【座談会】大ヒット公開中、ディズニー最新作!美しすぎる世界観に大興奮!<Filmarksサポーター企画>

大ヒット公開中、ディズニー最新作『くるみ割り人形と秘密の王国』の魅力をFilmarksサポーターがご紹介!

『美女と野獣』のディズニーが、超一流のスタッフ&キャストを結集して贈る『くるみ割り人形と秘密の王国』。先日より募集したFilmarksサポーターに、いち早く本作を観てもらい、作品の魅力を語ってもらいました。その座談会の模様を以下ご紹介します!

ディズニーが贈る、珠玉のファンタジー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』

くるみ割り

ただいま大ヒット公開中の本作は、不朽の名作「くるみ割り人形」をディズニーが超一流のスタッフ&キャストを結集して実写映画化した作品。映画という枠におさまらない壮大なスケールで描かれる、豪華で美しい世界と華やかな衣裳、そしてチャイコフスキーの不朽の名曲に彩られた、ディズニーならではとも言える“究極のプレミアム・ファンタジー”。

運命の糸に導かれ、壮大な別世界を旅するクララ役には、『インターステラー』で主人公の娘役を演じ、鮮やかな印象を残したマッケンジー・フォイ。”お菓子の国”の統治者、シュガー・プラムを演じるのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズで世界的な人気を得たキーラ・ナイトレイ。他モーガン・フリーマンヘレン・ミレンなど豪華俳優陣が脇を固める。

まるで映画と舞台、両方観ているような贅沢さ。
誰もが親近感を抱く、ディズニーの新ヒロインが誕生!

くるみ割り人形と秘密の王国_サポーター

【Filmarksサポーター】 ※左より
MihoMatsumotoさん
konomintさん
Yoliceさん

──『くるみ割り人形と秘密の王国』を観た率直な感想を教えてください。

konomint:スローモーションでじっくり観たいくらい、綺麗な映像でした。シンプルなストーリーと、見た目に捉われないで、自分の心で見て判断しようというメッセージ性も分かりやすく、子供にも大人にも楽しめる映画だと思いました。

MihoMatsumoto:映像が最初から最後までうっとりするくらい綺麗。まっすぐなストーリー性も伝わりやすく、音楽、衣装、バレエも素敵で夢見心地でした。

Yolice:ファンタジーの世界観や衣装も可愛かったです。科学の要素があったので、現実の世界とファンタジーのつながりも違和感なく観ることができました。

──本作のヒロインのクララにどういった印象を持ちましたか?

konomint:予告を観て、可愛いドレスを着ているけど、科学や機械が好きとか、聡明なイメージがあったのですが、意外に自分に自信がなかったり、居場所がないことに悩みを持っていたり…。だからこそ、誰が見ても共感できるのではと思いました。

MihoMatsumoto:孤独を感じたり、人とは違うことにコンプレックスを持っているけど、芯を持って、自分が正しいと思ったことに突き進む姿はかっこいいなと思いました。誰にでもある部分が共感でき、ファンタジーだけどリアリティがあり、親近感を持てました。

Yolice:兵隊たちがおじけづいてしまう場面で、クララ自ら先頭に行くなどしっかりした面が印象的でした。その反面、自分の悩みもさらけ出して、待っているだけでなく、自分で切り開いていく。女性の描き方の幅が広いなと感じました。

──一緒に映画を観にいくなら、誰が良いでしょうか?

konomint: 綺麗なもの、可愛いものがたくさん出てくるので、女の子の友達と観に行きたいです。観終わった後、共感し合いたいと思いました。クリスマスの日だったら、デートで観ても良いと思います。出てくるものがロマンチックなものなので、映画を観終わった後も、映画の良い雰囲気が続くんじゃないかな。

MihoMatsumoto:私も、女の子の友達と観に行って、可愛いものや綺麗なものを一緒に分かち合いたいです。

Yolice:友達ともそうですが、母とも行きたい。ストーリーもわかりやすいし、普段映画観ない人でも、入り込みやすい映画だと思います。

Filmarksサポーター募集中!

サポーター_バナー

Filmarksでは映画やドラマなどの魅力を広めるお手伝いをしてくれる、Filmarksサポーターを募集中!試写会や座談会に参加して、作品の魅力を世の中に広めていただくことにご興味がある方はぜひご応募ください。詳細は以下にて。

【Filmarksサポーター大募集】映画やドラマの魅力を広めよう!

◆映画『くるみ割り人形と秘密の王国』 information

くるみ割り人形と秘密の王国

あらすじ:愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララがクリスマス・イブの夜に迷い込んだのは、誰も知らない秘密の王国――“花の国”、“雪の国”、“お菓子の国”、“第4の国”からなる<4つの王国>だった。プリンセスと呼ばれ戸惑うクララだが、やがて“第4の国”の反乱によって危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。クララに向けられた「見た目に惑わされるな」という忠告その言葉が意味するものとは?すべては、亡き母がこの目を奪うほどに美しい世界に隠した<真実>を探す、驚くべき冒険の始まりだった・・・・・

上映時間:1時間44分
11月30日(金)全国ロードショー​
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト:disney.jp/kurumiwari
(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • Draw4
    3
    日本ではあまり馴染みのない「くるみ割り人形」が動くメルヘンなお話を、ディズニーの技術陣がロマンチックに描く作品。 この作品は何よりイントロが魅力で、歴代ディズニー映画のイントロの中でも一番のアレンジ(シンデレラ城が出るあれです) 主人公のクララはかつて、くるみ割り人形の国で女王をしていたマリーの娘。お姫様待遇で接してくれる3人の摂政や国の臣下達は見ているこっちもまるでお姫様になったかのような気持ちに。 ただし全体的に物語は薄く、小さい子向きといった印象。 「雪の国」「花の国」「お菓子の国」が一瞬だけチラッと映るんですが、非常に出来栄えがよく世界観も最高でした。それだけに、もう少しこの3国の様子を掘り下げて見てみたかったです。
  • まゆげ
    -
    クリスマス近くなってくると観たくなる。 内容がというより、、 あのキラキラの雰囲気に惹かれてしまう。
  • Kazuki
    3.5
    くるみ割り人形って、こういうお話だったんだと勉強になった。マザージンジャーの顔のヒビが最後まで怖い。
  • れちゃん
    3.5
    言われてるほど悪くなかった。 軽めに観られる、クリスマスファンタジー🎄 公開当時からずっと気になってたので、ディズニープラス入ったら観よう!と思ってた作品のうちの一つです。 ミュージカル調にすればもうちょっと流行った気もする。 よくあるパターンの話なので、映画をよく観る人は展開が割と早い段階でわかってしまったかもしれない…。 ナルニアのような感じで、クリスマスプレゼントを探していたら別の国に辿り着いてしまって… そしてそこにはかつてお母さんも行ったことがあって。。。 お母さんの頃の話、もっと詳しく知りたかったな〜🥺
  • -
    装飾でどうにかなってる映画 話はぜんぜん面白くない
くるみ割り人形と秘密の王国
のレビュー(22241件)