国際映画祭で同じ監督の作品に注目が集まるというのは不思議ですが、それがある種の“カンヌっぽさ”を形作っているのでしょう。

4. 第71回(2018年)の注目作は?

日本からコンペティション部門にノミネートされているのは、総上映時間317分の大作『ハッピーアワー』(15)で衝撃を与えた濱口竜介監督の『寝ても覚めてもと常連・是枝裕和監督の『万引き家族

コンペティション部門には、『別離』『セールスマン』のアスガー・ファルハディ監督作『Everybody Knows(英題)や、スパイク・リー監督作『BlacKkKlansman(原題)、『人生タクシー』のジャファル・パナヒ監督作『Three Faces(原題)などの強敵ぞろいです。

その他にも、伝説的映画監督ジャン=リュック・ゴダールによる『The Image Book(英題)、『山河ノスタルジア』ジャ・ジャンクー監督の『Ash Is Purest White(英題)、女性監督ナディーン・ラバキーの『Capernaum(原題)、『冬の小鳥』イ・チャンドン監督の『BURNING(英題)、『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督『アンダー・ザ・シルバー・レイク(原題)など全18作品がノミネートされています。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • yik
    4
    バンクシー監督による現代のアートをめぐるドキュメンタリー。グラフィティが描かれる様子を映している点でも貴重な映像。 アートに商業はつきもの。バンクシーは、たびたびオークションやアート商品を風刺して芸術の価値を問うことをしているが、それがかえってバンクシー作品の価値を高めている点で、彼もアート界の商業主義にとりこまれているのだろう。タイトルがすでに物語っている。
  • はなび
    3.9
    力が抜ける面白い人でした😊 皆のアートが、自由で感動しました☺️ バンクシー の考え方が聞けて、面白かったです。 とても楽しかった😂
  • はたち
    3.9
    そろそろ現実見なきゃなのにまだまだこんな生き方に憧れちゃうよぉー。現役だよぉー。
  • nago19
    4
    これは面白かった。バンクシーが監督したってところに意味があるんだろうね。アートの形を変えて認められた。アートは話題になって誰かがいいって言ったらみんなが認めて価値がつくようになる。日本でも個展やったんだね。作品がいいか悪いかじゃなくて好きか嫌いかお金を出したいと思うか。この人こんな映画が出ちゃうと人気無くなるんじゃなかろうか。
  • Miyuki
    -
    あのバンクシーが監督のドキュメンタリー映画🎬ロサンゼルスに住んでいるフランス人よティイリー(MBW)はカメラ中毒男性で四六時中、動画ばっかり撮っている。自分や家族や子供や知らない人まで…そしてバンクシーと出会う。憧れのバンクシーと過ごしていくうちに自分もアーティストなのではと…アートとは何か…
イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ
のレビュー(5671件)