【発表】映画『存在のない子供たち』初日満足度ランキング1位獲得

111

国内最大級の映画レビューサービス・Filmarks(フィルマークス)は、ユーザーが投稿した★スコア・レビュー数をもとに、「7月第3週公開映画の初日満足度ランキング」を発表。先週末に公開され、高い評価を集めた最新映画9作品がランクインしました。

9位『ポラロイド

ポラロイド

[★★★☆☆ 3.23/レビュー数:70件]

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のロイ・リーの製作による、一台のポラロイドカメラが巻き起こす事件を描いたホラー。SNS世代の女子高生が年代物のポラロイドカメラを手に入れ、友人たちとの楽しい時間をカメラで撮り始める。しかし撮影された人々が、次々と悲惨な死を遂げていってしまう。

ポラロイド

8位『東京喰種 トーキョーグール【S】

東京喰種_山本舞香

[★★★☆☆ 3.33/レビュー数:413件]

週刊ヤングジャンプに連載された石田スイによる人気コミックを窪田正孝主演で実写映画化。世界29か国で公開され、国内興行収入11億円を突破した『東京喰種 トーキョーグール』の続編。人間と喰種のハーフとなった主人公・カネキと「美食家」と呼ばれる喰種・月山の闘いが繰り広げられる。

東京喰種 トーキョーグール【S】

7位『チャイルド・プレイ

チャイルド・プレイ

[★★★☆☆ 3.47/レビュー数:883件]

かわいらしい見た目から一転して残忍な殺人を犯す人形チャッキーの恐怖を描いた、ホラー映画史に残る名作『チャイルド・プレイ』を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の製作陣が手がけたリブート版。音声認識センサーや画像認識機能など、最新技術によって進化した殺人人形チャッキーの惨劇を描く。

チャイルド・プレイ

6位『マーウェン​

マーウェン​

[★★★☆☆ 3.56/レビュー数:111件]

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなどの巨匠ロバート・ゼメキス監督が、暴行を受けたことを原因に心身ともに深い傷を負った男性が、独自の世界観でカメラマンとして認められ、現実と向き合っていく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。主演は『ビューティフル・ボーイ』のスティーブ・カレル。

マーウェン​

5位『五億円のじんせい

五億円のじんせい

[★★★☆☆ 3.58/レビュー数:52件]

幼い頃に善意の募金5億円で心臓手術に成功し、命を救われた17歳の少年がお金と人生に向き合う旅を描いたオリジナル作品。TVドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』などに出演した若手俳優・望月歩が映画初主演。GYAOとアミューズによるオリジナル映画製作プロジェクトの第1回グランプリ受賞企画。

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS