清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 身も心も投じた生々しい芝居、充実の撮影現場振り返り【インタビュー】

映画のインタビュー&取材漬けの日々是幸也

赤山恭子

ホットギミック ガールミーツボーイ』が、6月28日より全国公開される。乃木坂46の堀未央奈演じる平凡な女子高生・成田初が、同じマンションに住む同級生ふたりや、秘密を持つ兄との間で揺れる心、恋模様を山戸結希監督による多彩な演出によりみせていく。

ホットギミック

初を取り巻く3人の男性が、強い魅力を放つ本作。エリート男子高に通い頭脳明晰・容姿端麗な女子の憧れの的でありながら、初への想いをうまくぶつけられない不器用な橘亮輝を演じた清水尋也、昔から初の憧れで、現在人気モデルとして活躍するも、どこかミステリアスな雰囲気が漂う小田切梓役の板垣瑞生、さらには間宮祥太朗が誰にも言えない気持ちを胸に秘め、葛藤しながら生きる初の兄・凌を演じている。FILMAGAでは清水、板垣、間宮に集ってもらい、自身の役について、互いについて、語り合ってもらった。

ホットギミック

――まずは、原作や台本を読んで、どのように感じられましたか?

清水 僕、結構、少女漫画が好きで読むんです。映画と違い、漫画のほうがPOPな感じで、茶目っけやコメディっぽさがあるので、純粋に楽しんで読みました。撮影となると、いい意味で漫画通りにいかないんですよね。漫画から映画にする時点で、二次元から三次元、アップデートするよう、責任感を持って漫画と違う良さ、映画ならではの部分を出しました。山戸さんの言う「原作のここは残したい」という意思に沿い、忠実に再現するのが僕たち俳優の仕事なので、汲み取った上で漫画とは違う最終的な完成作に落ち着いたと思っています。

ホットギミック

――役柄については、いかがですか?

清水 漫画の時点では、亮輝はいじらしく、かわいいやつという印象でした。つんけんしているけど、どこか弱くて寂しがり屋で、脆いし。引っ張っているように見えて、自分が追っている側の男の子で、思春期をわかりやすくこじらせているなあ、と(笑)。だけど、映画になると、全体の雰囲気が少しじめっとするというか。セクシャルな表現の含有率は映画のほうが大きいと思ったので、増し増しで、強めにやりました。ミステリアスさを纏いつつ、生々しさも表現したいと思って演じていました。

板垣 僕は、元々少女漫画を読まないので、「女性ってこういうのが好きなんだ……!」と衝撃的なことがたくさんありました。男からすると、少女漫画ってフィクションに感じてしまうところがあるんですよ。映画になるとノンフィクションにしないといけないので、映画になったときにどうやろうかなって……。

清水間宮 ノンフィクションにはしないよね?

間宮 ノンフィクションはドキュメンタリーだからさ(笑)。

全員 (笑)。

板垣 でも! これって究極のドキュメンタリーじゃないですか!?

間宮 え、瑞生って梓みたいなやつなの?

清水 僕たちは違うよ(笑)。

板垣 俺も違うけど……(笑)。フィクション、ノンフィクション問題は忘れてください(笑)。何というか……リアルな少女漫画に近づけたいなと思ったんです。だから、生々しくお芝居をさせていただきました。ずっと「エロく、エロくしてください」と山戸さんがおっしゃっていたので、男らしいところではないセクシャルな感じを出しました。

ホットギミック

――間宮さんは、清水さんや板垣さんの演じた同級生とは異なる、兄というポジションでしたね。

間宮 そうですね。俺も元々少女漫画を理解できる頭を持っていないというか、ロマンチックさとかがないから(苦笑)、自分の解釈抜きで山戸さんに言われたことを、そのままにやりました。……なんか、俺の出てくる場面だけ、めっちゃ照明が暗いんですよね。

全員 (笑)。

間宮 俺、幽霊じゃないかなってくらいすごく暗くて(笑)。あとは、山戸さんの演出だったんですけど、作品でこんなに小さな声でしゃべったことはないくらい、小さな声で話しています。これまで芝居の中では、わりとパキパキしゃべったり、声を張ることが多かったので、こんなに「ん? 何つった?」という風になったのは初めてで、新しいなと思いました。……俺、危ない感じ、しませんでした?

ホットギミック

――間宮さんは「何かが起こる……」と感じさせる俳優さんなので。

間宮 それ、この作品を観た関係者からも言われたんですよ(笑)。ある場面で「~で殺すかもしれない……」と言う台詞があるんですけど、「祥太朗が言うと、まじで殺しそうだよね」って(笑)。

全員 (笑)。

間宮 今までの役の歴を見ると、「あ、この後血みどろの……」っていう。

清水 そういう役、ありましたね(笑)。

間宮 そう、言われて(笑)。結構えぐみの強い役になったのかな、と思います。全体を観たときには、「すっごいねっとりしているなあ」というのが驚きでしたね。

ホットギミック

――それぞれ対峙していらした、主演の堀さんとご一緒した感想は、いかがでしたか?

板垣 堀さんは演技どうこうの前に、そもそも初として俺たちの前に立ってくれていたんです。やりやすい、やりにくいではなく、初がいるから、それに向かって自分たちの役割を全うしていくだけだな、と思っていました。それくらいどっしりと構えてくれて、すごく精いっぱいやってくれていました。「それが初なんだ」という佇まいが伝わりました。

清水 上から目線とかではなく、堀さんは映画が初めてじゃないですか。祥太朗くんは(キャリアが)長く、僕たちは未熟だけど、堀さんより経験がちょっとある。そうなると、芝居が良くも悪くもはったりだと自覚した上でやっているんですよ。僕たちのやっているのは決してリアルではなく、はったりを理解した上で、いかにリアルに線を近づけていけるかの作業なんですよね。対して、堀さんのお芝居は、経験がないからこそ到達できるゾーンだったと思っています。

間宮 そうだね。それぞれのロジックがあって、やり方が違っても「こうやってこう見せよう」とかが、(堀は)ない状態っていうことだよね。

清水 そうです。ないから、逆にスッと入れるんですよね。しかも、そもそも山戸さんとの女の子として生きていく価値観や解釈が、たぶんすごく疎通できていたみたい。山戸さんと深くつながっていることによって、生まれてくる芝居だと思いました。あれが初なのは間違いないと思うし、僕たちにはできない表現技法だなと感じました。

ホットギミック

間宮 ちょっと違う観点になるかもしれませんけど、俺、申し訳ないんですけど「堀未央奈」という名前は知っていたけど、顔まで認識していなくて。知っていたというのも、俺の仲のいい矢本悠馬という俳優が、ゴリゴリの乃木坂ファンで(笑)。……というくらいの知識だったので、現場には「女優の○○さん」という先入観がまったくない状態で入りました。だからこそ、初にしか見えなかったし、初でしかない感をすごく感じていたのは、あります。実際、自分としゃべっているときは、感情の発露的にこっち(清水、板垣)と比べると少ないじゃないですか。だから、映画を観て「自分の知らない初がいるな……」と思いました。

清水板垣 わかるー!

間宮 僕の前で見せる「お兄ちゃん……」みたいな感じではない、亮輝の前では激しい初とかがいて。

板垣 ちょっとうらやましくないですか?

間宮 そうそう!

清水 え、僕も思ったよ? 「梓の前ではあんなメロメロな顔してやがる!!」とか(笑)。

間宮 だからか、未だに堀さんは「初」という感じなんですよね。

ホットギミック

――山戸監督の現場はいかがでしたか?

板垣 楽しかったよね! 「映画、撮ってるなあ!」という感じになりました。

清水 うん。充実した大変さがあった。山戸さんの演出って言語化できないし、かみ砕けないとこなんですよね。それも含めて山戸さんの世界観で、そこにハマッて抜け出せなくなる女の子たちが続出しているんだな、というのもわかります。

間宮 そうだね。

清水 2ページの台詞が6ページになったり、台本は毎日変わりましたね。ハナから独特な表現、哲学的な言い回しが多いので難しかったんですけど、当日の改訂を頂いて覚えたら堀さんと1回合わせたりしていました。やっている間は全然感じないんですけど、終わった後にすっごいお腹が減って(笑)。頭を使うから糖分を欲するんだ、と初めて身をもって感じました。

ホットギミック

――台詞のテンポや間が独特で魅力を感じたんですが、山戸監督から演出がありましたか?

清水 「早くして、早くして」って言われたんですよ。

板垣 うん、めっちゃ言われた!

清水 ケツ噛むくらいで、って。

板垣 ただ、覚えたての台詞のときは、定着していないのですぐに出てこなかったりもして。

間宮 瑞生、俺とのシーン、噛みまくってたよね(笑)? 消えちゃうんじゃないかってくらい「すみません……」って、また噛んで「すみません……」(笑)。

板垣 本当に最後の1台詞、タイミングが合わなくなると、そうなっちゃって……すみません………という感じでした。

間宮 全然! 俺は楽しかったよ! 逆に、俺の場合はテンポが遅かったんですよ。だから、ためて言ったりしていました。

ホットギミック

――特に好きな台詞は?

間宮 亮輝と初の階段のシーン! 初が「私、かわいくないから……」と言ったときに「かわいいとか、かわいくないとか、お前が定義するな。俺が決めるんだよ」とか言いはじめて、最後「以上、解散!」と言って出て行くところ。あの一連が好きですねえ。

清水 あそこ、かわいいっすよね!!(笑)

間宮 うん。かわいかったし、あの尋也の台詞自体が好きで、すごく残ってるな。

清水 あとは、特報にも使われている、梓の「永遠に愛してるって思っても、次の瞬間いらなくなっ? ?ゃうんだ」。

間宮 ああ!!

清水 あれ、いいなあ。梓だからこそ言える台詞だと思うんですよね。あの瑞生の声がすごくよくて。あの台詞を言う上で、きっとどう言おうか悩んだだろうし、はきはきしゃべっていなくて搾り出したような声……自信がなくて、どこか助けてほしそうで。声だけで梓という人間のバックボーンを感じられること、今にも泣いちゃいそうな声がすごくよくて。特報のあの台詞にめちゃめちゃ感動しました。すごく好きです。

板垣 なんか……本当にうれしい、ありがとう……!

ホットギミック

清水 耳だけで感じ取れて、あんなに表現できるのはすごいと思う。普段あまりこういうことを思わないし、言わないけど、僕はこの映画ですごく印象に残っているのは板垣瑞生なんです。いつも「いい映画を作ろう」という思いのみで、誰が一番とか思わないですし、もちろん役者として「俺が一番いい芝居をするぞ」という野望みたいなものは常に持っているけど、今回に関しては、自分が出ているとかを抜きにして、映画として観たときに素直に板垣瑞生が一番よかったと思います。

板垣 ありがとうございます! 一番うれしい人に言われた……うれしいです……!(取材・文=赤山恭子、撮影=岩間辰徳)

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』は、2019年6月28日(金)ロードショー。

ホットギミック

出演:堀未央奈子、清水尋也板垣瑞生間宮祥太朗 ほか
監督:山戸結希
脚本:山戸結希
原作:相原実貴
公式サイト:http://www.hotgimmick-movie.com/
(C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • -
    全体的に台詞がくどい重いけどシガーキスの志磨遼平さんが見られたので良し タクシーに乗るシーンであの子が過ってびっくりした
  • Nちゃん
    1.9
    平凡な女子高生・成田初は、兄、妹、両親に囲まれたごく普通の家庭で暮らしていた。 同じ社宅に住む幼なじみで昔から初の憧れの存在でありモデルの小田切梓。 口は悪いが傷ついた初を励ましてくれる橘亮輝。 初の兄で、ある秘密を持つ凌。 初を取り巻く3人の男性との間で、彼女の心が揺れ動いていく。 こんな悲惨な映画あるのか!?ってくらい残念な作品だった。 ハツミをめぐって3人の男が出てくるのだが、ハツミの父親が梓の母親と不倫関係疑惑にあったことでみんなの関係がギクシャクしてしまうのだが、清純派の無垢を装っているハツミが超クッソビッチで、そんなハツミを3人の男はひたすら可愛い可愛いを甘やかし、ハツミと恋愛関係になりたいと願っているバカなやつら。 17歳の思春期といういかにも性に関心がある世代たちがいかにも取り扱いそうな妊娠というワードを使って性に対する貪欲さを向きだしにして面白そうな雰囲気を作り出している。 そしてそのいかにもな性の話で物語は進んでいく。 やっぱりセックスがどうのこうの言い出すのだが、「血が繋がっているのに生でセックスしたら恋人という関係であってもわずらしさが無くなるんじゃね」的なことを17歳の男が言い出すもんだからこの世の中から中絶が無くならないんだよ。 そして最後まで皮肉みたいな不満のぶつけ合いがそれぞれの関係性との間で続いてめちゃくちゃイライラした。 ハツミは自分が思っている「わからないこと」を言葉にすることで自分に言い聞かせているみたいだった。 ハツミはこの3人の男とは誰とも上手くいかないし、3人の男も思考回路が狭いコミュニティの中でしか発達していないせいでハツミだけが世の女性の中で1番みたいな見方に見えているだけでハツミは超クソビッチだということに気付け! 3人ともにそれぞれに傷付かないような言葉だけを与え、また自分が困ったときにフラッと会いにくるような女だぞ。 てかハツミをこんな性格になってしまったのも、3人の男をこんな奴らに変えてしまったのも、原因を作ったのは不倫した母親や父親のせいであって、そこに焦点を置いてないのがこの作品だと思うけど、だからといってそこを誰も責めないのはおかしい。 全ては不倫した父親と母親だ。
  • Yuna
    3.2
    監督のセンス爆裂、、、 映像と音楽がきれい 狂った街、東京が超綺麗に見えた 好きなアーティストも挿入歌につかわれてて、不思議な雰囲気ははかなくて主人公っぽくてすき! キャラクターはクサイ くっせ〜  とくに序盤のめがねくんのオレ様キャラは萎えちゃった かわいいとおいで連発王子くんには、ちょっとキュンとした。ちょろい。 一番好きなキャラクターはお兄ちゃんだった!間宮くん死んだ目の役うまい
  • 巻尺
    -
    3回目にしてやっとわかった気もする、、堀さんがこんなにブスに映ってしまったことが敗因ではないか
  • Kaz66
    3.6
    「溺れるナイフ」の山戸結希監督が描く、少女漫画を原作とする“女の子”の映画。 原作は未読だが、漫画の世界観を「溺れるナイフ」同様 ヒリヒリするような“リアル”かつ“美しい”映像 に収めている。 普通の(一般的な)恋愛映画=ボーイミーツガールではなく、逆の(でも“女の子”からするとリアルな)女の子の自立を描く=ガールミーツボーイというプロットを意図的にそして上手くやってると思う…。 主人公:はつね役は映画初主演の堀未央奈(乃木坂)、妹役に桜田ひより(24 JAPAN)、はつねを取り巻く3人の初恋相手に清水尋也/板垣瑞生/間宮祥太朗の5人が“あやうく・刹那い”見事な演技を魅せてくれます。 主題歌の花譜、挿入歌の泉まくら、ODD FWらの楽曲もマッチしてていいっ。 19年夏の公開時には、評価が 絶賛/全否定 の真っ二つに割れたそうですが、僕はこの映画の持つ雰囲気だけで もう“絶賛”側です。
ホットギミック ガールミーツボーイ
のレビュー(5845件)