【大貫 勇輔】きっと誰もが笑い転げてしまうコメディ・ミュージカル!

そこが新鮮で楽しいコメディー映画です

a

ダンサー 大貫 勇輔さん

おおぬき・ゆうすけ/1988年神奈川県生まれ。7歳より母の経営するスタジオでダンスを開始。17歳からプロダンサーとして活躍。現在、フジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」出演中。2020年2月上旬から村上春樹のベストセラーを舞台化した『ねじまき鳥クロニクル』(東京芸術劇場プレイハウス)に出演予定。

虚を突いて始まる
ミュージカルがクセになる

a

最初から最後までゲラゲラ笑いっぱなし。最高に面白かったです! いわゆるミュージカル映画って、いきなり歌って踊り出すという現実にはあり得ないシチュエーションに何の疑問も持たず、これがエンターテインメントなんだと捉えて楽しみますよね。ところが『ダンスウィズミー』は違う。「いやいや、それはないでしょう」とツッコミを入れながら楽しめる。むしろそれを前提に作られている気がしました。完全にコメディーありきのミュージカル。今までにない新しさを感じます。

特に僕が良いなと思ったのは現実と虚構のバランス。よくあるさりげない日常から突然、非現実の世界へ入っていく感じが絶妙なんです。例えば、レストランのシーン。主人公の静香は先輩と食事をしていたのに、曲が流れ出した途端、虚を突くように突然ミュージカルを始めてしまう。しかも踊りながらテーブルクロス引きをしたり、シャンデリアで空中ブランコをしたり。「普通だったらあり得ない」と思いつつも観ているうちに「楽しいからこういうのもアリかも!」と思わせてしまう妙なリアルさもあるんです。さらにひとしきりミュージカルした後にハッと我に返り、現実に戻るという演出も見事です。

親近感がわく静香が
どんどん愛おしくなる

a

それ以外のミュージカルシーンもどれも楽しかった。とりわけオフィスのシーンは、シュレッダーの紙くずを振りまくことでリアルさを際立たせながらダンスはどこかタカラヅカっぽくて印象的。この絶妙な振り付けは誰かなと思ったら、電撃チョモランマ隊というストリート系の方たちだったのが意外で驚きました。

静香役の三吉彩花さんのダンスも素敵でした。親近感がわくし、どんどん静香が愛おしくなりました。実は想像していたより曲数が多く、三吉さんがこれだけの曲のダンスと振り付けを覚えるのは相当大変だったのではないかと。僕も今、ドラマ「ルパンの娘」でミュージカル調にセリフを言うシーンでは、毎回楽しみつつも暑さと戦っています。一歩間違うと観ている人がその世界観に浸れないだけに難しい。そんなこともあって三吉さんに勝手にシンパシーを感じていました(笑)。

誰もが目が離せない
真のエンタメ映画

a

矢口監督の作品はほとんど観ています。どの主人公もスーパーヒーローではなく、弱点があるどこにでもいそうな普通の人。だけどやるときはやるといった感じですよね。主人公の小さな成長に、最後にはこちらもハッピーな気持ちになれるところも大好きです。『ダンスウィズミー』もまさにそう。静香が強烈で個性的な人々と出会いドタバタを繰り広げながら変わっていく姿から目が離せませんでした。個人的には静香を見つめながら「本来の自分を押し込めて日々を暮らしている人って多いのかも」と考えたりしました。今だからこそ、『ダンスウィズミー』で明るく笑って温かな気持ちになってほしいです。ダンスの魅力も満載! 踊りたくなる人が増えるとダンサーとして僕もうれしいですね。(談)

◆映画『ダンスウィズミー』imformation

a

■STORY■ 催眠術にかけられ、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった静香。しかし、所構わず歌い踊るせいで、順風満帆だった人生がハチャメチャに。問題解決のため日本中を奔走するその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いとさらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか⁉︎

8月16日(金)全国ロードショー

出演:三吉彩花やしろ優chay三浦貴大ムロツヨシ宝田明
制作・脚本・監督:矢口史靖
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:dancewithme.jp
(C)2019「ダンスウィズミー」製作委員会

記事をシェア

公式アカウントをフォロー

  • RSS
  • すぽんじ
    3
    んー、、前半はけっこう面白かったのに。 レストランとか笑った。 ロードムービーになってからダレた印象。 ロードムービー苦手だからかもだけど。 お金が無いっていうストレスが1番美容の敵だって誰かが言ってたなぁ… 三浦貴大のおっぱい見れなくて残念。 2020/01/08レンタルDVD
  • しお
    3.2
    【与我跳舞】劇場で。 中国で立て続けに公開中の「頑張る女性主人公映画」フェア(勝手に)。先日の「ネクスト・ドリーム」、本作、次の「レディ・マエストロ」と、音楽モノが3作続く。 矢口史靖監督の映画は何作も見てるし好きなものも多い。 「日本人はミュージカルが苦手」だとか「急に歌いだすのが云々」などの「あるある」について共感する人が多いことは理解できるし、いにしえの「卓球=根暗」「名古屋人が嫌い」と並ぶタモリの「言いがかり悪ノリネタ」の一つだが、私自身は別に苦手でも無いし恥ずかしさも何も感じない。 「ミュージカルってヘンだよね」というネタを基にした映画だから、「音楽で勝手に踊り出す体質になっちゃった」は、理由付けとしてはイイ線なんだろう。オフィスやレストランでの「楽しく踊ってたのは主人公の脳内だけで、実際はこうなっちゃってたんですよ(カッコ笑い)」という直後の種明かしは、それがこの映画の根幹だとは分かっちゃいるけど理屈っぽい。 レストランの大失敗後はロードムービーとしてストーリーが走り出すけど映画としては失速しちゃった。その後はとくに大きな失敗も無く楽しく歌い踊る感じに治まるのは、彼女が慣れただけなのか・・・。とりあえずいちいち現実を突きつけて幻滅させる流れじゃないのだけは良かった。 女性社員の憧れが百恵ちゃんの次男坊なのはちょっと説得力にかけるな、嫌いじゃないけど。もこみち君ぐらいでやっと長身美人の三吉ちゃんに釣り合うかな? 2019年、日本封切前に上海国際映画祭に出品されていたそうだが、中国全土での劇場公開は遅れてこの時期になった。ここ数年のハリウッド映画は中国資本が入ることが増え、日本より先に公開されることも多いが、日本映画の公開はめったにされず、されても数ヶ月~1年以上遅れるのが常。
  • mitakosama
    2.9
    スカパーにて。矢口監督によるミュージカルを扱ったコメディ。 「いきなり歌い出すミュージカルておかしくない?」ってタモリみたいなツッコミを、現実に起きたらどうなるかというシチュエーション。 大手企業で働くOLがヒョンな事から催眠術にかかり、音学が鳴ったら歌い出すという性格になってしまう。 OLとして憧れのイケメン上司に会議資料の制作を任されたり、会議に誘われてウキウキ。でも会議中に歌い踊りだし大失敗。 でも、男の方は気にしないんだよな。「お陰で企画が通ったよ」とか言っちゃう。 …お陰で…??? お陰でってどういう意味だよ?歌い踊ったお陰で企画が通ったのか?意味わからん。 そもそもこの男が顔とキャリア以外で何が良い男なのかさっぱりわからん。男も主人公のOLの何が良くてモーションかけてくるのかもよくわからん。 催眠術士を探さして、元アシスタント(やしろ優)と車で旅に。ここからロードムービーの形を取る。東京から新潟・弘前・札幌へ。 何となく面白いので見落としがちだが、一つひとつねエピソードはとてもご都合主義だ。 ヤンキーに絡まれたら、急にダンスバトルになり踊り買って問題解決するのはまだ良いが… 路上パフォーマーに飛び入りし大喝采を受けて、行く先々でお捻りを貰いまくるとか…無理あるよ。 また、結婚式をぶち壊したギターの女の子は何故新潟で路地で歌ってたのかも理由がわからない。主人公に拾って貰わなかったらどうするつもりだったんだろう? ラストで会社を辞めるのも、何の理由も無い。なんで? やっぱり矢口史靖は、一般に働いている人間の描写が下手だと思う。
  • Ryusei
    3
    16時くらい、晴れでちょっと温かい時に観たら面白いはず。
  • まの
    2.9
    大手企業に勤める女性が、催眠術により音楽を耳にすると唄い踊りだす話。 あり得ない話の展開ですが、個性的な俳優さん達の出現により、飽きずに観れました。 主役の三吉彩花の歌とダンスは伸び伸びしていましたし、やしろ優も思いがけず良い味を出していたと思います。 難しくない、気楽に観れる作品でした。
ダンスウィズミー
のレビュー(6151件)