『ブラックパンサー』日本語吹替の津田健次郎、演じた孤独な悪役キルモンガーに馳せる想い【インタビュー】

世界のディズニーを翔る元映画サイト編集長

鴇田崇

全世界興収9億ドル! 日本でも公開4日間で5億円を超え、堂々の洋画第1位スタートを切った『ブラックパンサー』が、前評判どおり絶好調だ。【国王】と【ヒーロー】という2つの顔を持ったマーベル史上もっともクールでミステリアスな新ヒーローで、これまでのヒーロー作品にはなかった深い社会的メッセージをも内包したドラマ性も評価され、すでにリピーターも続出! 新たなるマーベル・シネマティック・ユニバースへの期待も高い。

この今春最大の注目作で主人公ティ・チャラの王位を狙う謎めいた敵、エリック・キルモンガー役を人気声優の津田健次郎が好演。「悪役は悪役ですが、とても重たい過去を抱えたキャラクターで、すごく複雑なんですよね」と同役を述懐する津田は、本作をどう受け止め、想いを新たにしたのか。この後に続く『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日日本公開)への期待感も込めながら、本作とキャラクターについても語ってくれた。

津田健次郎

――今回演じられたエリック・キルモンガーは、一筋縄ではいかないキャラクターでしたね。

悪役は悪役ですが、とても重たい過去を抱えたキャラクターで、すごく複雑なんですよね。とにかく世界を支配したいというタイプでもなくて、いろいろな想いが重なっていて、その中には彼の正義がある。それが結果的に別の立場になっているから、役割として悪になっている感じなんです。本来は国王のティ・チャラと同じ立ち位置にいるような、本当に光と影ですよね。同じ人物の光と影に見えてきますよね。

ブラックパンサー

――するとキルモンガーを演じてはいるけれども、ティ・チャラの想いも汲み取って演じていたのでしょうか?

いえ。逆でしたね。むしろ陰から光を見続けていたみたいな感覚で、その王座にはオレが座るんだと、なぜお前だけがみたいな屈折した思いが支配していたはずなんです。影だから影だけの思考で、光を知らない感じはしましたね。だから彼は悪いと思っていないわけで、彼なりの正義があるから複雑なんですよね。

津田健次郎

――演じるマイケル・B・ジョーダンの佇まいも影響していると思いますが、ちょっとかわいそうだなって思って観ていました(笑)。

いろいろなことに取りつかれていて、自分で自分のことを、加速的に追い込みをかけてもいる。ただの冷酷な悪なら「やっつけてしまえ!」となりますが、キルモンガーに感情移入する人もいるんですよね。大変な者同士の戦いですよね。

津田健次郎

津田健次郎

――その人生を背負った声のトーン、声だけの演技も難しそうでした。

難しかったですね。ディレクターさんとも調整を何回も重ねて、特に後半は微妙なギリギリな感じを探りました。特にエンディングに向かって色濃く出てくるのですが、相反するものが同居しているような感じがありましたね。子どもだけれど、強制的に大人にされちゃうような人間だとも思いました。本来は友だちと仲良く遊んでいたような子どもですが、やがて襲う孤独感、二面性みたいなところも演じる上では追い求めましたかね。

津田健次郎

――ちなみに、こうしてマーベル、ディズニー作品の一員になっていかがですか?

ものすごくうれしいですね。関わっている人、みんなで作っている感覚もあり、そのなかに参加させていただけることは、ありがたいですし光栄に思っています。

津田健次郎

――さて、今回の『ブラックパンサー』、マーベルに詳しくないビギナーの映画ファンでも楽しめる内容でしたが、どういう風におすすめしたいですか?

好きな要素が必ず一個はある気がしましたね。純粋にエンタメ好きな人のツボも抑えているし、シリアスな映画が好きな人向けの展開もある。そこにコメディーもちゃんと入っているので、そこはもう見事だと思います。どこか好きになれる世界観があるはずで、アクション、ドラマ、コメディー、ハイテクも。そういう意味では、かなりおすすめしやすい作品になっています。

津田健次郎

――この後に続いていく『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も楽しみですよね!

観に行きますよ! でもその前に、本当に『ブラックパンサー』。自分が関わった作品ではありますが、お世辞抜きで面白いです。時代や世相を背負った上で、ヒーローものの新しい扉を開いていきたいんだ、エンタメの新しい扉を開いていきたいんだ、という強い意志も感じました。そういう強い意志があるので、エンタメのレベルがどんどん押し上がっていって、まだまだ進化していけるなと、『ブラックパンサー』がそれを体現しているような気もしました。いち映画ファンとしてすごく興奮しています。(取材・文:鴇田崇/撮影:You Ishii)

ブラックパンサー
(C)Marvel Studios 2017

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

【あわせて読みたい】
※ 2018年はアベンジャーズイヤー!今からでも間に合う【マーベル映画ざっくり世界観MAP&イッキ観一覧表】!
※ アメコミヒーローだらけでわけわかめ!超ざっくり【アメコミ映画系統別一覧表】!!
※ 『心が叫びたがってるんだ。』ヒロイン!注目の声優・水瀬いのりインタビュー(前編)

 

※2021年7月28日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • Sugi
    4
    アフリカの伝統的な「美」と「強さ」の表現、それに加えて、現代アフリカが今後の世界をリードし得るポテンシャルを、「marvelヒーロー映画」というフォーマットを通じて十二分に描いていた。 何か「アフリカ」という言葉に対する既存の偏見や先入観を打ち壊すような意図が、節々の演出から感じられた。 ストーリーは前半微妙、中盤の王座を賭けた「挑戦」辺りから結構好き。 やっぱり感情移入できる悪役、興味深いキャラ設定は改めて重要だと思った。無抵抗の黒人を白人警察が射殺する痛ましい事件を描いた『フルートベール駅で』で主人公を演じたマイケル・B・ジョーダンの演技も素晴らしかった。 「世界の秩序は乱れ、各地で殺戮が行われている。なのにワカンダは自国の安穏と利益だけを求めて見守るばかり。ワカンダの役目は、自国が持つ最先端の技術や武器を世界中へ供与し、命の危険に晒された被害者たちを守ることである!」という彼の考え方が、一方から見れば王国に対する背信行為であるが、他方、弱者を決して見捨てず保護しようとする平和主義者にも見える。 また王国内にも、旧国王派と新国王派、更に長老たち保守派や山岳に籠り中央権力に抵抗を続ける部族、など多様な価値観を登場させている面も作品を面白くさせている。(この部族は『キングダム』の「山の民」とすごく似ている) 「科学技術」というテクニカルな分野を国王の妹、すなわち女性に、担当させている点も新鮮に映った。無意識のうちに醸成された、理系的な分野イコール男性的、というイメージの可笑しさに気づいた。 王座にのみ忠誠を誓うと涙ながらに語る女性ジェネラルの生き方も格好良く、ただその中でも1人の人間として自分自身の正義を最後まで捨てないのがなお格好良い。 衣装やメイクの色鮮やかさ、華やかさは言わずもがな。これも王の守衛達の赤い衣装がすごく映えている。ブラックパンサーのスーツは、なんとなくマスクはバットマンぽく、全体的な素材はスパイダーマンみたいだった(カーアクション時の所作もどこか類似) 正直観る前の期待はそこまで高くなかった(だからこそ他のマーベルは殆ど見たのに、ブラックパンサーだけは最後まで観ていなかった)が、観た後の感想としては、続編も観てみたいと思えた。 ワカンダ・フォーエバー、劇場に観に行こうかな。音楽も格好良いし、IMAXで観るのもアリかもしれない。
  • Swegtomtom
    4
    わかんだふぉえばー
  • スターロード
    3.9
    ワタクシが選ぶマーベルヒーローの中でもトップ3に入るブラックパンサー! アクション、秘密兵器の数々、家族愛、敵に情けも見せるカッコよさ。 他のキャラクターにないね、 ワカンダフォーエバーを観る為、観といて損はない。
  • ぽさん
    3.7
    テンポよくみやすかった!
  • yooooh
    3.8
    高い技術力は見てて爽快感ある
ブラックパンサー
のレビュー(110003件)