【吉田沙保里】夢、願いを持つことの大切さと“本当の願い”について改めて考えさせられました『アラジン』

 元レスリング選手 吉田 沙保里さん

アラジン

いまなお語り継がれるディズニー不朽の名作『アラジン』が実写映画化され、いよいよ6月7日(金)より公開されます。映画では、アラジンジャスミンジーニーの3人がそれぞれの“本当の願い”を叶えるための冒険が繰り広げられます。

そこで、13大会連続で世界一を獲得しギネス世界記録に認定されるなどご自身も“願いを叶える力”を持った吉田沙保里さんに映画『アラジン』の魅力と吉田さん流の“本当の願い”を叶えるメソッドを伺いしました。

アラジン

小さな目標から少しずつチャレンジしてみる

元々アニメーション映画の『アラジン』も大好きだったのですが、今回の実写版映画『アラジン』も期待を超える映像とアレンジが最高でした!

特にウィル・スミス演じるジーニーがお気に入りです。アニメーション版の彼もお茶目で楽しいキャラクターでしたが、今作では更にウィルならではのアレンジも利いてよりチャーミングで親しみやすいキャラクターとして描かれ、主人公アラジンをまさに“最高の友達”としてサポートしてくれます。

そんなジーニーは魔法で鮮やかに願いを叶えてくれますが、現実はそうはいかない局面も多い。私は“願い”を叶えるには「小さな目標を一つずつ積み重ねること」が大切だと思っています。3歳の頃からレスリングを始め、小さな目標を一つずつ積み重ねた先で「オリンピックで金メダルを取る」という大きな“願い”を持ち、叶えることができました。

たとえジーニーのようにはいかなくても「前回の得点を1点でも超える」みたいな小さなチャレンジを繰り返すことで、いつかアラジンのように“本当の願い”に辿り着くことが出来るんじゃないかな。

アラジン

叶えたい願いは口に出してみる

元々大好きなジーニーも勿論ですが、美しさと芯の強さを兼ね備えたジャスミンも魅力的でした。彼女は国民想いの聡明な王女で、現状をただ嘆くのではなく行動に移すのですが、その度しきたりや偏見に行く手を阻まれる。

ですが彼女は厳しい言葉や態度にうちのめされても「民を救うため王になりたい」と口にし続け、挫けずに立ち向かっていきます。その姿に同じ女性としてつよく共感を覚えました。

私自身、女子レスリングも当初はオリンピックの正式種目ではありませんでしたが「オリンピックでの金メダル」を信じ続け、周りにもその目標を伝えることでモチベーションを保ち続けました。その結果、晴れて女子レスリングがオリンピック正式種目に認定されたとき、私も「オリンピックの金メダル」を手にすることが叶いました。

そんなジャスミンの、強い想いを表明し自らの道を切り拓いていく様はいま“叶えたい願い”を持つ人の背中もつよく押してくれると思います。

アラジン

「ダイヤの原石」を磨き続ける

貧しい境遇がゆえアグラバーの街で「ドブネズミ」「クズ」と蔑まれ続けるアラジンですが、目の前で困っている人を放っておけなかったり、人に気遣いを悟らせない優しさなど、その境遇に負けずに人を思いやる正しい心――“ダイヤの原石”を磨き続け、映画のラストでは本物のダイヤにも負けないつよい輝きを放ちます。

自分自身もふくめ、人間は思っているより弱い生き物なので、目標があってもつい怠けて休んでしますが、実は誰もがみな“ダイヤの原石”を心に秘めているのではないかな、と私は思います。

私の場合は、毎日レスリングの練習を積むことが“ダイヤの原石”を磨く作業でした。勿論かなり厳しい練習もあったのですが、アラジンが自らや仲間を信じて正しい心を持ち続けたように「目標に向かうこと」が正しいと信じ、またそんな私を家族やチームのパートナー、皆が支えてくれたので辛い練習にも耐えることが出来ました。

アラジン』は、願いを持つことの大切さと、人と人の絆や仲間がいるからこそ叶えられる“願い”を改めて思い出させてくれる映画です。

アラジン

吉田沙保里さんプロフィール

元レスリング選手。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(2004年、2008年、2012年)。

■ 映画『アラジン』imformation

アラジン

STORY:人生を変えたいと願う貧しい青年アラジン、自由を求める王女ジャスミン、そして“3つの願い”をかなえることができる“ランプの魔人”ジーニー。この運命の出会いによって、彼らは“本当の願い”をかなえることができるのか?胸おどる冒険と真実の愛を描いた究極のエンターテイメント。

美女と野獣のディズニーが『アラジンを実写化
あなたの世界は、輝いてますか?

6月7日(金)公開
https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html
(C)2019 Disney

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • GreenT
    3.5
    フツーに童心に返って楽しめました! 一番良かったのは、登場人物みんな、「動物のコンパニオン」がいるところでした。ペットじゃないんですよ!アラジンは、アブーというお猿さんがコソ泥のパートナーで、アブーなしには仕事は完結しない。プリンセスは、ラジャーという用心棒のトラ。ヴィランのジャファーは口の悪いオウムのイアーゴ。やっぱ動物には弱いなあ。CGI と分かっているので、動物虐待とかも気にしないで「かわいい~!!!」って盛り上がれる。 あと、魔法の絨毯が擬人化されていたけど、これも単純に面白かった。フサで感情を表現したり。最後破れちゃったとき、マジで心配しちゃったもん。なんか魔法で直していたけど、これ、お猿のアブーが手で縫ってたら可愛かったのになあ。 ガイ・リッチー監督ね~!!良かったと思います!私はこの人の映画はすごいオシャレでスタイリッシュだと思ってて、この映画も色とかデザインすごいキレイだし、大げさに盛り上げるところは盛り上げる、見ていて楽しかった。 ダンスのシーンとかアクションのシーンの、なんか微妙にフィルムのスピード上げたりして動きが異様に見えるとか、そういう面白いことしてくれて、子供向けでセリフとかバイオレンスとか制約があってもなにか面白いことしよう、って感じにしてくれてたと思う。 あと、バックグランドにすっごい気を使っていて、アクションシーンとかでアラジンが中心でなんかやってるところとか、後ろを良く見るとアブーや絨毯が面白いことしていて、いつも後ろばっかり見てた(笑)。 すごい思ったのは、白人のキャストいない!プリンセスの侍女のダリア?が結構白かったけど、この人もイランとアメリカのハーフ。なんかこれね~、キャスティングに4か月使って、アラビアンの雰囲気を出せるキャストすっごい探したらしいよ。 でも私的には、たっくさんいるダンサーとか良く見てみると、インド人ぽい人とか、そもそもアラビアンナイトの人種って、中東の人だよね?ってぼわっとしたイメージはあるけど、現在の感覚で「こういう顔とか雰囲気の人」ってピンポイントで浮かんでこないので、まあこれでいいか~って結構テキトーな感じでしたが、それにしても一応精査したんだなあってのは伝わってきました。 これでも「ホワイトウォッシュだ」って文句言う人がいるらしい。求婚者のアンダース王子役のビリー・マグヌッセンが白人だからって。 その人種でその役柄を演じられるピッタリの役者さんがいるのに、敢えて白人を使うんだったらホワイトウォッシュだけど、まあ~この役それほど重要でもないので、あまり細かいこと言うなよ~と今回は思いました。あと、ダンサーの中に、白人のダンサーが数人いたんだけど、浮かないように濃い目のファンデーションを塗ったってのに文句を言っている人がいるらしく「なにが気に入らないんだ?」って思ったら、「中東系のダンサーを雇わなかった」からだと。 なんか、中東系で歌って踊れてみたいな人を探すのは結構大変だったらしい。しかしほとんどのダンサーがが有色人種で、白人のダンサーはあまりいなかったようなんだけどなあ。 いずれにしろ、多様性とか白人以外の人をもっと使おうよ、ってのは賛成だけど、バックのダンサーはいいでしょう。だって、「白人のダンサーダメ!」ってなったら、今度白人のダンサーが仕事なくなるでしょ。いいじゃないの、上手なダンサーだったら肌の色が何であろうと。でもアラビアンの話だから濃いファンデーション塗りましょう、って別に人種差別でもなんでもないと思うのだが。 ランプの中に囚われているジーニーが黒人っていうのはなんかアメリカ社会に対する風刺?って気がしたけど、ちょっと考えすぎかしら。囚われている黒人を、中東系の人が解放してあげる・・・。子供たちがこれを見て、違う人種の人にいい印象を抱けばいいなあと思った。 キャストと言えば、プリンセスのお父さん、サルタンがホアキン・フェニックスに見えてしょうがなかったんだけど、ナヴィド・ネガーバンっていうイラン人の役者さんだった。似てない?! で、あ、そうそう、ウイル・スミスね!面白かった!本人も良かったし、映し方も「たくさんジーニー」が出てきたりすると素直に笑えた。 私ディズニー観ないのでノーマークだったんですけど、DVDのインタビューでウィル・スミスが「1992年のアニメ版アラジンでは、ジーニーの声をロビン・ウィリアムスがやって大好評だったので、比べられるのが心配だった」って言ってて、なんかこの1992年バージョンはすごい評価高かったらしいですね。 ジーニーだけじゃなく、他の部分も1992年バージョンの良さを殺さないように色々工夫したって書いてあった。 良くなかったところは、歌!上手い人1人もいないし、曲自体イマイチ。でも多分これってディズニーのお約束なのかな?とテキトーにスルーしました。 しかし全体的には結構爆笑したりとか、動物可愛い~!とかって盛り上がって、退屈しないで観られた。小さいお子さんがいて、ガキ向けの映画面白くないよ~って悶絶しているお父さん、お母さんも、これだったら一緒に楽しめていいかも!
  • りりさん
    4.2
    いくらかかってるんだってぐらい豪華だった💰 アラジンよく話知らなかったらから面白かった。舞台を見ているようでした。ウィルスミスジーニーサイコー🧞‍♂️
  • Yuki
    4
    音楽センス!ダンス!ウィル・スミス! 全て良かった! ジーニーを実写化したDisneyはスゴイ!
  • リリィ
    3.8
    記録 13
  • green
    -
    記録
アラジン
のレビュー(171202件)