【パンクな問題作品】40年以上の時を超え『懲罰大陸★USA』がついに日本公開!

映画ファンのボンクラ

鎗火亮介

映画製作の手法として、フェイクドキュメンタリー(モキュメンタリー)というアプローチがあるのはご存じでしょうか?

現実に起きた出来事を撮影したドキュメンタリーではなく、事実をでっち上げてドキュメンタリー風にフィクションを構築した映画ジャンルです。

たとえば「ドキュメンタリー映画撮影中に行方不明になった少年たちのフィルムを編集して映画化した」というフィクションをドキュメンタリー風に描いた『ブレアウィッチ・プロジェクト』などが当てはまります。

bwp

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

 

今作は日本でも大ヒットとなったことは記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介する『懲罰大陸★USA』はそんな大ヒット作品の30年以上も前に先がけて製作されましたが、40年以上の時を超え、ついに日本公開となりました。

製作の背景

本作は、1971年公開の作品で、アメリカ国内でのベトナム戦争反戦運動の状況を背景としたフェイクドキュメンタリーです。

当時、ベトナム戦争が激化の一途をたどる中、ニクソン大統領は秘密裏にカンボジア爆撃キャンペーン実施を決め、アメリカ国内では一般人による政治運動も盛んになっていました。

そういった情勢を背景に、ニクソン大統領は1950年に成立したマッカラン国内治安維持法を発令、アメリカ政府は反政府的・危険分子とみなした人々を一方的に拘束します。

その情勢に恐怖を抱いたイギリス人のピーター・ワトキンス監督は本作を製作することに。

作品概要

『懲罰大陸★USA』は2つのパートで構成されています。

1つめは、反乱分子とみなされた人びとが裁判にかけられ、彼らが判事の理不尽な審問に対して抗議する様子を追った描写。彼らは、ヒッピー、学生の平和運動家、ロックミュージシャン、黒人の公民権を求めた活動家などで構成されています。

2つめは、求刑通りの懲役ではなく、カリフォルニアにある「ベアーマウンテン国立懲罰公園」にて、3日以内に90キロ強先のUSA旗を目指して行進していく描写です。これは、国家への忠誠のための矯正を目的とした刑です。

この事態にヨーロッパの映像制作者たちがドキュメンタリー用の取材を敢行しました。

矯正集団また、彼らを追う州兵や警察や軍隊の面々にもインタビューを行い、両面からこの懲罰政策の中身を追います。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

いわくつきの作品

衝撃的な内容に米国メディアは即反応しました。

まずニューヨークの映画祭で上映された翌日、ニューヨークタイムズ誌のレビューでは「本作はとても鈍い、頭のイカれた誠意で描かれており、最初のヒステリックな10分間で気づくだろう。完全にマゾヒストの願いや夢を果たすべく作られた映画だ」と語られ、それに同調した各メディアが総攻撃を浴びせました。

マンハッタンの劇場で公開されるも、4日間で打ち切りに。当時、どんな作品でも1週間は公開されたので異例の事態でした。

その後、西海岸で短期間で上映された際は、観客からはポジティブな反応が出ました。

しかし、ロサンゼルスのとある劇場の支配人は「FBIや警察などの権威から目をつけられ、街から抹殺される」と語り、それ以降アメリカ国内の劇場ではほとんど上映されることがありませんでした。

そういった経緯から、日本での公開も見送られていたのでしょう。

体制側からの抑圧の恐怖

本作の見どころはこれに尽きます。

裁判のパートでは、事実よりは誇張されていると思われますが、理不尽な罪状認否が行われます。

例えば、ロックミュージシャンの認否の際、彼女は裁判官からロックが反政府的な思想を煽るものであるとして、また無職のヒッピーの場合、国家の行政に貢献しない者として禁固刑に処されます。そのような審問には、恐怖とあまりのバカバカしさからくる笑いがこみあげます。

一方、懲罰公園での刑を選択した人びとは炎天下の中、水分補給もほとんどできない状況で90キロ強のUSA旗まで歩かされます。

過酷な状況の中、人権を無視した刑として逃亡を試みる人もいますが、彼らはみな州兵や警察、軍隊の面々に取り押さえられ、さらに抵抗することでひどい暴行を受けます。

最もひどい場合には「止まれ」の命令を無視したがために、射殺されることもありました。インタビュー映像では、18歳の少年州兵が命令を受けたものとして証言される描写がありますが、そこで上官は一切責任をとる様子を見せません。

本作では2つのパートの共通点である「国家を守る」という大義名分のもと、体制側は上記のような行動に出ます。

権力者が国民の人権を無視し反抗的な思想を持つ人びとを弾圧。あるいは、そういった行動に出た下っ端の人間が責められ、上級の人間たちは責任を転嫁し合うという状況は現在、世界各地で起こっています。

そういった意味で、フェイクドキュメンタリーとはいえ、時代や国家を超えた普遍的な問題提起の作品といえるでしょう。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

初公開!世界のどす黒い危険な映画シリーズ

第3弾『懲罰大陸★USA』上映

シネマカリテにてレイトショー公開 9/11(金)まで

第4弾『ヒューマン・ハイウェイ』上映

シネマカリテにてレイトショー公開 9/12(土)から 9/25(金)まで

 

※2022年5月30日時点のVOD配信情報です。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • 94
    4
    これだから、政治家は…警察は…と思わせる胸糞映画。 みんな懲罰公園に行くな!
  • ガルベス
    3.5
    アメリカ政府に危険分子と見做された若者達が「お仕置き公園」という収容施設に送られて人間狩りのターゲットにされてしまうフェイクドキュメンタリー。 3日間を85km、追ってから逃げ続ける若者達は、日中の寒暖差や深刻な水分不足に苛まれるなど心身共に疲弊。 権力側のひたすらなる理不尽が描かれるが、そこから当時のヒッピーへの嫌悪や共産主義へのアレルギーといった抑圧の一端を垣間見ることが出来た。
  • まこどん
    4
    これ、演技に見えない。政治家がまともで、国民が幸せなのはどこ?北欧?北欧のしあわせドキュメンタリー作ってほしい。アメリカが理想ではなく、幻想の国に見えるのは昔も今も変わらないのか。民主主義とか自由経済ってメリットとデメリット、どちらが多いのか疑問。中国よりはまし、って納得するしかないのか。
  • blacknessfall
    4.5
    数年前にシネマカリテの危険な映画特集かなんかにラインナップされていて観て以来になる。あの時もこれは現実だと強く感じ寒気がしたけど、今回の方がその寒気を強く感じた。 ベトナム戦時下のアメリカ。国(政府)に反抗的な者達に恣意的に罪を着せ矯正すべき反乱分子にしたて懲罰公園(パニッシュメント・パーク)に送り更正教育をする。 この様子をヨーロッパのTVクルーが密着取材する。モキュメンタリー形式のディストピア映画。 反乱分子に認定された者達は砂漠と山しかない広大なパニッシュメント・パークの80キロ先にある国旗まで3日間以内に徒歩で行くミッションを課せられる。 2時間後には警備隊が彼らの後を追跡する。コースを外れたり、逃亡しようとするルール違反をした者は警備隊に捕まる、その際抵抗した者は射殺されることもある。公正なルールのように見えるが運用は極めて恣意的。37℃にもなる灼熱の砂漠の荒野を3日間も歩ける確率は低い、国旗にたどり着かなくてもルール違反になる。 パニッシュメントパークは反乱分子を死亡必須の無理ゲーに落とし込み独裁政治を強化するための虐殺装置だという恐怖の実態が話が進むに連れて明らかになる。 この残酷無比のデス・ゲームも怖いけど、それより怖いのは反乱分子だと判決を下す、裁判の模様。 容疑者として裁判にかけられるのは反戦活動家、プロテストソングを歌うフォーク歌手、反権力のジャーナリスト、反人種差別活動家、この辺はこの手映画の定番なのである意味安心して見れる。しかし、容疑者になるのは表立って政府に異を唱える者ばかりじゃない、平和主義から徴兵拒否した一般男性、その手助けをした男の妻、それと気持ちがおとなしすぎて社会に馴染めず引きこもり生活を送ってるだけの者。 要するに政府に反抗しなくても国家の施策に寄与しない者は反乱分子扱いになる。まさに今、我が国でも横行してる"生産性"のない弱者を社会のお荷物として敵視する風潮の行き着いた先の光景がこれでもかとばかりに描かれて怒りと恐怖で沈鬱な気持ちになる。 実際、この反乱分子認定を任されてる委員会の連中の言うことが実にリアルなんだよ。「国を愛しているのに戦争否定するのは反逆者だ」、「国民が国防に努めるべき時に何もしないのは犯罪だ」、「国に協力しないのは不道徳」だとか、もう我が国に為政者どもと取り巻き連中とまったく同じセリフで容疑者達を罵倒するもんで、遠からず日本にもパニッシュメントパーク制が創設されると思わずにはいられなくなる。絶望と恐怖に神経がからめとられていく感覚に襲われる。 不道徳だと罵られた容疑者が叫ぶ。 「何が不道徳か教えやろうか?」 「戦争は不道徳」 「貧困は不道徳」 「人種差別は不道徳」 「警察の蛮行は不道徳」 「迫害は不道徳」 「帝国主義は不道徳」 「全て、この国の姿だ!」 このままいくと政府と同化することが正義だと思い込んでる日本を愛する普通の日本人達の(卑屈な)良心の果実としてパニッシュメントパーク制は施行される。そして自分のような人間は反乱分子裁判にかけられ委員会の連中に不道徳だと罵倒されるから、このセリフを丸暗記しておくことにした。せめてかっこいい捨てゼリフぐらい吐いて終りたいからな。
  • 同い年
    -
    邦題からふざけた内容のB級映画だと思ってたら、メッセージ性強い大真面目なモキュメンタリー映画だった。 ベトナム戦争中の1971年にアメリカで公開して4日で公開中止になったって聞いてそりゃそうなるよな...って思う反面、この映画の公開が続いた世界線のアメリカに思いを馳せずにはいられない。 ベトナム戦争に反対、非協力の立場をとった若者は、危険因子として逮捕され、裁判にかけられる。そこで被告は禁錮10数年の実刑(反戦ソングを歌っただけでこの年数は長すぎるだろ)か、「懲罰公園」行きを選ぶことができる。 この「懲罰公園」がベトナム戦争下のアメリカの縮図として描写されてる。 カリフォルニアの荒野「懲罰公園」で、追っ手から逃れながら、4日間で80km先のアメリカ国旗に辿り着けばクリアの無理ゲー。追っ手の警察はバンバン銃を撃ってくるし、国旗の下で待ち伏せしてる。本当に胸糞。 裁判パートの若者たちの主張が全部真っ当で、時代を越えて共感できるものばかりだった。50年後でもまだ共感できちゃうくらい世界が変わってないのはどうなんだって話なんだけど。 「アメリカで起きてるのは集団自殺のようなもの」 「国が生み出した問題を私たちに責任転嫁してる。」 「私が忠誠を尽くすのはこの国の国民に対してよ。国民に反目する政府に忠誠は誓えない」 ってセリフにとくに頷いた。 コロナ禍の日本にも余裕で当てはまる。収束しないのは、対策が杜撰な国の責任なのに「若者が出歩くから」と私たちがスケープゴートにされる。中年・老年層は無思考で与党に投票する。こんなのゆるやかな集団自殺だろ。
懲罰大陸★USA
のレビュー(297件)