【保存版】意中の相手を確実に落とす!映画の甘い名台詞に学ぶ口説きテクニック

ヒットガールに蹴られたい

竹島ルイ

口説き文句ヘッダphoto by Jl. Figueroa

福山雅治をはじめ、最近の芸能界は空前の結婚ブームですね。しかしながら自分自身は寂しいシングル・ライフの日々、時々レンタルしてきた恋愛映画で疑似トキメキ体験をするだけ。

このままじゃ、ハロウィンやクリスマスといったイベントもお一人様決定かも…とお嘆きのアナタ!ご安心ください。

恋愛において最も重要なファクター、それは“相手を夢中にさせる甘いセリフ”。映画は、その口説きのテクニックの宝庫といえるでしょう。そこで今回は、古今東西の名画から厳選した、意中の相手をウットリさせる名セリフをご紹介いたします。

「君がいて、僕ははじめて完成する」

ザ・エージェント

1996年製作のアメリカ映画『ザ・エージェント』より。

ヤリ手スポーツ・エージェントのジェリー・マクガイア(トム・クルーズ)が、秘書のドロシー(レニー・ゼルウィガー)への想いに気づき、口にするセリフがコレ。

「君なしでは生きられない」とほぼ同じような意味ですが、こちらのほうが重くならずスマートで、なおかつ相手への敬意に満ちています。

ただし、仕事もルックスも完璧なトム・クルーズが言うからこそ効いてくるセリフなので、ご使用の際はくれぐれもご注意ください。

「13の国の言葉で“愛してる”と言える」

さよならをもう一度

1961年製作のアメリカ映画『さよならをもう一度』より。

まだ20代半ばのフィリップ(アンソニー・パーキンス)が、アラフォー美女のポーラ(イングリッド・バーグマン)にアタックしたときの言葉です。

「告白の言葉は、シンプルに“愛している”がいい!」という方も多くいらっしゃると思いますが、その「愛している」を13カ国の言葉で言う訳ですから、効果は13倍といえるでしょう。

このホットなセリフをきっかけに、単なる年下の坊やでしかなかったフィリップを、ポーラは一人の男として意識することになります。

「僕はあるがままの君が、大好きなんだよ」

ブリジット・ジョーンズの日記

2001年製作のアメリカ・イギリス映画『ブリジット・ジョーンズの日記』より。

ヒロインのブリジット(レニー・ゼルウィガー)に、バツイチのカタブツ弁護士マーク(コリン・ファース)がかける言葉がコレ。プレイボーイのダニエル(ヒュー・グラント)ではなく、マークに気持ちが傾くきっかけとなります。

「あるがままに〜」は昨年からのトレンド・ワードでありますが、やはり女性は「そのままの私を好きでいてくれるんだ!」と思えると胸キュンするもの。Let It Go精神でこのセリフにトライしてみてください。

「よければ、一緒に来ないか?先のことは約束できないけど、それなりに楽しいはずだ」

ギター弾きの恋

1999年製作のアメリカ映画『ギター弾きの恋』より。

ギタリストのエメット・レイ(ショーン・ペン)が、ガールフレンドのハッティ(サマンサ・モートン)に言ったセリフです。

ニューヨークに旅立つ決心をし、できれば彼女についてきてほしいけれど、男のプライドや照れもあって、うまくそれを伝えられない…。どことなく口べたで遠回りな表現ですが、そんなトコロが可愛い!と思ってくれる女子もいるもの。

あえて不器用男子をアピールしてみるのもテです。

「1日の最後におしゃべりをしたいのは君だ」

恋人たちの予感

1989年製作のアメリカ映画『恋人たちの予感』より。

長い間友人関係だった、ハリー(ビリー・クリスタル)とサリー(メグ・ライアン)。しかし自分とって本当に大切な相手が誰かに気づき、ハリーがサリーに告白する場面で言うセリフがコレです。それまで膨れっ面だったサリーも、「そんなこと言われたら、怒れなくなるでしょ!」と思わず嬉しさを吐露します。

これからの長い人生、いつも側に君がいてくれたなら。その想いを洒脱な表現で言葉にしていますね。

「愛してる」「知っているさ」

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

1980年製作のアメリカ映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』より。

最後に、趣向を変えて“相手から告白された場合に、一番カッコイイ返し文句”をご紹介しましょう。

最初はいがみあっていた荒くれ者のハン・ソロ(ハリソン・フォード)と、レイア姫(キャリー・フィッシャー)ですが、帝国軍につかまったハン・ソロがカーボン冷凍される寸前、ついにレイア姫が秘めていた想いを告白。それに対し、ハン・ソロは「知っているさ」とクールに答えるのです。

「I Love You」
「I Know」

小学生でも言えるくらいシンプルな英語のセリフなのに、余韻は深し!

あとはひたすら実践あるのみ!

いかがだったでしょうか?実際に口に出すには躊躇するセリフもあるかとは思いますが、多少気恥ずかしい言葉だからこそ、現在に至るまで名台詞として愛されているのです。是非、実生活で実践してみてください。

この企画が好評の暁には、ぜひ第2弾、第3弾…とシリーズ化することを目論んでおります。皆様に一足早い春が訪れることを祈って!!

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • あいぼん
    3.4
    鑑賞わず
  • マタロー
    4.3
    トム・クルーズ主演。アメリカのスポーツビジネスに欠かせない裏方のエージェントの仕事と恋愛と人生のストーリー。 事前情報無しで軽い気持ちで見始めたんだけどめちゃくちゃ面白かった。 敏腕エースエージェントだったトムが儲けだけじゃなくて選手の人生を考えた丁寧なエージェントを提案したところクビに。クライアントも会社側に奪われて、一人だけなんとか繋ぎ止めた選手もクセの強い猪突猛進タイプのフットボール選手のロッド。 事務所にはシングルマザーのスタッフのドロシーだけ。 トムは元エースエージェントだけあって傲慢でプライドが高いビジネスマン。会社を辞めたからといって彼の本質がそう簡単に変わらないし、ヤケクソになってキレ散らかすのが良かった。 そんな彼をバカな発言ばかりしながらも本質を突いた発言をしたり、伸び悩んでるプレイヤーとしての哀愁を感じさせたりするロッドとのバディ感が素晴らしかった。 ヒロインとの恋愛もただの恋愛じゃなく結婚とは?人生とは?と考えさせられるもの。 映画だからってそんなに唐突にうまくいくか?って展開にもちゃんと答えを用意していて良い。 脇を固めるキャラクター、ヒロインの姉やその友人達、ロッドの家族などもちゃんと意味のある役割。笑いを誘うコメディパートも面白かった。 一番素晴らしかったのはフットボールシーンをちゃんとガチで撮影してるところ。 シーズン途中のダイジェストはGBやPITとの対戦シーンが描かれるし、ラストのDAL@ARIのMNFなどは殆ど本物。 キャスター陣は実際の本人達だし、両チームのプレイヤーもちゃんとプレイしてガッツリタックルしてる。 ちょい役でダラスのレジェンドことトロイ・エイクマンが出てくる。マジでデカいのでNFLファンは必見。 エージェントの仕事に興味持ってもっと知りたい人はロック様主演のBallersを観ましょう。全シーズン日本語版出してくれー。
  • Basco
    4.5
    スポーツエージェントとして活躍するジェリーは利益だけを追求している会社の在り方に嫌気がさし、ある日会社に提案書を出すが、首になって、、、というストーリー。 クライアントがいないという状態から再び再起を狙い夢を追いかけ続けるといった感じなのだが、夢を諦めない男ジュリーとロッドの間に芽生える友情、そして、バツイチ子持ちドロシーとの恋愛も上手く描かれている。 何よりも自分の信念を信じてやり抜く。そうすればきっと運も味方してくれることを教えられた気がする。
  • ながまさ
    3.7
    この時のトムクルーズいい 代理人の話ってのも面白みある。
  • noritama
    3.2
    show me the money!
ザ・エージェント
のレビュー(8186件)