お父さんってやっぱりかっこいい…!父の日に観たいおすすめ映画15本

『ライフ・イズ・ビューティフル』『リトル・ダンサー』など印象的な父親が出てくる映画を15本ご紹介。

本日6月16日は父の日です。

そこで今回はFilmarksのレビューで「父親」について多く言及された映画を15本ご紹介。

様々な父親の姿に、自らの父への感謝に気づくかもしれません。

アバウト・タイム 愛おしい時間について』(2013)

アバウト・タイム 愛おしい時間について

『ラブ・アクチュアリー』や『ノッティングヒルの恋人』のリチャード・カーティス監督作品。ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス出演。

仲の良い家族の中に育ったティムは、父親から一家に生まれた男はタイムトラベル能力があることを知らされる。能力を使って彼女を作ろうとしていたある日、メアリーと出会い恋に落ちる。ティムはメアリーと結ばれるため、時には家族の不運を回避するために何度もタイムトラベルを繰り返すうちに、人生で大事なことに気づく。

物語はメアリーとの恋愛物語から、父と息子の物語へと変わっていく。同じ能力を持っていた父は、息子にタイムトラベルができるからこそ気づける大事なことをティムに教える。最後、父の家族への愛情に涙を流さずにはいられない。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ライフ・イズ・ビューティフル』(1998)

ライフ・イズ・ビューティフル

ロベルト・ベニーニ監督の代表作品。監督自らが脚本・主演を務め、第71回アカデミー賞 主演男優賞、外国語映画賞、作曲賞受賞作品。ニコレッタ・ブラスキ、ジョルジオ・カンタリーニ出演。

第二次世界大戦化、ユダヤ系イタリア人のグイドと妻ドーラ、息子のジョズエはナチス・ドイツによって強制収容所に送られてしまう。母とも離され不安がるジョズエを怖がらせないため、グイドは過酷な収容所生活を楽しいゲームとして偽る。

最後までジョズエにゲームだと偽り続けた父グイドの姿に、どんなに絶望的な場面でも家族の愛があれば乗り越えられることを教えてくれる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

君の名前で僕を呼んで』(2017)

君の名前で僕を呼んで

『サスペリア』などのルカ・グァダニーノ監督作品。ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマー出演。

避暑地で家族と夏を過ごしていたエリオは、大学教授の父パールマンが招いた大学院生オリヴァーと出会い恋に落ちていく。男性同士のひと夏の恋を描く。

父パールマンは二人の恋に反対するでも裁くわけでもなく、優しくエリオを受け止め包み込む。パールマンのエリオへのメッセージは、そのままこの作品のメッセージとなる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

『リトル・ダンサー』などのスティーヴン・ダルドリー監督作品。トーマス・ホーン、サンドラ・ブロック、トム・ハンクス出演。

父・トーマスは調査探検という遊びでアスペルガー症候群を持つ息子オスカーに人と関わることを体験させる。しかしトーマスはアメリカ同時多発テロの犠牲者となり、帰らぬ人となる。ショックで調査探検をやめるオスカーだったが、トーマスが残した鍵の秘密を探るため、ニューヨークの街へと出ていくのだった。

決してオスカーを否定せず、遊びを通して楽しみながら大事なことをオスカーに教えようとする優しい父親をトム・ハンクスが愛情たっぷりに演じる。

Amazon Prime Videoで観る【30日間無料】

そして父になる』(2013)

そして父になる

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS