全米の女性がマッチョな男達に大熱狂!「マジック・マイクXXL」が遂に日本上陸!

3度の飯より3本の映画を選ぶ男です。

キクジロー

うだるような暑い夏が終わり、季節の変化を感じるこの頃…しかしまだまだ”アツい映画”が遂に日本上陸します。その映画の名は「マジック・マイクXXL」。

magicmikexxl_filmarks

あ、どこかで聞いたことのあるタイトル…と思った方も、何その映画?とお思いの方も、本記事を読み終わる頃にはこの映画が観たくてたまらなくなるはずですよ。

全米の女子が大興奮

2012年公開の前作「マジック・マイク」は主演のチャニング・テイタムの実体験を基に製作され、映画が公開される前からかなりの話題となっていました。

そして公開されると同時に、そのキレのあるダンスと、セクシーな肉体美に全米の女子が大熱狂。たちまち大ヒットになりました。

magic_mike_poster

第一作目では、アレックス・ペティファー演じる19歳のアダムが、男性ストリッパーの世界に足を踏み入れ、その世界を手取り足取り教えてくれる魅力的な仲間たちとのドラマがメインです。

その中心的な存在がチャニング演じるマイクという男。ステージに立つだけで女性からは熱い歓声を浴び、全ての視線をとりこにするような圧倒的パフォーマンスを魅せる男なのです。

続編の「マジック・マイクXXL」ではそんなマイクのストリッパー人生最後の舞台に迫る、まさしくマイクが主人公となる作品なのです。

前作で「チャニング・テイタムのダンスがもっと見たかった!」と思ったそこのあなた。本作はそんなあなたの期待に応える超ホットな続編になっています。

全米一ホットな男

チャニング・テイタムの知名度は海外では圧倒的ですが、日本ではまだまだ超有名とまではいかないかもしれません。

それもそのはず、彼の出演していた作品は、海外では大ヒットするものの、日本ではあまりヒットしていないため、印象に残らない役者の一人なのかもしれないですね。

彼の人気に火がついたのは、2006年に全米公開された青春ダンス映画「ステップ・アップ」でした。寡黙でシャイな不良少年とバレエダンサーを目指す少女が出会い、ダンスを通して惹かれあうという物語で、全世界の女性のハートがガッチリと掴んだのです。

チャニング・テイタムはPEOPLE誌が選ぶ「最もセクシーな男性」でNo.1に選ばれた経験もあり、米国での人気っぷりは説明不要なほど。

気取ったマッチョ男かとおもいきや、実は彼の本当も魅力は「人懐っこさ」なんです。インタビュー等で見せる穏やかでふざけたジョークにもさらりと対応するノリの良さから、女性だけでなく男性からも安定した支持を得ているのも、人気が衰えない理由かもしれません。

マット・ボマーにも大注目!

主役であるチャニング・テイタムが一番目立っているものの、個人的には脇役のマット・ボマーをかなり推しています。

彼は日本でも人気の海外ドラマ「ホワイトカラー」で知的でハンサムな詐欺師を好演していますが、「マジック・マイク」シリーズではその隠された肉体美を惜しげもなく大胆に披露するんです。

本作では彼の知的で落ち着いた見た目と、無駄なく鍛え上げられた体のギャップにやられる女性もかなり多いはず。

そして、実生活ではゲイであることをカミングアウトしている彼は、ハリウッド業界でかなり好感度が高い俳優の一人でもあります。

彼ほど有名になると悪い噂やゴシップで溢れてしまいそうですが、素敵な旦那さんと3人の養子を育てていることからも、大人のオトコの余裕が感じられます。

女性ファンとしては少し複雑な気持ちかもしれませんね。しかし「マジック・マイクXXL」には他にもセクシーな俳優が出演しているので、あなた好みの俳優を見つければ、より一層映画を楽しめるかもしれませんよ!

映画館で女子会して盛り上がろう!

「マジック・マイクXXL」は恋人と観るのではなく、できれば女性同士で盛り上がりながら観るのをオススメします。大げさに言えば、映画館で「女子会気分」で観るのが一番正しい鑑賞方法ともいえるかもしれません。

日本の女性も男性抜きでたまには弾けてみてはいかがでしょうか?(もちろん周りに迷惑をかけない程度にですが…)

 
10月の新作映画こちらもチェック!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • りぃ
    -
    久々に観たんだけどやっぱ応援上映やりたい 前作の方がダンス場面が多くてそこはそっちの方が好みなんだけど盛り上がり的には今作の方がよかった 特にというか1番は作業場のダンスよね.... 舞台上に女性を上げるダンスよりも想像させるようなダンスがみたいよ〜続編!
  • さちか
    3.5
    記録
  • AQUA
    3.3
    3作目が撮影に入りそうという事で鑑賞。 前作で夢にまでみた堅気の生活だったが彼女とも上手くいかず、立ち上げた仕事も従業員に雇用保険を支払えないくらい厳しい現状のマジック・マイクの元に元ストリッパーからダラスが旅立ったと連絡が届く。 駆けつけたマイクだったが実はダラスは死んだのではなく、キッド(マイクの弟分)を連れてマカオに旅立っていた。 マイクは昔の仲間に誘われダンスコンテストに出場する事で自分自身を取り戻そうとするのだが・・・ 前作は抜け出せない事への苦悩がありありと感じられたが今作はイマイチだったなぁ チャニング・テイタムのダンスシーンは凄かったな、ただストリッパーなので腰振り多用なのは仕方ないか 映画.com参照 男性ストリップの世界を人気俳優チャニング・テイタム主演で描いた全米ヒット作「マジック・マイク」の続編。伝説のダンスパフォーマー、マイクが引退してから3年が経った。マイクはかつての仲間たちや新たな友人と出会いながら、再びステージに立つべくマートルビーチのダンスコンテストに向かう。道中で様々なトラブルに巻き込まれながらも、一行は鍛え抜かれた肉体美とサービス精神で行く先々の女性たちを魅了していく。キャストにはテイタムをはじめ、テレビシリーズ「ホワイトカラー」のマット・ボーマー、「トゥルーブラッド」のジョー・マンガニエロら前作のメンバーが再集結。共演に「ハンガー・ゲーム」シリーズのエリザベス・バンクス、「ラム・ダイアリー」のアンバー・ハード。前作を手がけたスティーブン・ソダーバーグ監督は製作総指揮や撮影、編集を担当。これまでのソダーバーグ作品の多くでプロデューサーを務めてきたグレゴリー・ジェイコブズが新たにメガホンをとった。 マジック・マイクXXL Magic Mike XXL 2015/アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • ちょいこ
    2.9
    1は面白かったのになぁ
  • どら息子
    4
    ロードムービー
マジック・マイクXXL
のレビュー(4420件)