映画ファンが「正直おすすめできないかも…」と悩む!衝撃的すぎる「トラウマ映画」10本

映画は愛と寛容さ、そして覚悟を忘れずに!

チャーリー

Filmarks内で「トラウマになった…」というレビューを集める映画10本をまとめて紹介。高評価が集まるが、あまりに衝撃的な作品で、映画ファンの中でも賛否が分かれる10本をセレクト。

バニー・レークは行方不明』(1965)

シングルマザーのアン・レーク(C・リンレー)が保育園に娘バニーを迎えにいくと、娘の姿はどこにも見当たらず、バニーの名は名簿にも記載されていなかった。不信感を抱いたアンは、ニューハウス警視(ローレンス・オリヴィエ)とともに捜索を開始するのだが……。

アメリカの作家イヴリン・パイパーによる同名小説を原作に、『悲しみよこんにちは』(1957)などの巨匠オットー・プレミンジャー監督が映画化。娘の失踪が母親による妄想としか思えないミステリアスな雰囲気は、ハリウッド随一のドラマの名手ならではの表現力によるものだ。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

マドモアゼル』(1966)

村人たちから「マドモアゼル」と呼ばれる小学校の教師(ジャンヌ・モロー)は、森の中で汗あまみれで働くイタリア人のきこりたちをみることで欲求不満を解消していた。しかし相次ぐ不審火の犯人としてきこりのマヌー(エットレ・マンニ)が疑われ……。

フランス文学界の怪物ジャン・ジュネが書き下ろした原案をもとにマルグリット・デュラスが脚色し、『長距離ランナーの孤独』(1962)のトニー・リチャードソンが監督を担当。フランスを代表する女優ジャンヌ・モローがマドモアゼルの官能的な性質を見事に体現した。

時計じかけのオレンジ』(1971)

不良グループのリーダーであるアレックス(マルコム・マクダウェル)は、喧嘩と暴力、盗みにセックスに、あらゆる犯罪的な遊興に耽っていた。しかしある殺人事件で仲間に裏切られ、アレックスはついに投獄されるのだった。

イギリスの小説家アンソニー・バージェスによる同名小説を、『2001年宇宙の旅』(1968)の巨匠スタンリー・キューブリック監督が映画化。センセーショナルな物語とともにキューブリック監督の狂気と暴力、偏執と欲動の世界が圧倒的イメージで観る者の瞳を刺激する。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

震える舌』(1980)

マンションの近くにある埋め立て地あとで泥遊びをして遊ぶ少女・昌子(若命真裕子)は、釘で手をけがしてしまう。そこから様子が急変し始める昌子は破傷風であると診断される。昌子の両親である昭(渡瀬恒彦)と邦江(十朱幸代)は寝ずの看病を続けるのだが……。

三木卓が1975年に発表した小説を原作に、『張込み』(1958)などの巨匠・野村芳太郎監督が映画化。破傷風に侵される少女を怪演した若命真裕子の演技力はさることながら、ひとりの少女の闘病記をホラー映画調で演出した野村監督の手腕と炯眼に驚く。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

箪笥<たんす>』(2003)

退院してきたスミ(イム・スジョン)とスヨン(ムン・グニョン)の姉妹は、ソウル郊外にある一軒家で継母のウンジュ(ヨム・ジョンア)に迎えれる。しかし姉妹は継母の態度に不信感を覚える。同時に家の中では怪奇現象が起き始め……。

韓国の古典怪談として知られる『薔花紅蓮伝』に着想を得たホラー作品で、6度目の映画化となる。監督は『反則王』(1999)のキム・ジウンが担当し、アジア特有のホラー映画らしい淀んだ雰囲気が恐怖心を駆り立てる。

スプライス』(2009)

科学者のクライヴ(エイドリアン・ブロディ)とエルサ(サラ・ポーリー)は、人間と動物のDNAを配合するという禁断の実験に成功する。誕生した新生命体をドレン(デルフィーヌ・シャネアック)と名付け、大切に育てていくのだが……。

『キューブ』(1997)のヴィンチェンゾ・ナタリが、アカデミー俳優エイドリアン・ブロディを主演に、ある科学者コンビが体験する恐怖を描いたSFサスペンス。B級ホラー映画感満載の作風がホラー好きにはたまらない。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS