映画で学ぶ!好きなことをして自由な生活を手に入れる方法

映画好きなサラリーマン。

柏木雄介

好きなことをして生きていくことができたらどんなに良いことか。誰もが考えることだと思います。

今回、ニューヨークでこのひとに写真を撮られることは誇りであるとまで言われている、80歳過ぎのおじいちゃんの生活を描くドキュメンタリー映画をご紹介します。

「私は働いていません。ただ好きなことをしているだけです。」と述べるおじいちゃんの生活は観ている私たちにひとつの憧れの生活を示唆しています。自由でありたいと思うひとに是非観て欲しい映画です。

ビル・カニンガム&ニューヨーク1

「ビル・カニンガム」って誰?

そもそも、「ビル・カニンガム」とは誰かというと、ニューヨーク・タイムズ紙のファッション・コラムと社交コラムを長年担当する名物フォトグラファーです。ストリートファッション・スナップの元祖と呼ばれ、ニューヨークのストリートファッションを50年にわたり撮り続けています。

ファッションが何より大好きな彼が着ている服は、いつだって青い作業着。毎日のようにカメラ片手に自転車で街へ出て、ニューヨークの街のひとを撮影しています。

あの『プラダを着た悪魔』でもモデルになり有名になった鬼編集長のアナ・ウィンターに「彼のために服を着る」と言わしめるほど、世界中のファッションの愛好家が尊敬する存在が、このおじいちゃんなのです。

80歳を超えた今でも、どんなに雨が降っていてもニューヨークの街へ出て、街行くひとのファッションを撮影する。

「無料で着飾った有名人に興味はない」「大女優を撮らない大バカと言われようが、 撮るかどうかはファッション次第」と言い切り、有名人、一般人関係なく、自分が魅力的だと思ったファッションを撮るという一貫したポリシーを持ち続けています。

いつまでも自分に正直に、ぶれないで自分の仕事に対して決して妥協せず生きています。そんな彼の生き方から私たちが学ばされる、考えさせる数々の名言がありますので少しご紹介します。

働くひとの心を動かす数々の言葉

「金に触れるな、触れたら最後だ」

いつも服は青い作業着。いつもどこに行くにしても自転車を愛用。家は風呂トイレ共同。とにかく安いコーヒーが好き。仕事以外の費用はかけないということが徹底されています。

「金をもらわなければ、口出しされない。全てに通づる鍵だ。」「自由より大事なものはない。」

先に述べたようにビル・カニンガムがぶれない生き方を続けてこれたのは、お金に依存しないで生きてきたからに他ならないと思います。そこまでしてでも、やりたいこと。なぜ続けられるかというと単純です、

「私のしていることは仕事ではなく喜び」

こう思っているからです。

ちなみに、他の名言は公式サイトへ。

80歳を超えても輝き笑顔で仕事をし続けるための秘密

ビル・カニンガムがカメラを撮ることが好きということは大前提ですが、好きなことをするために必要最小限の生活しか求めないというのは大事なことかもしれません。

金銭的な報酬目的で仕事をしていないので、どんなに隣でささやかれても自分の考え、直感を曲げません。そしてそこで培ってきた専門性もまた長い年月を経て身についたものだと思います。そして撮った写真の中から、時代の流れを感じ取り、それを編集して具現化する編集力という専門性もまた必要なものです。

といったように、好きな仕事をするためには、必要最小限の資金で、専門能力を身につけ長期間続けるということが結論になるのですが、決してそれだけではありません。彼の周りに家族、友人、恋人がないことは驚くべき事実ですが、そんなビルによって撮られた写真の被写体は何とも人間らしい輝きを見せています。

きっとファッションだけでなく、ビル・カニンガムはひとが大好きで、そして愛されているからこそ、あのひとを引き寄せる”笑顔”があるのだと思います。それこそが一番大事なことなのかなと感じました。

ファッション業界の中にいますが、決して華やかに生きているわけではなく、ただそこにあるのは”自分の信念を曲げず”、好きなことをするということだけ。私たちにはここまでは徹底できないことかもしれませんし、もしかしたらそこまで他のことを捨てきれないと思われる方もいるでしょう。

ただ、毎日のルーティンでつい何となく仕事をしている自分には到底できないような”彼の素敵な笑顔”がとにかく忘れられません。きっとその笑顔にひきつけられ、たくさんのひとが彼の生活に憧れているのだと思います。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • デッカー丼
    4
    青い業務用ジャケット(まさにブルーカラーが着る20ドルのやつ)を羽織って、チャリでニューヨーク中を駆け巡り、これぞと思った服装をした人を撮る。それはセレブであろうが一般人であろうがファッショナブルであれば問題ない。彼は金持ちに何ぞ興味がないのだ。 彼の名はビルカニンガム。御歳なんと84歳。アマチュアのカメラマンでニューヨークタイムスのファッションコラムを持っている。彼のストイックさは尋常じゃなく、家は簡素で食べものも安いファストフードに99セントのコーヒー、雨の日も風の日もボロボロになったつぎはぎのポンチョを着てファッショナブルなニューヨーカーのスナップを撮影する。 そのストイックな精神でスナップは50年以上続けられてきた。しかし彼の正体や家族、バックグラウンドやストイックさの秘訣などは今まで謎だった。それを紐解いていくというスタイルのドキュメンタリー。 彼はカーネギー・ホールの階上にある古いスタジオに住んでいる。古くからコンサートホールとして知られマンハッタンのランドマークであり、芸術家たちの巣窟であった。しかし改装工事によりビルを含め住人達は立ち退きを命じられている。ビルが住むスタジオにはキャビネットが所狭しと並べてあり、その中には何十年分というストリートスナップの歴史がすべて捨てずにとってある。パソコンのデータに変えたらミニSD一枚、それも5ギガ位で収まるだろうが彼はあくまでアナログにこだわる。カメラもデジタルではなく未だに手巻きのフィルムカメラだ。 ストイックでアナログ派というと頑固で気難しいじじいというイメージだが、彼は非常に気さくで、よくジョークを飛ばす。それに幸せそうなくしゃくしゃな笑顔でニューヨークタイムスの若手社員をディスりまくる。 彼の活力の源は一体何か。 おそらく子供と同じで新発見の毎日なのだろう。人々は日々新たなファッションに挑戦し町へ繰り出す。もちろんそうでないコピーのような面白みのないファッションがほとんであるが、ごく一部オリジナルのそれもずば抜けたファッショナブルな人間がいる。その埋もれた花を探し出しスナップすることこそが彼が仕事を愛するもっともな理由であり、84歳でチャリをガンガンに漕ぐことができる理由である。それも燃料は99セントのコーヒーだけ。 プラダを着た悪魔でおなじみ、ファッション誌ヴォーグのアメリカ版鬼編集長アナ・ウィンターは、まだ若いころからビルに写真を撮ってもらっており、「ビルのために毎日、服を着るのよ」とまで言う。ここで19歳の頃の写真が映し出されるのだがアナは19歳からずっとボブなのね....。つうか今63歳ってまったく見えんな 「ファッションは、生き抜くための鎧だ。手放せば、文明を捨てたも同然だ」 これはビルの言葉であるが的を射ていると思う。ファッションはいつだってその時代のカルチャーを反映させてきた。ベトナム戦争時代のミリタリージャケットにラブアンドピースをあしらったり、戦後無駄が許された50年代にはエッジの利いたフォルムのワンピースが流行ったりとたかがファッションされどファッションだ。今自分は鎧を着て戦っているか?と思い返せば一概にうなずくことはできない。恥ずかしながらパーソナリティのないスタイルだ。しかし最近の原宿系であったりゴスロリもまた良いとは言えないだろう。ファッションにおいても中庸の妙は存在するであろうから。 感想。 なんだか観ていて途中からビルが神様かなんかに見えてきた。あくまで彼の前では誰もがフェア。金をかけたセレブが私を撮ってと言ってもそれがビルのアンテナに反応しなければ無視するだけ。逆に労働者やマイノリティであってもその着こなしが優れたものであればビルのフィルムに収まるのは間違いない。実際インタビューで信仰についての質問について彼は今までのテンポと打って変わって押し黙ってしまう。ホントに彼は神様なのかも。 信仰に関してはここでは詳しく述べていないので何とも言えないが、戦争の経験や、女性に今まで一度も興味を持ったことがないことやいつも一人ということからみて、彼の支えは神。神の存在が彼をファッションに夢中にさせる余裕を生み出す。 ファッションから学ぶ事はファッションの中に限らず、ライフスタイルであったり、生きる活力にリンクするということ。また報道のあるべき姿であったり、ムダをしない事に関しても、彼からとても学ぶ事が多かった 二時間ほどのドキュメンタリーで落ちも感動もないが、そのまっすぐな姿勢に感動する。長さを全く感じさせない道徳的作品。
  • Kota
    3.5
    “最高のファッションショーはいつもストリートにある。” NYタイムズの伝説のフォトグラファービル・カニンガムに密着したドキュメンタリー。知る人ぞ知る天才も実は子供みたいに好きなことを追いかけて、無邪気に笑う一人のおじいちゃんだった。 大手の出版社からお金も貰わず、恋をする時間などなく、小さなアパートでフィルムのネガに囲まれて過ごす人生。これが本当の天才なんだよなって思うほどには言動の一つ一つがヤバイ。パリでカトリーヌ・ドヌーヴを見ても「無料で衣装を着させられている人に興味はない」と一蹴。フランス最高峰の勲章を貰っても「私は仕事などしていない。好きな事をしているだけだ」と、その何気なに言葉の節々からプロ意識が垣間見える。 何歳になってもロードバイクてマンハッタンを駆け巡って、好きなことに打ち込み、夢に生きている人って本当にカッコいいな。
  • TerukoOrino
    4
    記録
  • okoooy
    5
    ブレない軸を持っていて、オシャレを心から楽しんでるので、こちらもワクワクしてしまう。 こんな素敵にかっこよく歳を重ねられる おばあちゃんになりたい。
  • yz
    4.7
    VOGUEでみたことのあるおじさんってだけで観たけど、これ観てビルみたいな生き方したいって心から思った いい人の周りにはいい人が集まるんだなー
ビル・カニンガム&ニューヨーク
のレビュー(3784件)