映画ファンが「騙された…」傑作サスペンス映画はコレ!大どんでん返しから人怖系までおすすめ20本

映画ファンに人気のサスペンス映画『羊たちの沈黙』『セブン』『哭声 コクソン』など計20本を紹介。

映画ファンが面白い!と高評価する、大どんでん返しなど予想もつかないラストや、ゾッとするような人の怖さを描いた傑作サスペンス映画をまとめて紹介。

サイコ』(1960)

サイコ

出来心から会社の金を横領して逃亡した女性マリオンは、警察の目をかいくぐり、一軒のさびれたモーテルに辿り着く。そこには管理人の青年ノーマンと、離れに住む年老いた彼の“母”がいた……

実在の殺人鬼エド・ゲインの犯罪にヒントを得て執筆された同名小説を、サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックが映画化。映画史に残るシャワーシーンをはじめ、その音楽や映像演出は後世の作品に大きな影響を与えた。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

羊たちの沈黙』(1990)

羊たちの沈黙

映画史に「ハンニバル・レクター」という殺人鬼の名を刻み付けた最初の作品。元精神科医の囚人レクター博士が明晰な分析力を発揮し、FBIアカデミーの実習生クラリスと事件を解決していく。

第64回アカデミー賞作品賞・主演男優賞・主演女優賞・監督賞・脚色賞と、主要部門を総なめにした。アンソニー・ホプキンスとジョディ・フォスターの共演と、ジョナサン・デミ監督の演出が織りなす珠玉のサスペンス。

ビデオマーケットで観る【初月無料】

ユージュアル・サスペクツ』(1995)

ユージュアル・サスペクツ

現場から消えた大量のコカインと現金。事件を知る男の証言から浮上した「カイザー・ソゼ」という謎の存在。スリリングな展開とすべての観客が騙されるラストは公開当時話題となった。

本作でケヴィン・スペイシーは第68回アカデミー賞助演男優賞を受賞。巧みな脚本で脚本賞を受賞したクリストファー・マッカリーは監督としての活躍もめざましく、ブライアン・シンガー監督の出世作となった。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

セブン』(1995)

セブン

「七つの大罪」をなぞった連続殺人事件が発生する。事件を追うベテランと新人の刑事は次第に犯人像を摑んでいくが、事件は思わぬ展開に。誰もが衝撃を受けるあまりにショッキングなラストとは……。

監督は『ゴーン・ガール』などの名匠デヴィッド・フィンチャー。その後ヒットメーカーとして数々のサスペンスを手掛けることになるフィンチャーの原点といえる作品。豪華俳優陣の名演も必見。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

アイデンティティー』(2003)

アイデンティティー

記録的な激しい豪雨のため交通が遮断され、人里離れたモーテルに泊まることになった10名の男女。その中のひとり、わがままで落ち目の女優が行方不明になり、やがてその頭部が洗濯機の中から発見される。犯人は誰で、その目的は何か。謎が深まる中、殺人は続いていく……。

監督はその後『ナイト&デイ』や『LOGAN ローガン』を手がけるジェームズ・マンゴールド。観る者に先読みさせない展開と語り口が特徴的な異色ミステリーに仕上がっている。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

エスター』(2009)

エスター

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS