〈愛知〉ゲスト登壇付上映『その声のあなたへ』チケット販売がスタート【Filmarksの上映企画・プレチケ】

Filmarksの上映プロジェクト

プレチケ

映画館で名作を観るプロジェクト・プレチケで『その声のあなたへ』の上映を企画。

その声のあなたへ』上映イベント詳細

伝説の声優・内海賢二さんの人生を通して語られる、声優業界の軌跡を描く感動のドキュメンタリー映画『その声のあなたへ』。11月27日(日)に、榊原有佑監督がふるさと大使を務める愛知県東海市で特別上映が決定!

本編上映のほか、内海賢二さんの妻で声優の野村道子さんと、息子であり、賢二さんと野村さんが設立した声優事務所「賢プロダクション」代表取締役の内海賢太郎さんが、榊原監督とともにご登壇されトークショーを行います。お二人から見た賢二さんの功績や素顔、声優業界の変遷についてお伺い出来るこの貴重な機会をお見逃しなく。

なお、東海市には映画館がなく、大きなスクリーンを通して映画に触れる機会は限られています。映画上映によって人々が関わり合える場、感動を共有する体験を生み出すことで、年内取り壊し予定の東海市立文化センター跡地に新設される、隈研吾さん設計の映像・映画を中心とした文化施設 (仮称:創造活動・歴史文化交流施設)への意義理解が期待されています。

〈STORY〉
アニメイトタイムズで働く若手ライターの結花は、取材中に声優・内海賢二の存在を知る。彼に興味を持った結花は、取材企画を立ち上げて彼の声優仲間らへ取材を始める。この取材を通して彼女は、内海賢二という声優の人柄だけでなく、かつての声優業界、声優という仕事が今のような人気職業になるまでの歴史を知っていく。

上映情報詳細

■上映作品:『その声のあなたへ
■日時:2022年11月27日(日)10:30  開映
■価格:1,000円
■上映時間:本編113分(トークイベント 30分)
■会場:東海市立文化センターホール(愛知県東海市横須賀町狐塚11

※システム利用料160円がかかります

■上映作品:『その声のあなたへ
■日時:2022年11月27日(日)14:30  開映
■価格:1,000円
■上映時間:本編113分(トークイベント 30分)
■会場:東海市立文化センターホール(愛知県東海市横須賀町狐塚11

※システム利用料160円がかかります

プレチケとは

「プレチケ」とは、国内最大級の映画レビューサービス・Filmarksが企画する、映画館での上映サービスです。「あの名作をまた映画館のスクリーンで観てみたい」、そんな映画ファンの想いを映画館・配給会社と協同して形にします。一定数以上の購入枚数を達成すると開催が決定します。

公式サイト:https://premium-ticket.filmarks.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Filmarks_ticket(@Filmarks_ticket)

(C)映画「その声のあなたへ」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS

  • 3
    声優さんのドキュメンタリー、 と聞いていたが これは声優さんのインタビューを沢山取り入れた 「映画」だった。 普段、TVアニメや (魔法使いサリー、タイガーマスク止まり) TV映画や吹替映画を観ない私は 、、すみません 内海賢二さんの事を知りませんでした。 全編ほぼインタビューで構成されていたので 昼ご飯後ということもあり 少し寝ました、、、😢 もう少し昔のTVで観た 洋画劇場の吹替場面等を出して頂けると もっと、映画の中に入れたかも? 何しろ「声」を聞き分ける力が弱いので。 (未だに、かの山寺宏一さんの声を聞き分ける自信がないです😢) 最初とラストの子どものシーンは不要な気がした。とても不自然で 映画の出来を壊していたような気がする。 (ドキュメンタリーじゃないよ、という示唆?) 死後、何年か経って この映画がつくられたことは すごい。と、思いました。 最後に 「内海賢二」を演じていた という言葉が とても気になった、、次第
  • ルミエール
    3.6
    監督の出身地でのイベントで鑑賞。 声優という仕事に興味があった。 内海賢二さんの生きざまを見せつけられた。亡くなってからも慕われる太陽のような彼は、内面はとてもナイーブで周りに気を遣う人。あまりに良い人は早死にするってホントだな。 でも心底好きな声優という仕事に打ち込めてよい人生だったのでは? 内海賢二の声は、いつまでも残り、これからも多くの人をハッピーにしていくのだから。 満場の拍手で終わる映画は新鮮だった。
  • 猫様の下僕
    3.5
    声優、故・内海賢二さんの家族や声優仲間にインタビュー形式を撮ったドキュメンタリー部分と、内海賢二さんの後輩声優による内海さんの生涯を追う女性編集者が主役のドラマ部分で構成されている。 内海賢二さんといえば、 「Dr.スランプアラレちゃん」のセンベエさん、「北斗の拳」のラオウ。他にもたくさん出演されていますが特にこの2作! 唯一無二の優しい低音ボイスと地の底から響く大きな良い声、子供の頃から憧れていた方の人生を知るのは興味があり、非常に面白かった。 亡くなったのは2013年。 約9年経ってからの発表に余程の声優ファンじゃないと映画館には足を運ばないのか?観に行った映画館では他にお客さんは居なく私一人で観た。 内海さんの人柄や若手時代のエピソードが分かるだけでなく、声優業界の歴史や声優業の心得なども知る事ができるので勉強にもなります。声優を目指す人の指針にもなるのでは無いでしょうか。 声優業界の発展や待遇の改善、後進の育成にも尽力を尽くしていた方だと分かる。現在の声優人気の礎を築いてくれたと感じます。 当時の告別式の映像が流れたけど、その時のニュースで私が覚えていたアラレちゃん役の小山茉美さんが出演されておらず、残念に思った。
  • Nanaemon
    5
    インタビュワーさんが泣いてしまう気持ちがわかる 何も知らないけど知っていく中で会ってみたかったなあと思う気持ちが募る。 明るく豪快な男はいいなと思ってしまう、、、。
  • ゆっち
    4.1
    朝イチで上映終了の前日に鑑賞。 内海さんの人柄をどんどん知る内に涙溢れて…素敵な作品でした。
その声のあなたへ
のレビュー(142件)