どの世代にも響く!『あなたの旅立ち、綴ります』が教えてくれる人生を楽しむ方法

人生の楽しみ方を教えてくれる映画『あなたの旅立ち、綴ります』Blu-ray&DVDが11月2日にリリース!

あなたの旅立ち、綴ります』のBlu-rayとDVDが11/2より発売されます。
80代の元キャリアウーマンの訃報記事を生前に作ることを通して、人生の楽しさと可能性を教えてくれる物語。

アパートの鍵貸します』の大女優シャーリー・マクレーンと『マンマ・ミーア!』の演技派女優アマンダ・セイフライドが共演! 観れば後悔しない生き方のヒントがもらえるかも!? コミカルなシーンも満載の心温まる作品です。

あなたの旅立ち

最高の訃報記事にするために、80代にして自分を変える!?

ビジネスに成功し、何でも自分で決めてきたことを誇りに思っているハリエット(シャーリー・マクレーン)。しかし80歳を過ぎて、孤独と死への不安が募るように。ある日、知人をほめちぎる訃報記事を目にし、自分が死ぬ前に訃報記事を用意することを思いつく。そこで地元の新聞社で若手の訃報記者として働くアン(アマンダ・セイフライド)へ依頼することに。

あなたの旅立ち5

しかし、アンがハリエットの知人に取材しても自分勝手で頑固で完璧主義の彼女のことをよく言う人は誰もいない。そこで理想の訃報記事として必要な要素、「家族・友人に愛される」、「同僚から尊敬される」、「誰かの人生に影響を与える」、「人々の記憶に残るようなことをする」、これらを満たすためにハリエットは自分を変えることを決意する。

あなたの旅立ち3

  • ◼︎人生映画となった。私に欠けてた言葉、求めてた言葉が降り注いでくる。涙が止らない。この映画に出会えてよかった。(kenxkoさん)
  • ◼︎ラストシーン、涙が流れてしまいました。うまく自分を信じられず、自分が表現できていない人にぴったりの映画!自分を知りたくなる!信じたくなる!強くなる映画!(Mariさん)
  • ◼︎とてもキュートでハートフルなガールズムービーといった風情の爽やかに感動できちゃう作品でした。(NOOO000oooさん)

3世代にわたる女子の友情がとてもハッピー!

まず、誰かの人生に影響を与えることをするためにハリエットとアンが訪れたのが親元で暮らせない子供たちがいる地域のコミュニティセンター。そこで出会ったのが生意気だけど頭の回転が早いブレンダ。彼女に目をつけたハリエットは、ブレンダを自分のお供につけて言葉遣いや人への接し方などを教え込みます。また、訃報記事を書くためにハリエットに協力しているアンは、彼女とともに行動したり、取材をしたりしているうちに、実は部下から尊敬されていたこと、彼女がしていることはただのわがままではなく、その人の可能性を信じて、信念を持って行動していることがわかっていきます。

あなたの旅立ち8

そして、ハリエットと絶縁状態の娘へ会いに出かけたときに泊まったモーテルで、3人ではしゃいだり、ハリエットがいた会社へ大胆でおちゃめな復讐、成功して彼女の自宅での打ち上げをしたり……。どんどん絆が深まっていく姿を見るほど、とてもハッピーな気持ちに。そんな女子3世代の友情に注目です!

あなたの旅立ち1

  • ◼︎「最高の訃報」を目指す中で3人はそれぞれ影響を与えあって変化していく。いいところも悪いところも受け入れて、そんな3人が本当に最高。(はるさん)
  • ◼︎ハリエット、アン、ブレンダの3人組が良い。歳の離れた3人が、出会うことによってそれぞれが影響を与えあい、変容していくストーリー、こういうの大好き。(おかゆいさん)
  • ◼︎シャーリー・マクレーン、アマンダ・セイフライドに加えて愛らしい9歳のインターン、この3人の魅力に心温まり、幸せな気持ちで席を立ったわ。(Vegaさん)

人生にチャレンジする女子たちを彩るファンキーな楽曲も魅力!

流行りの曲ではなく、DJがセレクトしたレコード盤を流してくれるアナログテイストなラジオ番組がお気に入りのアン。彼女のおかげでかつて自分が音楽好きだったことを思い出したハリエットは、手持ちのありったけのレコードを持ち込んで、ゴリ押しで地元ラジオ局のDJに!

あなたの旅立ち4

「人々の記憶に残る」というワイルドカードを手に入れたハリエット。彼女の、いくつになってもチャレンジできることを証明してくれるアクティブな行動力を表すかのように、劇中に流れる楽曲もファンキーなんです! ハリエットがお気に入りだったバンド、ザ・キンクスを筆頭に、有名無名問わずロックからヒップホップまであらゆるジャンルのサウンドが聴けるのも特徴。ストーリーを追いながら、流れてくる楽曲にもぜひ耳を澄ましてみてください!

あなたの旅立ち

  • ◼︎ラストは涙が止まりませんでした!!BGMも良かった!!あと久々にドーナツ盤を聞きたくなりました(すnさん)
  • ◼︎ロック、レコード、キンクス好きからしても嬉しい限りの映画。(saccharinさん)
  • ◼︎出てくる曲が全部かっこいい。気持ちが沈んでる時に気分転換で見たい映画。(RSさん)

80代が教えてくれるアドバイスは、名言ばかり!

実は訃報記者ではなくてずっとエッセイストになりたいと思っていたアン。でもなかなか前に進めないのは自分に自信がない上、失敗したくないから。しかも恋もそう。ずっと憧れていたDJが好きなのに憧れのまま留めておこうとする彼女。そんなアンにハリエットがかけた言葉は、「失敗しなさい」。普通なら失敗しない方法を教えてくれそうなもの。でも、80年も生きてきた人だからこそわかるアドバイスは、観ている側の胸にも深く刺さります。ほかにも、観るたびに新しい発見がありそうな名言がたくさん散りばめられています。

あなたの旅立ち6

  • ◼︎同年代から? ?ける刺激や安定も必要だが、年が離れた人との交流でしか生まれない気付きも大切にしたい。(iikeshikiさん)
  • ◼︎心に留めておきたくなるような言葉がたくさん!ちょっと背中を押してくれるような、心地の良い優しい映画でした。曲も良かった。(Yumiさん)
  • ◼︎意味のある1日を過ごすこと、やりたいことをやること、自分の信念を大事にすることのメッセージ性が強くて共感!(MisatoIshizukaさん)

何度も観たくなるような味わい深くて、挫けそうになったときほど人生の楽しみ方を教えてくれる作品。ぜひ、Blu-rayやDVDで堪能してください!

◆映画『あなたの旅立ち、綴ります』 information

あなたの旅立ち7

あらすじ:ビジネスで成功し、何でも自分で決めてきた自分を誇りに思っているハリエット(シャーリー・マクレーン)。しかし80代に入り、孤独と死の不安から訃報記事を事前に作ることを思いつく。そこで地元の新聞社で働く若手の訃報記者・アン(アマンダ・セイフライド)に依頼するが……。

上映時間:108分2018年11月2日Blu-ray・DVD発売
発売元・販売元:ポニーキャニオン
公式サイト:https://movie-product.ponycanyon.co.jp/item037.html
(C) 2016 The Last Word, LLC.All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • みんと
    3.9
    想像の域を越えないんだけど、素敵なお話だった。 シャーリー・マクレーンの貫禄の演技、円熟味を帯びた佇まいから発せられる台詞の説得力にはただただ頷くのみ。その圧倒的な存在感とアマンダ・セイフライドの発展途上の若々しさとが絶妙に絡み合っていた。 80代になって孤独と死への不安を抱くようになった老婦人ハリエットは自身の訃報記事を生前に用意しておこうと考える。若い新聞記者アンに執筆依頼した事から世代を超えた友情が芽生え始める、、、 力を尽くして生きてきたからこその人生の重みとか深みとか、とにかく名言の数々が心に沁みる。 良い一日よりも意味のある一日を... 自分自身に言われているかのようで殊更心に響く言葉だった。 良くも悪くも他人に媚びを売らず信念を持った生き方は潔いし羨ましくも思える。 他人の目を気にして言いたい事もやりたい事も出来ず最終的に表面的な良い人で終わるよりずっと良い。 忘れちゃいけない根っこの部分さえブレなければ、人生は楽しんでなんぼ! 切々と説われる作品だった。 まさしく出会いが人生を変える、、、 アンとハリエットの出会いはお互いを、更には周囲を巻き込んで人生の素晴らしさを教えてくれるものだった。
  • koyahiro
    3.5
    昔の職場の上司を思い出した。  彼女もすでに亡くなっているけれど、 とても厳しく、感情がストレートで 陽気な人だった。 今となっては、羨ましくも感じるなぁ〜 人に嫌われるとか気にしない。 ステキな人を思い出させてくれた作品。
  • mikkkku0407
    3
    三世代の女性がキャッキャしてるのが可愛い
  • sunico
    3.7
    笑いあり涙ありで良いお話なんだけど 何だか話の流れが予定調和で 鼻についてしまう。。。 でも俳優さんのお芝居が上手くて 面白くみれちゃうんだけど。 もちろんDJしたり好きなシーンは 沢山ありました〜 しかしシャーリーマクレーンって 本当に素敵で可愛い。 あのお年で湖に生足出して入るとか 全身全霊で芝居してる感じがして やはり凄い女優。 足長いし。 しかし邦題よくないわ。覚えられん。 英語ができない私でも 原題のが伝わるわ
  • ちゅんり
    5
    原題「The Last Word」です、念のため(邦題問題)。 彼女は曖昧さを嫌がり、愛想笑いや妥協や、なんとなく感じる恐怖、みんな打ち消して自分の感じる「自分のあるべき道」を突き進む。 心のままに泣いたり笑ったりすることを忘れるほどに懸命に生きて、最後の最後に最大の難関が。 なんかもうね、こんな完璧な人生ある? まんまと乗せられてシアターで号泣を押し殺して窒息しかけた。 あとねー 音楽って素晴らしい。勝手に人生を語ってくれる、悲しくても楽しくても、歌ってくれる。勝手に突き動かしてくれる。リズムに乗らせ、踊らせて、笑わせて、そして泣かせる。 音楽って年齢も性別も立場も肌の色も全然関係なくて、でも心に強く関係して来る。 本当に何度でも、音楽がたまらなく愛しいと思う。
あなたの旅立ち、綴ります
のレビュー(3610件)